引越しアルバイトの給料、勤務時間、残業まとめ。態度一つで仕事がしやすくなる

学生時代、空いた時間(特に土日)を有効活用するために、派遣会社に登録して引越しの日雇いアルバイトをしていました。

日給が良い分、キツイと思われている引越しのアルバイト。実際はどうなのでしょう?体験者の視点から語らせて頂きます。

体験者の情報

名前:甲田 武志(仮名)
性別:男性
当時の年齢:20歳
当時の職業:専門学生
日雇いのきっかけ:土日の空いた時間を有効に使うため

「直接雇用」か「派遣」か

一般的に、引越しのアルバイトは直接引越し業者に雇われる形と、派遣会社などを通して働く形、どちらかを選んではじめることになります。

私の場合は後者でした。
登録していた派遣会社から依頼が来て、仕事を請けるという形です。

特に転勤や進学、就職で移動の多くなる3~4月あたりはとても募集が多かったように思います。

給料、勤務時間、残業

給料は、同じく派遣で紹介されるその他の仕事(軽作業など)よりも日当で1,000~2,000円ほど高くなります。

日給8,000円程度~が多いですね。

手取りに関しては直接引越し業者に雇われるほうが高いようです。

中間業者を挟まないからその分お給料が高くなります。

勤務時間は実働8時間程度が基本ですが、作業がスムーズに進めば、さらにはやく終わる事もあります。

もちろんそういった場合も1日分の日当は保証されます

しかし、3~4月の繁忙期は一日に2件などのスケジュールで現場を連続することも珍しくありません。

超過時間(8時間以上)は、派遣会社で規定されている残業代が加算されます。

仕事内容

文字通り引っ越し作業です。
まずは派遣会社から指定された集合場所、もしくは引っ越しセンターに集合。

当日働くスタッフが複数名で集合しますが、だいたい2名ずつに分けられ、各トラックに乗り込みます。

トラックごとに担当の社員さんが2名つき、その方々がその日の現場の担当者になります。

梱包資材などが積まれたトラックの荷台で、作業着に着替え、そのまま戸を閉められて現場へ出発します。

どこへ到着するのかは、車が止まって荷台が開かれるまでわかりませんでした。

現場では特に詳しい指示などは無く、到着次第、家の中のダンボールで梱包されたパッキンの搬出が始まります。

荷物の積み込みが完了しますと、次は搬入先となる新居への移動になります。

ここで移動時間が長い時は、道中で昼食を取ることもあります。

新居は絶対に傷をつけないように配慮しなければなりません。

ドアや手すりなどの養生(傷、汚れを付けないようにシートなどで覆う)はもちろん行うのですが、重たい家具でフローリングを削ったり壁に傷をつけてしまうと、引越し業者の弁償となるので、恐ろしいほど怒られます

派遣の場合、作業が終わるとその場で解散となることがほとんどです。

直接雇われているアルバイトは、その後配送センターにもどって、トラックの荷台整理などがあります。

引越しアルバイトをしていて良かったこと

引っ越しアルバイトは大変、しんどいなどのイメージが強いかもしれませんが、良い部分ももちろんあります。

羽振りのいいお客様の場合、作業終了時に別途でご祝儀をくれる場合がありました。

大体一人頭1,000円ほどの額ですが、日給+1,000円は大きいですよね^^

また、スムーズに作業が進み、早ければ(朝から始めて)午前中に仕事が終わるということもあります。

そのような場合も日給は保証されていたので、非常に得をした気分になります。引越しアルバイトならではの特権ですね。

引越しアルバイトをしていて大変だったこと

4階立てのマンションにエレベーターが無い時があり、階段の上り下りで足の筋肉が痙攣して、しばらく動けなくなる時がありました。

引越し作業員は「走る」が原則です。

荷物を持つ時は小走り程度でもよいのですが、荷物を運んだ後は走って次の荷物を取りに行きます。

4階まで何往復も走って登るうちに、足はガクガクと震えだし、ついには立てなくなってしまいました。

それでも社員の方から「何してるんだ!」と恫喝を受け、歯を食いしばって作業を続けました。

引越し作業は、単純な腕力だけでなく、足や腰や全身の筋肉を惜しみなく使う仕事なのです。

また、別の現場になりますが、とても高級そうな新築の家へ引っ越すお客様がいらっしゃいました。

そのためか、社員の方もだいぶ神経を尖らせていて、何かにつけて怒声を張り上げていました。

私も、特にミスや悪いことはしていないのに、なんとなく「すみませんすみません」と言い続けながら作業を続けていたのですが、あまりにも神経を消耗し過ぎたのか、その時、一緒にいた派遣スタッフは、昼休み中にトイレに作業着を脱ぎ捨て逃げてしまったのです!

午後から1人であの鬼のような社員さんにこき使われるのかと思うと恐ろしくなり、自分も逃げ出したくなりましたが、それこそ大変なことになるのではとすぐに考え直し、私も被害者のような顔をして報告に行きました。

どのような罵声が飛んで来るかと不安で胃が痛くなりましたが、社員さんは私の報告を受けると、すぐどこかに電話を掛けて近場の作業員を手配するなど冷静に対処しており、存外、私の待遇が悪くなるようなことはありませんでした。

現場で作業員が逃げ出すのはよくあることなのかもしれません。

引越しアルバイトはインドア派の私には過酷な仕事でしたが、体と精神を鍛えたい方にはおすすめです。

お金も貰えてとても有意義な仕事になるのではないかと思います。

引越しアルバイトの意外な注意点とは?

思わぬ交通費の発生

先述のとおり、派遣は作業の終わった現場で解散、ということが多かったのですが、それがとんでもなく遠方だった場合、帰宅にかかる運賃が思わぬ出費となることがあります。

トラックがどこに向かうのか社員さんに確認し、方向の折り合いが付けば途中まで乗せてもらえないか交渉もしてみるとよいでしょう。

態度ひとつで働きやすさが変わる

当日の自分の担当者となる社員さんによって、その日一日の作業が過酷なものになるか、その逆になるかの命運が決まります

社員さんの中には派遣の人間をただの使い捨ての人材としか考えていないような方もいて、そういう方が担当だった場合、ひどくこき使われ、待遇も悲惨なものになることがあります。

初めて訪れたにも関わらず、大した説明もないままに作業が始まり、どう動いてよいか判らずにまごまごとしていると、「何やってるんだよ!」と一喝されることもあります。

少しでも待遇を良くするためには、何よりも最初に印象良く思ってもらうことが第一です。普通の対人関係と同じです。

  • 初対面時には大きな声で挨拶する
  • 返事はきちんと大きな声で
  • 終始、笑顔を心がける

こうしたことを繰り返していると、次第に一緒に現場に出ている他の派遣アルバイトと扱いが変わってくると思うので、ぜひ実践してみてください。

私自身、以上のことに気をつけるようになってから、どの現場に出ても待遇が良くなったように感じました。

作業についてちゃんと指示してくれたり、名前で呼んでくれたり、たまにねぎらいの言葉をかけてくれたりすることもありました。

それでもミスをしたり、ダラダラ動いているとやはり怒られますが、それは厳しい現場なので致し方ないことです。

最後に、引越しアルバイトの仕事内容、給料などについて詳しく調べた記事もあります。よろしければこちらも見てみてください。

→ オトクなアルバイトの探し方!知らなきゃ損する!複数サイト利用術

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報