資材搬入バイトの時給の相場、仕事の探し方、危険な点、ノルマのまとめ

短期間にまとまったお金を稼ぎたい、という時に選ばれることが多い資材搬入アルバイト。日雇いアルバイト、短期アルバイトの中でも高時給です。日払いに対応しているところも多いため、短期間で収入を得たい場合にもピッタリです。

体力さえあれば未経験者でも始められるというイメージがありますが、仕事内容も簡単なのでしょうか。

今回は、資材搬入アルバイトについて、仕事の内容やノルマ、メリット、仕事前に確認しておきたい点などを詳しく検証してみたいと思います。

仕事内容

資材搬入アルバイトは、簡単に言うとあらゆる現場に資材を運ぶお仕事です。搬入する資材はその現場によって多岐にわたります。

例えば、建築現場に足場を組むパイプ、木材や壁、窓枠、床材などの建築資材。医療現場の医療品。コンサート会場にセットする機材や楽器。店舗やデパートに陳列する資材。イベント会場のディスプレイ資材。企業の大型の事務機器など。

基本的に、建築、建設業の資材搬入は時給額も高めに設定されています。仕事自体はシンプルなので、未経験者でも簡単に取り組めます。

給与の相場は?

基本的に、1現場の実働時間は3時間~8時間程度(終わり次第終了のところも多い)となり、希望者は1日に2現場以上で働くこともできます。

1現場の平均給与は6,000円~10,000円程度

建設・建築現場への資材搬入は時給額も高くなります。フォークリフトの免許を持っていると、現場によっては時給額がアップされる場合もあります。

仕事の探し方

フロムエー、an、バイトルドットコム、タウンワーク、マイナビバイト、ジョブセンスといったアルバイト求人情報サイトから探すことができます。サイト内で、「資材搬入」で検索してみてください。

また、派遣会社へ一度登録して、そこから希望の資材搬入アルバイトを紹介してもらうこともできます。その場合、派遣社員として現場へ出向することとなりますので、福利厚生や諸費用の相談については派遣会社と行うことになります。

仕事の良い点

● 高時給
報酬は比較的、高く設定されています。
短期間に高収入を得たい方にはおすすめのアルバイトです。
1日で働く現場回数を増やすことで、収入をアップすることもできます。

● 好きな時だけ働ける
単発で1日のみ、週1のみ、週5日フルタイムなど、自分の都合に合わせて働く日数、時間を決めることができます。

● シンプルな仕事内容
現場へ資材を搬入する、という単純作業になりますので、未経験者でも安心して始めることができます。

● 服装規定がない
仕事は指定の作業着、または動きやすい服装となります。服装に気を使う必要がありません。また、髪の色、髪型などについても自由なところがほとんどです。

● 体を鍛えられる
重い資材を運ぶことも多いアルバイトですので、仕事をすることで体が鍛えられます。体力に自信がある、体を動かすのが好き、という人におすすめのアルバイトです。

● マイペースに働ける
現場はその時によって違いますし、一緒に働く仲間もその場その場で変わります。職場での複雑な人間関係に悩まされることもなく、マイペースに働くことができます。

大変な面

● 体力が必要
重い資材を延々運ぶ力仕事です。
ある程度の体力がないと務まりません。
これまで力仕事はやったことがない、という場合はきつく感じると思います。

● 気の緩みが事故につながることも
重い資材は、扱い方によっては大変危険です。現場で働く者全員が緊張感を持って仕事にあたらないと、思わぬ事故につながってしまうケースもあります。

● 現場により、環境に違いがある
毎回毎回、資材搬入のルートが整っている現場だとは限りません。エレベーターのないビルで階段を使って重い機材を運ぶ場合もありますし、工事現場や建築現場では、足場が悪い状態のことも多いようです。安全のためにも、十分注意して資材を運搬する必要があります。

仕事上の注意点

会社により、交通費や諸費用の条件にもかなり違いがあります

例えば、作業に必要な作業着、ヘルメット、安全靴は給与天引きとなる会社。

現地集合・現地解散で交通費は支給されない会社。

同じく現地集合・現地解散でも通勤にかかる往復の時間も時間給として計算してくれる会社など。

後々のトラブルを防ぐためにも、仕事に就く前に細かい条件まで明らかにしておきましょう。

また、先ほど事故の危険性について触れましたが、万が一、事故が起きた時のことについて(労災についてなど)も勤務前に詳しく確認しておくようにしましょう。

ノルマ・残業はあるの?

資材搬入アルバイトのノルマは、予定された時間内に資材を全て運び終える事です。作業終了予定時間より前に全ての資材を運び終えたら作業終了となりますが、1現場で得られる収入は保証されます。

また、だいたいの目安にもとづいて現場での作業時間が決められているため、残業は少ないようです。会社によっては「残業なし」と就業条件の項目に入っているところもあります。

うまく仕事をするために!おすすめの資格

最後に、持っていると時給額、日給額が優遇される資格を紹介します。資材搬入の仕事を長期的に続けていきたいという場合は、ぜひ検討してみてください。

・ フォークリフト運転免許
フォークリフトは、荷物を運搬するための特殊自動車で、工場や倉庫、建築現場など、様々な現場で荷役作業に使用されています。

・ 建設用リフト運転士
荷物の運搬を目的とした建設用のリフトを操作するための資格です。日本で建設用リフトの操作をする場合は、この資格が必要となります。

・ 小型移動式クレーン免許
小型移動式クレーンは、つり上げ荷重が1トン以上5トン未満の移動式クレーンになります。建築現場の資材の搬出入にも使われる事が多いです。

・ 玉掛け技能講習
玉掛けは、ワイヤロープなどのつり具を使って荷物をクレーンのフックに掛け、つり荷を所定の位置に運搬する一連の作業となります。一見すると簡単に見えますが、ミスが起きると重大な事故にもつながる可能性もあるため、重要な仕事となります。

力仕事で大変なこともある資材搬入アルバイトですが、働き方次第では高収入を得ることもできます。体力に自信がある場合は、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

→ オトクなアルバイトの探し方!知らなきゃ損する!複数サイト利用術

【この記事の筆者】
前川ミオ(仮名)
1970年生まれ。大学卒業後から現在に至るまで、あらゆる仕事、アルバイトに就き、転職数は20を超える。中でも一番長く勤めた職種は、保育士・幼稚園教諭。転職の経験を活かして、就職系・教育系を得意とするライターとして活躍している。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報