知っているようで知らない『お金』のことをわかりやすく解説するブログ。

みなさん、Billionaire(億万長者)という言葉をご存じですか?

アメリカで10億ドル以上、日本円でいうと約800億~1,000億円以上の個人資産の持ち主のことです!

そんなすごいお金持ちが一番住んでいる国はどこでしょうか?今回は「億万長者が住む国ランキング」について調査してみました。

必見!?億万長者が住む国ランキング

順位 国名 億万長者の数
1位 アメリカ 422人
2位 中国 66人
3位 ロシア 65人
4位 ドイツ 57人
5位 インド 52人
6位 イギリス 30人
7位 トルコ 28人
8位 香港 25人
9位 カナダ 24人
10位 日本 22人

1位 アメリカ

GDP約1,043兆円

圧倒的な数字に驚きつつも納得です。お金だけでなく、大きな影響力を持つ優れた人材も豊富。世界中からアメリカンドリームを求めて人が集まる夢のある国ならではですね。

億万長者にはエンジニア、会計士、起業家などが多いようです。おなじみマイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏の資産はなんと約5兆円!

フォーブスの億万長者ランキングで19年連続首位を保っています。また、世界一若い億万長者、みなさんご存知フェイスブック創立者の1人マーク・ザッカーバーグ氏なども有名ですね。チャンスとアイデアが生かせるIT系がメキメキと伸びているようです。

2位 中国

GDP約190兆円。

華僑など昔からのお金持ちが多い上に、中国バブルと言われるほどの急激な経済成長ぶり。企業のエネルギーのすごさを感じますね。

ここでもやはりハイテク製品の開発や組み立てに携わるエンジニアの活躍が目覚ましく、重機メーカーや家電販売なども広いシェアを持っています。中国の億万長者1位は大手建設機械メーカー「三一集団」梁穏根氏で、その資産は約7,190億円

3位 ロシア

GDP約104兆円。

出稼ぎのため他国に移住する国民が増えていると聞いていたので意外な印象ですね。とはいえ、石油や天然ガス、レアメタル、金、ダイヤモンドなどの豊富な資源に恵まれているため鉱業が盛んです。

ロシア最大の鉄鋼企業セヴェルスターリ会長アレクセイ・モルダショフ氏の資産は約1.6兆円!首都モスクワは億万長者が住む世界有数の大都市としても有名で、お金がお金を呼ぶように、世界中の投資家を引き付ける都市となっています。

4位 ドイツ

GDP約248兆円。新しい技術力の成長には苦戦しているようですが、 昔ながらの技術力と勤勉さは確かな印象のドイツです。機械産業以外にも、医療やナノテクノロジーなどドイツらしい分野も活発。

ディスカウント・スーパーマーケット・アルディ創始者カール・アルブレヒト氏などはフォーブスでは常連ですが、その資産はなんと約2.03兆円!財力を国と国民のために使ってほしいと思っている富裕層が多いというデータは、頼もしくて真面目なドイツ人らしくとっても好印象です。

5位 インド

GDP約82兆円。

世界最大の貧困人口を抱える一方で、5位にランクイン。土地や株式などの投資家が多く、特にIT 系企業が強く急成長しているのがそのポイントのようです。

世界最大の鉄鋼メーカーミッタル・スチールの創業者ラクシュミ・ミッタル氏の資産は約1.66兆円。企業再生型M&Aにより会社は急成長したようです。

そういえば、インドの億万長者の中には、娘の誕生日会をヴェルサイユ宮殿で行ったというつわものもいるとか!インドの結婚式は派手で豪華だといわれますが、この発想はなかなかないですね。

6位 イギリス

GDP約181兆円。

ニュースでは貧困層の特集が多く目につきますが、さすが貴族文化と産業革命の国イギリスです。

オックスフォードやケンブリッジなど世界に誇る優秀な人材が集まる大学があるのも、将来の富裕層を作り出す仕組みなのかもしれません。とはいえ、高税率と活発な寄付で純資産は減少気味とはいわれます。

ちなみにハリーポッターの著者として知られるJ.K.ローリング氏は「歴史上最も多くの報酬を得た作家」といわれ資産は約840億円結婚・相続以外で(自分で稼いだ)資産をもつ女性億万長者では世界第1位とのこと。

7位 トルコ

GDP約4兆円。

放牧をして過ごす遊牧民がいる一方、都市部は先進国と並ぶ最先端の設備。

貧富の差というより、同国内の文明の差が激しい国、トルコ。自動車業、鉄鋼業がある一方、経済の中心は財閥で多数の企業グループを抱えています。

トルコの企業フィバ・ホールディングも建設・流通・金融と多角経営で成長し、社長のヒュスニュ・オジエーイン氏の資産は約2,353億円。フォーブスでもトルコの億万長者100人を発表されたばかりですし、これからの発展が気になる国ですね。

8位 香港

GDP約18兆円。

ランキングで中国と別扱いされているのが面白いですね。最近富裕層は減ってきている、というデータがありますが、それでも頑張る香港。

とにかくエネルギッシュで、狭いところに人もお店も多い国です。主な億万長者の職業は、通信会社経営者、投資家などのようです。

香港最大の不動産開発企業のひとつ・長江実業グループ創設者李嘉誠氏は資産約2兆円。造花を作るプラスチック工場からスタートし、香港島の電力供給を独占する香港電灯を買収するまで成長するというストーリーには鳥肌を感じます。

9位 カナダ

GDP約106兆円。住みたい国ランキング上位に必ず入るカナダ。カナダの冬は寒いので、富裕層は季節に合わせて別荘に移住して生活しているそうです。カナダ一の億万長者は、トムソン・ロイター社を傘下にもつウッドブリッジ社会長デヴィット・トムソン氏。純資産は約1.6兆円

父親から世界屈指の規模を持つ情報関連企業トムソン社を引き継いだということですので、手腕もありながら、生まれた時から億万長者は決まっていたかもしれませんね。

ビリオネアではないですが、飼い主から約1億3,000万円もの遺産を相続したカナダで一番裕福な猫ちゃんがいるそうです。

10位 日本

GDP約507兆円

GDPだけみると2位~9位より高いのですが、第10位にランクイン。経済大国と言われてきましたが、バブルの崩壊など経済的にダメージが高かったのが原因でしょうか。

日本の億万長者といえばファーストリテイリング社長・柳井正氏(資産約8,800億円)、ソフトバンク創業者・孫正義氏(資産約6,800億円)が有名ですね。

生活をガラリと変えたアイデアとエネルギーの持ち主です。日本では高所得者や法人への課税率が高いことなどが理由で富裕層が増えにくいといわれているようですが、経済格差がどんどん大きくなっていくと言われる中、今後どうなっていくのでしょうか。

いかがでしたか?億万長者が住む国ランキング。
意外に思う国もあったのではないでしょうか。

1位のアメリカはやはり強いですね! GDPも億万長者の数も予想を裏切りません。

世界中から「成功したい!」と願う人々が集まる夢のある国は超がつく経済大国。アイデアとチャンスで成功した億万長者がたくさん住んでいました。

一方、ギリギリ10位入りした日本にも22人の億万長者がいます。あなたもその22人に入りたいですか? もしそうなら相当の覚悟と努力が必要ですね。健闘を祈ります!

TwitterやFacebookで共有 更新情報を受取る
関連記事
    None Found
最新のツイート
コメントを投稿する

“日本のお金持ちは世界じゃ貧乏?億万長者が多い国ランキングTOP10” への2件のフィードバック

  1. YASU より:

    ビル・ゲイツの資産5兆円って・・・死ぬまで1日1億円使っても余る計算!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*