知っているようで知らない『お金』のことをわかりやすく解説するブログ。

猫の泥棒

もうすぐ皆さんが待ち焦がれているゴールデンウイークですね!もちろん、筆者も待ち焦がれているわけですが、実は泥棒もゴールデンウイークを心待ちにしていることをご存知ですか?

長期の休みはもちろん、ゴールデンウイークを始めとした長期休暇は、泥棒が暗躍する時期でもあります。

自宅に金品をおいて置かなければ、それが一番ですが、先の東日本大震災では、銀行が機能しなくなり、手元に現金がなかった方は大変苦労されたと聞きます。

そのような事態に備えて、やはり一定の現金を緊急用のお金を家の中に置くのは緊急時の備えとして大切です。また、緊急事態や災害の中でATMが混雑したり、使用できなくなることもあります。

では、家の中で現金を安全に保管するにはどうしたらよいのでしょう。一般的に現金を隠す場所として有名なのがマットレスの下です。

ここは、泥棒が一番先に探す所だと言われています。

言い換えると、大切な現金をマットレスの下以外の場所に隠せば、ずいぶんと盗まれる可能性を下げることができるのではないでしょうか?

お金を隠せる20の場所とは

これから、マットレスの下以外で現金を隠せるオススメの方法と場所を紹介しましょう。この20の隠し場所を提案したトレント氏自身も、この中のある場所に現金を隠しているそうです。

  • 1封筒にいれ、キッチンの棚の底にテープで貼付けておく
  • 2防水のプラスチック製の容器か瓶にいれて、トイレのタンクの奥にいれておく
  • 3封筒にいれ、子供のオモチャ箱の奥にいれておく
  • 4ビニール袋にいれ、冷凍庫に入れておく
  • 5古い靴下の中に現金をいれ、靴下の引き出しの底にいれておく
  • 6アスピリンなどの薬の空容器にいれ、洗面所に置いておく(ヘアゴムや輪ゴムで容器を巻き付けておき実用感を出すとよい)
  • 7クローゼットの中の特定のシャツのポケットいれておく
  • 8書類が入ってる棚のフォルダーに適当にいれておく
  • 9封筒にいれ、猫のトイレの底にテープではっておく
  • 10封筒にいれ、壁に飾ってある物の後ろにテープで貼付けておく
  • 11本棚に置いてある本のページの間に、適当に挟んでおく
  • 12瓶にいれ、裏庭に埋めておく
  • 13封筒にいれ、車のダッシュボードにいれておく
  • 14鉢植えの土の下にいれておく(小瓶にいれ、土の中に埋めておくのもよい)
  • 15封筒にいれ、洋服ダンスの引き出しの裏に貼付けておく
  • 16大きいコーヒーカップにいれ、食器棚の奥に置いておく
  • 17クリスマス用の装飾品が入ってる箱の中にいれておく
  • 18ビールの空瓶にいれ、フタをして冷蔵庫の奥にいれておく(現金を取るときは、瓶を割ればよい)
  • 19小麦粉の袋か、コーヒーの容器にいれておく
  • 20現金を封筒にいれてDVDケースの中にいれておく

プロに聞く、泥棒がよく探す場所

では、いったい泥棒は家の中のどういう場所を中心に探すのでしょうか。以前、プロの泥棒だったというA氏からお話を聞きました。

A氏 「泥棒が家の中に侵入し、一番先に探す場所はだいたい決まっています。それは、マットレスの下、トイレのタンク、冷蔵庫、冷凍庫の中です。

そして、シリアルの箱の中、薬の容器の中もよく確認します。今述べた場所には、まず大金を置かないでおくことが賢明です。」

先に紹介した“お金を隠せる20の場所”でも、トイレのタンク、薬の容器が紹介されていますが、ただそこに入れておくだけだはなく何か工夫が必要ですね。

もし、泥棒がお金を見つけ出すことができなかったら

A氏は更にこのように述べました。

「泥棒は、侵入した家の中で普段探す場所を探しても現金や高価な物が見つからない場合、何か他に価値がありそうな物が見つかるまで家の中をくまなく探す。そうした結果、家の一部や家具をも破壊してしまうことがある。」

現金を探し出されなかったことで事実上の勝利をおさめたとしても、大切な家具や装飾品を破壊されては元も子も無いですよね。

壊された家具や装飾品の被害額のほうが隠しておいた現金より高くつくこともあるかもしれません。それではせっかく工夫をして泥棒からお金を隠しておいた意味がなくなってしまいます。

被害を最小限に抑え、お金も守る方法

では、空き巣の被害を最小限におさえるためにはどうしたらよいのでしょうか。A氏はこのようにアドバイスをしています。

「もし泥棒が家の中で現金を見つければ、それ以上探し続ける可能性は低くなるでしょう。なにせ、事が済んだら一刻も早くその場を去りたいのが泥棒の心理です。

では、そのためにはどうするか。泥棒が最初によく探す場所に、ダミーの現金を置いておくのがよいでしょう。これで、他の場所に隠した本命の現金を守る事ができる上に、家や家具を壊される心配もありません。」

このことから、わざと見つかりやすい場所であるマットレスの下にダミーの現金を置いておき、大きいお金は他の場所に隠すのがよいのかもしれません

こういう作戦が、泥棒からの被害を最小限におさえる有効な手段になるのではないでしょうか。

引用元:The Simple Dollar「Twenty Places To Hide Money At Home Besides Under Your Mattress」<2013/04/03アクセス>
引用元:lifehacker「A Burglar’s Advice on Hiding Money」<2013/04/03アクセス>

TwitterやFacebookで共有 更新情報を受取る
関連記事 最新のツイート
コメントを投稿する

“泥棒はGWを心待ちにしている!休み明けに後悔しないための泥棒対策20選” への1件のコメント

  1. あさいぃ より:

    すごく迷惑な記事ですね。
    泥棒が隠し場所をあてるのに、この記事をヒントにしてしまうではありませんか?
    泥棒だって、ネットでリサーチするんですよ?
    わたしの隠し場所も記事の中にありました。
    削除してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*