棚卸アルバイトの給料相場、仕事内容と個人的また働きたい会社の紹介

棚卸しアルバイトってご存知ですか?
コンビニや飲食店アルバイトとは違って、なかなか目にすることがない仕事ですよね。

棚卸しとは、お店の売り場や倉庫にある商品の在庫数を数える仕事のことです。

数えるといっても、ハンディターミナル(バーコード読み取り機)を使って在庫数をチェックしていくだけの単純作業のため、だれでもできる簡単な作業です。

また、重たいものを持ち運んだりする肉体労働がないため女性でもできるお仕事です。

今回は、その棚卸しアルバイトについて解説していきたいと思います。

お給料・勤務時間など

勤務時間帯は、日中勤務と夜間勤務の2種類。


8~18時頃までの日勤(日中勤務)
20~6時頃までの夜勤(夜間勤務)

各時間帯の中から、4~8時間程度になります。
時給は、日勤が800円~900円、夜勤で1,000円~1,200円程度が相場です。

夜勤に関しては、開店前までに全てを終わらせる必要があるため、棚卸しスタッフが多く配置されます。

そのため、終了予定時間より早く終わることがよくあります。作業が早く終わった場合も日給は全額もらえるので、ラッキーな日は時間があまるかもしれません。

交通費と残業代に関しては、単発アルバイトの場合、出ないことがありますが、コンビニなど1日に何店舗かに出向いて作業しなくてはいけないお店や、週3~5日勤務の長期アルバイトの場合は交通費が支給される会社が多いです。

仕事の始め方

ショッピングモールや書店の掲示板にて短期アルバイトが募集されていることがありますので、直接お店と面接をすれば採用してもらえます。

または、下記で紹介したような棚卸し専門会社に登録する方法があります。

  • エイジス
  • ピーアンドピー
  • アセットオール

また、大手のアルバイト求人サイト(例:フロム・エー、Web an、バイトルドットコム、ジョブセンス、マイナビバイトなど)にアクセスして探すのも良いと思います。

フリーワード検索で、「棚卸」というキーワードを入れて求人を検索してみましょう。

ちなみに、私自身の経験でいうと、くまざわ書店の棚卸しがおススメです。

くまざわ書店は毎年8~9月頃に全店舗で棚卸しスタッフを募集しています。

すべて日払いですし、勤務地が多数紹介されているので臨時収入が必要なときに助かった経験があります。

短期アルバイトを探すのってけっこう面倒だったりしますよね^^;
くまざわ書店のように毎年決まった月に短期のバイトを募集しているお店はオススメですよ。

良い点

棚卸しアルバイトは、接客業でも肉体労働でもなく、バーコードを読み取るだけの簡単なお仕事のため、誰でも気軽に始めやすいところが一番の利点ではないかと思います。

(ちなみに、棚卸しのお仕事以外で、初心者の方がはじめやすいアルバイトといえば、交通量調査軽作業チラシポスティングなどですね。)

事実、くまざわ書店で棚卸しアルバイトをしたときも、おそらくアルバイトは初めてだろうと思われる高校生や大学生の姿が多く見受けられました。

また、普段なかなか見ることができないお店の裏側を見る楽しみもあります。

大変な点

数えにくい商品を数えること

私の経験から言うと、くまざわ書店で幼児コーナーを担当したときはとても大変でした。

まず、子供たちは本を元の場所に返しません。
そのため、商品がばらばらに陳列されていることがよくあります。

また、学研やチャレンジなどの教材は「小学1年生」「小学2年生」といった具合に、表紙は似ているけど種類が違う、といったものが多くあったため、これらも数えるのが大変でした。

また、ホームセンターでの棚卸しは、布団や電化製品など大きい商品であれば数えるのが楽ですが、ねじや釘などの小さい商品を数えるときは大変です。

類似品や小さい商品は数え間違えることがよくあります。
数え間違いが発覚した場合、再度数え直さなくてはいけないため、神経をかなり使いました。時間内に終わらないと残業になってしまうため、数え間違いには気を付けましょう。

ほこりと温度との戦い

特に、あまり使用していない倉庫にある商品を数えるときは、ほこりがすごかったです。ぜんそくの人はマスクを持参したほうがいいでしょう。

また、深夜時間帯は節電のため冷暖房をつけていないことが多くあります

したがって、夏場は汗だらだら、冬場は体ぶるぶるということも...。作業をする際は、汚れても大丈夫、なおかつ温度調整のしやすい格好にしましょう。

足腰への負担

棚卸しのお仕事で、走り回ったり重たいものを持つことはあまりありませんが、長時間立ちっぱなしが基本です。

3~4時間くらいの短い勤務時間であれば、休憩なしの場合がほとんど。

飲食店やコンビニと比べればきつくないかもしれませんが、多少なりとも体力を使うのは事実です。作業中は履きなれているスニーカーを着用しましょう。

余談ですが、立ち仕事にはMBTというブランドの靴がオススメです。この靴を履いていると、足腰の負担がかなり軽減されます。

ダイエット効果もあるので、お金を稼ぎながら体重を減らしてみてはどうでしょうか?

勤務時の注意点

時間

日中勤務の場合は早朝集合がほとんどなので、寝坊に注意です。

また、勤務地が行ったことがない場所の場合は迷子になる可能性もあります。前の日は早く寝て、駅から勤務先までのルート(住所、近くにある建物、駅の出口など)をきちんと調べておきましょう。

機械の操作

私の失敗談です。
ベテラン店員さんにハンディーターミナルの使い方を教わり、いざ作業を始めてから数分後に入力間違いをしてしまいました。

どうやって削除するのかわからなくなってしまい、近くにいた店員さんに確認したところ、彼女もよくわかっていませんでした。

棚卸しは年に1~数回しか行われないため、ベテラン店員さん以外はハンディの詳しい使い方がわからない、ということがよくあるそうです。

後で聞こうと思っても、ベテラン店員さんはいろいろなところを動き回るため、なかなか話す機会がありません。

説明を聞いていてよくわからないことがあれば先に聞いておくようにしましょう。

商品の場所

日中勤務の場合は、お客さんから「○○っていう商品どこにあるかわかりますか?」というように、声をかけられることがあります。

適当に答えてしまったり、対応に時間がかかってしまうとクレームにつながる可能性があります。基本的には店員さんを呼んで、対応してもらいましょう。

数えるときのポイント

数え始める前に、自分が担当する棚を下見することが大切です。どの商品がどこに、どれくらいあるかをわかっているだけで精神的な負担が軽減され、数え間違えの回数が少なくなります。

そして、最初の数分間はゆっくり確実にやりましょう
最初の一歩でつまずくと、永遠とミスが続くことがよくあります。

体と脳が慣れてきたら、徐々にスピードを上げていきましょう。 ミスを減らすためには、下準備が重要です。

→ オトクなアルバイトの探し方!知らなきゃ損する!複数サイト利用術

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報