• ホーム
  • アルバイト・派遣でも借りたい!毎月の収入が不安定な方、非正規雇用の方向け

アルバイト・派遣でも借りたい!毎月の収入が不安定な方、非正規雇用の方向け

「正社員じゃなきゃキャッシングの審査に通らないんでしょ?」

こう思っている方も多いかもしれませんが、アルバイトや派遣である、というだけで審査に落ちることはありません。

最近は消費者金融だけでなく、銀行や信販会社も顧客が正社員であることにこだわらなくなっています。

申し込み基準として、「安定した収入のある方」を挙げている業者が多いですが、「安定した収入のある方」=「正社員」ではないのです。

アルバイトや派遣でも、安定した収入がある場合は審査に通る可能性があります。

では、アルバイトや派遣でも安心して借りられる業者はどこなのでしょうか?ここではアルバイトや派遣の人にオススメのキャッシング業者を、特徴別に紹介していきます。

また、アルバイト・派遣がお金を借りる時の注意点、どうしたら審査で有利になるかなどについてもまとめてみましたので、あわせて読んでみて下さい。

  • 目次
  • アルバイト・派遣が業者を選ぶときのポイント
  • 低金利で即日融資可能な銀行カードローン
  • 無利息期間サービスあり、即日融資も可能なカードローン
  • 低金利のカードローン
  • おすすめの業者一括比較表
  • アルバイト・派遣がお金を借りる時の注意点
  • 審査に有利になるためのポイント

アルバイト・派遣が業者を選ぶときのポイント

まず、アルバイト・派遣がキャッシング業者を選ぶときにチェックしたいポイントを挙げたいと思います。

  • すぐにキャッシングできるか(即日融資可能か)
    急にお金が必要になった場合、融資までのスピードは重要です。
  • 無利息期間サービスの有無
    30日以内に返済のメドが立つ場合は、無利息期間サービスありの業者がおすすめです。
  • 金利
    ある程度長期の利用を検討しているなら、低金利の業者のほうがいいでしょう。

そこで今回は、

  • 低金利で即日融資可能な銀行カードローン
  • 無利息期間サービスあり、即日融資も可能なカードローン
  • アルバイト・派遣も申し込みOKの低金利カードローン

の3種類に分けて、「アルバイト・派遣におすすめできる業者」を紹介していきたいと思います。

低金利で即日融資可能な銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン

  • 低金利(年率1.8~14.6%)
  • 即日融資可能

以上の条件を兼ね備えているのが、三菱東京UFJ銀行カードローンです。

三菱東京UFJ銀行カードローンの詳細はこちらをクリック

都銀のカードローンでありながら、「主婦・アルバイト・パート・学生OK!」と明記してあります。銀行カードローンなのでもちろん総量規制の対象外です。
(ただ、無利息期間サービスはないので、もし30日以内に返済のメドがたっている場合は、下記の「無利息期間サービスあり、即日融資も可能なカードローン」にお進みください。)

低金利

年率 1.8~14.6% は、消費者金融(ほとんどのところが上限金利18%)と比べると明らかに低いです。ただ、銀行カードローンの中では中の中といったところでしょう。

即日融資可能

銀行カードローンの中では、融資までのスピードがピカイチです。
「テレビ窓口」に行けばその場でカードを発行してもらうことができます。(平日は20時、土曜・祝日は18時、日曜は17時まで営業。)

ただし、インターネットバンキングを利用した振込による融資は行なっていないので、その点は注意が必要です。
即日融資を希望する場合は、必ず「テレビ窓口」まで行ってカードを発行する必要があります。

三菱東京UFJ銀行カードローンの詳細はこちらをクリック

無利息期間サービスあり、即日融資も可能なカードローン

30日以内に返済のメドがたっている場合は、「無利息期間サービス」のある業者がおすすめです。
(ただし、ある程度長期で利用する可能性がある場合は、低金利の三菱東京UFJ銀行カードローン、もしくは下記「アルバイト・派遣も申し込みOKの低金利カードローン」で紹介されている業者のほうが有利です。)

無利息期間サービスありの大手キャッシングといえば、プロミス新生銀行カードローン レイクですね。金利は大手銀行カードローンにかないませんが、無利息期間サービスがある上に融資スピードの面で有利です。

プロミスと新生銀行カードローン レイクのポイントをまとめてみました。

  • 無利息期間サービスあり
  • 即日融資可能
  • 申し込みから融資まで来店不要で完結
  • お試し診断がある

プロミスの詳細はこちらをクリック

新生銀行カードローン レイクの詳細はこちらをクリック

無利息期間サービス

プロミスは、初回に限り30日間の無利息期間サービスあり(メールアドレスの登録、及びWeb明細の利用登録が必要)

新生銀行カードローン レイクは、初めての方のみ、「30日間無利息」か「5万円まで180日間無利息(2013年3月31日まで)」のサービスあり

即日融資可能・ 申し込みから融資まで来店不要で完結

2社とも即日融資も可能で、しかも来店せずに申し込みから融資までを行うことができます。(振込みによる融資になりますので、いずれも対応している金融機関のインターネットバンキングが必要です。)

お試し診断がある

2社とも「お試しし診断」のサービスがあります。

キャッシングの「お試し診断」とは、簡単な項目(例:・生年月日、職業、保険の種類、他社からの借入件数と借入額、年収など)を入力するだけで融資可能かどうか判断してくれるサービスで、多くの消費者金融のホームページ内で提供されています。

(業者によって、「お試し審査」「お試し診断」などと微妙に名前が異なりますが、基本的には同じサービスです。)

実際に申し込みをする前に、「融資可能か否か」について目安を知ることができます。(結果はあくまで目安なので、実際の審査結果と異なることもあります。その点は注意が必要です。)

金利は高め

プロミス: 年率 4.5~17.8%
新生銀行カードローン レイク: 年率 4.5~18.0%

やはり大手銀行カードローン(上限金利15%以下のところが多い)と比べると、消費者金融の金利はやや高めに設定されています。(銀行のカードローンですが、消費者金融とほとんど同じ金利帯です。)

プロミスの詳細はこちらをクリック

新生銀行カードローン レイクの詳細はこちらをクリック

低金利のカードローン

ある程度長期の利用を考えているなら、できるだけ金利が低い方がいいですよね。アルバイトや派遣でも借り入れ可能で、比較的金利が低い業者を紹介していきます。

住信SBIネット銀行ネットローン(年率 1.59~7.99% 、または 8.39~14.79% )

銀行の中でも、特に低金利のカードローンです。

利用限度額が 10~1,200万円 まである住信SBIネット銀行ネットローン(プレミアムコース)の金利が 1.59~7.99% 、限度額が 10~300万円 に限られる 住信SBIネット銀行MR.カードローン(スタンダードコース) が 8.39~14.79% 、つまり一番高い金利が14.8%となっています。(SBI証券の口座を持っている場合はさらに0.5%引きになります。)

銀行カードローンなので総量規制の対象外です。
ただ、手続きには数日から1週間かかり、即日キャッシングはできません

住信SBIネット銀行ネットローンの詳細はこちらをクリック

オリックスVIPローンカード(年率 3.0~16.8% )

オリックスVIPローンカードでは、限度額が大きく金利が低いことで有名なカードローンです。

親会社がクレジット会社なのでよく信販系と間違われますが、実際は消費者金融に分類されています。銀行カードローンとは違い、総量規制の対象になるので注意して下さい。

平日14時半までに契約の手続きを終えれば、当日融資も可能です。

楽天銀行スーパーローン(年率 1.9~14.5% )

楽天銀行スーパーローンの公式ホームページには「アルバイトOK」と明示されています。楽天のポイントがたまるので、楽天会員の人には特におすすめです。

限度額 10~800万円 までは収入証明書がいらないのがウリとなっています。(他行カードローンの場合、100万円以上の借入を希望する場合は収入証明書が必要)。

銀行カードローンなので、もちろん総量規制の対象外。

早めに申し込めば即日振込も可能なようですが、混み具合や条件によっては数日かかることもあるので、余裕を持って申し込みましょう。

楽天銀行スーパーローンの詳細はこちらをクリック

東京スター銀行スターカードローン(年率 1.8~14.6% )

東京スター銀行スターカードローン は、おまとめローンで有名な銀行です。
カードローンの種類はいくつかありますが、アルバイト・派遣でも利用できるのは『スターカードローン』です。

金利は 1.8~14.6% 。 もちろんこちらも総量規制の対象外です。

ただし、申込から融資まで2週間程度かかるようなので、すぐに融資を受けたい場合には向きません。

東京スター銀行スターカードローンの詳細はこちらをクリック

アルバイト・派遣におすすめの業者一括比較表

以上で紹介したキャッシング業者を一覧で比較してみました。

  金利 限度額 無利息期間
(有無)
即日
融資
(可否)
お試し診断
(有無)
ネット申込み
(有無)
振込
融資
(有無)
総量規制対象
(OX)
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6% 10~500万円 なし × 対象外
プロミス 4.5~17.8% 1~500万円 あり
(30日間)
対象
新生銀行カードローン レイク 4.5~18.0% 1~500万円 あり
(30日間)
対象
住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 1.59~7.99% 10~1,200万円 あり
(最大2ヵ月)
× × × 対象外
住信SBIネット銀行ネットローン 8.39~14.79% 10~300万円 あり
(最大2ヵ月)
× × × 対象外
オリックスVIPローンカード 3.0~16.8% 30~800万円 なし × × 対象
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5% 10~800万円 なし × 対象外
東京スター銀行スターカードローン 1.8~14.6% 10~1,000万円 なし × × × 対象外

※申込時間帯によって当日中の融資が難しいこともあります。

アルバイト・派遣がお金を借りる時の注意点

アルバイト・派遣がお金を借りる場合、どんな点に注意したらいいのでしょうか?

審査時に嘘の申告をしない

いくら審査に通りたいからと言って、申し込み時に嘘の申告をするのは厳禁です。

例)
年収を多めに申告する
他社での借入が1件あるのに0件と申告する

バレる可能性が高い(特に他社の借入については、嘘の申告をすると絶対バレます)ですし、バレたら一気に信用を失います。

一度信用を失うと、取り戻すのは非常に難しいです。
申し込みのときは、必ず本当の情報を申告するようにしましょう。

限度額が低くなりがち

「アルバイト、派遣である」というだけで審査に落ちることはない、とお伝えしましたが、やはり正社員に比べると どうしても限度額(枠)が低くなりがちです。

  • 正社員に比べて年収が低め
  • 雇用が打ち切りになるリスクが高い
  • 保険の種類が「国民健康保険」である

これらの理由から、やはり業者側も慎重になってしまうのです。

正直、何百万などの高額の借入は難しいと思った方がいいと思います。特にはじめは限度額が50万円以上になることはまずないと思ってください。

申込ブラックに要注意

少ししか借りられないことを恐れ、短期間のうちに複数の業者に申込んでしまうと、「申込ブラック」になりかねません。

例)
ひと月のうちにA社、B社、C社のキャッシングに申し込み、3社とも審査に落ちたとします。(個人信用情報機関に「A社、B社、C社のキャッシングに申し込んで審査に落ちた」という情報が記録され、他の金融機関にも知れ渡ってしまいます。)

その翌月、新たにD社に申し込んだとします。
しかし、D社はこの人が先月「A社、B社、C社のキャッシングに申し込んで審査に落ちた」という情報を持っていますので、審査担当者は「この人は短期間で3社に申し込んでいる上に審査に落ちている。危ない人なのかもしれない。」と思い、やはり融資を断ります。

このように、短期間のうちに複数の業者に申し込むことによって審査に通りにくくなってしまうことを「申込ブラック」と言います。

基準は諸説ありますが、1ヶ月間に3件以上申込むと危険と言われています。

複数のキャッシングに申し込むときは注意が必要です。

返済期間は短く!

キャッシングをするなら「返済期間は短く」が鉄則です。
余裕を持とうとして月々の返済額を少なくすると、その時は楽ですが、結果的に利息の額が増えてしまいます。

返済期間中には何があるか分からないので、とにかく早く返すことを心がけましょう。

アルバイト・派遣が審査に有利になるためのポイント

審査の際は、申込者に関する様々な情報が検討され、総合的に判断されます。一般的に、審査に有利になるとされているポイントを挙げてみました。

仕事や年収、保険に関しては、

  • 勤続年数は最低1年以上あったほうが有利
  • 保険の種類は国民健康保険よりも社会保険の方が有利
  • 年収の高さより安定性のほうが重視される

と言われています。

そんな中で、最重要項目とも言えるのが他社借入の状況です。

他の業者から何件、いくら借りているかは、審査の最重要項目。
基準は各社まちまちですが、金額よりは件数を重視するところが多く、大手キャッシング会社の場合 他社借入件数が4件以上あったらまず厳しいと思ったほうがいいです。

既に他社から借入がある場合はできるだけ完済し、他社借入件数を減らしてから申し込むようにしましょう。

もうひとつ重要なのが、過去の返済実績です。

  • これまでに3か月以上ローンを滞納したことがある
  • 過去に債務整理(任意整理、自己破産など)をしている

これらに当てはまる人は審査にまず通らないと思ってください。

このような事故情報が個人信用情報機関に載ってしまった場合、5~10年はその記録が残ります。(したがって、その間新たなローンを組むのは非常に難しくなる)

ただ、
全く借金経験のない人 < 借金をしてもちゃんと返済してきた実績がある人

なら、後者のほうが審査時に有利になります。

今回、紹介した会社のお申込み・公式サイトの一覧