資金繰り、融資のために個人でキャッシングを繰り返すように・・

【この体験談について】
夫と義父の失業をきっかけに家族で起こした会社。その資金繰りのために私は多額の借金を背負ってしまいました。結果的に私も夫も自己破産することになったのですが、私は借金や義父母のプレッシャーによりうつ病になってしまったのです。結局、病気のせいで夫とも離婚し、母子家庭で生活保護を受けることに・・・。今回は、そのときの様子を体験談形式でお伝えしたいと思います。

【前回のあらすじ】
新たに家族で会社を起こすことになったものの、収入が入る前に、出ていくお金の方が多く、資金繰りに困ってキャッシングに手を出してしまいました。また、主人も同様にキャッシングを繰り返すように。。。

【この記事を最初からお読みになる場合は、
多額の借金を抱えて自己破産!ストレスでうつにもなった私の壮絶人生』からご覧ください。】

会社設立時に受けた融資は約700万円

前回も少しお話したのですが、今回は、「会社をおこしたものの資金繰りに困り、私がキャッシングを繰り返すようになるまで」について詳しくお話していきたいと思います。

会社を株式登記した時、公的融資を受けました。
本来ならば自己資金を3分の1は用意しなければならなかったのですが、突然の起業だったため、自己資金は親戚から集めた300万円でした。いわゆる【見せ金】というものです。

私が融資を相談したのは県の中小企業団体。
ここの方々に事情を話したところ、快く相談に応じて下さり本当に良くして下さいました。

融資を始める際に必ず必要なのは事業計画書。
この計画書は、集客見込み数や、売上げ見込み金額など全てを想定し、計算して導いていくものです。何度も何度も足を運び、何度も計算をし直しました。

そして次は面談。
中小企業団体の方数名と面談をしたのですが、この時は事業計画書の内容を細かく聞かれ、その他に営業方法や宣伝方法などを聞かれました。

こうして全てが終わり、審査となりました。
(審査結果は面談から約1カ月ぐらいだったと思います。)

融資金額は1,000万円
運転資金300万円、設備資金700万円

無事に融資されました。

早速、見せ金として集めたお金を全て親戚に返済し、設備資金700万円で工具などを揃えました。

幸いトラックは所有していましたので、購入した自動車は雪でも現場へ出られるように4WDで工具などをつめる大きな自動車1台でした。ただ、この自動車は税金対策品でもあったので新車で購入したのです。(新車購入の場合、源伽償却として7年間計上出来ます。)

そしてこの自動車は頭金を入れず、あえて全額法人ローンとしていました。現金は手元に置いておかなければ運転資金になりませんし、自動車の総額も装備を色々と付けた結果、約700万円となってしまったからです。

全て準備をしてから3ヶ月目、ようやく仕事が入るようになりました。ですが、これまでの3ヶ月間、仕事は無くても給料(役員報酬)は支払わなければなりません。

本来なら、役員報酬は売上げに対し発生するものだと聞いています。もしそうなら、売上げが無いので支払わなくても良い。とされるところですが、当時の税理士と相談した結果、生活費や社会保険・厚生年金などの事もあり、当初から毎月定額を支払う事にしていました。

3ヶ月分の人件費だけでも、約250万円程だったと思います。それに、組合費や融資の返済、自動車ローンと支払いは山積み。

1,000万円の融資を受けてから考えると、親戚に返済し、設備などを準備し、3ヶ月分の人件費など色々なものを引いて、手元に残った金額は約150万円だったと思います。

この150万円が本当の運転資金となるのです。

資金繰りに困り、ついにキャッシングに手を出してしまいます

仕事が入ってくれば材料費と交通費は全て立替えとなるので、売上げが多く望めるような大きな現場に入れば入るほど、持ち出しも多くなり、どんどん赤字になってしまいます。

会社によってまちまちですが、取引していた会社は〆日が月末で、支払い日が翌々月の10日というところばかりでした。

そうなると、約2ヶ月分を持ち出す事になります。
残りの150万円もあっという間に底をつき、材料費や交通費が足りなくなってしまったので、1人悩み、キャッシングに手を出してしまったのです。

最初に借りた金額は50万円
それを返済すると、信用が得られたのか限度額が100万円になりました。50万円を一旦借り、翌日全額返済し、限度額が100万円になった時点で再度100万円を借りました。

他の会社も同じ様なシステムで、最初の限度額は小さいけれど、返済すれば限度額は大きくなるところばかりでした。借りたばかりの100万円もあっという間に経費となり、また違う会社に借入の申し込み。それをくり返してしまいました。

キャッシングの前に追加融資という事も考えましたし、法人ローンも考え色々なところへ相談に行きましたが、いずれも決算書が2~3期分ないと対象にならなかったのです。

すぐにお金が必要だった私は、個人名でキャッシングをしてしまったという訳です。

その後、1社の返済の為にもう1社増やし、またその返済の為にもう1社増やし・・・と、気が付いたら【雪だるま式】に増えていました

キャッシング額がいっぱいになると、カードショッピング枠で貴金属やブランド品を買い、そのまま売る。最後にはこうしてお金を作る様になっていました。

借り始めたときは、"○○会社からの入金を返済にあてよう"と思っていました。それが段々と"○日に入金があるから返済にあてて、返済したらまた借りて資金に・・・"と考えるようになり気が付けば莫大な枚数のカードが手元にありました。

当時は事の重大さをわかっていなかったので「トランプが出来そうな枚数だよね」なんて友人と笑っていたのです。

ただ、笑っていながら心の中ではいつも"会社の為、家族の為なのだから仕方がない"と言い聞かせる自分と、"ダメだよ!!これ以上借りたら返せないよ!"という自分が闘っていました。

それでも、やり始めた会社を早々とたたむ訳にもいかず、誰にも相談出来ず1人黙々とお金の事だけを考えて毎日を過ごしていました。

そのうち、自分1人ではどうする事も出来ないぐらいの経費が必要になったある日、主人に全てを話したのです。

すると主人は私を責める事もろくにせず、自分の名義でも借入をするようになりました。きっと主人は両親の生活を考え、借入をする事にしたのだと思います。

【この続きはこちら】
借金の不安からくるストレスで突然体調に!心療内科に行ってみると...』からお読みください】

【この体験談特集の目次】
1,多額の借金を抱えて自己破産!ストレスでうつにもなった私の壮絶人生
2,会社の資金繰りと生活費に困り、キャッシングに手を出すことに...
3,資金繰り、融資のために個人でキャッシングを繰り返すように・・
4,借金の不安からくるストレスで突然体調に!心療内科に行ってみると...
5,借金のストレスが原因?ついに「うつ病」と診断された。
6,うつ病で廃人のようになり、家族3人バラバラに暮らすことに
7,市の弁護士会、区役所への相談。自己破産すべきかを迷う。
8,借入件数42件、借金1,200万円の自己破産手続き。審査に通るのか?
9,ついに免責許可がおり、自己破産完了!さらなる試練のはじまり
10,次は夫の自己破産と会社の倒産手続。私といえば薬漬けでモウロウ
11,借金問題は解決したのに、悪化する自傷行為とパニック症候群
12,ついに離婚、家庭崩壊へ。主人と義母の顔が重なり限界でした。
13,母子家庭となり、生活保護の受給申請。新生活のスタート
14,生活保護中に申込んだクレジットカード。奇跡的に審査通過!
15,自己破産、うつ病、生活保護受給、今回の経験を通して学んだこと

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報