支払い滞納の罠にはまらないためには支払い優先&節約【体験談】

今回は、私が大学生のときにお金に困り、支払いに追われたときの体験と、その困窮した状況から脱却した方法についてお話ししたいと思います。支払い滞納のスパイラルに陥らないためには・・・?私なりに考えた節約術もご紹介します。

【体験者の情報】
名前:斉藤 峰大
性別:男性
何を滞納したのか:家賃、クレジットカードの支払い、光熱費
滞納金額:約10万円
当時の職業:アルバイト
当時の年齢:19歳

最初の支払い滞納

当然、社会の中で生活していくにはお金がかかりますし、普通に生きていたらいろいろな支払いが発生します。それぞれの支払いには期限があるので、金銭管理をする事が大人への第一歩かもしれませんね。

私が初めて全ての支払いを自分で管理するようになったのは大学生の時でした。(家賃、ガス代、電気代、水道代、携帯代、インターネットのプロバイダー料金、クレジットカード利用料など。)

当時の私の収入はアルバイトのみ。

最初の頃は、バイト代が入ったら各々の支払いを真っ先に行なっていたので、特に滞納することはありませんでした。

しかし、あるとき、ちょっとした事がきっかけで、支払いを滞らせてしまいます。友人に遊びに誘われ、携帯代の支払いに使うはずだったお金を使ってしまったのです。

その時は、アルバイトの給与振込日が数日後に迫っていたので、そこから補填し、事なきを得ました。(本来は1ヶ月分の給与から携帯代を1月分支払えば良かったのですが、その月は2月分を支払ったのです。)

しかし、その後、だんだんと支払いが遅れがちになっていきました。

支払いに追われる日々

冬に友人数人とスノーボード旅行に行くことになり、用具一式を新しく購入することにしました。

一式揃えると全部で10万超。
そんな余分な現金はありませんので、クレジットカードを使って支払いました。

この10万円を補填するために、翌月のカードの支払い日までにアルバイトのシフトを増やせば問題ない、私は安易にそう思っていたのですが、なかなかうまくいかないものです。

思ったようにシフトを増やせず、アルバイト代はいつもと変わらず・・・。

引き落とし日に口座の残高が足りず、カード会社から「引き落とし予備日について」の連絡が来ました。予備日までに口座に10万円入金しなければということで、仕方なく家賃のためのお金を入金して補填しました。

家賃の分のお金を使ってしまったので、大家さんに少し家賃を待ってもらえないか?という交渉を行います。結果、無事OKになったものの、滞納分の家賃を分割で支払うことが条件でした。

滞納分を分割で支払いながらの生活はギリギリでしたし、その他の支払いもちょこちょこ滞納している状態。その後の家賃も払えたり、払えなかったりを繰り返していましたので、大家さんにはだいぶ迷惑をかけました。

支払いに追われる生活からの脱却

このような状況が3ヶ月程続いた頃、ついに私は「この状況を一旦リセットしよう!」と一念発起しました!

まず、支払い関係を改善する為の生活改善強化月間を作り、友人からお金を借り、一旦すべての支払いを済ませました。後は友人にお金を返すだけです。

生活改善強化月間中は、普通のアルバイトの他に日雇いアルバイトで働きました。無駄遣いしないために、「日雇いアルバイトのバイト代は友人への借金返済のため!」と自分に言い聞かせながら・・・

日雇いアルバイトで得た収入は、収入を得た日のうちに友人に返済しました。よく「耳を揃えて返す」と言いますが、私は手元にお金が残らないように、お金が入るたびに返済するようにしていました。

こうして、めちゃくちゃだった支払い関係をリセットすることができたのです。

支払い滞納のスパイラルに陥らないために

それからは、「毎月の支払いを最優先にする」というのを鉄の掟としました。

また、以前は月々の収支で少しでもプラスが出たら、その月のうちに使っていたのですが、それからは少しでも余裕が出たら貯金に回すように心がけました。余裕のあるお金が少しでもあれば、急な出費にも対応できる柔軟性のある家計となります。

また、クレジットカードは極力使わないようにしましたし、毎月の支払い額を少なくするために、水道光熱費を節約するようなりました。

主な節約術は2つです。

1つは早寝。
電気代(特に暖房・冷房代)を節約できる上、健康にも良いのでおすすめです。

もう1つはとにかく出かけること。
用事がなくても、なるべく外にでかけるようにしていました。

良いところは早寝と一緒ですが、外でお金を使ってしまうと意味がないので、図書館や本屋に行ったり、散歩などをしていました。

この2つを徹底し、月に3千円から5千円は節約できていたと思います^^

支払いに追われる生活をしてみて

こうして、このときは無事に危機を乗り越えることができました。

今回は家賃まで滞納していたので、最悪の場合、保証人に迷惑をかけていたかもしれません。また、クレジットカードの支払い滞納を繰り返せば、クレジットカードを止められてしまっていたでしょう。信用情報にも傷がついてしまったと思います。

順調なときは特に意識していませんが、支払いは毎月必ず発生するものです。また、ちょっとした収入の変化や予定外の支払い、衝動買いなどによって、そのサイクルが乱れ、滞納してしまうこともあるかと思います。ただ、いったんサイクルを乱すと通常の流れに戻すのは本当に大変です。

私は今回それを身をもって実感しました。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報