三井住友カードゴールドローンの強み弱みを検証。全8項目の徹底調査結果

「三井住友カードゴールドローン」は、三井住友カード株式会社が運営するカードローンサービスです。

知名度が低く、あまり有名なカードローンではありませんが、そのサービス内容には目を見張るものがあります。

まず注目なのは金利です。
3.5~9.8%は業界でも最低金利ですし、最高金利が10%を切るカードローンはそう多くありません。

しかし、一方で「審査スピードが異常に遅い」といったマイナス面もあるようです。

この記事では、三井住友カードゴールドローンのメリットだけでなく、デメリットについても詳しく分析していきます。

また、「どんな人に向いているカードローンなのか?」私なりの見解もまとめていますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

  • 目次
  • 三井住友カードゴールドローンってどんなローン?
  • メリット
  • デメリット
  • どんな人に向いている?
  • 金利
  • 限度額
  • 申込方法・審査時間
  • 借入方法
  • おまとめローン
  • 無利息期間
  • 返済方法
  • 返済方式
  • 店舗数

三井住友カードゴールドローンってどんなローン?

三井住友カードゴールドローンは、三井住友カード株式会社が運営するカードローンサービスです。いわゆる信販系のキャッシングサービスですね。

名前は似ていますが、「三井住友銀行カードローン」とは別物なので注意してください。

利用条件は、満20歳以上~55歳以下で安定収入があること。パートやアルバイト、派遣社員でも申込めます。ただし、学生や自身に収入のない方(専業主婦など)は利用できないので要注意です。

また、総量規制の対象となるので、年収の3分の1を超える金額を借入れることはできません。

プロミスの詳細

三井住友カードゴールドローンのメリット

業界トップレベルの低金利

三井住友カードゴールドローンの金利はなんと3.5~9.8%。かなりの低金利です。

大手消費者金融の最高金利が平均18%前後、大手銀行カードローンの最高金利が平均15%前後であることを考えると、非常に優れた内容になっています。

正確な金利は必ずこちらをクリックして確認してください

返済するだけで利率が下がる

三井住友カードゴールドローンには、「利率引き下げサービス」というユニークなサービスがあります。

1年間遅れることなく返済を続けると、次の年の適用利率が0.3%引き下げられる、というサービスです。

5年目まで適用されるので、最大1.2%利率が下がることになります

三井住友カードゴールドローンで今すぐ借りる

三井住友カードゴールドローンのデメリット

融資まで4週間かかる

申込みをしてから審査回答が出るまで およそ3週間かかります!

その後、カードが到着して初めて借入可能になるので、融資までは4週間近くかかると見ていいでしょう。ほぼ1か月です。

「即日融資可能」や「30分で審査完了」など、スピード対応を推しているカードローンも多いなか、対応の遅さはダントツです。。。

申込時に必ず「収入証明書」が必要

申込時、必ず「収入証明書」が必要になります。

本人確認書類と違って用意するのが少し面倒かもしれませんね。

年齢制限が厳しい

利用条件は、満20歳以上~55歳以下で安定収入があること。

他社カードローンでは60歳や65歳までOKのところが多いので、「55歳以下」は若干厳しめですね。

どんな人に向いている?

ここで、「三井住友カードゴールドローンはどんな人に向いているか」検証したいと思います。

とにかく低金利のローンをお探しの方

三井住友カードゴールドローンの特徴はなんといっても低金利

最高金利が10%を切るカードローンなんてそうそうありません。「とにかく低い金利で借りたい!」という方に向いています。

継続して利用する予定の方

1年間きちんと返済すれば、次の年から利率が0.3%ずつ引き下げられていく「利率引き下げサービス」があるので、継続利用の予定がある方におすすめです

5年目まで続ければ、最大1.2%利率が下がることになります。

時間に余裕のある方

金利面でメリットが大きい反面、審査にとても時間がかかります。

審査結果がでるまで3週間、その後、カードが届くまで1週間、合計4週間程度はみておいたほうがいいでしょう。

余裕のない方、すぐにお金が必要な方には向いていないカードローンです。

ここからは、金利、限度額など全9項目にわけて三井住友カードゴールドローンをさらに詳しく検証していきます。

プロミスの詳細

金利

  業者名 金利 遅延利率・遅延損害金
銀行 住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 0.99~7.99% 20.0%
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% 19.9%
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6% 14.6%
消費者金融 オリックスVIPローンカード 3.0~16.8% 19.9%
プロミス 4.5~17.8% 20.0%
アコム 3.0~18.0% 20.0%
信販 三井住友カードゴールドローン 3.5~9.8% 20.0%

※ 金利、遅延損害金はすべて実質年率です。

金利は3.5~9.8% です。

一般的な消費者金融の最高金利が18%前後、大手銀行カードローンの最高金利が15%前後であることを考えると、非常に低金利です。

実際に適用される利率は利用限度額によって異なります。そして、利用限度額は審査で決定されます。下記の表を見てください。

利用限度額 適用利率
700万円 3.5%
500万円~690万円 4.5%
300万円~490万円 7.8%
290万円以下 9.8%

さらに、三井住友カードゴールドローンには、返済実績に応じて利率が下がる「利率引き下げサービス」があります。

利率引き下げサービス

1年間、毎月遅れることなく返済した利用者には、現在の利率より0.3%低い利率が適用されます。その次の年、さらにその次の年も同様です。

5年目まで続けられるので、利用し始めたとき(初年度)と比べて最大1.2%利率を下げることができます

  利用限度額 初年度との利率差
290万円以下 300万円~490万円 500万円~690万円 700万円
通常 初年度 9.8% 7.8% 4.5% 3.5% -
利率の引き下げサービス適用後 2年目 9.5% 7.5% 4.2% 3.2% -0.3%
3年目 9.2% 7.2% 3.9% 2.9% -0.6%
4年目 8.9% 6.9% 3.6% 2.6% -0.9%
5年目 8.6% 6.6% 3.3% 2.3% -1.2%

ちゃんと返済する人が得をするサービスですね。

プロミスの詳細

限度額

  業者名 限度額 金利
信販 三井住友カードゴールドローン 700万円 3.5~9.8%
  業者名 限度額 金利
銀行 みずほ銀行カードローン 10~1,000万円 3.5~14.0%
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
10~1,000万円 2.5~18.0%
三井住友銀行カードローン 10~800万円 4.0~14.5%
消費者金融 オリックスVIPローンカード 30~800万円 3.0~16.8%
アコム 1~800万円 3.0~18.0%
モビット 1~800万円 3.0~18.0%

三井住友カードゴールドローンの限度額は700万円です。

消費者金融としては最高レベル、銀行カードローンとしてはやや少なめ、その中間にある信販系としては まずまずの金額ではないでしょうか。

また、三井住友カードゴールドローンは総量規制の対象となるので、年収の3分の1以上の金額を借入れることはできません。

500万円借りようと思ったら、最低でも年収1,500万円以上必要になってしまいます。

プロミスの詳細

申込方法・審査時間

  業者名 申込方法 審査時間(最短) 融資までの時間(最短) お試し審査 お試し審査入力項目数
信販 三井住友カードゴールドローン インターネット 3週間 4週間 7
  業者名 申込方法 審査時間(最短) 融資までの時間(最短) お試し審査 お試し審査入力項目数
銀行 新生銀行カードローン レイク インターネット
自動契約機
電話
郵送
即時 最短即日 4
三菱東京UFJ銀行カードローン インターネット
テレビ窓口
電話
郵送
最短30分 最短即日 4
三井住友銀行カードローン インターネット
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短即日 -
消費者金融 アコム インターネット
むじんくん
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短1時間 4
モビット インターネット
ローン申込機
電話
郵送
最短30分 最短即日 3
プロミス インターネット
プロミス自動契約機
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短1時間 3

※申込みの時間帯によっては当日中の審査が難しいことがあります。

申込方法はホームページのみ
ホームページの申込専用ページに必要事項を入力し、送信します。

来店せずに自宅で手続きできますが、書類のやり取りはすべて郵送で行う必要があります

 申込方法

三井住友カードゴールドローンの返済方法は、「口座引落」のみです。そのため返済用の口座を登録する必要があります。

その登録方法によって(ホームページで行うか書面で行うか)申込みの流れが少しだけ変わります。

三井住友銀行、または三菱東京UFJ銀行の口座を登録するならホームページ上で登録できるので、案内状が来たら収入証明書のコピーとともに返送してください。

それ以外の金融機関の口座を登録する場合は、案内状にある書類に署名・捺印のうえ、本人確認書類と収入証明書のコピーを添えて返送します。

審査回答はメールで送られてきます。また、ホームページでも審査状況を照会することができます。

無事審査に通過したら、カードの到着を待つのみです。

「急いでいるのでカードが届くまで待てない!」という場合は、インターネットか電話から依頼すれば振込みで入金してもらうこともできます(詳しくは「借入方法」のところで説明しています)。

審査・融資にかかる時間

申込みをしてから審査回答が出るまで およそ3週間かかります!

その後、カードが到着して初めて借入可能になるので、融資までは4週間近くかかると見ていいでしょう。ほぼ1か月です。

「即日融資可能」や「30分で審査完了」など、スピード対応を推しているカードローンも多いなか、対応の遅さはダントツです。。。

審査後、カードが届く前に振込みで融資を受けることもできますが、それでも数日の違いにしかなりません。

三井住友カードゴールドローンは、急いでいる方には向いていないカードローンです。

必要書類

申込時は、下記の書類が必要になります。

  • 本人確認書類
    運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、住民票 のうちいずれかの写し
  • 収入証明書
    給与明細(直近2カ月)、源泉徴収票、確定申告書、課税証明書 のうちいずれかの写し

返済用口座の登録をホームページ上で行う場合(三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を登録する場合)は、収入証明書のみ用意すればOK。

それ以外の場合は、収入証明書に加えて本人確認書類も必要になります。

競合他社では、「希望する限度額に応じて収入証明書の提出を求められる(例:100万円以上の限度額を希望する場合、本人確認書類に加えて収入証明書の提出が必要となる)」カードローンが多いのですが、三井住友カードゴールドローンに申込む際は 収入証明書が必須アイテムとなります

用意するのが少し面倒かもしれませんね。

お試し審査

三井住友カードゴールドローンのホームページには、「キャッシング審査シミュレーション」というお試し審査サービスがあります。

入力項目は下記の7つです。

  • 希望借入枠(100万円/200万円/300万円)
  • 生年月日
  • 家族(同居/別居、配偶者あり/なし、子供あり/なし)
  • 勤務状況、年収
  • 住居(持家/賃貸/社宅・寮/その他)
  • 居住年数
  • 他社借入状況(件数、金額)

比較的細かい情報を入力できるので、精度の高い結果が期待できます。

診断結果は「お申込みいただけます。」もしくは「お申し込みの内容では、ご融資判断ができませんでした(=融資は難しいかもしれない)」のいずれかです。

実際の審査とは異なりますが、一定の目安にはなると思います。申込み前に試してみてはいかがでしょうか。

プロミスの詳細

借入方法

  業者名 振込みによる借入れ 提携ATM(銀行・コンビニ)からの借入れ
可否 申込方法 当日中の借入れ 手数料 主な提携ATM 手数料
信販 三井住友カードゴールドローン 電話
インターネット
無料 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
利用額1万円以下:105円
利用額1万円超:210円
  業者名 振込みによる借入れ 提携ATM(銀行・コンビニ)からの借入れ
可否 申込方法 当日中の借入れ 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 楽天銀行スーパーローン 電話
インターネット
無料 三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
無料(※1)
オリックス銀行カードローン 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料
じぶん銀行じぶんローン 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料
消費者金融 アコム 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
プロミス 電話
インターネット
無料 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
アイフル 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円

※1 三井住友銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソンATM、E-net のうちいずれかを利用した場合

振込による借入れ

ホームページ、または電話から申し込むと、返済用に登録している口座に振込で入金してもらえます。手数料は無料です。

ホームページからの場合、平日14時までに申し込めば当日中に入金してもらえる可能性が高いのですが、銀行の対応スピードによる部分もあるので確約はできないそうです。

間に合わない場合は翌営業日に入金となります。

電話から申込む場合は、何時に申し込んでも翌営業日の入金となります。

提携ATMで借入れ

カードが手元にあれば、全国の提携ATMで借入れできます。

提携ATM(例)

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ローソンATM
  • E-net
  • ゆうちょ銀行

ただし、利用時に手数料がかかります。

提携ATM利用時の手数料

1回の利用金額が1万円以下のなら105円、1万円超なら210円。

プロミスの詳細

おまとめローン

  業者名 おまとめ専用商品 総量規制 金利 限度額 最長返済回数
信販 三井住友カードゴールドローン - 対象 3.5~9.8% 700万円 101
  業者名 おまとめ専用商品 総量規制 金利 限度額 最長返済回数
銀行 住信SBIネット銀行MR.カードローン
(プレミアムコース)
- 対象外 0.99~7.99% 10~1,200万円 -
みずほ銀行カードローン - 対象外 3.5~14.0% 10~1,000万円 -
三井住友銀行カードローン - 対象外 4.0~14.5% 10~800万円 -
消費者金融 アイフル おまとめMAX 対象外 12.0~15.0% 1~500万円 120
プロミス 貸金業法に基づくおまとめローン 対象外 6.3~17.8% 1~300万円 120
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン 対象外 7.7~18.0% 1~300万円 162

三井住友カードゴールドローンの資金用途は自由なので、おまとめや借り換えにも使えます

超低金利なうえ、限度額も700万円と大きめ。おまとめや借り換えにも向いているローンだといえるのですが、ひとつだけネックがあります。

それは、総量規制の対象となること。年収の3分の1以上の金額を借入れることができないのは痛いですね。

総量規制がネックになりそうな場合は、銀行カードローンかおまとめ・借り換え専用ローン(総量規制対象外)をチェックしましょう。

たとえば、住信SBIネット銀行ネットローン(プレミアムコース)は金利0.99~7.99%・限度額10~1,200万円の超優良カードローンです。

しかも銀行カードローンなので総量規制対象外。ぜひチェックしてみてください。

プロミスの詳細

無利息期間

  業者名 無利息期間
銀行 新生銀行カードローン レイク 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
契約日の翌日から180日間(初回のみ、5万円まで)
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 初回借入日から30日間(初回のみ)
消費者金融 プロミス 初回借入日の翌日から30日間(初回のみ)
ノーローン 借入日の翌日から7日間
アコム 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
アイフル 契約日の翌日から30日間(初回のみ)

三井住友カードゴールドローンには、無利息期間サービスがありません。

一定期間利息がつかない無利息期間サービスはたしかに魅力的ですが、三井住友カードゴールドローンはもともと金利がかなり低いので、無利息期間がなくてもまったく問題ないように思います。

返済方法

  業者名 返済期日 インターネットからの振込みによる返済 提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済 その他返済方法
可否 対応金融機関 利用可能時間 手数料 主な提携ATM 手数料
信販 三井住友カードゴールドローン
(※2)
10日
26日
- - - - 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
利用額1万円以下:105円
利用額1万円超:210円
口座引落
  業者名 返済期日 インターネットからの振込みによる返済 提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済 その他返済方法
可否 対応金融機関 利用可能時間 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 楽天銀行スーパーローン
(※2)
1日
12日
20日
27日
Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
無料 口座引落
振込み
新生銀行カードローン レイク 毎月指定日(任意) Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 セブン銀行
ローソンATM
E-net
無料 レイクATM
口座引落
振込み
オリックス銀行カードローン 毎月10日か末日 - - - - 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料 口座引落
振込み
消費者金融 アコム 35日ごと
毎月指定日(任意)
6日(口座引落)
Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
店頭窓口
アコムATM
口座引落
振込み
プロミス 5日
15日
25日
末日
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
楽天銀行
24時間 無料 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
(三井住友銀行は手数料無料)
店頭窓口
プロミスATM
口座引落
振込み
コンビニ
(※3)
ノーローン 毎月指定日(任意) Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 新生銀行
イオン銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
レイクATM
口座引落
振込み

※2 毎月の返済(約定返済)は「口座引落」で行われます。引き落とし日は金融機関によって異なる
※3 ローソン、ミニストップ、ファミリーマート
※4 全国の銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合・漁業協同組合

三井住友カードゴールドローンの返済方法は、口座引落のみです。支払期日は毎月10日、または26日のいずれかになります。

インターネットバンキングやATMを使った返済方法は利用できません。

繰上げ返済

繰上げ返済は、「一部返済」「全額返済」両方可能です。方法は下記の3通りです。

  • 提携ATM(事前申請不要・ATM利用手数料有料)
  • 口座引落(事前申請が必要・手数料無料)
  • 振込(事前申請が必要・振込手数料有料)

他社のカードローンでは、ほとんどの場合、繰上げ返済することを事前に申請する必要はありません。

しかし、三井住友カードゴールドローンの場合は事前の申請が必要となります(提携ATMから入金する場合を除く)。

また、提携ATMや振込を利用する際は都度 手数料がかかります。

プロミスの詳細

返済方式

  業者名 返済方式
信販 三井住友カードゴールドローン 毎月元金定額返済
  業者名 返済方式
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン 残高スライドリボルビング
三井住友銀行カードローン 残高スライド
みずほ銀行カードローン 残高スライド
住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 残高スライドリボルビング
楽天銀行スーパーローン 残高スライドリボルビング返済
元利込定額返済
消費者金融 アコム 定率リボルビング
プロミス 残高スライド元利定額返済
モビット 借入後残高スライド元利定額返済方式
アイフル 残高スライド元利定額リボルビング
オリックスVIPローンカード 新残高スライドリボルビング返済
元利込定額リボルビング返済

三井住友カードゴールドローンの返済方式は、「毎月元金定額返済」

実はこの返済方式、業界では大変めずらしい返済方式なのです。

返済方式には、大きく分けて「元金方式」と「元利方式」があります。

三井住友カードゴールドローンでは元金方式が採用されているのですが、多くの金融機関では元利方式が採用されています。

元利方式

毎月の返済額が1万円の場合、返済する元金+利息の合計額が1万円になる。

よって、1万円-利息分が返済にあてられる。

元金方式

毎月の返済額が1万円の場合、毎月1万円+利息を支払う。1万円は全て元金返済にあてられる。

「元金方式」と「元利方式」

元金定額返済は、返済に占める元金部分が"定額"です。

月々の返済額に占める元金の割合が元利方式に比べて高いため、元金がはやく減り、それによって(利息は元金に対してかかるので)利息も少なくなる傾向があります

ただし、元利に比べて月々の返済額が大きくなる傾向があるので、月々の返済額をおさえたい方には向いてないかもしれません。

プロミスの詳細

店舗数

  業者名 自社ATM 主な提携ATM 有人店舗の店舗数 自動契約機の設置数
信販 三井住友カードゴールドローン 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
0 0
  業者名 自社ATM 主な提携ATM 有人店舗の店舗数 自動契約機の設置数
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
677 627
(テレビ窓口)
三井住友銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
439 719
みずほ銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
461 0
消費者金融 アコム 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
39 1065
プロミス 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
18 1167
アイフル 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
25 625

自社ATMはありませんが、提携ATMが大変充実しています

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のATMのほか、メジャーなコンビニATMはすべて使えます(通常の返済は口座引落なので、借入か繰り上げ返済時しか使うことはないですが・・・)。

ただし、利用額に応じて105円から210円の手数料がかかります。

申込みはホームページから、手続きも郵送で行うので、有人店舗や自動契約機はありません。

プロミスの詳細

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報