個人同士でお金の貸し借りをしたが、返済能力がない相手に借用書を書いてもらっても意味はないのか?

満足度 0
9年間に渡り、ほぼ毎日のようにお金を渡していました。

時には10万円を超える金額の時もありました。

今では総額2千万円まで膨れ上がりました。

子供の学資保険や貯金まで崩し、挙句には借り入れまでしてお金を渡していました。

相手にはマンションがあるとの事ですが、本当なのかも分かりません。

現在仕事もしておりません。

そんな相手に借用書を書いてもらっても、返済不可能で意味がないのでしょうか?
匿名 1/9 質問 友人への借金

回答 1 件

満足度 0
どのような事情で、その方にそこまでのお金を渡してきたのかわかりませんが、書面にすることは、意味がないと言えばないかもしれませんし、あると言えばあるかもしれません。

渡したお金の法的性格が贈与ではなく貸借であること、渡した金額を確定すること、返済を約束させ期限を決めることができれば、まずはお金を返してもらう第一歩になります。これらをはっきりさせることは、相手に債務をきちんと認識させることになりますし、弁護士等に相談するにも、そのような書面がなければ、話が始まりません。以上のように考えれば、書面にすることは意味があると言えるでしょう。

しかし、一方、おそらく、そのような書面を作成し、まとめあげることだけでも、折衝に大変な手間がかかることでしょう。そのうえ、現実の返済につながるかどうかはわかりません。以上のように考えれば、書面にしようとすることは、意味がないことかもしれません。

あとは、相手が性格的にまた経済的にどのような方なのか、あなたがどれだけの労力を返済交渉にかけるつもりがあるか、といったことを勘案して、ご判断されることかと思います。
partner_hiro 1/11 回答
ご回答ありがとうございます。

今はもうどうしたらいいのか全く分からない状態になっていて、毎日お金の事ばかり考えています。

お金を渡さないと路頭に迷うだろうし…でも渡すお金ももうないし…の繰り返しです。

借用書ならいくらでも書くとは言っていますが、知り合いに弁護士の方がいるようなので多少なりとも私より知識があると思っています。

少し考えて正しい結論を出そうと思います。

ありがとうございました。

質問のカテゴリ一覧

キャッシング
返済
信用情報
返済延滞・遅延
クレジットカード
債務整理
任意整理
自己破産
個人再生
民事再生
過払い金請求
税金・公共料金
支払い滞納
自動車ローン
住宅ローン
教育ローン
ブライダルローン
おまとめローン
不動産担保
教育費・学費
事業資金
アルバイト・パート
自営業・会社経営
未成年
主婦
高齢者
年金
転職
失業・休職
無職
生活保護
労金
質屋
マメ知識

人気の質問

最近の質問と回答

...