海外旅行費用をアコムのキャッシングで凌いで急いで返済【体験談】

「遊ぶためにお金を借りた」と言うと、多くの人はあまりいい顔はしないでしょう。しかし本当に必要だと思った時、私は「遊ぶため」のお金を借りてもいいと思います。

ただし自分の身の丈にあった額を借りること、「お金を借りている」という緊張感を忘れないことなど、バランスを保つことは必要です。

体験者情報

名前:田中 聡(仮名)
性別:男性
当時の職業:会社員
当時の年齢:25歳
会社名(借入先):アコム
利用時期:2009年6月~2010年1月
当時の借金総額:7万円

海外旅行の資金をアコムで借入れ

私は昔から憧れていたイタリアに旅行するために、アコムでお金を借りました。

消費者金融を利用するのは初めての経験でしたが、手続きは簡単ですぐにお金を借りることができました。返済もダラダラと長引かせることなく、わずか3ヶ月で完済します。

その時の借入れの状況や、早めに完済するために実践した工夫などについてお話いたします。

キャッシングが必要になった経緯

当時の私は、不動産会社で正社員3年目として働くサラリーマンでした。

私は以前からイタリア旅行をするのが夢でした。学生のころから憧れていた芸術の国イタリアの、バチカンの天井画。一度でいいからこの目で見たいと5年以上思い続けていました。

しかし私の手取りは17万円で、生活費は毎月約10万円。

また自動車のローンと大学の頃の奨学金の返済がまだ300万円以上残っていて、月々の返済は5万円近くあり、手元に残るのはわずか2万円です。しかも不況のため、ボーナスもここ何年か出ていませんでした。

イタリア旅行は安いチケットでも20万円かかります。少しずつ貯めた15万円がありますが、せめてあと10万円くらいなければ難しいです。

しかしもう我慢の限界でした。今すぐ見に行きたい!!という思いを止めることはできませんでした。

でも借金をすることにためらいはありました。理由が海外旅行ですからなおさらです。周りに言えるはずもなく、「借金だけはするな」と言う家族に借りることもできません。

銀行で借りるとしたら、すでに自動車ローンを組んでいるので、審査が不利になると聞いていました。そこで審査が早いという、消費者金融を利用することにしたのです。

もちろん消費者金融を利用するのは初めてのことでした。

「初めてのアコム」で行われること

借金をすることを会社の人に知られたくないので、自宅近くにあったアコムの無人機に行きました。審査はアコムの無人機「むじんくん」の画面の指示通り行います。

手続きは以下のような順に行われました。

  • 1申込み
  • 2審査
  • 3融資金額決定
  • 4カード発行

審査の際に必要なものは次のとおりです。

  • 免許証、パスポート、健康保険証など
  • 収入証明書 ※なくても問題ないそうです

免許証さえ持っていれば申し込みなどは完了しますが、電話で「収入を証明するものは何か持っているか」と聞かれました。「必要ないと思っていました」と答えると、「なくてもいいです」と言われました。

申し込みはまったく難しくありませんでした。指示通り書類に記入して、付属の電話に出て、本人確認や勤務先の電話番号などを聞かれます。

その後は在籍確認があります。勤務先に電話をして、私が実際にそこで働いているかどうかを確認するものです。ただし「○○さんはいますか?」程度のもので、もちろんキャッシング会社の名前は一切出しません。

審査完了後にアコムカードが発行され、お金が借りられます。

借入時に確認しておいた方がいいこととは?

手続きの所要時間は、少し手間取って60分くらいでした。キャッシングは初めてだったので、不安な点などを質問していると、これくらいの時間になってしまいました。

私が画面の向こうのオペレーターにたずねたのは次のようなことです。

  • 返済総額はどれくらいなのか
  • 月々の返済額はいくらか
  • 延滞時の対応はどうしているのか

借入れをする際は、これくらいは事前に確認しておいた方が良いでしょう。

返済額は返済期間によって変わりますから、借りる前に返済期間を決めておくと計算しやすく、好感を与えられるかもしれません。

延滞時の対応は念のため聞きました。会社などに来られると、借金をしていることが知られてしまいます。事前に対応を知るだけで精神的に余裕ができます。

ただしアコムの場合は、返済が滞ってもすぐに会社や家族に電話、請求書が送付されることはありません。初めは本人に対しての電話のみだそうです。

借り入れたのは最低額の7万円

私の限度額では30万円まで借りることができましたが、必要な7万円だけ借りました。

本当は10万円あれば安心ですが、10万円引き出すとその分も利息が発生してしまいます。

「足りなければ後で引き出せばいいや」と思って7万円にしました。結果的に7万円で足りましたから良かったです。

金利は18%でした。利息制限法では10万円未満の借り入れの場合は20%が上限金利だそうですから、18%はうれしいですね。

ただし納得してはいたものの、実際にお金を引き出した時は、借金というものが少し怖かったです。

早めに完済するコツとは?

その後返済は、節約をしながら月3万円ずつ返済して、3ヶ月で完了しました。

月1万円ずつの返済プランも可能ですが、それだと金利を入れて7ヶ月くらいかかってしまいます。また半年以上も返済が長引くと、「借金をしている」という感覚がなくなってしまうでしょう。早く返した方が、気持ちが楽になります。

返済中も遅延などのトラブルは特にありませんでした。どうしても3万円用意できずに2万円の返済になった月はありましたが、それ以外はほぼ計画通り返済していきました。

早く返済するポイントは「多少無理をする」ということです。

本来、返済は無理なくするべきだとは思います。しかし借りて返すまでは借金ですから、借りた時の緊張感を返す時まで持続させるのが大事です。私は返済のために節約をして、日々の暮らしを引き締めました。

普段の生活で一番節約したのは食費です。今までの食生活を見直して、必要のない物、例えばペットボトル飲料などは買わずに水筒を買い、家からお茶を入れて会社に持っていきました。

弁当も手作りしました。市販の弁当は1個500円くらいですから、これが半年分で3万円の節約になります。

もともと自炊はしていましたが、朝が弱いので弁当は作っていませんでした。

しかし弁当を作る習慣ができると早起きもできるようになり、結果的に早寝になります。こうして結果的に生活習慣も改善されたのです。

借金というのは、できるだけしない方がいいです。しかし、絶対にダメというわけではありません。大事なのはバランスです。

私は、借金してでもイタリアに行ってよかったと思っています。借りた額以上の価値がありましたから。時には大胆に決断して行動することも必要です。

お金が必要になった時は、キャッシングも選択肢の1つです。

また何かあったら、アコムを利用するかもしれません。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報