【体験談】日雇いアルバイトは登録簡単だけど仕事はハードが多い

勤めていた会社が急に倒産してしまい、仕方なく日雇いのアルバイトをはじめたものの、1日限りで終了してしまった私の体験談です。

【体験者の情報】
名前:田所 勲(仮名)
性別:男性
当時の職業:運送業
当時の年齢:34歳

私が日雇いアルバイトを始めた理由

当時務めていた会社が、倒産になりました。
突然の出来事に、呆然とするばかりでした。

なんでも理由は、取引先が不渡りを出したからということらしいのですが、「そんなことはどうでもいい」という気分でしたし、ハッキリしていることは、「明日からは新たに仕事を探さなければいけない」という現実でしたので。

勤続10年だったので退職金も少ないながら出ましたし、失業給付も手続きをすれば翌月からもらえることになっていたため、ゆっくり仕事を探すつもりでいたのですが、いかんせん、この不景気の時代にそうそう良い就職先は見つかりません。

そんな時に、求人広告を眺めていたら日雇いのアルバイトの案内が目にとまりました。その前に面接した企業からの結果の連絡が来るのが一週間後だったこともあり、2~3日くらいやってみようか。と思いまして、日雇いアルバイト先に電話をかけました。

日雇いアルバイトの登録説明会に参加

電話で話をしてみると、登録説明会というのを毎日行っているので、都合のよい日に参加してほしい。と言われたので、電話をかけた翌日の午後にその会社に行きました。

すると担当者があらわれて、「説明会を始める前に、この書類に記入してください」ということで渡された書類にペンを走らせました。

当日持参した履歴書の内容と重複している箇所も多かったのですが、記入しなければ話が先に進まないようなので、記入すべき箇所にすべて記入して、書類を担当者に提出した後に、説明会が始まりました。

説明会は、派遣される現場での服装や現場の担当者への挨拶の仕方などの基本的な事柄から、給料のもらい方のルール、当日現場に出勤・退勤する際のメール連絡などについて、ざっと20分ほどの時間をかけて行われ、その後個別に面談という形でした。

最後に勤務できる日にちを伝えて、説明会は終了。
お仕事の連絡を待つばかりとなりました。

ひとつハッキリしたことは、日雇いアルバイトではあるけれど、実際には働いたその日に給料をいただけるわけではないということでした。(週に一度、お給料の支給日が決まっていて、その日の夕方5時から8時の間以外では支払いはしない)

現場決定。いよいよ日雇いアルバイトへ

説明会を終え、帰宅してしばらくすると、翌日のお仕事の概要がメールで送られてきました。すべての内容を読み終わった後で、このお仕事を引き受けるか?引き受けないか?と聞かれているのには少し驚きました。

「引き受けない」で返信される方もいるのでしょうか。いるのでしょうね。もちろん、「引き受ける」で返信しましたので、翌朝8時に現場に行くことが決定しました。

ラバーつきの軍手とカッターを必要ということなので、近所のコンビニで購入。以前働いていた会社では、こういう備品も会社から支給されるのがあたりまえだったので、なんだか不思議な気分でしたね。

日雇いアルバイト当日!

さて、朝が来ました。
まずは家を出る前に日雇いの派遣会社宛にメール連絡

現場までは、自宅から電車に乗る時間を含めて1時間弱といったところでしょうか。現場に到着して、もう一度派遣会社宛にメール連絡

顔の見えない人たちに何度も連絡するのは、すこし不思議な気分でした。その現場には私の他に2人来ていまして、計3名で作業を行うことに。

最初に指示された作業は、パレットに載せてある商品を、別のパレットに移し換えるといったものでした。

商品は紙の印刷物でしたので、それなりの重量があります。10時少し前になったときに、ちょうど作業の区切りが良かったので、休憩となりました。

正直なところ、以前に運送業を10年やってきた私でもかなりキツイ仕事でした。他の二人はすでにバテてしまっているようで、見ていてもつらそうです。果たしてこれで夕方5時まで持つのでしょうか...?

休憩後に同様の作業が行われて、12時からお昼ご飯を近所のお弁当屋で購入して食べました。その後は1時から同様の作業が続けられ、3時の休憩をはさんだ後、4時過ぎに早めの終了となりました。

現場の担当者に勤務表にサインをいただき、控えを渡して「おつかれさまでした」と現場を後にします。

そうそう、この日の日当なのですが、時給850円で8時間(早く終わった分はおまけしてくれました)ということで、6,800円でした。

交通費はこの中に含まれますので、実際の金額はもう少し少なくなりますよね。ちなみに東京都の最低時給は、837円です。

日雇いアルバイトを終えて

結局、私が日雇いアルバイトで働いたのは、その一日だけになりました。面接を受けた企業以外に、知人の経営している運送業から採用の連絡があったからです。

給料6800円を支給日にいただき、その後も日雇いアルバイト会社からのメール連絡が何度かあったのですが、その都度メールを削除するのが面倒になったので受信拒否にしました。

今日もどこかで誰かが日雇いアルバイトで働いているのでしょう。誰かがそのお仕事をやらなければならないのですから。

→ オトクなアルバイトの探し方!知らなきゃ損する!複数サイト利用術

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報