私が元々イメージの悪かった消費者金融を二度も利用した理由【体験談】

消費者金融は、「サラ金」と呼ばれた時代から、明るいイメージはありませんでしたが、近年CMなどでも見かける「過払い金請求」で、さらに悪い印象を持った人もいるかもしれません。

しかしそんな悪いイメージを持ちつつも、消費者金融を利用してしまう人もいます。

「なるべく利用したくなかった」と言いながら、融資までの速さと、手軽に利用できる便利さに負けて、消費者金融から2回借入れをしたサラリーマンに話を聞きました。

過払い金について話してくれた下村さん(後姿)

体験者の情報

名前:下村 大(仮名)
性別:男
職業:会社員
年齢:34歳
借入件数:3件
会社名(借入先):JACCS、武富士、アコム
利用時期: 1998年~2002年頃、2009年7月~2012年1月
借金の合計額:武富士で 35万円、アコムで40万円

バイクローンや引越代で消費者金融を2回利用

今回お話をうかがったのは、沖縄にお住まいという下村大(仮)さん、34歳。

爽やかでオシャレな雰囲気の青年です。

彼は仕事を始めた20代のころに、立て続けに2台のバイクを購入、支払いはJACCSのローンを利用しました。しかし支払いが次第に苦しくなり、おまとめローンを利用する形で、武富士から借入れをします。

この借金は、その後2年半ほどで完済するのですが、2006年の「クレーゾーン金利撤廃」によって、後日過払い金の請求をするようにという通知が来ました。

下村さんは言われるがまま請求を行い、過払い金を受け取ることになります。

しかし、自分が利息を払い過ぎていた事実を知って、なんとなく悪かった消費者金融へのイメージが、さらに悪くなったそうです。

ところが、その後、引越しのために急遽お金が必要になり、アコムからまた借入れすることになりました。

なぜ悪いイメージの消費者金融から、2回も借入れをすることにしたのか、その経緯について、詳しくお話をうかがいました。

利用のきっかけはバイクローンのおまとめ

― 消費者金融を利用することになった経緯を教えてください。

20代前半のころ、JACCSでバイクのローンを2つ抱えていました。

1台目は中古、2台目は新車で、その2つ分のローンを月々3万円ほど支払っていたのですが、「毎月の支払いが厳しいなぁ」と思っていたんです。

それを1つにまとめれば、「支払額が毎月半額程度になるから、見た目、減るなぁ」と思って、武富士でおまとめローンを組むことにしました。

すでにJACCSは3年くらい返済していましたが、JACCSの残債35万円を武富士で借りて完済し、その後、武富士の返済を始めました。当時の武富士の金利は14%で、限度額は50万円でした。

― なぜ武富士のおまとめローンを選んだのですか?

当時、クレジットカードも持っていたんですけど、限度額が少なかったんですよね。でも消費者金融だったら貸してくれるかなぁと思ったんです。

武富士を選んだ理由は、自動契約機がある場所の建物の条件が良かったんですよ。あらかじめ下見をして、利用しやすいところを選んだんです。

その店からダイレクトに出てくるところを誰かに見られるのは嫌だったので。

そこはマンションで、1階は中古の自動車屋さん、2階以上は住居になっていて、1階の奥のほうに自動契約機がありました。

その時は、茨城の実家に住んでいましたから、車で行って、人目に付かないところが良かったのです。そこならマンションの駐車場に車を止めて、そのまま誰にも見られずに自動契約機に行けましたから。

― おまとめローンにして、返済は楽になりましたか?

見た目は減ったんですよ。「でも、なかなか終わらないなぁ」というイメージでしたね。

JACCSでの月3万円の返済額を武富士では半額以下の1万4千円に抑えることができたのですが、その分返済期間も延びました。

その後、武富士には、2000年から2002年までの2年間ほど支払いをしていましたが、借金が一向に減らないし、利息が勿体無いなと思って、結局は2002年にボーナスで一括返済しました。

でもその後、完済して数年経ってから、「過払い金の請求云々」という通知が来たんです。

※2010年6月、賃金業法と出資法が改正されました。

改正前には、利息制限法の規定する制限利率(金利15~20%)と出資法の規定する上限利率(年29.2%)の間の金利が存在し、それは「グレーゾーン金利」と呼ばれています。

出資法の29.2%を越えなければ罰せられない金利で、改正以前は多くの消費者金融やカード会社が、この「グレーゾーン金利」で営業を続けていました。

改正後はこのグレーゾーン金利が撤廃され、改正前に支払っていた利息を「過払い金」として請求することが、弁護士事務所などの働きかけで盛んに行われるようになったのです。

過払い金請求で消費者金融がもっとダークなイメージに

― 過払金の請求というのは、弁護士事務所からの誘いですか?

いえ、弁護士ではありません。確か武富士は倒産したのですよね。その時に破産管財人かな?そういう所から、「過払い分がありますよ」と通知が来たんです。

手続きに関しては、送られてきた郵便物に対して2回、返信しただけです。

1回目は、個人情報の同意書を返信して、2回目は、裁判をするための「同意しますか」「しませんか」にチェックを入れて返信したのですよ。

それでおしまいで、過払い請求と言っても、大変な作業ではなかったです。

過払い金は2回に分けて支払いますとのことで、1回目の支払いは4千円くらいありました。残りは、4万7千円くらいあると言われましたが、2回目は、裁判が終わらないと支払えないとのことで、まだもらっていません。

数年後には支払われるのかなぁと思っています。

― 過払い金の返還請求してみて、どう思いましたか?

消費者金融に対して、一層ダークなイメージを持ちましたね。

なんか、過払い金って、すごいお金を騙し取られたというか、知らないところで、「素人だから、取れるんなら、取ってやろう」みたいなところがあるのかなぁと思いました。

やはり便利な消費者金融

― でもその後もアコムでも借入れしたそうですね。その時の経緯を教えてください。

2009年当時、東京で仕事をしていたのですが、勤めていた会社の運営が危なくなったので、転職することになったんです。

7月20日に沖縄の会社に採用が決まったのですが、9月1日付けでの入社だったので、8月下旬には沖縄に着いていないといけませんでした。

そこで引越し費用が必要になったんですが、ちょうど6月に結婚して、式を挙げたばかりだったので貯金がなくて。

結局沖縄への引越し費用、車の移送費と家電用品の買い替えのために、アコムで合計40万円、金利15%で借りました。

― なぜイメージの良くなかった消費者金融をまた利用したのでしょうか?

本当は消費者金融で借りたくありませんでした。過払い金の請求とか、また同じようなことがあると面倒臭いなぁというのがあって。

でも、すぐにお金が必要な時に便利ですし、返済もコンビニでできますし、時間もないので借りてしまいました。

今回のアコムの場合も、下見をして利用しやすい所を選びました。雑居ビルの中で助かりましたね。勤務先の近くでした。

まず、周りに知っている人がいないか確かめて中に入り、できるだけ、エレベーターに人が乗らないタイミングを見計らって。

コンビニのATMを利用するのはいいんですけど、街中の自動契約機の中に入るのは恥ずかしいというか、消費者金融の自動契約機のある駐車場に車を止めていたくないというのはやっぱりありました。

審査の時に転職のことは黙っていた

― アコムの審査では、転職のことは何と言ったのですか?

審査は自動契約機だったのですが、転職することは言わずに、勤務先・年収・在籍確認は前の会社で済ませました。そこでNGになってしまったら元の子もないと思ったので、転職の事は黙っていました。

借入れの理由は、「事業資金」や「生活資金」とか枠があったと思うのですが、「その他」に「引越し資金」と書いたと思います。

他に確認されたことは「どこかの業者(紹介業者)からの誘いですか」みたいなことは聞かれました。審査の時間は30分くらいで、スムーズでした。

― 転職しても返済は問題なくできましたか?

東京での収入は450万円くらいで、沖縄での収入は300万円。収入は減ったんですが、沖縄は社宅で家賃がかからなかったので、転職後の生活も楽でした。

返済も自由に金額を変えられるので、問題なかったです。

月によってはギリギリの返済額だったこともありますが、ボーナス月はいつもより多めに3万円~4万円返済して、少ない月でも最低1万円は返済していました。

遅延も一度もなかったです。遅延すると、また利息が上がったりしますよね?ちゃんと返済日は確認して、ATMで入金して、2年半で完済しました。

消費者金融よりもクレジットカードの方が健全??

― 消費者金融で借りたことを奥さんに言いましたか?

武富士で借りたことは、過払い金の話をしたので知っています。でも、アコムで借りたことは言えなかったです。クレジットカード(JALカード)のキャッシング枠を使っていると言いました。

それに対して、彼女は何も言わなかったです。アコムから借りているというのと、クレジットカードのカードローンとではイメージが違いますから

アコムもクレジットカードも、金利は変わらないんですよね?イメージ的な部分だけです。

消費者金融は、ダークなイメージがあるから、今後もなるべく避けたいです。今は銀行が入っているので、昔よりは安心かなぁと思っているんですけど。

クレジットカードのキャッシングの方が精神的な安心感はありますね。

今はクレジットカードのキャッシング枠が増えたので、これから必要ならば、消費者金融ではなくて、クレジットカードを使おうと思います。

消費者金融とクレジットカードのキャシング。どちらも同じ借金のはずなのに、どうしても消費者金融には暗い、悪いイメージが付きまといます。

しかしそれを払しょくするかのように、消費者金融にはスピーディーな審査と、高い限度額というメリットがあり、下村さんのようにサービスの面から利用する人は多いのかもしれません。

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報