3週間、無利息でお金を借りられてよかったです。助かりました【体験談】

転職で一時収入が途絶えてしまった時に、「無利息キャッシングサービス」を活用した体験を語ってくれた田中さん

一部の消費者金融には無利息でお金を借りられるサービスがあります。

給料日までもう少しなのに「急にお金が必要になった」「今月はちょっと苦しい」などという時に、この「無利息期間サービス」はとても便利です。

今回は、転職で一時収入が途絶えてしまった時に、この「無利息キャッシングサービス」を活用したという男性から、話を聞くことができました。

体験者の情報

名前:田中 太郎(仮名)
性別:男
当時の職業:会社員
当時の年齢:30歳
借入件数:銀行系2件
会社名(借入先):りそな銀行、ノーローン
利用時期:2007年11月、2009年10月
借金の合計額:105万円

収入が途絶えた時に、無利息サービスを上手く活用

お話をうかがったのは田中太郎さん(仮名)、36歳。とても落ち着いた印象の男性で、現在は会社員として働きながら、奥様と二人で暮らしていらっしゃいます。

そんな彼は過去に引越しや転職、ペットの医療費などまとまったお金が必要になった時に銀行や消費者金融から融資を受けた経験があります。

今回は初めて借入れをされた経緯や、無利息のサービスを活用した時のことについて詳しく語っていただきました。

引越しとペットの入院費のために、りそな銀行のキャッシングを利用

― 初めてキャッシングを利用したきっかけは?

とても真面目で落ち着いた印象の田中さん

引越し資金と飼い犬の入院費のためにお金が必要になったことがきっかけです。

元々犬を飼っていて「ペット可」の物件に住んでいたのですが、結婚一年目くらいの時にもう一匹犬を飼うことになりました。

それで「どうせなら戸建ての賃貸に引っ越そう」という話になって。

家賃は15万円もしたのですが、当時は妻も働いていたから、なんとかなるだろうと。

ただ敷金礼金と引越し費用で60万円くらい必要だったんです。でもそれだけの蓄えがもなくて。

しかも新しく買い始めた仔犬が最初から体調が悪くて、いきなり3週間も入院することになったんですよ。

ペット保険をかけていたのですが、一旦は自分で入院費を払わなければいけなくて、それが20万円くらいでした。

それで「りそな銀行」のフリーローンで100万円を借りて、それぞれの費用に充てました。

りそな銀行は元々メインバンクとして使っていたから、ローンのチラシを目にする機会も多かったんです。

だから借りる時も「親を頼るよりは良いかな?」くらいの軽い気持ちでしたね。

― りそな銀行の手続きや審査は?

店頭で申し込みをしたのですが、元々口座を持っていたので、特に複雑な手続きはなかったです。ただ個人ローン専用に新しく口座を作る必要がありました。

審査では勤め先や収入について答える項目がありました。当時の年収は300万円半ばくらい。勤続年数は2、3年くらいだったでしょうか。

この時は妻も働いていて、彼女の月収も自分と同じくらいだったのですが、審査では妻のことは特に何も聞かれませんでしたね。

2~3日後には電話で審査結果の連絡がありました。そして新規で作った口座に、100万円が振り込まれました。

金利は10%前後だったと記憶しています。

翌月には40万円を繰り上げ返済。その後も順調でした

― 返済はどうなりましたか?

借入れの細部まで、明瞭に、ハキハキと答えてくださった田中さん

借入れをした翌月には以前住んでいた部屋の敷金の返還と、ペット保険が下りたので、それで40万円の繰り上げ返済ができました。

残る60万円は、「これくらいだったら大丈夫だろう」という金額、毎月2万円ずつを3年で完済するプランを立てました。

― 月々の返済は順調でしたか?

毎月決まった日に引き落としがかかるので、その都度、口座に入金する必要はありましたが、特に遅延も無く順調でした。

当時は金利を気にしていなかったので、利息をいくら払っているのかも計算したことはありません。

その後、無事予定通り完済することができました。

― りそなから増額の案内はありましたか?

今でもたまにダイレクトメールは届きますが、特に個人的な勧誘はないですね。一応解約せずに、完済後そのままにしています。ただし新たな借入れもしていません。

無利息ローンを上手に活用

― なぜ再びローンが必要になったのですか?

金銭感覚もライフスタイルも、とてもスマートな印象の田中さん

2009年頃、リーマンショックの影響を受けて給料が削減されてしまったので、転職したんです。

すぐに新しい会社で働きはじめたのですが、最初の給料日が来るまでに、1ヵ月のタイムラグがありました。

家賃も15万円から8万円の安い所に引っ越したのですが、この頃、妻は仕事を辞めて専業主婦になっていたので、収入は他にありません。

しかも貯金もなかったので、収入がひと月途絶えると、かなり厳しかったんです。

かといってクレジットカードで生活費を賄うのも嫌でした。その時、「これだったらなんとかいけるんじゃないか?」と目を付けたのが、新生銀行のノーローンでした。

― ノーローンを選んだ理由は?

ウェブの広告に「3週間以内なら無利子で利用できる」とあったからです。

それでもローンは使わずにどうにか乗り切ろうとしたのですが、退職金が家賃の引き落とし日に間に合わなかったので、結局使うしかなくて。

ちょうど職場の近くに無人契約機があったので、そこで手続きをしました。

― ノーローンを使うことに抵抗は無かった?

ノーローンは消費者金融ですが、特に抵抗はありませんでした。

テレビCMもよくやっていたし、そのあたりの感覚が薄れていたのかもしれません。

どちらかというと、初めて無人契約機を利用する戸惑いのほうが大きかったですね。

― 審査について教えてください

申込用紙に記入をして、その後オペレーターとも話しをしました。

収入や仕事については、ごく一般的なことしか聞かれなかったと思います。あとは融資の希望金額を伝えて。

この時は転職したばかりだったので、もしかしたら勤続年数で引っ掛かるかもしれないと思いました。

でも希望金額が少なかったせいか、特に問題はありませんでした。在籍確認の電話は職場にあったみたいです。

数十分もあれば手続きも済んでしまったので、すぐに5万円下ろしました。

― 無利息期間内に返済できたのでしょうか?

とにかく「利息がかからないうちに返済してしまおう!」とそれだけは決めていました。

ですから新しい職場で初めてのお給料が出て、同時期に前職の退職金も入ったので、ATMから一気に返済をしました。

3週間以内に完済したので、利息も発生しませんでしたし、その後上手い具合に生活も回り始めました。

例え無利息でも記録に残る?

― 業者を利用した感想は?

最後まで後ろ暗いところがまったくない田中さん

とても助かりました。特に無利息はありがたかったですね。

ただキャッシングを利用した当時は深く考えていなかったのですが、借入れするだけで、履歴には残るんですよね?

それが後々、車や家など、大きなローンを組むときに、足枷になりはしないかと気になっています。

― 今後もキャッシングを利用したいと思いますか?

完済後の利用はありません。新生銀行ノーローンは、つい先日カードを解約したばかりです。

最初の頃は「せっかく作ったのだから」と思って、とりあえずカードを保管していたのですが、最近はデメリットの部分が気になってしまって......。

やっぱり将来的には家を買ったりしたいので、不安材料は少しでもなくした方がいいと今は考えています。

今すぐに大きなローンを組む予定は無いですけど、少なくとも昔よりは借入れに対して慎重になったので、今後も利用することはないでしょうね。

インタビューを終えて

今回の田中さんのように、ローンサービスの「無利息キャンペーン」を利用すると、支払う利息をおさえることができます。(キャッシングの無利息期間サービスについては、『キャッシングの無利息サービス徹底比較!無利息は本当に得なのか?』に詳しくまとめられていますので、よかったらこちらも参考にしてみてください)

また、田中さんは過去のキャッシング記録が将来のローン審査に影響するのではないかと心配していました。確かに、その可能性はゼロではありません。

ただ、りそな・ノーローンいずれも完済していますし、ノーローンに関しては解約済みです。不安ならりそなのほうも解約手続きをしておくことをおすすめします。

信用情報に利用記録が残るのは解約後5年間なので、解約して5年経てば過去の利用記録がローンの審査に影響をおよぼすことはなくなります。

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報