たった1枚のクレジットカードから始まった借金。任意整理から完済まで

私はかつて、買物のため、友人へお金を貸すために複数の借金を抱えた経験があります。

最終的に任意整理をして現在は完済しているのですが、今回はその時のことを体験談としてつづっていきたいと思います。

【体験者の情報】
名前:田中 良子(仮名)
性別:女性
債務整理方法:任意生理
会社名:ライフ、オリコ、セゾン、プロミス、アイフル
当時の職業:パート、営業職
当時の年齢:30歳
当時の借金の合計額:300万円
債務整理をしていた時期:2008年11月~2012年2月
費用:14万円

多重債務の始まりはクレジットカード

多重債務とは...

すでにある借金の返済に充てるために、他の金融業者から借り入れる行為を繰り返し、利息の支払いもかさんで借金が雪だるま式に増え続ける状態"のこと。

引用元:知るぽると「金融用語解説」
http://www.shiruporuto.jp/finance/kinyu/yogo/yogo301.html
<2013/01/10アクセス>

私が多重債務者になったきっかけは、知り合いが経営しているサロンの化粧品を買うために作ったライフのクレジットカード。

化粧品の値段が10万を超えていたので、そのカードの返済方法をリボルビング払いにして、初めてローンを組んだのが24才ぐらいの頃だったんです。

リボルビング払いとは、毎月あらかじめ指定した一定額を返済していく方式で、そのときは毎月4,000円ぐらい返済していました。

それからというもの、エステに行く度に美容機器や、ダイエットのためのサプリメントやら、補正下着やらをカードを買い、徐々に借金を増やしていったのです。

仲の良い友人に60万円を貸すことに

自分の浪費で借金が増える中、ある出来事が起こったんです。

当時私は、二世帯のアパートの一階に住んでいて、二階には若夫婦が住んでいました。その若夫婦の奥さんと仲良しで、よくお互いの部屋に遊びにいったりしていたんです。

ある時、その奥さんから私の携帯に電話があり、

「兄が多額の借金を作って、その保証人に父親がなってしまった。とにかく兄の借金を返さないといけないから、貸せるだけお金を貸して欲しい。」

私は驚きましたが、仲の良い奥さんのために何か出来ることはないかと考えました。

繰り返す借金と減らない返済

手元に現金がなかった私は、エステで使っていたカードにキャッシング機能があることを知り、それを使い10万円ほどキャッシングしました。

また、ローソンのクレジットカードでもキャッシングをし、そこからも20万円を調達。

新たにプロミスから30万円を借入(電話1本でその日に審査完了⇒銀行に振込まれました)、合計60万をキャッシングし、奥さんに貸したんです。

奥さんからは、毎月一定金額返してもらったり、返してもらわなかったり、時には30万ぐらい一気に返してもらった時もあったのですが、当時旦那の収入が不安定だったこともありまして、借金は一向に減りませんでした。

生活費のために追加でカードからキャッシングをしていましたし、いつも返済方式はリボルビング払い。

毎月の返済時に利息分しか払わなかったりして、元金が全然減らない状況になっていたのです。

さらにライフから勧誘があり、カードをもう一枚作ってしまいました。そのカードはキャッシング専用のカードで、最終的に50万円の枠がありました。

その枠も生活費やエステの支払いなどで使ってしまい、この時点で借金の総額が、ライフ70万、プロミス35万、ローソン(グレディセゾン)20万で合計125万円に膨らんでいました。

旦那の借金や車のローン等も合わせると、合計10万以上が毎月返済だけで無くなってしまう始末。

さらに旦那が転職するということになり、減収に。

両親にも恥ずかしくて言えない状態で、どうにもならなくなってしまっていました。

キャッシングをしていて学んだこと(1)遅延損害金

うっかりして何回か返済期日を過ぎてしまったことがあったのですが、遅れてしまうと通常の金利より上乗せした金利が取られます。

遅延損害金というものですね。

当時、10万円未満の元金だと年利20%以下 ⇒ 遅延損害金で29.2%まで上がっていました。

1日でも返済期日を過ぎてしまうと遅れた分の利息が上がってしまうことがわかりました。

みなさんからすると常識かもしれませんが、当時の私は知りませんでした^^;

キャッシングをしていて学んだこと(2)増額審査に収入は関係ない?

重債務状態に陥ってから、私の職業が変わった時期がありました。

パートタイマーで月6、7万稼いでいたときにライフのカード(2枚目)を作ったのですが、そのとき、最初30万円だったキャッシング枠が審査を通して50万円に上がっていました。

しかし、その後私が保険の外交員になったときに限度額の増額を希望したのですが、(月収は40万円ぐらいに上がっていたのにも関わらず)全然上がらなかったんです。

限度額の審査は、収入に左右されるわけではないのでしょうか?

おまとめローンを検討するが・・・

そんなどん底の状態の時に、インターネットでまず目にしたのが、ローンの一本化(おまとめローン)の広告。

何社からもキャッシングをしている人が、その借金をまとめて金利の安い会社でローンを組みなおす、いわゆる借り換えです。

私も自分で色々金利の安いローンを調べたり、何社か申し込みしてみるという事もしましたが、結局、どこの会社からも融資を断られ、断念してしまいました。

そして、おまとめローンについて調べているうちに「債務整理」というものの存在を知り、すぐに弁護士による無料相談に行くことに決めました。

いろいろ調べたりして、たどり着いたのが市町村で定期的に行われていた弁護士による無料相談です。

【この記事の続きはこちら】
>>>信用生協サポートローンを勧められるも、最後は月3万返済の債務整理に

この体験談の目次

→債務整理の弁護士事務所を徹底比較。費用、対応地域、実績、顧客対応

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報