• ホーム
  • 無利息で借りたい!短期利用希望、金利を払いたくない方向け

無利息で借りたい!短期利用希望、金利を払いたくない方向け

さて、今回は無利息期間を設けているキャッシング業者をそれぞれ紹介していきます。

有名どころですと、プロミス、新生銀行カードローン レイク、ノーローンの3社が積極的に無利息サービスをアピールしていますね。

利息なしでお金を借りられるのなら、とりあえず借りてしまえばいい思う方が多いと思いますが、それぞれ業者ごとに特徴やマイナス面があることを知っておいて損はありません。

また、無利息でお金を借りるというのは、つまり非常に短期間で返せる目処が立っている必要があります。

長期利用になりそうなら、無利息よりも低金利の銀行のカードローンなどが有力な選択肢となります。

ここでは、そういったところも踏まえ、各社の無利息サービスを検証していきたいと思います。

無利息期間サービス徹底比較

「プロミス」「新生銀行カードローン レイク」「ノーローン」の無利息期間サービスについてご紹介します。

プロミス

プロミス初めて利用する人が対象のサービスです。

申込時にメールアドレスの登録とWEB明細の登録が必要です。

これにより30日間無利息のサービスを受けられます。

(初回借入れ後にWEB明細の登録等に申込むこともできますが、その場合、無利息になる期間が、「初回返済日の翌日から30日間」に変わります。)

ちなみに、初回借り入れ後にWEB明細の登録を申込み、初回の返済日に完済した場合、次の利用の際も30日間無利息でキャッシングできます。

プロミスの無利息期間サービスのみを詳しく解説した記事もあります。こちらもあわせてチェックみてください。)

プロミスの詳細はこちらをクリック

新生銀行カードローン レイク

2つの無利息サービスがあります。一般的なのが、「30日間無利息」で、契約日の翌日から30日間無利息となるものです。

もう一つが、「借入額5万円までなら180日間無利息」のサービス。(期間限定)

どちらも初めて利用する人が対象ですが、自分の都合に合わせて選べるのは魅力といえるでしょう。

新生銀行カードローン レイクの詳細はこちらをクリック

ノーローン

ノーローンは、借入日から1週間無利息というサービスを提供しています。

融資額を全額返済すると、その翌月も1週間無利息でキャッシングが利用できるという「何度でも1週間無利息」のサービスがあるのはノーローンだけです。

同じ無利息期間サービスでも、各社特徴が異なります。自分に最適なローンはどれか、しっかり比較検討しましょう。

→ノーローン検証。全8項目を他社と徹底比較。良い点悪い点まとめ

3社の金利・限度額を比較してみよう

いくら無利息期間があるといっても、遅れた時のことを考えて、やはり金利は気になる所。

3社の金利を比較してみました。

  限度額 金利
プロミス 1~500万円 4.5~17.8%
新生銀行カードローン レイク 1~500万円 4.5~18.0%
ノーローン 1~300万円 4.9~18.0%

限度額は3社とも同額ですが、金利だけ見ると、「プロミス」が一番低いですね。

上限金利は他の2社と0.2%違いますし、下限金利に関しては3%近く違います。

正直、上限金利の0.2%の違いはたいして影響しませんが、下限金利の違いは大きいですから、100万円以上の大きな額の借入れを検討している場合はプロミスがおすすめです。

プロミスの詳細はこちらをクリック

申し込み方法

次に、3社の申込み方法についてご紹介します。
3社とも、大きな違いはありません。

主な申し込み方法

  • インターネットから申し込む(パソコン、携帯電話、スマートフォン経由で)
  • 自動契約機からの申し込む
  • 電話で申し込む
  • 店頭窓口で申し込む(※ノーローンは有人店舗なし)

申込み審査契約の後、キャッシングが可能になります。

必要なもの:「運転免許証」あるいは「健康保険証(健康保険証のような顔写真のない身分証明書の場合、もう一点追加で住民票等の書類が必要になります)」「パスポート」などの身分証明書。

ただし、融資額が50万円を超える場合、また他社と合わせた利用残高が100万円を超える場合は、収入証明書(直近の源泉徴収票、確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月分+1年分の賞与明細書)など)の提出が必要です。

お試し診断

各社のお試し診断についてご紹介します。
いずれも、簡単な項目を入力するだけで、融資可能かどうか診断してくれます。

診断後、画面上に融資可能か否かの診断結果が表示され、そのまま申込みに移行できるので便利です。

※仮診断なので、結果もあくまでも仮のもの、目安です。「お試し診断では融資可能と表示されたのに、実際に申込んだら審査に通らなかった」という事例は多々あります。注意しましょう。

プロミスの「お借入診断」

入力項目

  • 生年月日
  • 税込み年収
  • 現在の借入金額(他社からのもの。クレジットカードでのショッピング、銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンなどは除く)

プロミスの「お借入診断」はこちらをクリック

審査結果

「ご融資可能と思われます」もしくは「大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは判断することができません。」と表示されます。

新生銀行カードローン レイクの「お借入れ診断」

入力項目

  • 生年月日
  • 勤務先入社年月
  • 業種
  • 職種
  • 保健種別
  • 税込み年収
  • 他社の借入れ件数(住宅ローンを除く)
  • 現在の他社借入れ金額

審査結果

「ご融資できる可能性がございますので、引続きお申込みいただけます」もしくは「申し訳ございません。今回、ご入力いただいた情報ではお借入れ可能か判断が出来ませんでした。」と表示されます。

新生銀行カードローン レイクの「お借入れ診断」はこちらをクリック

ノーローンの「お試し診断」

入力項目

  • 年齢
  • 税込み年収
  • 他社の借入件数と金額(住宅ローン、自動車ローン、銀行カードローン、信販、クレジットカードのショッピングを除く)

審査結果

「ご融資可能と思われます」もしくは「ご入力いただいた情報だけでは判断出来ません」と表示されます。

即日融資は可能?

各社とも、即日融資は可能です。

しかし、全ての申込み方法を誤ると、即日融資してもらえなくなることもありますので、下記の説明をよく読んで、できるだけ審査に時間を取られないように注意しましょう。

自動契約機での申込み

自動契約機から申込む方法です。

最短30~40分で申込み審査契約の後、カード発行キャッシングとなります。

所定の必要書類を持って自動契約機に出向きましょう。

プロミスの自動契約機
およびSMBCローン契約機の受付時間
プロミス自動契約機の営業時間は、9:00~22:00(一部の店舗は21時まで)
三井住友銀行の自動契約機は、9:00~21:00(一部は営業時間や休日が異なる)
新生銀行カードローン レイクの自動契約機の受付時間 平日・土曜日:8時45分~24時
日曜日・祝日:8時45分~22時
第3日曜日:8時45分~19時
ノーローン自動契約機
(新生銀行カードローン レイクの自動契約機)の受付時間
8:45~21:00 土日祝も営業中
(第3日曜日は19:00まで)

事前にインターネットから申し込みをしておき、その後自動契約機に向かって契約する方法もありますが、この方法だと契約完了までの時間をさらに短縮することができます。

ホームページから必要事項入力、申し込み移動して自動契約機へ向かっている間に審査が終了自動契約機で必要書類の確認など契約、カード発行というような流れになります。

インターネットから申し込み

インターネットを使って申し込む方法です。

申し込み審査契約融資まで全て来店不要で行えます。

(個人情報、契約内容の確認の際など何度かオペレーターと電話で話す必要はあります。)

カードは後から郵送で送られてくるので、融資は振込(利用者の口座に振り込まれる)によって行われます。

プロミス(ウェブ契約)

必要書類の送付は、

  • 携帯電話で撮影したものを添付してメールで送る
  • スキャナしたものを添付してメールで送る

とても簡単ですね。
平日の14時までに申込みから契約が完了すれば、即日で振込融資が可能です。

プロミスの「お借入れ診断」はこちらをクリック

新生銀行カードローン レイク

必要書類の送付は、

  • 携帯電話で撮影したものを添付してメールで送る
  • FAX

の2通りです。
平日の14時までに申込み必要書類の確認まで完了すれば、即日で振込融資してもらえます。

新生銀行カードローン レイクの「お借入れ診断」はこちらをクリック

ノーローン

ノーローンの即日振込サービスの場合、申し込み審査融資契約(本人確認書類の確認など)という手順になっています。

後日、契約書類などが郵送されてくるので、それに記入し、本人確認書類とともに返送します。

楽天銀行に口座がある人は平日17:00まで、口座がない人は平日12:30までに審査に通れば即日で振り込んでもらえます。

無利息期間サービスは本当にお得?

ここまで無利息期間のある「プロミス」「新生銀行カードローン レイク」「ノーローン」についてご紹介しましたが、そもそも無利息サービスってホントにお得でしょうか?

無利息期間のないアコムで10万円借りた場合を考えてみましょう。

最初の返済日に一括で返済、利息は約1,400円~1,500円程度

プロミスで10万円借りた場合、
最初の返済日に一括で返済、利息0(※初回利用時のみ)

これだけみると、お得に感じますが、これをノーローンにあてはめると微妙な感じもしてきます。(ノーローンの場合、1週間無利息。10万円を1週間借りたときにかかる利息は300円~400円程度です。)

完済まで時間がかかりそうなら、低金利の銀行カードローンがおすすめ

先に述べたように、無利息期間内に一括返済できる時は確かにお得ですが、返済まで数ヶ月以上かかるようなら、より金利の低い銀行カードローンを利用することをおすすめします。

スピードキャッシングも可能 三菱東京UFJ銀行カードローン

金利 1.8~14.6%
限度額 10~500万円

三菱東京UFJ銀行カードローンのおすすめポイントはスピード発行が可能な点

三菱東京UFJ銀行の支店に設置されているテレビ窓口で申し込めば、その場でカードが発行されます。

1,000円から手軽に利用できますし、三菱東京UFJ銀行のATM・提携ATMの利用手数料はいつでも無料です。

非常にバランスが良いカードローンといえると思います。

三菱東京UFJ銀行カードローンの詳細はこちらをクリック

今回、紹介した会社のお申込み・公式サイトの一覧