水道が止められた状態で2週間生き残る方法【サバイバル体験談】

水道料金の滞納が祟(たた)り、真冬に水道を止められたときのお話。
公園の水道水を溜めたりして、どうにか2週間生き抜くことができました。

あれはサバイバルですね。
今回はそのときのことをお話したいと思います。

体験者の情報

名前:柏 竜一(仮名)
性別:男性
お金に困った理由:ギャンブル
何を滞納したのか:水道料金
滞納金額:12,354円
当時の職業:アルバイト
当時の年齢:29歳

水道料金を滞納するに至った経緯

まず、水道料金を滞納するに至った経緯からお話ししましょう。

当時の私は一人暮らし。
水道や電気、ガス料金は、郵送で届いた払込用紙を使い、コンビニで支払っていました。

今思うと、この支払方法が間違っていました。
おとなしく銀行引き落としにしておけばよかったです...。

ダメだと思っていても手元にお金があるとついつい使い込んでしまい、結果的に公共料金のためにとっておいたお金もスッカラカンにしていました。

当時は大好きな競馬にお金をつぎ込みすぎては公共料金を滞納する日々...ホント堕落していましたね。

なかなか止まらない水道

最初に滞納したあと、さっそく催促の手紙がとどきました。
「O月X日までに支払ってください」と書かれた紙とともに、バーコード付きの払込用紙が届きます。

その時点では、いつ水道が止まるとか、延滞料金が発生するとかそういったことは書いていなかったので、あまり焦りませんでした。

ところが、続けて2回滞納した後、払込用紙とともに青い紙が届きました。
そこにはなんと!
O月X日までにお支払いがないと、水道を止めますよ」という赤い文字が。

私も「これはさすがにまずい」と思い、急いで料金を支払いました。

しかし、料金滞納を何回もやっていると悪い意味で慣れてくるもの。

あるとき、「O月X日(以下「Xデーと呼びます」)までにお支払いがないと、水道を止めますよ」と書かれた紙が来てからも料金を支払わずにシカトしていたことがありました。

そしてついに、Xデー当日。
その日はたまたま休日だったので、「水道局のおじさんがきて水道を止めちゃうのかな?」とハラハラしながら過ごしていたのです。

しかし、待てど暮らせど誰も来ないし水道も止まらない...。
Xデーから1週間が過ぎても、水が止まることはありませんでした

そしてXデーから10日後、給料日が来たのでそれで料金を支払いました。

本当に水道が止まるなんて...

前回の滞納時に、「Xデーを過ぎても水道は止まらない」ということを知ってしまった私は、もう怖いものなしです。

案の定、今回もXデーから2週間以上経っても水道は止まらず、「ああ、なんだ。結局止めるってのは脅しで実際は止めないんじゃん。」と。

そんなこんなでXデーから18日目。 仕事から帰ってうがいをしようと水道をひねると... なんと、水が出ない!!

蛇口をいくらひねっても、ポタポタと水滴が流れるのみ。

「あー、ついにやっちゃったなー」 ここにきて水道は止まりました

当時は真冬。
確か1月くらいだったので、外は凍えるような寒さです。

そして、水が止まるということは下水も止まるということ!
汚い話になりますが、トイレが流せないんです!

「これはさすがにまずい!」

水が止まった後に水を確保する方法

次の給料日まであと17日...。
それまで水なしで過ごすのは至難の技です。

ギャンブル癖がたたり、必要最小限のお金しか持っていなかった私は、ない頭を働かせて生き残る方法を考えました。

まず、水の確保をファーストプラオリティに設定。

水があれば、料理はできる(まだ電気は来ていたので)、トイレは流せる、シャワー(湯浴み)はできる、顔は洗える。

「そういえば...公園に行けば水道がある!!

私はすぐに近くのディスカウントストアへ行き、灯油用の10リットル位入る容器を買いました。

その足で公園へGO!

自宅から500メートルくらい離れた公園に何度も出向き、まずはトイレに水を補充。

次に風呂桶に水をため、最後に料理用に容器に水をためはじめました。

「とりあえずこれで今日分の水は確保!生き残れる!」と思ったのですが...残念なことに、風呂の底に若干ヒビが入っていて、そこからじわじわと水が流出していたらしく、「さあ風呂桶の水を使うか! と思った時には、中の水が消えていました(笑)

仕方なしにやかんに水を入れ、お湯を沸かしました。

そのお湯を灯油の容器に戻し、それを2,3回繰り返してお湯をつくり、そのお湯で頭と身体を洗いました。

食べ物に関しては、もっぱらかわき物。 パンとかチーズ、たまに豆腐を食すという感じです。 水分は豆腐から補給していたんですね。きっと(笑)

ちなみに水道は完全に止まったわけではなく、特殊な器具を使って元栓をしめて、少しずつしか水を出せないようにしていたようです。

水道の蛇口をひねったままにしておき、やかんやボウルに水をためておくことはできます。時間がかかりましたが、少しずつ水をためることができました。

水道が止まって絶体絶命!かと思いきや、思ったより水は確保できたので、何気に快適な日々を過ごしていました。

ところが...
恐ろしいことに、その2日後電気も止まってしまったのです。

水が止まって、電気も止まったら...

さずがにあせりました。
お湯も沸かせないから料理はおろか、お湯を沸かすこともできません。

かつ、暖房がない状態。
灯油を使う暖房は禁止、石油ストーブはありませんでしたし、練炭も危なくて使えませんでした。

季節は真冬ですから、冬の寒さが身にしみます。
町田は都心より2,3度気温が低いですから、とんでもなく寒い。

しかたなく、服をたくさん重ね着して、きぐるみのようなフォルムで過ごすしかありませんでした。

唯一の熱源はガスコンロです。
これを最大限フル稼働してお湯を沸かし、身体や頭を最後に洗い流すために使っていました。

私は綺麗好きなので、1日1回はお風呂に入らないと気が済まない性格。

気合いを入れて最初に水を浴び、乾布摩擦のように身体をこすり洗いした後、水で流します。

最後に、鍋いっぱいのお湯を頭からかぶるのです。
この瞬間は至福でした。

ちなみに、カセットコンロのガス缶だと、鍋2杯分を沸騰させる時間、およそ20分くらいでガス切れします。

そのような生活が2週間余り続き、いよいよ給料日。
まっさきに電気料金を支払いに行きました。

そしてその後、水道局に電話して、払込用紙を送ってもらい、コンビニで支払いを済ませました。

延滞料金が14%くらいプラスされて、1万2千円 + 900円(6ヶ月滞納分の延滞料金)を徴収されました。

料金を払い終わった次の日に水が出るようになり、やっと存分に風呂を満喫できるようになって、極楽な気分でした^^

→ 税金滞納・料金滞納の事例と対処法

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報