10年間も無断で住民票を取り続けたクレカO社とK市役所に猛抗議!

クレジットカードは今や必需品とも言われていますが、申込書に記したあなたの個人情報が、クレジット会社にどのように扱われているか想像したことがありますか?

個人のプライバシーにかかわる重要な情報なのだから、さぞかし厳重に管理しているのだろう。そう思いますよね。私も以前はそう思っていました。

しかし大手クレジット会社O社によって、突然わが身にトラブルが降りかかり、その認識が一気に覆りました。

ローン契約をした後で支払いを滞らせて逃亡した人とたまたま旧姓が同姓同名だったため、別人であるにもかかわらずその本人だと疑われ、O社から10年間もプライバシーを侵害され続けたのです。

そんな私の悲惨な体験をお話しましょう。

体験者の情報

名前:星月 美(仮名)
性別:女性
加害会社名:某大手クレジット会社O社
被害時期:1988年~1998年

突然の支払い督促通知

発端は1通の手紙からでした。結婚して改姓していた私の大阪府K市の自宅に、O社から突然22万円の「支払い督促状」が届きました。

「払えないのであれば相談に乗るから連絡してほしい」

文面にはそう書いてありました。

「ローン?O社?」

私には全く身に覚えがないことでした。急いで差出人であるO社金沢支店に問い合わせの電話をしました。

応対した担当者から、まず名前と住所を聞かれました。そして「過去に石川県に住んだことはありますか?」と聞かれました。

「観光旅行で行ったことはありますが、住んだことはありません」と答えると、先方はしばらく沈黙・・・そして長い保留のあと、「同姓同名の他の方と間違えたようです。申し訳ございません。」と謝られました。

その担当者の説明によると、私の旧姓と同姓同名のY・Yという女性が、石川県に居住していたときにローン契約をして、初めの数カ月はきちんと支払っていたものの、やがて支払いが滞り、居所も分からなくなったとのことでした。

「なるほど。そういうことだったのか。同姓同名なら間違われても仕方がないか。」

担当者の説明で誤解が解けたと思ったので、「私のデータは削除し、もう二度とこのような間違いはしないでください」と伝えて電話を切りました。

再び支払い督促をされる

それから2年後。わが家に再びO社から支払い督促の電話が掛かってきました。

「O社?また?もう解決したはずなのに・・」

電話口の担当者は、2年前と同じ質問を尋ねてきました。

「石川県に以前、住んでいたことはありませんか?」

その言葉を聞いた瞬間、怒りがこみ上げてきました。

「それは同姓同名の別人です!私じゃありません!」

事務的に話す担当者に対し、思わず強い口調で言い返してしまいました。

「2年前に別人だったと謝罪したのに、なぜまた疑ってくるのですか?」と問いただすと、社内で支払延滞者リストの再調査があり、前回とは別の担当者が私をまた延滞者と考え、再度の督促を行ったとのことでした。

削除するよう頼んだ私の情報はそのままのようでした。

全く身に覚えがないのに、またも借金を踏み倒した女と決め付けられてしまったのです。2年前のあの謝罪は一体何だったのか・・

O社の顧客情報管理のいい加減さに怒りを感じ、抗議したため、金沢支店長が大阪のわが家に謝りに来ることになりました。

それにしても、O社は私のことをどうやって割り出したのだろう?O社のクレジットカードを持ったこともないし、ローン契約もしたことがないのに、なぜ私の存在を知ったのだろうか?

疑問がふつふつと湧いてきました。

裏でつながるクレジット業界

3日後、支店長がマスクメロンを持ってやって来ました。

「個人の信用にかかわることで、一度ならず二度までも同じ過ちを繰り返すとは、一体どういうことですか?」

開口一番、強く文句を言いました。

そして先日抱いた疑問を投げ掛けました。

「過去に御社と全く接点がないのに、なぜ私のことを知ったのですか?」

すると、予期せぬ返答が・・

「クレジットカード信用情報機関からあなたの情報を入手しました。」

「クレジットカード信用情報機関?」

初めて聞いた名前でした。

支店長の説明では、過去にクレジットカードを保有したことがある場合、申込書に記載された個人情報は信用情報機関に登録され、審査の資料として他の同業カード会社も自由に閲覧することができるとのことでした。

厳重に管理されていると思っていた顧客の個人情報は、私たちが知らない間にクレジットカード業界全体で共有され、自由に閲覧されているのです。

確かに以前、父の所有するクレジットカードの家族会員として、旧姓でJ社のクレジットカードを保有していました。

その私の個人情報が、Y・Yの情報を必要としたO社によって取得され、同じ名前だから支払延滞者本人に間違いないと狙いをつけてきたのです。

別人の私にとってはプライバシーの侵害もいいところで、不愉快極まわりないことでした。そこで、間違えられた経緯をとことん追求することに決めました。

クレジット信用情報機関を視察

まず支店長から聞いた「クレジット信用情報機関」の大阪の支店を直接訪れてみました。中に入ると予想外の混雑ぶり。

案内には自分の個人情報登録内容を閲覧できると書いてあったので、早速自分の情報の閲覧を請求しました。

受け取った用紙には、旧姓でJ社に登録していたときの内容が記され、名前は「かな」で書かれていました。

「名前は漢字ではなく、かなで書いてあるんだ・・」

このことが後に新たな問題になるとは、その時点ではまだ分かりませんでした。

「クレジット信用情報機関」を訪れて、自分で自分の情報を閲覧するのならともかく、クレジット会社であればこうした個人情報も本人の許可なく自由に閲覧できることを初めて知り、とても驚きました。

住民票を10年間も取り続けられる

その後、O社の窓口は東京のお客様相談センターに変わりました。

電話で応対した所長に、改めて間違えた経過を調べるよう依頼し、後日その回答を聞いたとき、私は卒倒しそうなくらい驚きました。

なんと、O社は私の居所を追跡するために、住民票を過去10年間も無断で取り寄せていたというではありませんか。それも毎年1回定期的に。

後でO社から回収した私の住民票の中には、K市から引っ越した先のN市のものも2枚ありました。恐らくY・Yがローン契約をして行方をくらませたのが10年前で、それ以来、私の住民票を取り続けていたのでしょう。

そして、新たな事実も判明しました。

逃げている本人とは確かに名前の読みは同じだけれども、漢字が一字違っていることが分かったのです。

「クレジット信用情報機関」から取得した名前は「かな」だったため、O社は私とは一字漢字が異なるY.Yの漢字でK市役所に請求したところ、K市役所はその異なる漢字が書かれた申請書を受理し、私の住民票を発行したのです。

K市役所に抗議

別人の私の住民票を勝手に発行したK市役所に憤りを感じ、抗議に行きました。

案の定、最初は当時の担当者はもういないという逃げ口上でしたが、O社からの報告書を提示すると非を認めたので、市長名での正式な謝罪文を出すよう要求しました。

一般市民が市役所のずさんな対応のせいでプライバシーを侵害されたのだから、当然だと思いました。

しかし、結局は戸籍課の課長名によるものしかもらえませんでした。市民のための役所でありながら、個人情報を軽視し、反省と誠意が全く見られない対応をされ、とても残念でした。

O社、住民票を道に落とす

市役所とのこうしたやり取りを経て、ある日、私は少し前に郵便局から受け取った封書のことを思い出しました。

郵便局が差し出し人となっている封書で、中には私の住民票が1通入っていました。

申請した覚えがなかったので、郵便局に問い合わせたところ、市役所近くのポストの中に裸で投函されていたので「落とし物」として本人に郵送したとの説明でした。

なぜポストに?
一体誰が?

これは後でO社を問い詰めて分かったことなのですが、O社の大阪の担当者がK市役所で私の住民票を取得したあと、それを道に落としたようなのです。

それを偶然拾った通行人が、本人に届くようにとポストに投函してくれたらしく、それが私の元に届いたのでした。確かに後にO社から回収した私の住民票の中には、その年の住民票だけ欠けていました。

重要な個人情報なのに、なんというずさんな管理をする会社なのか。もう怒りの極致に達しました。

提訴を検討

私は、別人なのに10年間も無断で住民票を取り続けられ、しかも平気で道に落とすというO社がますます許せなくなりました。

こんな理不尽な被害を受けたのだから、損害賠償を求めようと裁判に訴えることを考えました

まず市の無料法律相談日に弁護士に相談をしました。

O社から回収した10枚の住民票と報告書を提示したところ、勝訴は間違いないけれど、勝っても賠償金は微々たる金額となるので、時間も裁判費用もかかるから示談に応じたほうがよいとアドバイスされました。

私は諦め切れず、再度、大阪府の法律相談所にも相談に行きました。しかし、残念ながら前者と全く同じ見解でした。

こんな仕打ちをしたO社を懲らしめてやろうと思ったのですが、当時子供も小さく、職も持っていたので、裁判を起こして これ以上時間と労力を費やすことは苦痛でした。

そこで弁護士のアドバイスを受け入れて、O社と示談することに決めました

賠償金はたったの12万円+テレカ

東京からお客様相談センターの所長が来ました。

自宅に来られるのが嫌だったので、O社の大阪支店で示談交渉をすることになりました。

まず、過去10年にわたり私が受けた精神的苦痛について詫びられました。

その後の示談交渉で、O社が最終的に私に提示した賠償金は10万円でした。

そして抗議にかかった電話代や会社を早引きした手当などで2万円が上乗せされ、さらに、後々でプレミアムがつくからと、当時O社のコマーシャルに出ていたアイドルのテレフォンカード2枚を渡されました。

これが私の10年間の苦痛の代償でした。私はあまりの少なさにあ然としました。

示談に応じる

不満ではありましたが、結局示談に応じることにしました。依然、強い憤りを感じていましたが、それ以上に、もうこれ以上O社とかかわるのが嫌でした。

こうして1カ月にわたったO社との戦いに幕を降ろしました。

私はやっと平穏な生活を取り戻しました。もう今後二度とO社とはかかわり合いになりたくないと心底思いました。

そんなある日のこと、O社との交渉と並行して、大手新聞社に話を聞いてもらっていたことを思い出しました。

新聞社からはぜひ記事にしたいと提案されたのですが、示談交渉に進んだ時期だったので、そうすることによって決着が長引いてしまうのではないかと思い、その申し出を断ってしまったのです。

今から思うと、示談に応じる前にこういう被害にあったことを新聞に報道してもらって、世間にO社とK市役所のずさんさを訴えるべきだったと後悔しています。

以上が、私が大手クレジット会社O社より受けた被害の実体験話です。

逃亡した支払延滞者とたまたま同姓同名だったという不運から生じたことですが、借金もしていないのに延々と居所を追い続けられたことはいまだに許せません。

O社にはこの一件を教訓として猛省してもらい、もう二度と誤った判断で関係のない市民に苦痛を与えないようにしてほしいと切に願っています。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報