詐欺破産?意外と知らない自己破産の落とし穴とは

この体験談について

離婚の慰謝料の頭金200万円(慰謝料の総額は1,000万円)が払えず、消費者金融に借金をしたものの、結局それも支払えなくなり(私がうつ病になってしまったため)、任意整理をするまでのことを体験談として綴らせていただきたいと思います。

前回のあらすじ

離婚の慰謝料1,000万円。そのうち、頭金200万円を支払うために消費者金融で借金。
返済を続けていたが、うつ病になり休職を余儀なくされます。
結局、これ以上の返済が困難になり、債務整理を決意。
法テラスの無料相談へ行ったところ弁護士さんに「自己破産しかない」と、自己破産を勧められました。
「自己破産以外の方法はないの?」

この記事を最初からお読みになる場合はこちらから

法テラスで自己破産をすすめられた私。債務整理 無料相談 体験記

不安だらけの無料相談(二回目)

二回目に相談を受けてくれた弁護士は、一回目とは別の方でした。法テラスはかなり数の弁護士と契約していて、同じ弁護士に当たることはまず無いです。

ちなみに一回目の弁護士にもう一度相談できないかと受付の方に聞いてみましたが、指名はできないと断られました。

そして二人目の弁護士との相談がスタート。前回の相談で自己破産しか方法はないと言われたことを伝えたところ、今回の弁護士も同じ答えでした。

うつ病はいつ完治するか分からない病気だから、今後の返済計画を立てることができないので自己破産しか方法がないという結論でした。

相談した弁護士が二人とも同じ答えなのであれば、自己破産しか手はないと私も思い始めました。

自己破産で気になる2つのこと

いざ自己破産をするとなると・・・不安や疑問に思うことがいくつか浮かんできました。最初に気になったのは、会社に自己破産したことがばれないかという点です。

質問してみると、会社からお金を借りていなければ全く心配しなくても良いとのこと。

自己破産をすると、債権者にはその旨 通知が届くのですが、それ以外に通知されるようなことはないそうです。

次に疑問に思ったのは、銀行口座です。
給料が振り込まれる預金口座を債権者が強制的に差し押さえする可能性があるのでは?と思ったのです。その点を聞いてみると、銀行口座に100万円以上の現金があれば、差し押さえの対象になるとのこと。

うつ病で、借金返済にも困っている状態の私には全く関係のない話でした。その他、土地などの不動産や株などの有価証券を持っている人も財産として申請しなくては行けないそうです。

もし財産があれば、管財人という財産の整理や管理を請け負う人を入れて管財事件として扱われます。弁護士の話を聞く限り、管財人が介入すると、自己破産はかなり面倒な作業になる印象を持ちました。

意外と知らない自己破産の落とし穴

二回に渡る相談を受けてみて、自己破産することにある程度の覚悟が出来たので、自己破産の手続きをお願いしました。

すると、弁護士からいくつか質問されました。質問されたのはみずほ銀行のカードローンについてです。私がみずほ銀行のカードローンを使用し始めたのはうつ病になってからです。

病気で今までの収入が半分以下になり生活が苦しくなってきたときに、病気とわかりながらみずほ銀行のカードローンを利用してしまったのです。

金額は50万円。2回目の相談を受けている時点で、みずほ銀行に返済したのは2回、2万円でした。

弁護士が問題視したのは、病気になってからカードローンを利用したこと

自己破産の宣告をする段階で、1回も返済していない業者があると、詐欺破産といって、元々返す気がないのに借りたと判断されてしまいます。

私の場合、数回は返済していましたが、病気とはいえ収入の無い状態で借り始めているので、詐欺破産として見られる可能性があるということでした。

この問題を解決するには最低半年以上は返済する必要があると言われ、今の状態では自己破産すらできないと言われてしまいました。

意外と知らない自己破産の落とし穴2

私は休職していましたがサラリーマンです。病気が良くならず、万が一、会社を辞めることになった場合、会社から退職金が支払われます。

この退職金が財産として認められてしまうのです。

法律では、退職金の4分の1から8分の1が20万円を超える場合は財産と考えられ、4分の1から8分の1を債権者に配当すると決められています。

退職金が20万円以上になる見込みがあった私は、会社で退職金はどれくらいもらえるのかを調べなければなりませんでした。

総務部に事情を話して内緒で調べてもらったところ、17年働いていたので、600万円ちかくの退職金がでるとの話でした。軽く20万円を超えてしまったのです。

うつ病での休職期間は就業規則で1年間と決まっているので、それを超えると自動的に退職となり、退職金が入金されます。

私が自動的に退職になるまでまだ9ヶ月残っていました。つまり今の段階で自己破産すると、退職金の4分の1から8分の1の金額を支払う義務が生じてしまうのです。

退職金自体はまだ支払われてないのに、75万円以上150万円未満の支払い義務が生じてしまう・・・当然、そんな大金を手に入れる方法はありません。

借金返済もできなければ、自己破産もできない。もう八方ふさがりでした。

任意整理への切り替え

どうして良いか分からないまま三回目の無料相談の予約を入れました。法テラスの無料相談は3回までです。

もしこれで解決しなければ、有料で弁護士に相談することになります。なんとしてもそれだけは避けたい。その一心で三人目の弁護士に今までの弁護士に言われたことを詳しく話しました。

今までの二人とは違い、自己破産は無理と即答されましたが、任意整理してみたらどうだろうと言われました。

任意整理とは、利息の再計算をして過払い金がないかどうか、返済計画を立て直して無理なく返済できるのかなど、裁判所を介入させずに弁護士と債権者で話し合って和解交渉をする方法です。

長期間にわたりキャシングを利用し、それをきちんと返済しているならば過払いが発生する可能性が高く、うまく行けばかなり減額できるかもしれないと弁護士はアドバイスしてくれました。

任意整理は裁判所を使わずに弁護士が直接債権者と話し和解を提示するので期間的に短くなるのがメリットです。(裁判になったら判決が下るまでに1年以上かかる可能性もあるらしいです。)

「私にはこの方法しかない!」と思い、任意整理をお願いすることにしました。

法テラスは弁護士費用は立て替えてもらえる?法テラスの審査【体験談】

この体験談の目次】

→債務整理の弁護士事務所を徹底比較。費用、対応地域、実績、顧客対応

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報