200万の借金があるのにリストラで収入0!債務整理を決意【体験談】

私は以前、クレジットカードやカードローンを利用し、400万円程の借金を抱えたことがあります。

リストラで会社を退社して、貯金のなかった私は自力返済を断念。債務整理を行うことを決断し、弁護士に相談して任意整理を行うことになりました。

【体験者の情報】
名前:鈴木 一樹(仮名)
性別:男性
会社名(借入先):楽天カード、セゾンカード、アコム、オリコ、アットローン
借入件数:5件
当時の職業:会社員
当時の年齢:38歳
最大抱えた借金の合計額:400万円
債務整理方法:任意整理
債務整理の費用:18万円(分割払い)
債務整理をしていた期間:2008年8月~10月頃

買い物と遊びのために重ねた借金

当時、会社員だった私は大の買い物好き。
給料の2/3は買い物に使っていて、さらに毎日飲みに出歩いていたので、給料だけではまかなえなくなります。

当時の給料は50万円程でしたが、それでも足らずクレジットカードとカードローンを使用していました。はじめは少額だった利用金額も、日を追う毎に増していきます。

気づけば、楽天カードとセゾンカードで合計200万、アコム、オリコ、アットローンで合計200万近くを借りていました。

リストラで収入0に

そんな中、突然リストラに遭いました。
当時IT関係の仕事をしていましたが、業績悪化のため人員削減となったのです。

失職は私を窮地に追い込みました。
毎月の返済額は、全部合わせて8万円程度。
収入0なのに払えるわけもありません。

結局返済を無視して数か月間未払いでいると、催促の電話がかかり始めました。クレジットカードは止められ、カードローンも同じく使えなくなりました。

どの業者も最終的に一括返済を求めてきて、にっちもさっちもいかなくなっていたのです。

債務整理を決意する

そんな中、あるときインターネットで「債務整理」の存在を知り、調べた結果、任意整理をすればその後の利息がつかないので、数年間で返済のメドがつくこと、裁判所を通す必要がないので、弁護士など専門家に代理を依頼すれば、家族にも内緒で手続きできることがわかりました。

デメリットとして、任意整理をしたという記録が信用情報機関に登録されてしまうので、任意整理後5~10年間は新たにクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりするのが難しくなるということでした。

私はいろいろ悩んだあげく弁護士に相談することにしたのですが、後々思えば失業した時点で債務整理を考えるべきでした。

法テラスを利用した理由

私の場合、「借金問題で困っている。でも、お金がなくて弁護士や司法書士に報酬を支払うことが難しい」という理由で、法テラスの利用を考えました。

法テラスの業務内容

法テラスの正式名称は「日本司法支援センター」。
"全国どこでも法的トラブルを解決するための情報やサービスを受けられる社会の実現"という理念の下、国民向けの法的支援を行う中心的な機関として設立された公的な法人です。

数ある法テラスの業務内容の中でも、今回私は民事法律扶助(資力の乏しい方への裁判代理援助費用や書類作成費用の立替え、弁護士・司法書士の紹介)を利用しました。

法テラスを利用する一番のメリットは、民事法律扶助業務により、弁護士費用などを立て替えてもらえる点です。

ちなみに急いでいる場合は、最初に法テラスに行くのではなく、法テラスと契約している弁護士や司法書士を探し、直接相談するほうが早いです。

弁護士との面談

法テラスを通じて弁護士や司法書士に依頼する場合、

「法テラスに行き申し込みを行う」

「審査終了後、法テラスが、あなたの手続きを受ける弁護士や司法書士を探す」

「弁護士や司法書士が見つかったら法律扶助の手続きを行う」

この時点で取立てがストップします。
あとはあなたが弁護士や司法書士事務所に行き、正式に依頼すればOKです。

弁護士や司法書士を通して法テラスに申し込む場合は、あなたが弁護士や司法書士の法律事務所に行き、正式に依頼した時点で取立てがストップします。

あとは「法テラスに協力している弁護士や司法書士があなたの代わりに法テラスに申し込みを行う」→「審査終了後、あなたは法テラスに行き、正式に契約手続きを行う」という手順になります。

法テラスを通じて弁護士や司法書士に依頼する場合と、弁護士や司法書士を通して法テラスに申し込む場合の違いは、取立てストップまでにかかる時間です。

法テラスを通じて法律扶助の手続きを行う場合は、数週間~数か月(法テラスと協力している弁護士や司法書士が見つからないと、しばらく待たされる)かかりますが、弁護士や司法書士を通して法律扶助の手続きを行う場合は、早ければ即日(弁護士や司法書士の予定が空いていれば、その日のうちに依頼できる場合もある)に取り立てがストップされます。

契約が決定した後のこと

私は法テラスの審査に無事通り、紹介してもらった弁護士と無事正式に契約することができました。

その後、月1~2回のペースで担当弁護士さんの法律事務所に行きましたが、担当の弁護士さんにはいつも丁寧に対応していただいたので、とてもいい印象が残っています。

事務所によっては、弁護士ではなく(忙しい弁護士に代わって)事務員とのやり取りしかできないところもあるようなので・・・

順調だった債務整理の手続きとは裏腹に、就職活動はうまくいっていませんでした。当時求職中だった私は、毎日求人募集に目を通し企業に応募し続けましたが、なかなか良い返事はもらえず途方にくれていたのです。

そんな中、生活スタイルはガラリと変わりました。
節制し、昼間は仕事探し、夜はアルバイトという生活が続くようになったのです。

【この記事の続きはこちら】
>>>任意整理の流れ。月々の返済額、弁護士費用、返済中の生活など【体験談】

この体験談の目次

・ 200万の借金があるのにリストラで収入0!債務整理を決意【体験談】
・ 任意整理の流れ。月々の返済額、弁護士費用、返済中の生活など【体験談】
・ 24時間バイト生活からの借金完済。4年間の返済生活を振り返って【体験談】

→債務整理の弁護士事務所を徹底比較。費用、対応地域、実績、顧客対応

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報