金遣いの荒い夫を助けるため借金の肩代わりをしたことが始まりでした【体験談】

夫の借金返済のために借入をして、ついには自宅まで手放すことになってしまった体験を語ってくれた福岡さん

もし家族や恋人が多額の借金を抱えていることがわかったらどうしますか?

しかも「自分はもうお金を借りることができない、自分の代わりにお金を借りて欲しい」と頼まれたら...。

今回は、夫の借金返済のために借入れ、ついには自宅まで手放すことになってしまったという主婦の方に話を聞きました。

体験者の情報

名前:福岡 浩美(仮名)
性別:女
当時の職業:パート(スーパー)、テレフォンレディ
当時の年齢:39歳
借入件数: 消費者金融4社、クレジットカード3社
会社名(借入先):武富士、シンキ、アルタ、ディック、ジャックス、OMC、オリコ
利用時期:2001~2013年現在
借金の合計額:およそ300万円

夫の借金返済のため、自らも借金に苦しむことになった主婦

お話をうかがったのは福岡浩美(仮名)さん、51歳。2人のお子さんを持つ、やさしそうなお母さんです。

福岡さんはご主人の借金返済を助けるために借入れ、今度は自分が借金に苦しむことになってしまいました。

現在も返済のために、テレフォンレディをしているという福岡さん。ご主人の借金を肩代わりした当時の状況と、今も抱えている借金について話を聞きました。

「借金が払えない」と訴える夫、その時、妻は...

― 借入れのきっかけは?

51歳とうかがいましたが、ご苦労が多いのでしょうか...もう少し年上に見えた福岡さん

主人が多額の借金を抱えてしまいました。それで「借金が払えないから、助けてくれ!」と言われて。

それまでお金なんて借りたことがなかった私ですが、ある日、「消費者金融でお金を借りて欲しい!」と突然頼まれたのです。

― ご主人の借金はどれくらいですか?

実は借金の総額は教えてもらっていません。

どうやらクレジットカードの限度額を使い切り、さらにあちこちの消費者金融から借りていたようですが、私が把握しているのは2~3社だけです。

― なぜご主人は借金を抱えてしまったのでしょう?

仲間内で騒いだり遊んだりするのが好きな人なので、遊興費がかかるのです。

それに見栄っ張りなので、車や洋服にもお金をかけるタイプで...。

― ご主人は、家にいくらの生活費を入れていたのですか?

主人の給料は手取りで25~26万円でした。そこから生活費として、毎月10万円を私に渡してくれていました。

残りのお金は主人が管理していたので、どのくらいお金を使っているのか、いくら返済に充てているのかは、まったく把握していません。

― 生活はできていたのでしょうか?

夫からの生活費だけでは足りないので、私はスーパーで事務のパートをしていました。

これで月7~8万円の収入がありましたが、すべて生活費に消えてしまいましたね。

我が家は月々6万円の住宅ローンを抱えていましたし、子どもの保育料(月2万円)も必要だったので、生活は厳しかったです。

しかも変な見栄を張って、保険の外交員に言われるがまま高い保険に入っていたので、その支払いも負担になっていました。

― ご主人に債務整理を勧めなかったのですか?

当時、主人は勤めている会社から、「新しく立ち上げる子会社の社長にならないか?」というお誘いを受けていました。

だから金銭トラブルはタブーだったのです。

初めての消費者金融

― ご主人に「お金を借りてくれ」と頼まれた時はどう思いましたか?

もちろん、かなり抵抗がありました。

しかし「夫の借金を何とかしなくては」と私もすっかり動揺してしまったんです。

― 初めて奥さんの名義で借りたのは、どこの業者ですか?

初めて私の名前で借りたのが2001年。利用したのは武富士です。近所の自動契約機に行って申し込みをしました。

私はパート収入しかありませんでしたが、限度額は50万円でした。

― 「借入理由」を尋ねられたと思いますが、何と答えましたか?

さすがに「夫の借金返済のため」とは言っていません(笑)。「生活費」と言いましたが、特に追及されませんでした。

主人には「とりあえず限度額いっぱいまで借りてくれ」と言われていたので、限度額の50万円をすべて借りて、そのまま主人に渡しました。

― 返済額や金利はどれくらいでしたか?

月々の返済額は25,000円です。

金利は、はっきりと憶えていないのですが、グレーゾーン金利撤廃前だったので20%以上あったことは確かです。

ただ当時は金利のことは深く考えていませんでした。

雪だるま式に増えていく借金

― 返済は順調でしたか?

上のお子さんはもうすぐ大学卒業だそう。やさしいお母さんなのでしょうね

すでに苦しい生活だったのに、借金の返済が加わったのでさらに苦しくなりました。

しかも下の子の出産でパートを辞めることになって、収入が激減してしまって。

在宅でできるデータ入力のアルバイトをはじめたのですが、それでは月に5万~6万円しか入りません。

結局立ち行かなくなり、今度はシンキから借入れました。シンキでは店頭で申込みをして、また限度額の50万円を一気に下ろしました。

― 借金が増えてしまって、不安はありませんでしたか?

「お金がないなら、また借りたらいい」と考えるようになっていました。感覚が麻痺していたんですね。

消費者金融以外に、クレジットカードのキャッシング枠も使うようになりました。

カード名と借りた金額は以下の通りです。

  • オリコ...30万円
  • ジャックス...20万円
  • OMC...10万円

金利はどこも覚えていないのですが、リボ払いだったので、それなりに高かったと思います。

どこも限度額一杯を借りて、生活費や返済に使っていました。

― さらにほかの消費者金融からも借入れたようですが?

ディックやアルタという消費者金融からも借りましたね。消費者金融から借りた最終的な借入額は以下の通りです。

  • 武富士...100万円
  • シンキ...50万円
  • ディックファイナンス...50万円
  • アルタ...50万円

どこも最初は30%近い金利でしたが、グレーゾーン金利の撤廃後は18%くらいでした。

クレジットカードの借金と合わせると、総額およそ300万円。なぜこんなに借金が増えてしまったのかというと、何度も増枠をしていたからなんです。

月々の返済額も合計10万円くらいになってしまいました。

取り立てを無視した結果、自宅まで督促にきた!

― 自転車操業をしていて、返済はできていたのでしょうか?

そのうち返済が滞るようになって、やがてカード会社や消費者金融から催促の電話がくるようになりました。

でも怖くて電話に出ないでいると、今度は電報が届くんです。それも無視していると、ある時、とうとう社員の人が家に来てしまいました。

― 自宅に訪ねてきたのはどこの会社ですか?

ディックファイナンスです。ただし怖い人ではなく、普通のサラリーマン風の男性でしたが。

口調も脅すようなかんじではなく、「どうされる予定なんでしょうか?」と今後の返済について淡々と聞いてきました。

― その男性に直接お金を払ったのですか?

直接お金は払っていません。でも返済額の見直しをさせられました。

そして「最低金利に少し上乗せした金額を支払います」という返済計画を立てて、その場で新しい契約書を作りました。

返済のために「テレフォンレディ」に

― どうやって返済していったのでしょうか?

とてもまじめで優しい雰囲気の福岡さん

お金を作るために、それこそ犯罪にならないことならなんでもやりました。

例えば2ショットダイヤルのさくらとか、チャットレディーとか...。

子供がいても家に居ながらできるので、都合も良かったんです。

― どれくらい稼げるのですか?

それこそ朝から晩まで一日中働いて14万~15万円くらいです。

主人にも仕事内容は話してあって、夜は家族がテレビを観ている間、別の部屋でやっていました。

私はあんまりしゃべりが上手くないので、一日中やってもその程度ですけど、上手な人だと30万円は稼ぐらしいですね。

テレフォンレディーは今でも続けていますが、10年経った今でもやっぱりそれくらいです。

住宅ローンが払えなくなり、自宅を手放すことに...

― その後、ご主人の借金はどうなりましたか?

夫は夫で返済に追われていましたが、結局、私よりも先に完済したようです。

ただし住宅ローンの支払いが難しく、2回ほどローンの組み直しをしました。

それでも支払いができず、3年ほど前に自宅は「任意売却」して手放したんです。

― 「任意売却」はどのように行われたのですか?

当時、我が家は住宅ローンを滞納して自宅を差し押さえられ、裁判所によって競売にかけられていました。家を売ったお金は住宅ローンの返済に充てられます。

そういう競売にかけられている物件を探して、任意売却を持ちかけてくる不動産屋があるんです。我が家も不動産屋から勧められて、任意売却を決めました。

任意売却した方が、競売にかけられるよりも少し高い値段で売ることができます。ほかにも「すぐに家を出ていかなくていい」などのメリットがあるんです。

※ 編集より
競売と任意整理の違いについて、詳しくは『住宅ローン滞納後、金融機関から届く通知表一覧。最悪シナリオを避けるには?』をご覧ください。

主人は「人の弱みにつけ込んで...」と渋っていましたが、私は「このままでは一家で路頭に迷ってしまう」と言って説得しました。

だから今は賃貸に住んでいます。

いつの間にか終わっていた?返済

― 奥様の借金はどうなったのですか?

私はその後も地道に返済を続けました。必死に支払っているうちに、シンキ、ディック、そしてクレジットカードの返済はいつの間にか終わっていました。

今は武富士の債権を受け継いだ富士クレジットと、アルタへの借金が20万円ずつ残っています。

― 2011年に武富士は倒産したので、もう支払わなくてもいいのではないのでしょうか?

富士クレジットに債権が譲渡されたから、そちらに払うものかと思っていましたが...。

※ 編集より
武富士の債権の一部は、富士クレジットという会社に譲渡されているようですが、これが現在問題になっているようです。

そういえば武富士からは一度だけ、過払い金のようなものが17,000円ほど返金されました。でもそれっきりで、その後はなんの連絡もありません。

― 現在の返済額は?

今はグレーゾーン金利もなくなって金利も18%くらいになったので、合わせて7,000円くらいを毎月払っています。

― 月7,000円ほどの返済では、元金がわずかしか返せませんよね?金利だけを延々と払うことになりませんか?

もう少し月々の返済額を増やしても良いと思っているのですが...。

債務整理への思い込み

― 福岡さんの場合、10年以上返済しているので、グレーゾーン金利時代もかなり支払っていますよね。すると返済どころか、「過払い金」が還ってくるのではないでしょうか?

一途で健気な福岡さん

そうなんですか?
でも契約関係の書類が全然残っていないんです。それでもそういう手続きができるのでしょうか?

私自身、これまで利息をどれくらい払ってきたのかもわからないんです。業者に聞いたら教えてもらえるでしょうか?

― 書類が残っていなくても大丈夫だと思います。弁護士さんに相談されたらいかがですか?

でも弁護士さんに相談するにもお金が必要だし...。

― 「法テラス」に行けば、無料で法律相談が受けられます。それにもし弁護士に依頼しても、過払い金で弁護士費用をまかなえる可能性があります。

そうなんですね...。

...遅過ぎたかもしれないけど、これから私も動いてみようと思います。アドバイスありがとうございました。

インタビューを終えて

最初の借入れから10年以上経った今も借金を返済中という福岡さん。

福岡さんのように、「契約書類が手元にない」「弁護士費用が高いのでは」などのことを懸念して、過払い金請求や債務整理をしない人がいます。

しかし、生活が苦しく、返済が長期化しているなら、早めに債務整理をして下さい。

とくにグレーゾーン金利の時代(2006年以前)にお金を借りていた人は、すぐに弁護士か司法書士に相談しましょう。

過払い金請求をすれば、借金がなくなるかもしれません。

法テラスに行けば無料で法律相談も受けられます。

また福岡さんのように、「家族の借金返済のために借金をする」のは危険です。

もし家族が「自分の代わりに借りてくれ」と言ってきた時もすぐに債務整理をすすめてください。

「私が何とかしなければ...」と慌てずに、冷静に行動しましょう。

→債務整理の弁護士事務所を徹底比較。費用、対応地域、実績、顧客対応

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報