利用者調査からわかった!三井住友銀行カードローンの最新の審査基準

メガバンクのカードローンは審査が厳しい?

今回は、三井住友銀行カードローンの審査基準(審査に落ちる人の特徴)を徹底解説しました。

一言にキャッシングやカードローンの審査といっても、
消費者金融、銀行カードローン、信販系カードローンで審査基準は大きく違います。

さらに、銀行カードローンも銀行ごとに基準は違うんですね。

そのため、「A銀行では審査に落ちたけれど、B銀行では通る」なんてことがよく起こります。

そこで、今回は、

「実際に三井住友銀行カードローンの審査に通った方・落ちた方のデータ」をもとに、三井住友銀行の審査難易度・基準を徹底調査しました。

さらには利用者へのインタビューも実施していますので、リアルな三井住友銀行の審査の実態をお伝えできていると思います。

三井住友銀行カードローンにはお試し審査がありませんので、審査がどのぐらい厳しいのか知りたいときにぜひご覧になってみてくださいね。

それではどうぞ!

三井住友銀行カードローンの審査に落ちるのはどんな人?

まずは、「どのような方が審査に落ちてしまうのか」、その特徴を挙げてみましょう。

未成年もしくは70歳以上

三井住友銀行カードローンの申込み条件には、「満20歳以上満69歳以下の方」とありますので、未成年もしくは70歳以上の方は審査に落ちてしまいます。

安定した収入がない

三井住友銀行カードローンの申込み条件には、「安定した収入がある方」とも記されています。

ここでいう「安定した収入」とは、原則として「毎月1回以上の継続的な収入」を指します。

そのため、収入が不定期だったり、数ヶ月ごとにしか収入がない場合は審査に落ちる可能性が高いでしょう。

収入を証明できる場合は審査に通ることも

なかには、「2ヵ月に一度しか収入がないけど審査に通った」という方もいました。

この方の場合、申込み時に収入証明書(確定申告書)を提出したそうです。

このように、収入を証明できる書類を提出することで認めてもらえるケースもあるのですね。

生活保護や失業保険の受給者

生活保護・失業保険など、生活困窮者や失業者のための給付は、いずれも「収入」として認められません。

よって、このような収入しかない場合は審査に落ちてしまうでしょう。

ただし、年金生活者(収入が年金のみ)は申込みOKなので、審査次第で契約できる可能性があります。

内定者・休職中の方

すでに勤務先が決まっている就職内定者でも、「今現在収入がない」のであれば審査に落ちます。

また、休職中の場合はたとえ給与を受け取っていてもNGです。

専業主婦

銀行カードローンのなかには、「配偶者に安定収入があれば専業主婦でもOK」としているところもありますが、三井住友銀行カードローンはちがいます。

無収入の専業主婦は審査に通りません。

特定の職業に就いている

下記のような職業の場合は審査に落ちる可能性が高いです。

  • 水商売の女性
  • タクシー運転手
  • ビラ配り

おそらく、「安定していない」「実態がわからない」などの理由から審査に落ちてしまうのでしょう。

また、勤務先が犯罪者や反社会勢力と関係している会社だった場合も審査に通りません。

銀行などの各金融業者は、独自でこのような危険会社のリストを作成しており、申込者の勤務先と照合しているのです。

勤務先での在籍確認が取れない

三井住友銀行カードローンの審査では、「申込者が記入した勤務先が正しいかどうか」が確認されます。

具体的には、審査担当者が勤務先に電話して、申込者の在籍の有無を確認するのです。

この工程を在籍確認と呼びます。

そして、在籍確認が取れなかった場合は審査に通りません。

たとえば、下記のようなケースです。

  • 勤務先が実在しない
  • 申込者が勤めていない
  • すでに申込者が退職している
  • 申込者が休職中、長期欠勤中
  • 申込者の在籍の有無がわからない

また、三井住友銀行カードローンの審査では、電話による在籍確認が必須なので、これをクリアしないと契約できません。

「勤務先にどうしても電話されたくない」という場合は、申込みを検討し直したほうがいいでしょう。

ちなみに、在籍確認の詳しい内容については、下記で詳しく説明しています。

勤続期間が2ヵ月未満

現在の職場での勤続期間は、最低でも2ヵ月以上必要なようです。

勤続期間2ヵ月未満で審査に通った方はいませんでした。

金融事故を起こしている

これまで、ローン(※1)、クレジットカード、奨学金、商品の割賦払い(携帯電話など)の支払中に問題を起こしたことはありませんか?

具体的には、下記のような問題です。

  • 2~3ヵ月以上支払いを延滞してしまった
  • 自力での支払いを断念し、債務整理(※2)を行った
  • 延滞が長引き、金融業者から契約を解除された
  • 延滞が長引き、一旦保証会社が代わりに完済した(その後は保証会社に返済していくことになった)

上記のような問題を起こした場合、一般的に「金融事故を起こした」といいます。

金融事故を起こすと、信用情報機関(※3)を通じて多くの金融業者で共有されます。

最長5~10年間は記録が消えないため、その間は審査に通らないでしょう。

なお、金融事故については下記で詳しく解説しています。

※1
記事中の「ローン」には、あらゆるローンを含みます。
例)カードローン、キャッシング、フリーローン、住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなど

※2
法的に借金を減額したり、支払いの免除を受けたりする手続きの総称です。
代表例)任意整理、破産

※3
信用情報機関は、その名の通り 信用情報を保持・管理する機関です。そして信用情報とは、個人のローン・クレジットカードなどの利用記録のこと。申込み・契約・借入れ・返済などの履歴はもちろん、金融事故のことも信用情報として記録が残ります。ローンやクレジットカートの審査の際、金融業者は申込者の信用情報をチェックして、「これまでに問題を起こしていないか」を確認するのです。

2年以内に延滞を繰り返している

他社のローン・クレジットカードへの支払延滞を繰り返していると、それが原因で審査に落ちることもあるようです(支払延滞の情報も信用情報機関を通じて多くの金融業者で共有されます)。

「何回延滞したらNG」などの正確な条件はわかりませんが、「2ヵ月に一度のペースでローンの支払いを延滞していた」という方は審査に落ちていましたね。

なお、信用情報機関に延滞の記録が残るのは最長2年間なので、それより前のことは関係ありません。

他社借入件数が4件以上・他社借入金額が年収の3分の1超

審査では、「他社でどのくらい借入れているか」もチェックされます(他社への借入情報も、信用情報機関を通じて多くの金融業者で共有されています)。

具体的には、下記のうちいずれかに当てはまるとアウトのようです。

  • ローンやクレジットカートキャッシングでの借入件数が合計4件以上
  • ローンやクレジットカートキャッシングでの借入残高合計が年収の3分の1超

たとえば、年収300万円の方がすでに他社のカードローンで100万円借入れている場合、三井住友銀行カードローンの審査には通らない、ということですね。

プロミスやモビット利用時に問題を起こしたことがある

下記の条件にいずれもあてはまる場合は、審査に落ちる可能性があります。

  • 過去にプロミスやモビットを利用したことがある
  • 「返済を家族に肩代わりしてもらった」など、問題が起こしたことがある

プロミス・モビットは、三井住友銀行グループの消費者金金融なので、三井住友銀行カードローンの審査担当者も顧客情報にアクセス可能です。

もし、プロミスやモビットの利用記録に「自力で返済できず家族に肩代わりしてもらった」記録があれば、審査に落ちてしまうでしょう。

利用目的がギャンブル

三井住友銀行カードローンに申込む際、利用目的を申告する必要があります。

このとき、「ギャンブル資金」を選択した場合は審査に落ちる可能性が高いでしょう。

そもそもギャンブルのためにお金を借りるなんて言語道断です。
絶対にやめてください。

業者にかかわらず、どこにも借入れを申込んではいけませんよ。

申込内容にウソがあった

申込みのときにウソの情報を申告した場合は、当然審査に通りません。

例)

  • 未成年にも関わらず、年齢を偽って申込んだ
  • 実際の年収よりも高い金額を申告した

審査担当者もプロです。

申込み時の情報にあやしい点や矛盾があれば、容赦なく突っ込まれます(笑)

なかには、「収入証明書の提出を求められたが、断ったら審査に落ちた(※4)」という方がいました。

このケースでは、審査担当者が年収に関して不審に思う点があったため、収入証明書の提出を求めたのだと考えられます。

余談ですが、「運転免許証の偽造」や「他人名義での申込み」など、悪質なウソをつくと警察沙汰になることもあるので、絶対にやめておきましょう。

※4
三井住友銀行カードローンへ申込む際、本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)が必要ですが、50万円以上の借入れを希望する場合は、さらに収入証明書(給与明細書、源泉徴収票など)が必要となります。ただし、この方の借入希望額は50万円未満でしたので、本来であれば収入証明書なしで申込み可能です。

利用限度額が下がってしまうのはどんな人?

ここまでで、三井住友銀行カードローンの「審査に落ちる条件」を解説してきました。

ここからは、「審査に通った方」という前提で、「利用限度額(※5)が下がってしまう条件」を検証してみたいと思います。

利用限度額が制限される条件 利用限度額の上限
年収200万円以下 30万円~50万円以下
勤続期間1年以下 100万円以下
年金生活者(収入が年金のみ) 50万円以下
雇用形態がパート・アルバイト 50万円以下
60歳以上 50万円以下
自営業 50万円以下
他社借入件数が3件以上 50万円以下
現在の住居での居住期間が半年未満 100万円以下
加入している保険の種類が国民健康保険 50万円以下
これまでにローンやクレジットカートを利用したことがない 100万円以下

このように、条件によっては利用限度額が制限されることもあるようです。

例)
パートやアルバイトの方が申込む場合、利用限度額は最大でも50万円以下となる(その他の条件に関わらず)

※5
利用限度額とは、各々の利用者に設定される限度額のことです(審査で決まります)。利用限度額の範囲なら、好きな金額を借入れできます。

まとめ

いかがでしたか。

最後に、三井住友銀行カードローンの審査に落ちる人の特徴をまとめてみましょう。

  • 未成年もしくは70歳以上
  • 「月1回以上の継続的な収入」がない
  • 収入が生活保護費や失業保険のみ
  • 就職内定者(現在は収入がない)
  • 休職中
  • 収入のない専業主婦
  • 特定の職業に就いている
    • 水商売の女性
    • タクシー運転手
    • ビラ配り
  • 勤務先が犯罪者や反社会勢力と関係している
  • 電話での在籍確認が取れない
  • 現在の職場での勤続期間が2ヵ月未満
  • 5年以内に金融事故を起こしている(信用情報機関に金融事故の記録が残っている)
  • 2年以内にローンやクレジットカードの支払いを複数回延滞している
  • 他社借入件数が4件以上
  • 他社借入金額が年収の3分の1超
  • 過去にプロミスやモビットを利用したことがあり、「返済を家族に肩代わりしてもらった」などの問題が起こしたことがある
  • 利用目的が「ギャンブル資金」
  • 申込みのときにウソの情報を申告した

三井住友銀行カードローンへの申込みを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

→三井住友銀行カードローンを全9項目から徹底検証してわかったこと

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報