借り換えで借金は減ると思ってました。でも逆に増えてしまったんです【体験談】

借り換えローンを申し込んだ結果、470万円もの借金を背負ってしまったという体験を語ってくれた小田さん

借金の返済が苦しくて困っている...そんな人を助けてくれる「借り換えローン」。

今の借金を低金利のローンに借り換えして、返済額を抑える方法です。

ところが借り換えローンを利用しても、借金が減るわけではありません。実は逆に借金が増えてしまう人もいるんです。

今回は借り換えローンを申し込んだ結果、470万円もの借金を背負ってしまったという男性から話を聞くことができました。

体験者の情報

名前:小田 隆(仮名)
性別:男
職業:会社員
当時の年齢:32歳
借入件数:銀行1件、消費者金融1件
会社名(借入先):楽天銀行、モビット
利用時期:2012年10月~2014年現在
借金の合計額:470万円

気軽に申し込んだキャッシング、まさかこんなことになるなんて

お話をうかがったのは、小田隆さん(仮名)、34歳。明るく気さくな雰囲気の男性で、奥さんと2人のお子さんとの4人家族です。

彼は出張先でパチンコにハマり、470万円もの借金を作ってしまいました。

小田さんが初めてキャッシングを利用した経緯と、今も続く返済生活について詳しくうかがっています。

妻に内緒でキャンシング

― キャッシングのきっかけは?

明るくて、優しい雰囲気の小田さん

私は機械メーカーで営業や工事の仕事をしています。

この仕事は1~2ヶ月の長期の出張が多いのですが、出張先では時間を持て余すので、パチンコや飲みに行くことが多くて。

すると自分の小遣いだけでは足りなくて、2012年の12月に、初めてキャッシングを利用しました。

― 収入はどれくらいですか?

給料は手取りで30万円くらい。それにボーナスを合わせると、年収は500万円以上あります。

妻もパートに出て、月4~5万円は稼いでいますね。

でも小学校と幼稚園の子供が2人いるので、常にカツカツの生活でした。

賃貸住まいなので家賃が必要ですし、下の子の幼稚園の月謝が3万5千円もかかるので、やりくりが大変なんです。

だから私の小遣いはたった3万円。煙草代や昼食代を払うと、手元にはほとんど残りません。

― 奥さんに「お小遣いがもっと欲しい」と頼まなかったのですか?

「飲み代やパチンコに使うから、小遣いを増やしてくれ」とは言えません(笑)

もちろんキャッシングすることも妻には話しませんでした。

― キャッシングを利用することに抵抗はなかったでしょうか?

会社の同僚やお客さんに、消費者金融を利用している人も多かったので、抵抗はなかったです。

借金していることを、フランクに話す人が多いんですよ。

みんなパチンコ代を借りているみたいですが(笑)

「借金生活になるのでは?」という不安も少しはありました。

でもその時は「まぁいいか」と思ってしまったんです。

― 「どの業者がいいか」周りに相談しましたか?

特にしませんでしたが、周りの人たちは「どこもだいたい同じ」と話していましたね。

みんなアコムやレイクのような大手の消費者金融を使っているみたいでした。

一気に上がった限度額

― どのようにキャッシングの業者を選びましたか?

「タバコ代だけで1ヶ月1万円くらいかかってたんです」と話す小田さん

とりあえずインターネットで「消費者金融」と検索しました。

すると一番にモビットが表示されたので、そのまま申し込んでしまいましたね。

― 申し込みの手続きはどこでしましたか?

会社のパソコンからです。

入力フォームに、名前や住所などの個人情報、家族構成、勤め先と年収、あと希望借入額を入力。

あとは収入証明書として前年度の源泉徴収票をスキャナで取り込んで添付しました。

勤め先なので、スキャナが使えたんです。インターネットの手続きにかかった時間は10分程度でした。

― その後、モビットから確認の電話はありましたか?

ネットで申し込みをしたのが夜の10時過ぎでした。ですからその日のうちには連絡はなくて、翌日の午前中にモビットから携帯に電話がかかってきました。

まずフォームに入力した項目の最終的な確認をしましたね。

さらに限度額の説明がありました。

自分は「借り入れ希望額」を100万円と書いていましたが、「170万円まで借りられますがどうしますか?」と聞かれたんです。もちろんそのままOKしましたよ。

― こちらからは何か質問しましたか?

「どのくらいでカードが届くのか?」「どうやってお金を下ろすのか?」ということを尋ねました。

すると「カードは1週間ほどで届きます、お金はコンビニで引き出せます」と説明してくれました。

金利は借入額によって変わるけど、16%前後になる」という説明も受けました。

― 会社に在籍確認の電話はありましたか?

はい、会社に個人名で電話がかかってきたみたいですね。

自分が直接電話を取った訳ではありませんが、それで在籍確認はOKだったみたいです。

あっという間に限度額を使い切る

― 最初はいくらお金を借りたのですか?

 

最初は3万円ほど下ろしたと思います。カードが届いてからすぐに次の出張先で使いました。

でもパチンコや飲み代に使っているうちに、一度に下ろす額が大きくなり、下ろす回数も多くなってしまいました。

― どれくらいお金を使うようになったのですか?

パチンコをやりはじめると、「勝てばいいんだ」という気持ちになって、どんどん使ってしまうんですよ。週末ごとに10万円ほど使うこともありました。

また出張旅費を立て替えるために、20万円引き出したこともあります。

― 月々の返済はどれくらいですか?

最初は8千円程度で済みましたが、限度額いっぱい借りた頃には毎月4万円ずつ返済していました。

月のお小遣いが3万円だったから、明らかに赤字ですよね。

― 返済はできていたのですか?

枠があるうちは、そこから借りて返していました。つまりお金を出し入れしているだけで、返済はできていません。

自分のお金で返している訳ではないので、「まずい」ということは分かっていました。でも目の前の返済日をやり過ごすために、ついついやってしまって。

そうするうちに、結局4~5か月でMAXの170万円に達してしまったんです。

借り換えローンで300万円!

― 限度額に達した時、どうやってモビットに返済をしたのですか?

申込みはいつも夜で、会社のパソコンを使っていたという小田さん

「なんとか楽に返せないか」とインターネットで調べていたら、借り換えローンという言葉にたどり着きました。

今よりも低い金利の業者に借り換えをすれば、少し返済が楽になるのです。

そこでインターネットで「借り換えローン」というキーワードを検索してみました。すると出てきたのは楽天銀行のカードローンでした。

すぐに楽天銀行カードローンについてクチコミサイトなども調べてみると、金利も低いし、限度額も多いそうだったの決めてしまいました。

― 楽天銀行の申し込み手続きは?

やはりインターネットから申し込んだので、モビットの時とほとんど変わりません。

ただこの時は「他社の借入れ」を入力しなければならないので、170万円借りていることを正直に書きました。

すると翌日、モビットと同じように携帯電話に連絡があり、審査結果が伝えられました。

なんと今度は「限度額300万円」と言われたんです!

金利は利用額に応じて4.9%~12.5%なので、モビットよりも低金利になりました。

― 300万円と聞いてどう思いましたか?

「すごいなぁ」と思いましたよ。そんなに貸してもらえると思わなかったので驚きました。

その300万円から、まずモビットの借金の170万円を一括返済をすればいいのです。そうすれば今度はモビットよりも低金利で返済することができます。

ところが、なぜか私はこのうち50万円しか返済に充てませんでした。

そして残りはまたパチンコなどに使うようになってしまったんです。

― 結局、楽天銀行から借りた残りの250万円はどうなったのですか?

実は、またしても半年ほどで限度額すべてを使い切ってしまいました。

つまり私は1年も経たないうちに、470万円の借金を抱えてしまったんです。

飲み代やパチンコに使ってしまうとあっという間ですよね。「派手に使っているな」という自覚はあったのですが、自分で自分を止められませんでした。

家族に借金がバレた時どうする?

― 返済はできていたのですか?

月々の返済額はモビットが3万円、楽天が4万円で、合計7万円です。どう考えても無理がありました。

その後、返済が滞ってしまい、会社に催促の電話がかかってきたことがあります。

また20日以上滞納して、「進展」と書かれたハガキが自宅に届きました。督促の郵便です。

ハガキは中身が見えないようにシール式になっていたのですが、それを妻が開けてしまいました。それで妻にも借金がバレてしまったんです。

― 奥様の反応はいかがでしたか?

めちゃくちゃ怒られました(笑)

二人でだいぶ話し合いましたし、もう少しで離婚されるところでしたね。

でも結局、貯金もないので、「地道に返していくしかない」という結論になったんです。

計画性のない借金はやめましょう

― 今は地道に返済されているのでしょうか?

「妻とのケンカでさんざんイヤな思いをしたので、もうお金を借りることはありません」と話す小田さん

カードはすべて妻に取り上げられて、月々の返済も妻が管理しています。

返済のためにパートも頑張ってくれているので、本当に妻には頭が上がりません。

日々の生活はキツイですが、ボーナスが出たら一括返済していく予定です。恐らく2年程度で完済できるのではないでしょうか。

― 今でもパチンコに行きたくなってしまいませんか?

そりゃ時々は行きたくなります。でも小遣いも1万円に減らされてしまったし、自由に使えるお金なんて1円もありません。

お昼ごはんも、今は自宅から弁当を持参しています(笑)

今回のことで夫婦喧嘩も散々やりましたから、これ以上怒られるようなことはできませんよ。

インタビューを終えて

「借り換えローン」で返済を楽にしようとしたのに、逆に借金が増えてしまった小田さん。

「借り換えローン」や「おまとめローン」は、銀行カードローンでよく宣伝していますね。今までの借金を低金利のローンに借り換えれば、金利が抑えられて返済が楽になるというものです。

しかし、小田さんのように借り換えローンで借金を返済せずに、またお小遣いとして使ってしまう人もいるようです。

しかも借り換えローンは総量規制の対象外なので、限度額がとても高額。100~500万円が一気に融資されます。

それを自分のお金のように使ってしまうと、さらに借金が増大してしまうのです。

こうした「自分に甘い」タイプの人には、返済専用ローンという借り換えローンがおすすめです。

返済専用ローンには次のような特徴があります。

  • お金は利用者の口座に振り込まれず、直接 返済にあてられる
  • 新たに借入れることはできない、返済専用

本気で借金を減らしたいなら、このようなローンを利用するなど、確実に返済できるように工夫しましょう。

また借り換えローンで返済をしても、借金がなくなるわけではありません。ローンの完済までは油断しないでくださいね。

→債務整理の弁護士事務所を徹底比較。費用、対応地域、実績、顧客対応

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報