車に乗ったままお金を借りられるという広告に引っかかってしまいました

「自動車担保ローン業者」を利用して現金を借りた体験を語ってくれた安曇さん

世の中には、「どこでもいいからお金を借りたい!」という方をターゲットにした違法スレスレの金融サービス(?)が存在します。

自動車を担保にお金を借りる「自動車担保ローン」もそのひとつです。

こうしたあやしげなサービスを利用すると、助かるどころか詐欺やぼったくりのような目に遭ってしまうケースも多いようです。

今回は実際に自動車担保ローンを利用して現金を借りたという男性から、その実態について話を聞くことができました。

体験者の情報

名前:安曇 健一(仮名)
性別:男
当時の職業:自営業
当時の年齢:43歳
借入件数:消費者金融10社、クレジットカード20社以上(累計)
利用時期:2013年
借金の合計額:およそ500万円(住宅ローンや教育ローンをのぞく)

悪質業者が多い!自動車担保ローンの利用体験

今回インタビューに答えてくれたのは、安曇健一さん(43歳・仮名)。現在、自営業で情報関係のお仕事をされています。

彼は学生時代から20年以上にわたり、総額500万円の借金を抱えてきました。消費者金融やクレジットカードなど、30社以上を利用した経験があります。

詳しくは、『20年以上にわたる返済。気軽に借りたつもりが総額500万に!【体験談】』をご覧ください。

彼は、普通の消費者金融やクレジットカード会社から借入れできなくなると、返済用のお金を手に入れるため「自動車担保ローン」に飛びつきました。

「車を手放さずにお金を借りられる」自動車担保ローンとは?

― 自動車担保ローンを利用しようと思ったのはなぜですか?

40代とうかがいましたが60歳以上に見える安曇さん

昨年、会社をやめて自営業を始めた頃、お金が必要になったのですが、すでに消費者金融もクレジットカードのキャッシング枠も満額まで借りていたので、どこからも借りられなくなっていました。

そこで「自分名義の車さえあれば、審査なしで借りられる」という、自動車担保ローンを利用することにしたのです。

― どこで自動車担保ローンの存在を知ったのですか?

以前から自動車担保ローンの看板を街で見かけることがありました。駐車場に「車で融資」とか「車でお金」とか、看板が出ているのを見たことありませんか?

― どんな仕組みなのか教えてください。

まず業者のところへ車検証を持って行き、自分の車の名義をその業者の名義に変更します。すると業者から車を購入した代金としてお金が支払われます。

つまり、一旦、業者に車を売るわけですね。

そして、業者名義になった車を私がローンを組んで買い戻すという流れです。

ただ、なぜこんなにややこしい仕組みになっているのか?私にもよくわかりません。恐らく合法にするためだと思いますが。

― 車は手放さなくてもいいのですか?

はい。名義変更後も、手放さないでそのまま乗り続けることができます。

ただし、ローンを支払えなくなったら当然手放さなければなりません。車はすでに業者名義になっていますので。

車を質に入れるような感じでしょうか。

― これは違法行為ではないのですか?

違法ではないと思いますが...。
法律の穴をうまくついている仕組みなんじゃないでしょうか。

自動車担保ローン会社の実態

― 自動車担保ローンの業者はどんな雰囲気でしたか?

自動車担保ローンをまったく危険だと思っていない安曇さん

家の近所の業者を利用したのですが、普通の事務所のような雰囲気です。

「危ないところではないか?」というイメージがあるかもしれませんが、意外と普通でした。

50歳ぐらいの親切そうな男性と、たぶん身内だろうと思われる2人ぐらいの女性が事務をやっていて、別にあやしいところという印象はなかったですね。

― 安曇さんが担保にしたのはどんな車ですか?

10年ぐらい前に新車で買った外車です。当時は200万円ぐらいしました。ローンはすでに終わっています。

200万円の外車といっても、今はそんなに価値はありません。査定をしてもらったら、「売ると50万円ぐらい」と言われました。

― 自動車担保ローンでいくら貸してもらえたのですか?

20万円です。

50万円で売った方が良かったと思われるかもしれませんが、車を手放さずに借入れができるのが自動車担保ローンの良いところだと思います。

自動車担保ローンに潜む法外な「手数料」

― 金利は何%でしたか?

金利は17%くらいだったと思います...普通ですよね。

ただし、車の名義変更に手間がかかるということで、「手数料」を取られました。

手数料は借入金額に関係なく、一律7万円です。

今思うと、この業者は手数料で儲けていたんですね。手数料にしてはかなりの金額ですからね。

― 金利以外に手数料も支払ったということですか?

落ち着かないようすで話す安曇さん

はい。
正しくは、手数料の7万円も借入れたことになっていました。

実際受け取ったのは20万円ですが、27万円借りたことになっていたのです。

結局、5ヶ月ほどで返済できたのですが、利息も含めると合計で30万円近く支払ったことになりますね。

― 手数料がかなり法外ですよね?悪質だと思いませんでしたか?

そうですね。
しかし、車を手放すことなく現金が手に入るのは、お金がすぐ必要な人にとっては良い仕組みだと思っています。

― 利用して後悔はありませんか?

いろいろな手段でお金を手にしてきた安曇さんはかなり病的な雰囲気でした

それはありませんね。
確かに、かなり法外な手数料を取られたので悪質だとは思いますが、その時はどうしても現金が必要だったので。

すでに自営業を始めていましたし、お金はあとから入ってくる見込みがありました。「ちゃんとローンを払えば車も取り戻せる」と思っていましたし。

実際に5ヶ月後には支払いを完了し、車の名義も再変更してもらいました。

インタビューを終えて

自分名義の車さえあれば、審査なしで現金を手にすることができる(借りることができる)自動車担保ローン。

この手のサービスは、他にも「車リース」「車金融」などの名称で広告が出ていることがあります。

これは合法なのでしょうか?

編集のほうで調べたところ、車を担保に融資を行うこと自体は合法です。

また、金利17%も違法金利ではありません。

しかし、今回の業者が安曇さんに要求した手数料(7万円)は、明らかに法外ですよね。完全に悪質な業者です。

くれぐれもこのようなサービスを利用しないようにしましょう!

もし、月々の返済に苦しんでいるならすぐに弁護士などの専門家に相談してください。最近は、無料相談を受け付けているところ(法テラス、自治体など)もたくさんあります。

悩んでいるだけでは事態が悪化するだけです。はやめに行動しましょう!

ちなみに、今回インタビューした様子だと、安曇さんは自動車担保ローンを利用したことをまったく後悔していないようでした。

彼は多額の借金を抱えたことで金銭感覚が麻痺しています。お金を手に入れるためなら手段を選ばないのです...。正直言ってかなり危険な状態にあります。

そんな彼ですが、自動車担保ローンの次は違法な金融業者に手を出すことになります。次の『悪徳金融業者はまず女性に電話をかけさせます。その後 男性が出てきて...【体験談】』では、そのことについて詳しくお聞きしました。

今回のインタビューの様子は動画でもご覧になれます

→債務整理の弁護士事務所を徹底比較。費用、対応地域、実績、顧客対応

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報