銀行融資が難しい自営業が急場しのぎで安全にお金を借りるには?【体験談】

取引先からの入金が滞った際、キャッシングを利用して急場をしのいだ体験を語ってくれた伊藤さん

クレジットカードには、お金を借りられる「キャッシング枠」が付いています。

もちろん利用すれば金利手数料がかかりますが、人から借りる煩わしさを思えば、「手数料は気にならない」という方も多いようです。

今回は、取引先からの入金が滞った際 キャッシングを利用して急場をしのいだという自営業の男性から話を聞くことができました。

体験者の情報

名前:伊藤 まさし(仮名)
性別:男
職業:会社経営
当時の年齢:37歳
借入件数:クレジットカード3件
会社名(借入先):イオンクレジット、楽天カード、セゾンカード
利用時期:2013年9月
借金の合計額:70万円

クレジットカードのキャッシングで1ヵ月乗り切った

お話をうかがったのは、伊藤まさし(仮名)さん、37歳。

金髪にシルバーのアクセサリーを身につけた、いかにも「自由な若者風」の彼ですが、話を聞いていくにつれ、とても「堅実で真面目な方」だという印象を受けました。

今回は、そんな彼が資金繰りに困り、キャッシングを利用して急場をしのいだときの話をうかがいました。

取引先からお金が入らなくて大ピンチ!

― 自営業をされているそうですが、どういったお仕事ですか?

金髪にシルバーアクセサリー。でも声と表情はとても真面目な伊藤さん

携帯電話やスマートフォンのアプリを作る会社を経営していて、今年で10年目になります。

臨時でアルバイトを雇うこともありますが、基本的には一人でやっている会社です。

― 収入はどのくらいですか?

多い時は年収1,000万を超えたこともあります。でも、最近は景気が良くなくて、年収で400万~500万円くらい。

赤字になることはないので、一応経営は安定しています。

ただし、月収が50万~60万円あっても、会議費や接待費に10万~20万円ぐらいかかるんです。手元に40万円くらい残ればいいほうですね。

― キャッシングが必要になったのはなぜですか?

接待などで出費がかさんだ月がありました。

ところがそんなとき、取引先から入るはずのお金が入ってこなかったんです。

お金が手元にほとんどない状態になり、会社の経費や生活費が足りなくなってしまいました。

さらに、楽天カードのショッピング枠20万円の支払いも目前に迫っていて...!

― 取引先からの入金はいくら入る予定だったのですか?

50万円くらいです。
「約束の期日までに入金されない」ことはこれまでに度々あったのですが、最近は特に増えたかもしれません...。私には貯金がありませんから、こういう時は本当に困ってしまうんです。

― キャッシング以外の方法は考えなかったのでしょうか?

たとえ親でも、人からお金を借りるのは気を使いますよね。
だから「キャッシングならそういったストレスがない」と思ったんです。

それに自分はまだ独り身で、養う家族もいません。
借金を止める人もいないから、ためらいはありませんでした。

なんとなく作ったカードでキャッシングできた

― クレジットカードのキャッシング枠を利用されたそうですが、どちらのカードですか?

穏やかで優しい声、堅実にお仕事をしてきた方だということがよく分かりました

楽天カード、イオンクレジット、セゾンカードの3社ですが、どれもカード自体は5~6年前から持っていました。このうち楽天カードは普段から買い物に使っています。

でもイオンカードとセゾンカードは使ったことがなくて。

どちらもお店ですすめられて作っただけで、財布に仕舞いっぱなしの状態でした。

どのカードも、それまでキャッシングを利用したことはありません。

― カードを作った時の審査は?

当時から自営業でしたが、審査で特に問題はなかったと思います。書類に収入や仕事内容について記入をして、すんなり通りました。

当時はキャッシングを利用する予定もなかったのですが、最初からそれぞれ20~30万円はキャッシング枠が付いていました。金利はどれも18%くらいです。

― このときはいくら借りたのですか?

それぞれのカードから限度額いっぱい、合計70万円を借りました。お金を引き出したのはコンビニのATMです。

― 借りた70万円は一気に使ったのですか?

とりあえず会社の経費や生活費、カードの支払いで50万円を使いました。

でも多めに借りたので、手元に20万円残ったんです。

それをすぐ返済すれば良かったのですが、実はカバンに入れて持ち歩いているうちに、どこかに落としてしまったようで...。

このお金は、結局見つかりませんでした。使わないお金はサッサと返すべきですね。

返済が間に合わず、クレジットカード会社から連絡が...!

― 返済は順調でしたか?

「借りたお金を落としてしまって、結局出てこなかったんですよね...」笑いながら話してくれた伊藤さん

最初からどのカードも一括で返済するつもりでした。
翌月の返済日までに、遅れていた取引先の入金(50万円)が入る予定だったので...

だから、3つのカードの返済は、口座からそのまま引き落とされるはずでした。

ところが、取引先からの入金がさらに遅れてしまって、引き落とし日に間に合わなかったんです。

結果として3社とも返済が遅れてしまいました。

― 遅れた時にカード会社から連絡はありましたか?

それぞれのカード会社から携帯に連絡があったのですが、実際に電話を受けたのは1社だけです。「いつ頃支払えますか?」という事務的な電話でした。

それに対して「少しだけ待ってください。○○日までに払います」と答えて、納得してもらいました。

あとの2社は留守電に「ご連絡下さい」というメッセージが残っていたのですが、こちらからは折り返していません。

― 無事に支払うことができましたか?

その後、滞っていた取引先からようやく50万円の入金があり、最終的には5~10日間遅れで3社とも完済しました。

― 利息はトータルでいくらかかりましたか?

1ヵ月半で完済したことになるのですが、利息はそれぞれ3,500~4,000円くらいになりました。

3社合計で1万2,000円くらいかかってしまったので、安くはありませんよね。

でも本当に困っていたので、納得できるギリギリの金額だと思っています。

― 遅延損害金は発生しましたか?

現時点では特になにもきていませんが、これから請求されるのだと思います。どれくらいかかったのか、気になっているところです。

※ 編集より補足
クレジットカードのキャッシングにおける遅延損害金は最大でも20%。したがって、今回の伊藤さんのケースでは、70万円×20%÷365×10日=3,836円(3社とも遅延損害金が20%で、合計70万円の返済が10日遅れたと仮定して)。最大で4,000円くらいの遅延損害金がかかることになるでしょう。

キャッシングは自営業の味方?

― 今後もキャッシングを利用しようと思いますか?

「クレジットカードも借金も、本当はあんまり好きではないんです」最後まで真面目な雰囲気の伊藤さん

できれば使いたくないですね。あまり借金は好きではありませんから。

今の会社を立ち上げて10年くらい経ちますが、借入れしたのは今回が初めてです。まぁ、借金が好きな人なんていませんが(笑)

ただ僕の仕事は、今一番景気が悪くて、「しばらくは苦しい状況が続くのではないか」と思っています。

そうなると今後もキャッシングを利用することがあるかもしれませんね。

― クレジットカードのキャッシングのメリットは何でしょうか?

スピードもはやく審査もない(※すでに持っているクレジットカードにキャッシング枠が付いていれば)ところではないでしょうか。

僕のように自営業だと、銀行の融資は手続きも面倒だし審査も厳しくなると思います。

ただし将来的には会社として、銀行から借りることも考えてはいるんです。

まとまったお金を借りるなら、金利が低くて安心感がある銀行の方がいいですから。

もちろん取引先からの入金が滞ることなく、資金繰りに困る場面がないことが一番望ましいですがね(笑)。

インタビューを終えて

多少返済が遅れたものの、借入れの翌月には無事に完済することができた伊藤さん。

クレジットカードのキャッシングは、伊藤さんのように「つなぎ資金」として利用することをおすすめします。

しかし、やはりクレジットカードのキャッシングは金利が高いです。

それよりも、低金利の銀行やろうきん、しんきんなどのカードローンを利用することをおすすめします。審査や手続きに日数がかかるものも多いですが、一度カードをつくっておけばあとはいつでもATMから借入れできます。余裕のあるときにカードを作っておくといいでしょう。

→ 【ビジネスローン徹底比較】都市銀行・地銀ノンバンクのレビューまとめ

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報