悪徳金融業者はまず女性に電話をかけさせます。その後 男性が出てきて...【体験談】

悪徳金融業者からお金を借りてしまった体験を語ってくれた安曇さん

マスコミでたびたび取り上げられ、問題になっている悪徳金融業者。

法外な金利でお金を貸し付け、支払いができなくなると脅して取り立てる違法な金融業者のことです。

しかし、なかには危険な業者と知りながら、手を出してしまう人もいます。今回お話をうかがった男性も悪徳金融業者からお金を借りてしまった一人でした。

体験者の情報

名前:安曇 健一(仮名)
性別:男
当時の職業:自営業
当時の年齢:43歳
借入件数:消費者金融10社、クレジットカード20社以上(累計)
利用時期:2013年
借金の合計額:およそ500万円(住宅ローンや教育ローンをのぞく)

違法金融業者に手を出した男性

今回、インタビューしたのは安曇健一さん(43歳・仮名)。現在自営で情報関係のお仕事をされている方です。

彼は学生時代から20年以上にわたり、総額500万円の借金を抱えてきました。

消費者金融やクレジットカード会社など、30社以上から借入れを繰り返したのです。

詳しくは、『悪徳金融業者はまず女性に電話をかけさせます。その後 男性が出てきて...【体験談】』をご覧ください。

そしてとうとうまっとうな業者からお金を借りられなくなり、返済に困った彼は違法な悪徳金融業者に手を出してしまいます。

今回は、悪徳金融業者でお金を借りたときのことをうかがいました。

まさか自分が悪徳業者を利用することになるなんて・・・

― 悪徳金融業者を利用することになったきっかけは?

私は昨年、勤めていた会社を辞めて自分で会社を始めました。

それで収入が減ったうえ、住宅ローンのボーナス払いなどが重なって、どうしても100万円ぐらい必要になったのです。

でも、すでにいろいろな業者からお金を借りていたので、もうまっとうなところからは借りられない状態でした。そこでインターネットで、「100万円ほど借りられるところはないか?」と探してみたのです。

そうしたら「100万円まで貸せます」という業者が見つかりました。

― その業者の名前は?

 年齢よりも10歳以上は老けて見える安曇さん

「◯◯◯◯ローン」「△△△△クレジット」のようなカタカナの名前でしたね。

早速ホームページから申込みをしたら、すぐに電話がかかってきました。

でも実は、それが違法な悪徳金融業者だったのです。

悪徳金融業者の手口とは?

― 電話の相手はどんな人でしたか?

最初に話したのは女性でした。話し方は丁寧で、名前や住所、メールアドレスなど個人情報を聞かれました。

彼女は「融資額100万円、金利は8%です」という、かなりおいしい話をしてきました。

私も「金利8%なら低金利。それで100万円借りられるなら儲けものだ!」と思いましたね。

しかし今思えば、それを誘い文句に個人情報を聞き出していたのかもしれません。

― 100万円を借りることができたのですか?

それが、最初に電話をかけてきた女性から審査係の男性に電話を代わったとたん、状況が一変したんです。

彼はなぜか妻や親、親戚の電話番号を聞いてきました。

普通は、勤務先や収入、他の借入先について話を聞いてきますよね?でも、そういったことはまったく聞いてこないんです。

それで、「この業者おかしいな」と思いました。恐らく返済が滞ったとき用のために、身内の電話番号を聞いてきたのだと思います。

私は聞かれたことに答えずごまかしました。すると急に「信用状況が悪くなった」と言われて。

そしてかなり無茶苦茶な提案をしてきました。

「まずは5万円ぐらい貸しますから、10日で7~8万円返して下さい。そうしたら信用ができますので、改めて100万円貸しますから」という話です。

「たった5万円借りても仕方ない」と思い、その時点で「それなら結構です」と電話を切ってしまいました。

ただし男性の話し方はヤクザのような「乱暴な口調」ではなく、事務的なかんじでしたが。

一度は断ったが、執拗に勧誘されて・・・

― 断った後はどうなりましたか?

安曇さんの携帯に届いた違法な金融業者からのメール。同じ内容が1日に何度も届くそうです。

その業者から個人情報が漏れたのでしょうね。その後、いろんな悪徳金融業者から「融資します」という内容の勧誘電話・メールがバンバン来るようになりました。

適当な社名を名乗ったり、「山田です」「鈴木です」と個人名でかけてくることもあります。

特に月末になると電話が増えるんです。月末は支払いが多くなるので、そういう時を狙っているのでしょうね。

住所も伝えてしまったので、ダイレクトメールもたくさん届きました。

― その中の悪徳金融業者から、お金を借りてしまった?

はい。ある時いつものように、悪徳業者と思われるところから電話がかかってきました。着信番号を見ると、私の住んでいる地域の市外局番です。

普通、悪徳業者の勧誘電話は、「090」や「080」で始まる携帯の番号でかかってくることが多いんですよね。

でもその時かかってきたのは固定電話の番号で、しかも私の家の近所の局番だったのです。だから大丈夫かなと思ってしまって。

ちょうどお金も必要だったので、そのまま3万円の融資を頼んでしまいました。少額だからまあいいかなと。

顔が見えない相手との不気味なやりとり

― 悪徳金融業者からいくら借りて、いくら返済したんですか?

3万円借りて5万円返済しました。返済期限は1週間です。

こういう悪徳業者から借りるお客さんの多くは返済能力がない人たちでしょう?回収できないリスクが高いので、最初からそんなに多く貸すことはしないんでしょうね。

ある程度何度か借りれば、借りられる額は増えていくのかもしれませんが。

― どんな手続きがあるのですか?

電話だけのやり取りで、特に申込書の記入とか提出書類はありません。聞かれたのは住所と携帯電話の番号ぐらいです。

普通、私のような自営業がまっとうな業者に申込んだら、収入や仕事について根掘り葉掘り聞かれます。でもこの業者には何も聞かれませんでした。

― どのようにしてお金を借りるのですか?

まるで普通の金融機関のことのように、淡々と話していましたが、彼が利用したのは悪徳金融業者です

指定した口座にお金が直接振り込まれます。

電話で申込んだその日のうち...たぶん数時間以内には口座に3万円が振り込まれました。早かったですね。

私はインターネットバンキングの口座を指定したので、振り込まれたことはすぐに確認できました。

― 返済はどうするのですか?

返済は、相手が指定した口座に振り込むだけです。

このとき指定されたのは、足利銀行の普通口座で、「山田太郎」のような個人名でした。たぶん違法に買い取った口座ではないでしょうか。

1週間以内にこの口座に5万円を振り込みました。

― 「3万円を1週間借りて5万円返済」だとかなりの高金利ですよね?後悔はないのですか?

その時はどうしても必要だったので借りてしまいました。

でも「ハマったら終わりだな」とは思っています。その後は借りていません、この一度きりです。

悪徳金融業者と縁を切ることができない理由とは?

― その後も悪徳金融業者からの勧誘はありますか?

勧誘の電話はしょっちゅうあります。

そういう業者は、1か月に1回ぐらい電話番号や拠点を変えているみたいで、「今度からこっちの番号に変わりました」と、お知らせの電話がかかって来るんです。

着信拒否をすればいいんでしょうけど、電話には出ています。「もしかしたら自分に良い条件でお金を借りられることがあるかもしれない」と思って。

― 「自分に良い条件」とはどういうことですか?

悪徳金融業者といってもいろんな人がいるので、低金利でお金を貸してくれる人も、なかにはいるかもしれませんよね?

だから声の感じで「よさそうな人だな」と思ったら、こちらから条件を提案するんです。

たとえば「100万円を、○月末までの返済で、金利10%ぐらいだったら借りますけど?」という感じで。

もっとも、そんな好条件で貸してくれるところはまずありませんけどね。

― 今後も悪徳金融業者から借りるつもりですか?

悪徳金融業者がすっかり身近な存在になってしまったようです

基本的にそういうところから借りてはいけないのはわかっています。それに今後は、自営業の収入がある程度見込めるので、その必要もないでしょう。

それに「3万円ぐらい借りて、翌週までに5万円を返済」では、割に合いませんしね。

ただ、良い条件で貸してくれるところがあれば、また借りてしまうかもしれません。「事業に投資してくれるような人がいればな...」と期待しているんですよね。

「もしかするとそんな良い話もあるかもしれない」と思って、悪徳金融業者とわかっていても電話に出てしまうんです...。

インタビューを終えて

安曇さんは、「お金が借りられるならどこでもいい」と思っている様子。しかし、彼の借入れに対する感覚は、完全に常軌を逸しています。

3万円を借りて、1週間後5万円を返済。
これを年利に換算すると、なんと8,571%になってしまいます!

法律で定められている最高金利は20%(融資額10万円以下の場合)ですから、異常すぎる高金利であることがおわかりいただけると思います。

また、万が一支払えなくなれば、執拗な催促や脅しもあるかもしれません。違法な悪徳金融業者は、絶対に利用しないでください。

さて、安曇さんはその後も怪しい手段で現金を調達し続けました。彼が次に手を出したのが、「現金化」です。

現金化の話については、『現金化は絶対NG!手を出すと大変なことに!【体験談】』をご覧ください。

今回のインタビューの様子は動画でもご覧になれます

→債務整理の弁護士事務所を徹底比較。費用、対応地域、実績、顧客対応

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報