消費者金融の名義貸し詐欺の体験談。甘い儲け話には必ず裏がある!

友人のA子に続き、K君にもお金を貸した私。

最初は5万円だったはずが、最終的には私が100万円もの借金を抱えるハメに。悪いのは友人なのか、簡単に貸してしまう甘い自分なのか...。

体験者の情報

名前:山田 花子(仮名)
性別:女
職業:会社員
年齢:27歳(当時)
お金を貸した相手:友人
お金を貸した金額:5万円 + 90万円

中絶費用の5万円を貸す

2つ年下の友人A子に初めてお金を貸したのは、私が27歳のころ。
私は会社に勤めていたので定収入がありましたが、介護関係やスナックでアルバイトをしていた彼女は収入が不安定でした。

彼女はお酒が大好きで、飲み代にお金がかかっていたようです。
最初に貸したのは1万円。次の給料日に返すという約束でした。

お金を貸して欲しいと言われたと時、私は父の言葉を思い出していました。
「お金を貸すものじゃない。あげるつもりでなければ貸してはいけない」と。

しかし、そんな不安はよそに、彼女は約束通り、次の給料日に返してくれました。

そんなことが2~3回あった後、「中絶したいので5万円貸して欲しい」と言われ、一度には返せないけれど、分割で毎月1万円ずつ返すからとしつこくお願いされることに。

彼女は親にも相談できず、彼氏もお金を出さないので、何度かお金を借りたことのある私に頼むことにしたのでしょう。

中絶...女性にとってどれだけかパニックになるかは、経験のない私にも分かりました。
5万円は大金ですから、私は少しためらいましたが、自分も同じように誰かに助けてもらうことがかもしれないと思い貸すことにしました。

返済の途中で連絡途絶える

彼女はそれから3ヶ月間はお金を返してくれましたが、当初の約束の月1万円ずつではありませんでした。

そして4ヶ月目、再び、お金が足りないので返せないと泣きつかれます。

私は彼女が飲み歩いていることを知っていたので、「本当はお金があるのにおかしい!」と返済を迫りました。

結局、その後の返済は遅れがちになり、やがて彼女とは連絡がつかなくなってしまいます
返済してもらっていないお金はまだ2万円残っていました。

私の頭にはまたあの父の言葉がよぎります。
「お金は貸すものじゃない。あげるつもりでなければ貸してはいけない」

その後も何度か電話をしてみましたが、連絡はつかず結局諦めることに。
しかし、心のどこかでは、彼女がいつか返してくれるのではないかと期待していたのです。

それから5年ほど経ったころ、彼女は「久しぶりだけど元気にしてる?」と添えた「アドレス変更」のメールを送ってきました。

しかし2万円のことはまったく触れられていません。
彼女の返済をどこかで期待していた私は、この文面にがっかりして、返事を出せませんでした。

それに今更彼女に「あのお金はどうなったの?」と聞いたところで、もう遅いのです。借金は5年で帳消しになり、今から取り立てをしても彼女に返済する義務はありません。

儲け話の誘い

彼女のことを忘れようとしていた頃、仕事でK君と知り合いました。
彼はネット系ベンチャー企業の社長です。

社長と言っても彼の後ろには資本金を出してくれている親会社があり、彼はその会社の仕事をやっているようでした。

この親会社は、「銀行の貸出実績を上げるために、ダミーで銀行から借入れをする」という詐欺まがいな業務内容がメインです。

そして私はこの「ダミーの借入れ」をK君から頼まれます。

内容は5万円借りて次の月に返済するだけです。

そうするとその時の利息はもちろん、手数料がもらえるというので、私は試しにやってみることにしました。

そして指示通りに5万円の借入と返済をした結果、手数料と利息を合わせて1万円の報酬をもらいました。

おいしい仕事でした。私はそのまま甘い誘いに乗っていきました。

すぐに今度は10万円借りて、報酬が2万円という話が来ます。

しかし10万円となると少しためらってしまう金額です。
そこでK君に相談すると、報酬を3万円にするからということで、仕方苦なく引き受けることにしました。

自分名義で100万を超える借金が

こんなことを何回か繰り返しているうちに、K君から「借り入れ用のカードを貸して欲しい」と言われます。

かなり迷ったのですが、最終的にはK君に借用書を書いてもらって貸し出しました
しかし、これが私にとって致命的なミスとなったのです。

それから、数か月後、1回の取引額は30万円くらいに膨れ上がっていました
もらえるお金も高額になっていましたが、私はだんだん怖くなってきます。

そこで私はK君に「カードを返してほしい」と頼みました。
しかしカードを管理していたのはK君ではなくその親会社で、カードはなかなか返ってきません

K君も親会社の人に連絡を取っていたのですが、実はその親会社はお金が回らなくなっていたのです。

K君は「何かあれば絶対に自分が責任を取る」と約束をしてくれて、私は彼を信用していました。

ところが、カードが返ってきた時には、私の知らないところで勝手にお金が借りられていて、しかも私名義で100万円を超える借金までできていたのです。

K君と連絡途絶える

K君もそこまでの状態になっていたとは知らなかったらしく、手数料、利息を含め自分が責任をとると150万円の借用書を書いてくれました。

この一連の流れで、私はK君としか会ってなかった上に、カードの借用書もすべてK君が書いたものでした。

その親会社について、私は名前も担当者も知らされていなかったのです。

それでもK君のことを信用していましたし、彼の住民票や印鑑証明付きの借用書があったので大丈夫だろうと思っていました

そして初めのうちはK君もしっかりと返済をしてくれたのです。
毎月5万円、月々の返済額としては十分な額でした。

ところが彼は同じ仕事を他の人にも頼んでいたらしく、私以外にも返す先が増えてしまって、だんだん金回りが悪くなっていきました。

それでもK君は頑張って返済してくれていたのですが、1年ほどしてうつ病になってしまったのです。

彼は私に、お金が返せない月も必ず連絡を入れることを約束してくれました。
何回か返済が遅れることはありましたが、顔を合わせることはできていたのです。

その頃の彼はげっそりして「もう死んで返します」と何度も言っていました。

こんな状態の人に「死んで返せ」などと言えるはずがありません。
とにかく連絡を入れること、毎月顔を合わせることを約束して数か月・・・

ある日突然K君の携帯電話が繋がらなくなってしまいました
彼は通話料が払えないほど、お金が無くなっていたのです。

私はパニックになりました。
利息というのは恐ろしいもので、その時点で当初の半分の50万円を返していたのに、まだおよそ90万円の借金が残っていたのです。

お金を貸す時はあげるつもりで...

それから2年が経ちました。
残り少なくはなりましたが、未だに毎月「私名義」の借金を返済しています。

どうして使ってもいないお金を返さないといけないのかと情けなくなりますが、車のローンを払っているようなもの、そう思うことにしています。

もちろんとても悔しいです。
しかも今回のことはK君だけが悪いわけでもなく、怒りの行き場すらよく分からずにいます。

ただあのカードを貸す時の借用書は、彼の名前ではなく、親会社の担当者の名前でもらうべきでした。でもそのことを後悔しても仕方ありません。

まだ借金が帳消しになる5年は経っていませんから、K君に民事訴訟を起こすことも可能かもしれません。

でも行方不明になった人を相手に民事訴訟をやっても、どうにもならないでしょう。
もし彼の居場所が分かっても、結局、お金がなかったら彼も返せないのです。

裁判で私が勝ったら、K君には「月に1万円ずつ返すように」という判決が出るかもしれませんが、それでは利息にもなりません。

私の頭にはいつも「お金を貸すものじゃない。あげるつもりでなければ貸してはいけない」という父の言葉が頭にありました。

しかしお金が絡んだ友情は必ず壊れるもの、さすがに2度もお金を貸して踏み倒されると、ひどく実感してしまいます。

K君のことは、欲をかいた自分がいけないのです。
A子の件は信用できる人間ではないことに気付かなかったのが失敗なのでしょう。

みなさんもお金を貸す時は、あげるつもりで。

返して欲しいならば借用書に実印と印鑑証明、住民票を付けてもらうこと、できれば戸籍謄本で実家が分かるものがいいと思います。

信頼関係を壊す、お金のやり取り。
友情がない人にお金を貸す方が、非情に取り立てもできるのだろうなと思ってしまいます。

→ 知人・友人との金銭トラブルの体験談

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報