家電量販店アルバイトは時給高いけど覚えること多くて大変?【検証】

家電量販店のアルバイト。
家電好きなら一度はやってみたいと思うアルバイトではないでしょうか。

明るく広い量販店内で、好きなOA機器や家電に囲まれ、お客さんの質問に答えたり商品を紹介したりする仕事は、とてもやりがいのある楽しい仕事だと思います。

そんな家電量販店のアルバイトですが、時給、販売ノルマ、メリット・デメリット、仕事をする上での注意点など、気になる点はいくつかあると思います。

そこで今回は、家電量販店アルバイトについてできるかぎり詳しく検証してみました。

時給の相場は?

家電量販店アルバイトの時給の相場は東京都内で1,000円~1,500円程度です。

1日の実働時間は平均5時間~8時間と、勤務時間は長めになる傾向があります。

時給は経験や能力によって相場以上に優遇される場合もあります。また、混雑する土・日・祝日に必ず勤務できる場合も、時給額がアップされることがあります。

基本的に、アルバイトでも残業があるところが多いですが、販売店により残業時間には違いがあります。

残業は相談に応じて、というところもありますので、契約時に残業時間に関してよく確認しておく事をおすすめします。

仕事の探し方

アルバイト求人情報サイト(例:フロムエー、an、バイトルドットコム、タウンワーク、ジョブセンス、イーアイデム、マイナビバイト)で探すことができます。

「家電量販店」などでキーワード検索してみてください。

家電量販店と直接雇用契約を結ぶケースと、派遣会社に登録後、お店で派遣として働くケースがあります。

また、ビックカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラなど大手家電量販店の公式ホームページに掲載されている求人情報を見るのも手です。

「ビックカメラ アルバイト」「ヤマダ電機 アルバイト」などと検索すると、それぞれのお店のアルバイト情報のページがヒットすると思うので、そちらを見てみてください。

仕事内容は?

大きく分類すると、レジ担当と売り場担当があります。

レジ担当

会計、梱包、配達受付、修理受付、クレーム対応、売り場の案内などが主なお仕事となります。

女性スタッフはレジを担当することが多いようです。

休日はお客様を待たせてしまうことも増え、クレーム対応に追われることも。また忙しい時には販売補助として売り場に立つ場合もあります。

売り場担当

商品の陳列や、商品についてお客さんに説明するのが主なお仕事です。コミュニケーション能力、専門的な商品知識が必要となります。

初めは販売補助として、社員について働きながら研修を受け、商品知識をつけていきます。

1人で接客を任せても大丈夫だと判断されると、店内の1エリアを任されるようになります。(最初はDVD、CD-Rといったコーナーの担当になる事が多いそうです。)

クレームの原因となることも多い値引き交渉に関しては、基本的に社員が担当し、アルバイトや派遣社員は対応しないというお店も多いようです。

お客様の来店数が多くなる休日は、売り場担当者もレジ打ちをしたり、梱包作業や発送手続きを手伝ったりと、担当以外の仕事をこなさなければならないこともあります。

メインではありませんが、レジ担当、売り場担当の他、商品の配達員補助のアルバイトもあります。

重い家電を配送するお仕事になりますので、体力が必要です。

仕事の良い点は?

高時給

時給の高さが魅力です。
土日祝日休まず出勤する、残業をすすんでする、週に5日7時間~フルタイムで店に入るなど、働き方によってはさらに高い収入を目指せます

家電、OA機器に強くなれる

家電やOA機器の細かい商品知識が身につきます。
新商品をいち早く知ることができるのも嬉しいところです。

コミュニケーション能力がアップ

日々、大勢のお客様と接するため、自然とコミュニケーション能力が高くなります。

家電販売店には幅広い年齢層のお客様が来店しますので、ここで身につけた接客能力は、他の仕事に就いた場合も必ず役立ちます。

自分の知識を仕事に活かせる

OA機器、家電が好きで元々豊富な知識があると、存分に自分の知識を活かせます。

接客が得意でない場合も、自分の得意分野の話ならスムーズに話せるのではないでしょうか。

正社員への道も

商品知識や営業スキルなどを買われ、正社員に誘われるケースもあるようです。

マイナス面は?

体力が必要

立ち仕事となりますので、ある程度の体力は必要です。重い家電をレジやお客様の車まで運ぶため、腰を痛める人もいます。

クレーム対応

商品の不具合や修理期日についてなど、本来ならメーカーが受けるべきクレームにも対応しなければなりません。

理不尽なクレームも真摯に受け止め、誠意を持って対応しましょう。

まとまった休みがとりにくい

勤務時間が比較的長く、土日祝日の出勤を求められることが多いため、長期間のお休みがとりにくいというデメリットがあります。

覚えることが多い

新商品が発売されるごとに商品の機能や特徴についてチェックしなければなりません。

また、最初は商品について知らないことが多いと思いますので、その分、覚えることも多いです。

家電量販店のアルバイト体験者もいますので、厳しい実態について知りたい場合はこちらをご覧ください。

未経験でも大丈夫?

最初はレジ打ちを中心に、商品売り場の案内、商品の品出し、フロア清掃といった店舗サポート業務から行います。

仕事に慣れてくると、修理受付や発送受付⇒フロアでの接客販売、というふうに担当が変わっていきます。

したがって、初めから家電に詳しい必要はありませんので、未経験者でも大丈夫です。

仕事をする上で注意すべき点は?

自分の担当する家電メーカーだけでなく、比較対照のために他メーカーの商品の特徴、機能も確認しておきましょう。

新商品が発売された際は、旧商品との違い、追加された機能などをチェックすることも大切です。

お客さまから見ると、正社員、アルバイトの区別はありません。

スタッフはみんな商品に詳しいものだと思って質問してきます。商品についてよく把握しておくことが大事です。

ノルマはあるの?

売り上げ目標という名称で、目標とする売上額が設定されている販売店が多いようです。

ただ、基本的にアルバイトにはノルマはないというところがほとんどです。

ただ、ノルマがないからと言って仕事を適当にこなすのではなく、お店の売り上げに少しでも貢献できるよう、意識を持って仕事に取り組みましょう。

うまく仕事をするポイント

とにかく商品知識をつけることです。

商品のカタログ、マニュアルを見ながら実際に展示品に触れてみる事が大切です。

平日の昼間など、お客様の少ない時間帯は、仕事の合間に商品について勉強する時間がとりやすいようです。

そうして得た商品知識を正しくお客様に伝える事が大切です。

また、お客様に伝えるときは必要な情報だけを伝えるのがベストです。精密な機能や性能についての知識は、販売側が分かっていればよいのです。

実際のお客様は、難しい事はよく分からないけれど、自分の生活スタイルに合った商品が欲しいという場合がほとんどなので、お客様の日常の様子を伺った上で、個々の生活スタイルに合った商品を見極めておすすめしましょう。

家電販売店のお仕事は簡単ではありませんが、その分高収入が期待できるアルバイトです。家電が好きな方にはぜひ試して欲しいアルバイトです。

→ オトクなアルバイトの探し方!知らなきゃ損する!複数サイト利用術

【この記事の筆者】
前川ミオ(仮名)
1970年生まれ。大学卒業後から現在に至るまで、あらゆる仕事、アルバイトに就き、転職数は20を超える。中でも一番長く勤めた職種は、保育士・幼稚園教諭。転職の経験を活かして、就職系・教育系を得意とするライターとして活躍している。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報