まとめローンとは?

「借金がたくさんあって困っている。」
「月々の返済が辛い。」
「もっと楽になる方法はないの?」
といったように、借金の悩みを抱えている方は少なくありません。

一時的にお金のない時や急な出費がある時などに役立つキャッシングやローンですが、借り過ぎてしまったり、生活状況が変わったりして、返済がうまくいかなくなってくると、途端にあなたの生活を苦しめる存在となります。

そんなとき、あなたの返済を楽にするかもしれないのが『おまとめローン』です。今回は、

・おまとめローンの仕組み
・おまとめローンを利用した場合の実際の事例
・おまとめローンのメリット・デメリット
・おまとめローンで失敗しないために
・おまとめローンは総量規制の対象外!
・おまとめローン希望者を狙う悪徳業者に注意

など、「おまとめローン」の基本的なことについて徹底解説していきます。これからおまとめローンを検討する場合は、先にきちんとした情報を身につけてから検討するようにしましょう

おまとめローンの仕組み

おまとめローンの目的は、多重債務を一本化し、月々の支払いの負担を減らして今後の返済を楽にすることです。

より金利が低い金融機関1件から融資を受け、もともと借り入れがあった複数の会社へ全額返済(完済)すると、返済義務が残るのはおまとめローンで融資を受けた1件だけとなりますよね。低金利になった分、今までよりも利息が安くなり、負担を減らすことが可能となるのです。

1.金融機関(銀行または融資会社)から、融資を受ける。
あなたの現在の負債金額に応じた金額を融資してもらいます。

2.その融資金を使って、複数社への借金を返済(完済)します。

3.融資を受けた金融機関へ毎月返済する。

おまとめローンを利用した場合の実際の事例

鈴木さんは、A社、B社、C社の3社から借り入れをしていました。金利はそれぞれ18%で、金額は3社ともに50万円ずつでした。

鈴木さんは毎月3社に対して利息分を含めた金額を返済していましたが、だんだん月々の返済が苦しくなってきたので、「おまとめローン」にして借金を一本化しようと考えます。早速おまとめローンを実施しているD社に申し込みをし、無事審査に通りました。

鈴木さんの場合、各社50万円ずつのため、3社分の150万円を新たにD社から借りることになりました。(別途利息分がありますので、厳密には150万円+α円)金利は15%でした。

D社から融資を受けた鈴木さんは、A、B、Cの3社に50万円(+その時点での利息分)ずつ返済し、完済することが出来ました。

D社への返済(150万円)は残っていますが、金利は15%なので、毎月の返済額、返済総額共に減らすことができ、負担が楽になったようです。

おまとめローンのメリット

●金利が下がることにより、返済総額を減らせる(場合が多い)

●返済日が1つとなり、手間が省ける
複数社から借りている場合、返済期日や返済金額がそれぞれバラバラで面倒だったりしますが、おまとめして借入先が1社のみになることで、返済日や返済金額の管理が楽になります。

●債務整理ではないので、信用情報に傷がつかない
債務整理とは違うため、個人信用情報機関の履歴に傷がつくことはありません。

おまとめローンのデメリット

●借金そのものが無くなる(減る)わけではない
おまとめローンは、複数の業者からの負債を一本にまとめて負担を減らすという方法であって、もともとあった借金が無くなるというわけではありません。

金利が低くなった場合に利息分が少なくなり、結果的に支払金額が減少するだけであって、借金自体が減るのとは意味が違います。

場合(金利があまり下がらない場合、返済期間(回数)が長い場合など)によっては返済総額が変わらない、もしくは逆に増えてしまうケースもあります。

●厳しい審査がある
通常よりも融資金額が高額になるため、審査がより厳しくなる傾向があります。返済の遅延があったりなど、過去の返済状況に不利な情報がある場合は特に審査に通るのが難しくなります。

●追加の借り入れが出来なくなる
返済専用の場合が多いため、利用限度額の枠内であっても追加の借入は難しくなります。また、おまとめローンをした後に他社から新たに借り入れをするのは避けた方が賢明です。融資を受ける金融機関にもよりますが、契約違反となり、一括返済を命じられることもあります

【続きは『おまとめローンは総量規制対象外?おまとめで損をするケースは?』】

【この記事の筆者】
内田 瀬理香(仮名)
1986年生まれ。10代で結婚、離婚を経験し、子供の入院費に充てるためにはじめての借金をする。その後、知人の借金の連帯保証人になり、自身の借金額は50万円にも満たなかったが、連帯保証人になった知人の借金総額は500万円にものぼった。知人とは一切連絡が取れずに悩んだ末、自己破産を決意し、借金生活から脱出した。現在は再婚し、主婦業の傍らライターとして活躍。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報