知っているようで知らない『お金』のことをわかりやすく解説するブログ。

一生に一度の結婚式は、人生で最良の日となるべきイベントですよね。

「ケチってしょぼい式にしたくないし、参加者にも満足してほしい!」

そこで気になるのがやはり費用の問題…。

豪華な結婚式にしようと思うとそれだけお金がかかりますし、かといってあまりケチっても「やらないほうがよかった」なんてことになりかねません。

「貯金はないけど、近いうちに結婚式を挙げたい!」

そんなとき、どうすればいいのでしょう?

今回は、結婚式のクオリティをできるだけ下げずに費用を節約する方法を紹介していきたいと思います。

挙式費用の平均は300万円強!なぜそんなに高いの?

まず、結婚式で一番お金がかかるのは料理の費用です。

一人当たり1.5万円が平均。
ドリンクを入れると1.7万円ほどになるでしょう。

次にお金がかかるのは、新郎新婦の衣装代です。

加えて引き出物、ビデオ、スナップ写真代などを加えると200万円ほどになります。

ほかにも、お花代、司会、招待状、サービス料、エステ代などの費用が加わります。

挙式の日時を決めたら、予約金として数万円を払い、残りは式の当日に払う場合が多いのですが、挙式の一か月前に半額を払う場合もあります。

当然、当日の支払いにはご祝儀のお金を利用できます。

一気に300万円を払う必要はないので、着実な資金計画をたてて必要額を貯金していきましょう。

安いと謳っているスマ婚、マタニティプランはどうなのか

電車の中などで「スマ婚」の広告を目にしたことはありませんか?

「初任給で結婚式が挙げられます」がキャッチフレーズのスマ婚の特徴は、

  • 限定されたプランに沿って行うものが多い
  • 赤口や仏滅など、人気がない日程を利用することで費用を抑えられる
  • 式場と提携することで費用を抑えられる
  • 業者からアイテム類を一括で大量購入することで費用を抑えられる

プランの自由度が低く、あまり良い日程を選べないかわりに費用を安く抑えられるようですね。

ただ、色々と変更を加えたり、オプションをつけたりすると、一般的な費用(300万円)くらいになってしまうようなので、「本当にシンプルな結婚式でOK」という方向きです。

では、マタニティ結婚式はどうでしょう。

マタニティ結婚式とは、「妊娠が分かり、急いで結婚式を挙げなくては!」という方向けの結婚式です。私自身もマタニティ結婚式でした。

お腹が目立つ前に式を挙げようとすれば、猶予は三ヶ月ほどしかありません。

本来結婚式は一年近く前から打ち合わせを重ね、ドレスを決め、演出を相談し…などなど、時間がかかるセレモニーです。

しかし、マタニティ結婚式はそうはいきません。

短期間のうちに何回も式場に出向いて打ち合わせを行い、毎日のように担当者とメールのやり取りをして急ピッチで準備します。つわりの時期にはとてもこらえますが…。

ただこのように、本来より短期間で必要最低限の打ち合わせで済ませることができるため、プロデュース料が差し引かれて多少費用が安くなることがあります。

私の場合、ドレス代がサービスという形で30万円ほど安くなりました。

「前日までドレスのサイズ変更無料」など、妊婦さんに配慮したサービスをしてくれたりもします。

自分たち次第で費用はどんどん安くなる?

式場の方にお任せすれば、どんどん準備は進んでいきます。

しかし、自分たちも準備に参加することで費用は安くなり、場合によってはお任せする場合より満足のいく結婚式となる可能性もあります

項目別に紹介していきましょう。

招待状や席札、メニュー表

手作りしたいと申し出れば、自分たちで作ることができます。

時間がないという方も諦めてはいけません。

インターネットで検索すると、招待状類を作ってくれる業者のサイトがたくさんヒットしますので、そういう業者を利用すれば、式場に頼むより10万円ほど安くなることもあります。

ドレス、衣装代

式場の中のドレスショップはレンタル料が高く、ウエディングドレスは30分しか着ないのに20万円もかかります。(買い取りの場合とほとんど変わらない額だったりします。)

そこで、他のドレスショップやインターネットでウエディングドレスを探しましょう。

5万円もあれば中の上以上のドレスがレンタル出来ます。

写真、アルバム

写真やアルバムは、式場に頼むと20万円ほどかかると思います。

しかし、出来栄えは四つ切写真でもない限り、普通のデジカメで撮った写真と大きな差異はありません。

友人や親戚に撮っていただいたものをフォトショップなどで編集し、アルバムを作った方が安く済みます。

アルバムキット、インク代を考えても3,000円程度で作れると思います。

パソコンが苦手な方は写真データを持ってカメラ屋さんへ行き、フォトアルバムを作ってもらいましょう。

こちらも3,000円程度で立派なものができます。

アルバムを作ってくれる業者もたくさんあるので、凝りたい方はインターネットで検索してみてください。

ビデオ代

こちらは友人や親戚に交代で撮影してもらいます。

私の場合は挙式の撮影は式場に任せ、披露宴は親戚に撮影を頼み、パソコンが得意な人に編集してもらいました。

出来上がりに大差はなく、むしろ、あれこれリクエストできる点では業者以上とも言えます。(私の場合は5万円ほどの謝礼で済みました。)

プロフィールビデオ

自分たちで作ります。

ムービーメーカーなどのソフトで編集し、DVDやUSBで式場に持ちこみましょう。

ただし、式場によっては持ちこみ料がかかりますので気をつけてください。

このように、式場の提携業者に頼まず、別の業者を利用したり、自分たちで作ったり用意したりすると、かなりの金額が節約できます。

ブライダルローンを利用する?

損保ジャパン、楽天銀行などから、『ブライダルローン』という名のローンも登場しています。

審査や返済がインターネットから行えるので手軽です。

損保ジャパンの『ブライダルローン』

●B100(プラン名)

金利:4.80%
限度額:300万円
借入条件:年収400万円以上
返済例:借入額300万円で5年ローン、月々56,339円の返済

●B50(プラン名)

金利:5.10%
限度額:99万円
借入条件:年収300万円以上
返済例:借入額99万円で5年ローン、月々18,727円の返済

楽天銀行の『ブライダルローン』

金利:7.00%
限度額:300万円
借入条件:毎月安定した収入があること
返済例:借入額300万円で、月々4万円以上の返済

ブライダルローンの利用を検討する場合は、フリーローンの中でも比較的低金利にあたる銀行カードローンを選択肢に入れてもいいかもしれません。ただし、利用前に返済プランをきちんと立てて、無理な借入は絶対に避けましょう。せっかくの幸せな新婚生活が台無しになってしまっては本末転倒です。

また、借金してまで挙げるものじゃない!と考えているあなたには、クレジットカードでの支払いがお勧めです。

クレジットカードで支払うとポイントが貯まるので、どうせ払うなら後から商品券やマイルに換わる方が良いとは思いませんか?

挙式費用を安くするために出来ることまとめ

  • 「とにかく安く済ませたい!こだわりはないので式場のプランにお任せする!」という場合はスマ婚などの格安プランを利用しましょう。
  • 招待状や席札、メニュー表などの配布物や衣装は、「式場と連携している業者以外の業者に頼む」ことでかなり安くあげることができます。
  • 写真、アルバム、ビデオは友人に頼んで作成するとかなり安くあげることができます。
  • プロフィールビデオは手作りがおすすめです。
TwitterやFacebookで共有 更新情報を受取る
関連記事
    None Found
最新のツイート
コメントを投稿する

“たったこれだけのことで結婚式費用はドンドン安くなる!” への1件のコメント

  1. 河童猫狸 より:

    だいたい企業・業者【式場】がボリすぎなんだよ。
    15000円の料理の割りには材料がショボすぎる。
    まぁ、日本は葬式も結婚式も「式」と名がつくものには、業者は平気で高額な費用を請求できるんだよ。
    まぁ「式」以外にも、葬式坊主も大学も同じようなもんだけどね。
    これからの時代は支払う金額と中身が合っているのかどうか、よ~く考えておかないと、いつまでたっても貧乏人と不労所得者などの金持ち連中との格差が大きくなるばかりだよ。
    銭も無いのにカッコつけて変な思い込みで金を払うのは止めようよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*