モバイルSNSで出会った友人とのお金の貸し借りは要注意【体験談】

私は数年前に趣味の韓流を通じてある友人と出会いました。離婚を考えていた彼女から相談を受けた私は、家を出てからの生活費を貸します。

しかし結果的にそのお金は返ってくることはありませんでした。相手を信用したのに裏切られてしまったこの体験についてお話したいと思います。

体験者の情報

氏名:斉藤 明子(仮名)
年齢:50歳
貸出時期:平成19年7月~平成20年1月
貸出金額:約25万円
貸出の理由:友人の家賃・光熱費・食費の立て替え。

モバイルゲームサイトで女性と知り合う

私は現在、東京の2DKの団地で独り暮らし。調査会社に勤め、その行き帰りだけの毎日です。

そんな私はストレス発散のため趣味で携帯のモバイルゲームサイト(SMS)をすることがあります。

携帯ゲームサイトはゲームだけではなくブログのようなものを作り、そこでコメントもできるので、私は大好きな韓国ドラマや韓国の話題を書き込んでいました。

そして韓国の人とメールをしたり、日本人の韓国ファンとも情報交換を楽しんでいたのです。

ある日、高校生の子がメールをしてきて、「母親が韓国ファンでドラマも良く観ているので、もし良ければ母親とメール交換をして欲しいと」言ってきます。

相手は女性だし、問題ないと思ったので、「友達申請」を許可しました。それからその高校生の母親と毎日メール交換をするようになったのです。

彼女は韓国ドラマが本当に好きで、ハングルも自己流で習っていたようです。

私も韓国には行ったりしていたので、お互いにカタカナでハングルを書いたりして仲良くなり、顔写真の画像交換もしました。

彼女はメールや写真では大人しい印象でした。一日に10通程メール交換をしていましたが、そのうち話すのもいいかもと思い、電話で直接話すまでになっていきます。

彼女は旦那さんと折り合いが悪く、毎日が辛いと打ち明けてきました。そして韓国の俳優さんに逃げたり、モバイルサイト内の出会い系で男性とたまにメールしているとのこと。

サイトの写真とは別人

こうして何度もメールや電話をしているうちに「今度、遊びにおいで」と言われ、メールを始めてから二ヶ月くらい経ったころ、彼女の自宅へお邪魔することになりました。

彼女の住む街までは、新幹線で2時間ほど。遠いといえば遠いですが、初めて行く場所に心が弾んで、長時間には感じませんでした。

初めて直に会う彼女は、写真とはかなり違う印象で、その時に初めて、モバイルサイト用の写真だったのだなと思いました。背が低く小太りな体系。

顔もだいぶ違っていて、若い頃の写真だったのかもしれません。しかしそれはあえて聞きませんでした。

彼女は4人家族で、旦那さん、娘さん、息子さん、本人と一軒家で暮らしています。

そして、メールや電話ではさんざん夫婦仲が悪いと聞かされていましたが、会ってみるとそう悪い雰囲気だとは思いませんでした。

むしろ、彼女の方が完全に出会いサイトにハマってしまっていました。

家族といる間もサイトで知り合った男性とメールをずっとしていて、旦那さんも子どものことも頭にない様子でした。

そして男性からのメールが遅いと(とはいっても10分も経過していないのに)イラついているのです。

そういう時の彼女は、娘さんの話も聞いてあげず、相談しているのに無視。「いい加減にしないと」と思わず私は怒鳴ってしまいました。

二日後、私は東京へ戻ります。

私がいる間彼女はずっと、旦那と別れたいを連発していました。しかし彼女は旦那さんから離れたいだけで、子どもを連れて出ることの重大さがまったく分かっていないようでした。

私は帰る前に彼女に、「子どもを連れて家を出るならば、まず仕事を探さないといけないし、ある程度の蓄えもないと大変だし、協議離婚できない場合は調停へ出向いて争わなくてはいけないし、そんなに離婚は甘くはない。」と伝えました。

私は離婚経験があり、その大変さが分かるので、アドバイスとして話したのです。

家を出るのを手伝って欲しい

私が帰宅してからもメールのやりとりは続きました。

やはり彼女は別れたいという内容ばかりでした。あんなに甘くはないと散々伝えたのに、本人の頭の中では嫌の一文字で、一向に考えを変えません。

そして、私に「助けて欲しい」と言うのです。

何を助けるのかを尋ねると、「まずなるべく遠い場所に行きたいから、それを手伝って欲しい。住む所を提供して欲しい、お金は行ってから必ず作るから、それまで少しでいいから貸して欲しい」ということまで頼んできます。

「そんな甲斐性、私にはないし、話は聞いてあげられても、助けるのは難しい」と答えたのですが、それでもまた言ってくるので、段々可哀想になってしまいました。

そうして私も良い方法はないかと、一生懸命になってしまったのです。

私は彼女が上京できるようにするために、自分の周りや身内に状況を伝え、彼女の為に色々動きました。

そして、私の遠い親戚の兄の家が丁度空き家だったので、そこに一時避難をしたらどうかという提案をしたのです。

もちろん家賃はきちんと入れる、光熱費もちゃんと払って貰う、すぐに仕事を探すという条件。

また娘さんの学校手続きもすぐに対処するなど子どもに対しての責任をしっかり果たして欲しい、男性とメールなんかしてる場合ではないということも注意しました。

そして離婚してからの大変さも改めて細かく伝え、気持ちを据えて頑張ることを約束させたのです。

立て替えた総額は25万円

それから一週間ほど経ったでしょうか。彼女は娘さんと二人で東京へ出てきました。

その日は取りあえず食事を済ませてから、兄宅へ連れて行きます。明日から動くというので、今後の計画を話してから私は自宅へ帰りました。

次の日も、私は彼女の家に仕事探しの手伝いへ。するとまだ起きていなかった上に、起きてからもダラダラしていて一向に動く気配がありません

少しして行動したかなと思ってみると、なんとサイトの男性とメールをしていたのです。

挙句には今日はまだ疲れているから明日にして欲しいと言い出しました。それは仕方ないかなと私も許してしまったのです。

私は一日ゆっくりしたら、彼女も行動を開始すると信じてしまいました。

しかしこれが最悪な状態へと発展してしまったのです。

それから何度言っても動かず、男性へのメールも止まらず、娘さんのことも考えず、そのままの状態で、2ヶ月半経過してしまいました

その間、家賃が 5万3千円×2.5ヶ月=13万2千500円。光熱費として電気・ガス・水道の総額2ヶ月分で3万1千円。携帯電話代2ヶ月分2万円。食事代や他の分としておよそ6万円ほどを私が立て替えてあげていたのです。

受けてしまった以上は無視も出来ず、私にも責任があります。親戚の兄にも「きちんと払うから」と約束をしていたので、いいかげんなことをしては顔が立ちません。

こうして、結局のところ2ヶ月半の間に彼女のために立て替えた総額は約25万に達していたのです。

お金を返さずに消えた彼女

私は懸命に頑張るという彼女の言葉をを信じて受けてしまった自分を情けなく思いました。
そして「もうこれ以上は無理だ」と感じ、旦那さんに連絡をしたのです。

旦那さんは、次の日の早朝に自宅を出て、東京まで来てくれました。待ち合わせをし、少し話をしてから彼女宅へ向かいましたが、着いてみると鍵の他にチェーンを掛けていて、出てきてくれません。

私が声を掛けると、恐る恐るチェーンを外し、旦那さんは部屋へと入っていきました。
私は外で待っていた方が良いとのことで商店街にある喫茶店で待機。

しかし、結局その日は、娘さんだけを連れて旦那さんは帰っていきました。一方彼女は残り、今度こそ仕事を探して頑張ると言います。

でもやはり無理でした。突然東京みたいな遠い所に来て、右も左も分からないのに仕事なんて探すのはできないと言い出したのです。

私はキレて明日にでも出て行って欲しいと告げました。けれど彼女は一週間の間には出て行くからと言い訳し、私はまた負けてしまいます。

ところが、一週間が過ぎてもまだ居たので、今度こそ強く頼みました。

すると次の日ポストに手紙と鍵を置き、出て行ったのです。

サイトでの出会いは慎重に

「出て行くのは構わないが、貸したお金をせめて返して欲しい、私にしてみれば高額である」ということも伝えていたのですが、彼女は「必ず返します」の一言だけを残し消えてしまったのです。

それから何も連絡をしてきてくれないので、私は以前に彼女から聞いていた、実のお兄さんに電話をし、一部始終を伝えて返済をお願いしました。

しかし「それは彼女の勝手だから、こちらは関係ない」という返事。

その後、旦那さんにも連絡して頼みましたが、今はきついから難しいということでした。

確かに出会い方も普通の出会いではなかったですし、安易に信じてしまった私も悪いので、相手ばかりを責めることもできません。しかしせめて誠意だけでもを何らかの形で表して欲しかったです。

今回の反省は、むやみやたらに人を信じてはいけないこと、ましてサイトでの出会いは例え同姓でも慎重にするべきということです。

あれから、彼女からはいまだに何も言って来ませんが、良い勉強になったと思うことにしています。逆に恐いトラブルに巻き込まれなかっただけ良かったのかもしれません。

→ 知人・友人との金銭トラブルの体験談

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報