良い評判だけじゃ不安!2015年にプロミスを利用した女性のインタビュー

今回は、2015年に自宅から一歩も外出せずに、プロミスからお金を借りた小山さん(女性)の体験談を紹介します。

インターネットでプロミスの評判を調べると、「ネットで申込完結!」「在籍確認なし!」「10秒で振込!」といったクチコミをみかけますよね。

一方で、「やっぱり在籍確認は必要だった!」みたいなクチコミもあるし、実際のところはよくわかりません。

特にみなさんが気になるのは在籍確認のことだと思います。

小山さんも「在籍確認をしないでほしい」とプロミスに希望したそうです。

その結果はどうだったのでしょうか?

今回の体験談では、これらのクチコミが本当なのかはもちろん、小山さんがキャッシングを利用することになった経緯から、返済中である現在のことまで、こと細かに語っていただきました。

※説明や補足が必要なところについては、編集より補足を加えております。

体験者の情報

名前(仮名):小山ユキ
年齢:27歳
結婚:未婚
同居家族:両親、妹2人
加入保険:社会保険
住居形態:持ち家(親の名義)
職業:会社員(正社員)
勤続年数:5ヶ月
年収:300万円

プロミスの利用情報

申込時期:2015年11月
資金用途:生活費・交際費
金利:17.8%
利用限度額:50万円
審査時間:数時間
融資までの期間:1日
毎月の返済額:1万3000円

国民年金支払いのため人生初のキャッシング

私は、両親・妹2人とともに都内の自宅で暮らしています。

私はかねてから役者を目指していたので、大学卒業後も就職はせず、アルバイトと稽古に励む日々を過ごしていました。

アルバイトの収入は月12万~15万円程度でしたが、実家住まいなので、お金は自分の自由に使えます。特に不自由はありませんでした。

ところが、そんな日々が3年ほど経ったある日、転機が訪れます。

強制的に両親が経営する会社に就職させられたのです。

私もはじめは抵抗感がありましたが、役者を目指してから3年も経っていたので「もう潮時かも」という思いもありました。

観念して働き始めることにしました。

分割払いを認めてもらえず...カードローンに手を出す

就職直後、思わぬ通知が届きました。

「滞納している国民年金を支払うように」という督促状です。

滞納額は約30万円でしたが、貯金もなかったので一括で支払うのは難しい状況でした。

私は、社会保険事務所に行き、「減額や分割はできないか」と相談しましたが、両親が高収入なことを理由に認めてもらえません。

両親からも見放され、「自分で支払いなさい!」と言われる始末。

そこで、やむを得ず利用したのが、三菱東京UFJ銀行のカードローンです。

三菱東京UFJ銀行を選んだ理由は、単純に大手銀行だから。それ以外の理由はありません。

審査の結果、利用限度額30万円となったので、全額借入れてすべて年金の支払いにあてました。

その後、一度も延滞することなく、2015年7月に無事完済(ちなみに金利は14.6%でした)。

完済まで、3年ほどかかったと記憶しています。

さらに借りたいけれど増額審査に落ちる

ようやく30万円を完済した私ですが、数ヶ月後には再び借入れてしまいました。

理由は遊ぶお金が欲しかったからです。

それから たったひと月で30万円を借りてしまいましたが、私としてはまだまだ足りません。

そこで、三菱東京UFJ銀行カードローンのコールセンターに電話し、「もっと借りられないか」と相談し、増額を申込んだのですが、結果は否決でした。

ネットで申込みが完結するプロミス

三菱東京UFJ銀行に増額を断られ、新たに別のところで借入れようと思い立った私は、プロミスに申込むことにしました。

2015年11月のことです。

消費者金融に申込みをするのは初めてでしたが、プロミスは大手なので不安はありません。

また、プロミスは「在籍確認の相談に乗ってくれる」と聞いていたので、職場に電話してほしくない私にとっては好都合でした。

金利は銀行より割高でしたが、すぐにお金が必要だったので、あまり気にしませんでした(※1)

※1
プロミスの金利は4.5~17.8%、三菱東京UFJ銀行カードローンの金利は1.8~14.6%です。

申込みはインターネットで完結

プロミスの申込方法は、自動契約機や電話など複数ありますが、私はインターネット、つまりプロミスのホームページから申込むことにしました。

プロミスのホームページから申込む方法は、2種類あります。

入力項目は少ないが、細かいところはプロミス担当者と電話で話さなければならないカンタン入力と、入力項目は多いが、入力だけで申込みが完結するフル入力です。

私はフル入力で申込みました。

主な入力項目は下記です。

性別
家族構成 独身
子どもの有無
電話番号 (※2)
自宅電話の有無
運転免許証の有無
住所 (※2)
住まいの種類 持ち家
雇用形態 正社員
勤務先名 (※2)
勤務先住所 (※2)
勤務先電話番号 (※2)
社員数 100~499名
最終学歴 大学卒
入社年月日 2015年7月
税込み年収 300万円
健康保険証の種類 社会保険証
業種 コンサルティング
職種 外勤営業員
希望の契約方法 Web
現在の他社借入(※3) 0件0万円
借入希望額 100万円
審査結果の連絡方法 メール
書面の受取方法 プロミスのホームページにて確認

フル入力といっても、雇用形態・健康保険証の種類・業種など多くの項目は、複数の選択肢から該当するものを選んでチェックを入れるだけ。

入力の手間はかかりません。

一方、名前・住所・生年月日・電話番号・年収などは入力が必要ですが、それでも10分ほどで全項目の入力が完了しました。

しばらくすると、「書類提出のお願い」という件名のメールが届きます。

書類とは本人確認書類のことです。

私は、メールに記載された説明に従って、運転免許証(※4)をスマートフォンで撮影し、指定のページにアクセスして、免許証の画像をアップロードしました。

※2
住所や電話番号など、個人が特定される情報はすべて非公開です。

※3
ここでいう他社借入とは、消費者金融のカードローンとクレジットカード会社のキャッシングのことです。銀行のローン・クレジットカードのショッピング利用・住宅ローン・自動車ローンなどは含まれません。ちなみに、今回の体験者の小山さんは、プロミスへの申込み時点で、三菱東京UFJ銀行カードローンから30万円の借入れがありましたが、そのことは記載しなくていいのです。

※4
本人確認書類は、運転免許証のほか、パスポートでもOKです。

在籍確認が嫌なら相談可能!

申込み翌日(月曜日)の午前中、私の携帯電話が鳴りました。

プロミスの担当者からです。

担当者は、とても明るく丁寧な口調で、私の名前と生年月日を確認しました。

そして、「50万円を超えるお借入れをご希望の場合は、収入証明書(※5)を提出していただきたいのですが...」とのこと。

申込みのときに、借入希望額を「100万円」としていたので、収入証明書が必要だったようです。

そのことを知らなかった私は、書類の準備が面倒なので、「利用限度額は50万円でいいです」と伝えました。

また、担当者から「何かご質問はありませんか?」とたずねられたので、気になっていた職場への在籍確認(※6)について質問することに。

すると、「原則として在籍確認は必須となりますが、どうしても在籍確認をご希望されないということであればお勤め先には電話を控えることも可能です。ただ、必ずというわけではありません。」と説明されたので、在籍確認は控えるようにお願いしました(※7)

会社に連絡されるのは嫌ですからね。

さらに提示が必要な書類があるか、たずねてみましたが、「特に必要はない」とのことでした。

※5
プロミスで収入証明書の提示を求められた場合は、源泉徴収票(最新のもの)・確定申告書(最新のもの)・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)のうち、いずれか1点を提示する必要があります。

※6
審査のとき、プロミスの担当者が申込者の勤務先に電話をかけ、「OOさんはいらっしゃいますか?」などと言ってさりげなく申込者の在籍を確認します。プロミスの在籍確認の特集もありますので、あわせて読んでみてください。

※7
在籍確認は原則として必須ですが、今回の小山さんのケースのように、相談次第で控えてもらうこともできるようです(ただし、必ず控えてもらえるとは限らない)。在籍確認を希望しない場合は気軽に担当者に相談してみましょう。

利用限度額は50万円

電話を切って少し経ってから、審査結果を知らせるメールが届きました。

結果は無事合格!

メールに書かれていたホームページにアクセスして利用限度額と金利を確認すると、利用限度額は50万円、金利は17.8%でした。

ちなみに私は、過去にローンやクレジットカードの支払いを遅らせたこともありませんし、他の借入れも三菱東京UFJ銀行カードローンの30万円のみだったので、「審査には通るだろう」と思っていました(※8)

※8
プロミスの審査基準(特に審査落ちの基準)はこちらで詳しく解説しています。

「瞬フリ」なら最短10秒で借入れ完了

私はすぐにお金が必要だったので、審査結果の連絡があった日のうちに瞬フリ(※9)で20万円を借入れました。

手順は簡単です。

プロミスの会員ページにログインし、振込先の口座情報を登録したら、キャッシングメニューから「瞬フリ(振込キャッシング)」を選択し、希望の金額を指定するだけ。

手続きからまもなく、私の口座に20万円が振込まれました。

しかも、振込手数料はかかりません。

その後も、追加で20万円、10万円と借入れましたが、いずれも瞬フリを利用しています。

インターネットがあればどこでも手続きできますし、すぐ口座に振り込まれるので便利でしたね。

※9
瞬フリ(振込キャッシング)の場合、振込先に三井住友銀行かジャパンネット銀行を指定すれば、いつでも最短10秒で振込融資が可能です。その他の銀行を指定した場合も、平日の9時~14時50分までに手続きを行えば、最短10秒で振り込まれます。ただし、いずれも銀行によって「サービス停止時間」がありますので、その時間帯は利用できません。

給料日に口座振替で手間いらず

返済は、口フリ(口座振替)を利用しています。

手続きは簡単。

プロミスの会員ページにログインし、返済メニューから「口フリ(口座振替)」を選択し、金融機関を選んで口座を登録すればOKです。

振替日も選択できるので、私は給料日の25日を指定しています(※10)

手数料はかかりません。

毎月自動で引き落とされて返済が完了するので、手間もかからず楽ですね。

なお、私は初回返済日の直前に口フリの手続きをしたので、初回はATMで返済しました。

2回目以降は毎月口フリで返済していますよ。

※10
口フリの場合、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を設定するなら、5日、15日、25日、末日のうち、希望する日を指定できます。他の銀行の場合は、5日しか選択できません。

返済に遅れると翌日メールが届く

これまで一度だけ、返済期日の25日に残高不足で引落されなかったことがあります。

このときは、返済期日の翌日に、「引落としができなかった」と通知するメールが届きました。

メールに、支払方法と、遅延損害金(※11)を含む返済額が記載されていたので、手順通りに手続きして振込み完了。

私はインターネットバンキング(※12)を利用して振込んだので、振込手数料もかかりませんでした。

※11
遅延損害金とは、返済の遅れに対する罰金のようなものです。プロミスの遅延損害金は、年率20%です(通常の金利とは別で発生します)。遅延損害金の詳しい説明はこちらで確認してください。

※12
プロミスで利用できるインターネットバンキングは、三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・楽天銀行のいずれかです。

特に不満はありません

プロミスを利用して半年ほどになりますが、申込みから借入れ、返済まで、とてもスムーズにできて、まったく不便はありません。

私は、すべての手続きをインターネットで済ませたので、外出の手間がかからないのも良かったですね。

申込みの翌日には借入れできたし、口座への入金もはやいし、とても満足しています。

強いてマイナス面を上げるとすると、金利が高いことですが、これは申込み前からわかっていたことなので、気にしても仕方ないですよね。

ちなみに、プロミスからの電話は、申込みの翌日に一度あったきりで、それ以降はありません。

しばらくすると、限度額増額の案内の連絡があるらしいのですが、私のところにはまだ来ていません。

1日だけ延滞してしたことがあるので、当分は来ないかもしれませんね。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報