大手銀行カードローンの利用方法、手数料、審査時間を細かく調べてみた

銀行のカードローンを利用するには、まず申し込みが必要です。銀行に出向いたり、ネットを使ったりして、まず申込み手続きを済ませます。

申込み後、業者から「あなたにお金を貸すことが出来るか?いくらまで貸せるのか?」をきめるための審査が行われます。

その審査に無事通過し、専用のカードが発行されたら、ようやく借入可能になります。

実際にお金を借りる方法も業者によってさまざまです。一般的なのはATMを利用した借入方法ですが、インターネットを使い、振込で融資してもらう方法もあります。

また、同じATMを利用した借入でも、利用する業者や時間帯によって手数料が0になったり有料になったりします。

1回につき100~200円程度の手数料ですが、チリも積もれば山となります。手数料がかからないに越したことはないですよね。

今回は、銀行カードローンの借入方法の種類、利用時の手数料などについて、有名銀行カードローン同士を比較しながら、検証していきたいと思います。

  • 【目次】
  • 借入方法にも種類がある?
  • 融資までのスピードが早い借入方法は?
  • 融資までのスピードが早い銀行はどこ?

借入方法にも種類がある?

銀行カードローンの借入方法は主に3種類。各借入方法とその流れについて説明します。

銀行ATM、コンビニATMによる借入

一般的な借入方法で、基本的にどの銀行も取り入れています。

24時間利用可能
曜日によって使えない時間帯もありますが、使えないのは大体深夜です。

例えば三菱東京UFJ銀行カードローンの場合、ATM利用不可の時間帯は毎週月曜の深夜1時~5時と毎月第2土曜日の夜9時~翌朝7時です。事前に把握しておけばさほど問題なさそうですね。

借入の流れ

  • 1. ATMのメイン画面「お借り入れ」を押す
  • 2. カードを挿入する
  • 3. 借入額を指定
  • 4. 暗証番号記入
  • 5. お金、利用明細を受け取る
  ATMの種類 ATM
借入可能時間
ATM
手数料
三菱東京UFJ銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行
  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • イーネット
0:10~23:50 無料
三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行
  • @BANK
  • イーネット
  • ローソンATM
  • セブン銀行
  • ゆうちょ銀行
    (ローン専用カードが必要)
  • 提携金融機関のATM
    (ローン専用カードが必要)
24時間365日
(ATMにより異なる)
0円~210円
みずほ銀行カードローン
  • みずほ銀行
  • イーネット
  • ローソンATM
  • セブン銀行
24時間356日
(ATMにより異なる)
0円~210円
オリックス銀行カードローン
  • セブン銀行ATM
  • ローソン
  • Enet
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
24時間356日
(0:00~0:15、3:00~4:10、23:50~24:00はのぞく)
無料
住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース)
  • セブン銀行
  • イーネット
  • ローソンATM
24時間356日
(メンテナンス時間をのぞく)
※ゆうちょは細かく規定
無料
楽天銀行スーパーローン
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • イーネット
  • ローソンATM
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行
  • しんきん
24時間356日
(メンテナンス時間をのぞく)
※ゆうちょは細かく規定
0円~210円
じぶん銀行じぶんローン
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • イーネット
24時間365日
(毎週月曜1:00~5:00、毎月第二土曜21:00~翌7:00を除く)
  • じぶんローン
    →無料
  • 上記以外
    →無料~210円
三井住友カードゴールドローン
  • 三井住友銀行
  • セブン銀行
  • イーネット
  • ローソンATM
  • ゼロバンク
  • イオン銀行
  • 提携金融機関のATM
24時間356日
(ATMにより異なる)
  • 1万円以下の借入
    →105円
  • 1万円超の借入
    →210円
オリックスVIPローンカード
  • ゆうちょ銀行
  • @BANK
  • セブン銀行
  • イーネット
  • ローソンATM
  • イオン銀行
  • ゼロバンク
  • バンクタイム
  • 提携金融機関のATM
24時間356日
(ATMにより異なる)
  • ゆうちょ銀行
    →無料
  • 上記以外
    →無料~210円
オリックスカードレスVIP
  • ゆうちょ銀行
  • @BANK
  • セブン銀行
  • イーネット
  • ローソンATM
  • イオン銀行
  • ゼロバンク
  • バンクタイム
  • 提携金融機関のATM
24時間356日
(ATMにより異なる)
無料~210円
(振込手数料自体は無料)

※メンテナンス時間によっては利用不可の時間もあります。

※実際の利用時間はATMにより異なります。

※手数料の詳細につきましては各行のホームページを参考にしてください。

※三井住友カードゴールドローン(信販)、オリックスカードレスVIP(消費者金融)、オリックスVIPローンカード(消費者金融)は銀行のローンではありません。

インターネットによる振込サービス

インターネットの簡易手続きで、指定口座にお金を振り込んでもらえる便利なサービスです。

  • 便利(携帯電話、パソコンの操作のみで振込手続ができる)
  • ATMで手続きする必要がない
  • 他社の口座に振込可能

などのメリットがあります。

借入の流れ

  • 1振込サービスの利用手続き(初回のみ)
  • 2専用サイトへログイン
  • 3「借入」をクリック
  • 4「借入金額」「振込口座」を指定する
  • 5指定口座に振込で融資される

インターネットが使えるものであれば、携帯電話やスマートフォンからの操作でも借入可能です。

ちなみに「振込サービスの利用手続き」はごく簡単な手続きですが、条件によっては少し手間がかかることもあります。三井住友銀行の「SMBCダイレクト」の手続きを参考にすると・・・

  • 三井住友銀行の「普通預金口座」と「キャッシュカード」を持っている場合
    →インターネットバンキング利用登録(パソコン上で簡単に手続き)
  • 三井住友銀行の「普通預金口座のみ」持っている場合
    →インターネットバンキング申込(書面の手続きが必要)
  • 普通預金口座すら持っていない場合
    →口座開設+インターネットバンキングの同時申込

同様に、他行でも「銀行指定の口座」を用意しなければ振込サービスを利用できない、というところは多いようです。

逆に、ネット銀行は「振込サービスの利用手続き」が不要のところも多いです。「住信ネット銀行ネットローン」や「楽天銀行スーパーローン」などがそれに当たります。

インターネット振込サービスを扱っている主な銀行としては、

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン(三菱東京UFJダイレクト加入が条件)
  • 三井住友銀行カードローン(SMBCダイレクト加入が条件)
  • みずほ銀行カードローン(みずほダイレクト加入が条件)
  • オリックス銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行ネットローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • じぶん銀行カードローン
  • 三井住友カードゴールドローン(信販)
  • オリックスVIPローンカード(消費者金融)
  • オリックスカードレスVIP(消費者金融)

ただし、振込サービスを利用する上で注意してほしいのが「時間帯」です。手続きをした時間帯によっては、振込が翌営業日になることもあります。しかもその時間帯は銀行によってさまざまです。

例えば、三井住友銀行カードローンの場合、即日振込を希望するならその日の0時~15時の間に手続きする必要があります。また、日曜21時~翌月曜7時の間は利用不可です。

「オリックス銀行カードローン」の場合はどうでしょうか。

振込先がジャパンネット銀行なら、平日・休日問わずほぼ24時間(0:10~23:50)利用可能なうえ、即時入金が可能ですが、振込先がジャパンネット銀行以外の場合、時間帯は制限されます。

  振込サービス
利用条件
振込サービス
借入時間
振込サービス
借入手数料
三菱東京UFJ銀行
カードローン
  • 「マイカードプラス」
    「三菱東京UFJダイレクト」に加入
  • 指定口座の登録
  • 平日
    当行口座0:00~19:00
    他行口座0:00~15:00
    →当日振込
  • 休日
    →翌営業日に振込
無料
三井住友銀行
カードローン
  • SMBCダイレクトに加入
  • 指定口座の登録
  • 平日0:00~15:00
    →当日振込
  • 休日
    →利用不可
無料
みずほ銀行
カードローン
  • みずほダイレクトに加入
  • 指定口座の登録
  • 平日0:00~15:00
    →当日振込
  • 休日
    →翌営業日に振込
無料
オリックス銀行
カードローン
「登録口座」か「振込専用口座」のいずれかに登録
  • ジャパンネット銀行
    →24時間356日即時振込
  • 他行口座
    →時間帯によって翌営業日振込
無料
住信SBIネット銀行
ネットローン
口座必須
  • 当行口座
    24時間356日
    即時振込
    (メンテナンス時間をのぞく)
  • 当行口座
    →無料
  • 他行口座
    →月3回まで無料(4回目以降は150円)
楽天銀行
スーパーカードローン
メンバーズデスク登録
  • 当行口座
    24時間356日
    即時振込
    (メンテナンス時間をのぞく)
無料
じぶん銀行
カードローン
当行口座必須
  • 当日振込
    (平日)
    0:00~20:00
    (休日)
    0:00~16:00
    ※振込が翌営業日になることもあります。
無料
三井住友カード
ゴールドローン
口座必須 翌営業日 無料
オリックスVIP
ローンカード
「支払口座」か「登録口座」へ登録
  • ジャパネット銀行
    →24時間365日即時振込
  • その他の口座
    →時間帯によって翌営業日振込
無料
オリックス
カードレスVIP
「支払口座」か「登録口座」へ登録
  • ジャパネット銀行
    →24時間365日即時振込
  • その他の口座
    →時間帯によって翌営業日振込
無料
※メンテナンス時間によっては一部利用できない時間帯があります。

業者や振込先の銀行によって利用可能時間、振込時間は変わります。そういった条件面は事前にチェックしておきましょう。

自動融資

自動融資とは、口座から引き落としで料金(クレジットカード利用料金や公共料金など)が支払われる際、口座に残高不足分があればその分だけ自動で融資をしてもらえるサービスです。

注意点

  • サービスを受けるには別途手続きが必要
  • 対象は銀行所定の口座のみ
  • カードローンの毎月の返済金は対象外
  • 支払可能残高を超える預金を引き出した場合は対象外

自動融資に対応している銀行は限られています。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行

ある程度、知名度のある銀行(ネット銀行含め)の中でも、取り扱っているのは上記3行のみのようです。

融資までのスピードが早い借入方法は?

一番早いのは、やはり「ATM」を利用した借入です。

振込サービスは確かに便利ですが、時間帯によっては振込が翌営業日になる場合があります。その点、ATMの場合はその場でお金を受け取れますからね。(ATMも利用できない時間帯がありますが、そのほとんどが深夜です。)

ATMを利用した借入の利点をまとめると・・・

  • その場ですぐお金を受け取れる
  • 別途手続きの必要なし
  • 操作は簡単
  • 契約している銀行の本支店ATM、全国の提携しているコンビニATMで利用可能

その場ですぐお金を受け取れるので、融資スピードに関しては「ATM」を上回る借入方法は他にありません。

ただし、利用手数料をとられるデメリットがあります。無料のATMもありますが、かかるところだと時間帯によっては105~210円かかってしまいます。(先ほどの比較表を参考にしてください。)

融資までのスピードが早い銀行はどこ?

前項で説明した通り、融資スピードが一番早い借入方法は「ATM」を利用した借入です。

基本的にどの銀行もATMでの借入に対応していますので、融資スピードそのものに関しては、どの銀行も大差ないでしょう。

ただし、ATM利用の条件面は銀行によってさまざまです。提携しているATMの種類、利用時間の幅も融資スピードを重視するうえで大切な要素だと思います。条件別におすすめの銀行を紹介します。

提携しているATMの種類を重視するなら...

三井住友銀行カードローンがおすすめです。

利用可能ATM

  • 三井住友銀行の本支店ATM
  • @BANK(三井住友銀行)のマークのついたATM
  • イーネットATM(ファミリーマート、ミニストップなど)
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょATM(ローン専用カード必須)
  • 提携金融機関のATM(ローン専用カード必須)

※手数料はATMによって異なります。事前に確認しておきましょう。
※コンビニには、イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATM以外のATMが設置されていることがあります。その場合、サービス内容が異なります。

利用時間の幅を重視したい場合は...

(以下の銀行は原則24時間365日利用可能です)

※ATMの設置店舗が24時間営業でない場合、閉店時には利用できません。

※あくまでもATMで借入をした場合の利用時間です。振込サービスを利用する場合は、手続きの時間によって振込時間が異なるので注意しましょう。

※実際の利用時間はATMによって異なります。

【この記事の筆者】
英(仮名)
1987年生まれ。家計が逼迫し、大学時代にはじめて消費者金融を利用する。20万、30万と債務は増えていくが、滞りなく完済する。借金できない両親の事情をきっかけに知識を深め、現在は副業でライティング活動を行なっている。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報