ティッシュ配りの時給、大変なこと、配る時のコツなどまとめ

「空いた時間に気軽にお小遣いを稼ぎたい」

「すぐにお金が必要なので、簡単にできる日払いのアルバイトを探している」

そんな人にオススメなのが、ティッシュ配りのアルバイトです。

仕事は駅前や街頭などに立って、道行く人にティッシュを配るだけ。

数時間単位で働くことができて、お給料も比較的高額、日払いが多いのも魅力的です。

こう聞くと、「誰でもできる・稼げるアルバイト」のように思えますが、仕事となればいいことばかりではないはず。

では、実際のところはどうなのでしょうか?

今回は、ティッシュ配りのアルバイトの実態について、いろいろな角度から検証してみました。

  • 目次
  • 時給の相場は?
  • どんな仕事なの?
  • どのような人を狙うべき?
  • 配るときのコツは?
  • ティッシュ配りで大変なことは?
  • ノルマはあるの?
  • 求人の探し方

時給の相場は?

都内でみると、時給の相場は1,000円以上ですが、実働時間は比較的短く4~6時間程度なので、日給は4,000円~7,000円程度です。

また、出来高制を採用しているところもあります。

こちらは配ったティッシュ1つにつき2円~6円の報酬が発生します(ティッシュと一緒に配る広告チラシによって幅があります)。

1日だけの勤務もOKで、求人も平日より土日祝の方が多いので、普段忙しい学生や社会人の手軽なお小遣い稼ぎに適しているといえます。

どんな仕事なの?

ティッシュ配りの仕事はどのように進んでいくのでしょうか?

大まかな流れを追っていきましょう。

集合場所に行く

まずは指定日時に集合場所へ行きます。

集合場所は、多くの場合、ティッシュに付いている広告主のオフィスや店舗です。

たとえばコンタクトレンズ販売店やマンションのモデルルーム、消費者金融の店舗などです。

担当者から説明を受ける

担当者から、"ティッシュを配るターゲット"や"配布場所"について、ひととおり説明を受けます。

ターゲットというのは、ティッシュに付いている広告に興味を持ちそうな人たちです。

例)

  • コンタクトレンズの広告なら若者
  • マンションのモデルルームの広告なら若い夫婦や主婦
  • 消費者金融の広告なら中高年のサラリーマン

そして配布場所は、ターゲットとなる人が多そうな場所です。

例)

  • ターミナル駅付近
  • 商店街
  • 繁華街
  • 特定の専門店や大型店の前

そして、現場に出る前に、担当者から配布場所の簡単な地図と、道路使用許可証を受け取ります。

道路使用許可証がないと、見回りの警察官に注意されることがあるので、なくさないようにしましょう。

また、このとき、ティッシュに広告をセットしたり、一緒に配る販促物などを用意する作業が入る場合もあります。

ティッシュを配布する

準備が整ったら、ティッシュの配布場所に移動して配り始めます。

人の流れを観察したり移動したりしながら、もっとも効率よく配ることのできる立ち位置を探しましょう。

ちなみに、私が経験した消費者金融のティッシュ配りでは、ティッシュと一緒にくじを配りました。

ターゲットになりそうなサラリーマンに商品券の当たりくじを渡し、「景品交換のためこちらまでお越しください」と、消費者金融の窓口まで誘導していました。

ターゲット以外の高齢者や子供などには、はずれくじを渡していました。

また、新築マンションのティッシュ配りでは、主に主婦をターゲットにしていたのですが、興味を持っていただいた方には一通りマンションの説明をしなければなりませんでした。

配布終了後

勤務終了時間になったら、余ったティッシュを持ち帰って最終報告を行い、許可をもらってから帰宅します。

どのような人を狙うべき?

先ほど、「あらかじめ担当者からターゲットについて説明がある」と述べましたが、実際はターゲットについて指定されない場合もあります。

では、どのような人を狙って配ればいいのでしょうか?

最初は人を選ばないことが大事です。

「だれにしようかな?」と悩んでいると、いつまでも渡せないまま時間が過ぎてしまいます。

とにかくいろいろな人に配ってみることです。

そして、慣れてきたら下記のような人を狙ってみましょう。

外国人

台湾の友人に聞いた話ですが、彼女の国ではティッシュ配りという習慣がないそうです。「無料でティッシュをもらえるなんて驚いた」と言っていました。

もしかしたらティッシュ配りは日本だけの文化かもしれません。外国人の方は受け取ってくれる可能性が高いので、ぜひ試してみましょう。

主婦・学生

主婦は狙い目です。「タダでティッシュをもらえるなんてラッキー」と、あちらから取りに来ます。

また、学生は出費が多く収入が少ない年代なので、受け取ってくれる確率が高いです。

マスクをしている人

マスクをしている人=花粉症や風邪で困っている人です。マスク着用者はティッシュを重宝しているため、ほとんどの場合は受け取ってもらえます。

配るときのコツは?

たかがティッシュ配り、されどティッシュ配りです。

効率的に配るため、また、快く受け取ってもらうためのコツはあるのでしょうか?

人の進行を妨げない

ティッシュ配りに夢中になりすぎて、通行人にぶつかったり、進路を妨げてしまうケースがあります。

自分の立ち位置や手の動きに気を遣いながら、ティッシュを配りましょう。

受け取らない人に何度も差し出さない

ティッシュを差し出したときに嫌な顔をされたら、すぐに引っ込めましょう。

しつこくすると、トラブルになる可能性があります。

慣れてきたら、ティッシュを差し出した瞬間の動きや表情で、受け取ってもらえるかを判断できるようになります。

もう少し声をかければ受け取ってもらえそうとか、忙しそうだからすぐに引っ込めようとか、自分なりに予想することでクレームやトラブルを避けましょう。

受け取る人の手元に向かって配る

通行人が受け取りやすい手元へティッシュを差し出すことがポイントです。

とにかく注目してもらいたいからと目の高さにティッシュを差し出す人がいますが、取りにくいうえ不快にさせてしまう恐れがあるので、手元の位置に出すことを心がけましょう。

また、基本は受け取りやすい右手付近に、あるいは荷物を持っていない手に差し出すなど、相手の立場になって考えると成功率が上がります。

信号待ちを狙う

信号待ちをしている通行人は、ボーっとしている方が多いので、配りやすいです。ただし、熱中しすぎてまわりに迷惑にならないように気をつけましょう。

また、信号が青になると人が一斉に動き出して危険なので、信号の変わり目に注意しながら配ります。

ターゲットを見ない

通行人をじろじろ見ると不快に思われたり、警戒されてしまうため、目を見るのは渡す瞬間だけにします。

ターゲットが忙しそうかどうかなど、遠くからさりげなく観察して動きましょう。

受け取ってもらえない場合は、場所を少し変える

受け取ってもらえない場合は、人の流れの多いところや、受け取る人が多そうなところに移動しましょう。

ティッシュ配りで大変なことは?

「ティッシュを配るだけ」のお仕事ですが、やはり大変なこと、辛いこともあります。

どのような点がしんどいのでしょうか?

気候に左右される

夏の暑い日に、何時間も立ちっぱなしでティッシュを配り続けるのはなかなか大変です。

熱中症の危険もありますから、ペットボトルか水筒は必ず持参しましょう。

冬も体調を崩さないよう、きちんと防寒する必要があります。

使い捨てカイロを用意するなどの寒さ対策を怠らないようにしましょう。

また、雨や雪が降ると、多くの場合中止になってしまいます。

傘をさしながらティッシュは配れませんからね...。

ただし、もともと配布場所に屋根がある場合、あるいは屋根のあるところに移動できる場合は決行となります。

もしくは、内勤作業に変更されることもあります。

このため天候不順のときは、確認のため集合場所に出向いた方がいいでしょう。

見た目より疲れる

仕事中は立ちっぱなしで、笑顔を崩さずに「お願いします!」と言いながらティッシュを配り続けることになります。

また、ちょこまか移動もするので、けっこう体力が要ります。

見た目よりはかなり疲れるお仕事です。

なかなか受け取ってもらえないことも...

がんばって配ってもぜんぜん受け取ってもらえないと、モチベーションが下がりますよね。

だから、受け取ってもらえなくてもイチイチ気にせず、「よし、次に行くぞ」と気持ちを切り替えていくことが大切です。

なかには舌打ちされたり暴言を吐かれることもありますが、やはり気にしないことが大事です。

ノルマはあるの?

ほとんどのところはありません。

一時期、ノルマをこなすために「友人に配る」、「ゴミ箱に捨てる」、「自分で持って帰る」などといった不正が発生したため、現在はノルマなしのところがほとんどです。

ただ、なかには「最低段ボール〇箱は配ってください」と指示が出ることもあります。

のちのちトラブルにならないよう、ノルマについて事前に確認しておくことをおすすめします。

求人の探し方

ティッシュ配りの求人は、anマイナビバイトフロム・エーバイトルドットコムショットワークスなどのアルバイト情報サイトやタウンワークなどのアルバイト情報誌で紹介されています。

実際にアルバイト情報サイトを使って検索してみましょう。

今回は、短期・単発バイト専門の「ショットワークス」を使って実際にアルバイトを探してみますね。

まず、トップページにある「職種から探す」の「チラシ・サンプリング系」というカテゴリを選択します。

アルバイト情報サイトショットワークス

すると、「チラシ・サンプリング系」の求人が表示されますから、下記のような細かい条件をチェックし、さらに絞り込みます。

  • 場所
  • 勤務日
  • 最低勤務日数
  • 時給
  • 支払方法(日払い、週払いなど)

ショットワークス絞り込み検索

ショットワークスは、短期・単発専門なので、たとえば「1月30日の1日だけ働きたい」などといった要望に沿った検索が可能です。

この場合、「勤務日」を「1月30日」、「最低勤務日数」を「1日」に指定すればOKです。

このような探し方は他のアルバイト情報サイトではできません。

なお、ティッシュ配りのアルバイトの多くは、派遣会社に登録して仕事を紹介してもらうスタイルをとっています。

したがって、希望の求人が絞り込めたら、まずはその仕事を斡旋している派遣会社に登録する必要があるのです。

いかがでしたか?
誰でも手軽に始められて、短時間で稼げるティッシュ配りのアルバイト。

急な出費などでお金が必要になったときや、お小遣い稼ぎにはぴったりのようです。

空いた時間に稼げるので、学生や主婦、シフト勤務のサラリーマン、高齢者など、さまざまな方におすすめできます。

興味のある方は、一度挑戦してみてはどうでしょうか。

なお、ティッシュ配り経験者がそのときの体験を語ってくれていますので、そちらもぜひ目を通してみてください。

→ オトクなアルバイトの探し方!知らなきゃ損する!複数サイト利用術

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報