おまとめローンに注意!公務員だった私が小規模個人再生をした経緯

最初に自己紹介をさせていただきます。
私は、元国家公務員として働いていましたが、複数の借金を抱えた末、小規模個人再生という債務整理手続きを経て借金を返済し、堂々と働きながら、25年間の勤務を全うしました。

この原稿では、私が何故借金を抱えることになったのか、いつ債務整理を決断すべきか、債務整理のさまざまな方法、弁護士費用、整理の手順などについて順を追って紹介していきたいと思います。

体験者の情報

名前:長谷川 祐二(仮名)
性別:男性
債務整理方法:小規模個人再生
会社名:労働金庫 市役所共済組合
当時の職業:公務員
当時の年齢:37歳
当時の借金の合計額:500万円
債務整理をしていた時期:2006年8月~2009年7月
債務整理に使った費用:30万円

借金のきっかけは...「せどり」ビジネスの失敗

まず、私が借金することになった経緯についてお話します。私は公務員でしたから、副業ができません。つまり他の会社でアルバイトをすることができないわけです。

しかし、当時流行していたネットオークションを使った「せどり」をすることは問題がありません。そこで、片っ端から中古ショップを回って、主にCDやDVDを買いあさり、ネットオークションで売りさばくということをやっていました。

しかし、ネットオークションには往々にして魔物が潜んでいます。300円で仕入れたCDが70,000円で売れるという大儲けもある反面、仕入れ値より低い価格でしか落札されず赤字を出してしまうことも多いのです。

1年後、年間の収支決算を計算してみたら結構な赤字を出していました。そこで諦めて撤収してしまえばよかったのですが、「損を取り返してやる」と意地になったのが借金地獄の始まりでした。

増え続ける借金 おまとめローンの罠

一度、消費者ローンに手を出してからは、昔から言うように雪だるまのように借金が増えて行きました。なにしろ職業は天下の公務員。貸し渋りなどありませんし、給与明細を持っていけば、「通常50万円限度のところを200万円まで広げます。」などと誘ってくる始末。

借り先が多いと支払額も多く、5箇所からの借入で最低返済額1万円×5=5万円。プチ事業の儲けよりも借金問題のほうが大きくなったときに、救世主のように現れたのが「おまとめローン」でした。

おまとめローンの罠

おまとめローンは、「いくつもある借金を一本化して返済を楽にする」ことが目的のローンですが、実は使い方によっては結構ヤバいことになるおそれがあります。

ズバリ!
おまとめローンを利用しても、借金(利子込み返済総額)が減らないどころか、逆に増えてしまうケースがあるんです。これには次のような理由があります。

消費者金融から借りている「借金元本+グレーゾーン金利を含む利息額」の総額をおまとめローン会社が代理返済して、その分新たに借金を組むわけですから、おまとめローンの分の利息が加算されて、結局借金総額が増えてしまうのです。

というわけで、返済は決して楽にはなりませんでした。結果、一度清算したはずの消費者金融にまた行ってしまうことがあります。私がそうでした^^;こうなると、更に借金を増やすことになって、手の施しようがありません。結局借金は500万円以上になっていました。

ここでようやく私も、自力返済を諦めようと思い始めました。債務整理窓口を開設している弁護士さんに相談に行くことにしたのです。

弁護士さんに相談したら

担当の弁護士さんは、ちょっとクセモノっぽい風体で、ぶっちゃけ口調でいろいろなアドバイスをしてくれました。

開口一番言われたのは
退職金予定額の1/8を払って、自己破産すれば?
この方法は、持ち家もハイグレードなクルマも持っていて、これらは失っても構わないけど、会社は辞めたくないし、退職金も守りたいという人向けの方法です。

しかし、自分の場合。
10年乗ったボロボロの軽車両1台、そして家は借家ですから、守るべき財産はありません。しかし、退職金予定額は1,000万円以上あり、1/8となると125万円。これを用意する余裕はありません。

となると、職場を辞めずに借金を整理するために、借金を圧縮して3年間の無利息返済にする方法として、「小規模個人再生」を選ぶことを提案されました。

小規模個人再生は、借金が5,000万円以下で、将来継続的または反復して収入が得られる見込みのある人(例:月給制の正社員サラリーマン)に適用される手続きです。ただし、大型債権者が反対したり、全債権者の半分以上が反対した場合には、認可されません。

小規模個人再生は、借金総額を20%くらいにまで圧縮して、3年間で分割返済します。(この処理をすると、かつてグレーゾーン金利を取っていた消費者ローンを利用していた場合、法定金利で引き直し計算を行った結果、「すでに返済済み」になるケースも多いのだそうです。)

ただ、債権者が一人でも反対すれば、小規模個人再生は実現できません。僕の場合は、幸いにして反対する債権者がいなかったので、規模個人再生を選ぶことができました。

弁護士さんの話によると、政府系金融機関や大手銀行などは、小規模個人再生案件が出ると、反対する傾向があるようです。

逆に、かつてグレーゾーン金利を取っていた消費者金融などは、小規模個人再生の話がでると、「あー!もう好きにしてくれ!」と諦めてしまうことが多いとのこと。

ちなみに、弁護士費用は30万円程度です。即金で求められることはなく、分割にも応じてくれます。期間は3年間ですから、毎月3,000円程度にすることもできます。

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報