イオン銀行カードローンBIGを徹底検証。全9項目を他社と比較してわかったこと

ここでは、イオン銀行カードローンBIGのメリット・デメリットについて解説していきます。

「どうせ広告記事でしょ?」

いえ、そうではなく、大手消費者金融や銀行のカードローンと比較しながら、金利、限度額、審査時間など全9項目にわたって細かく比較しました。

イオン銀行カードローンBIGは、メガバンクのカードローンに負けない低金利で、専業主婦も利用可能なので人気がありますが、融資までにかなり時間がかかるなどのデメリットもあります。

どんなサービスでもメリットがあれば、デメリットがありますから、解説するからにはイオン銀行カードローンBIGの悪い部分もしっかり紹介していきます。

また、筆者なりに「どんな人に向いているローンなのか」検証しているので、ぜひ参考にしてください。

イオン銀行カードローンBIGってどんなローン?

大手スーパーなどを展開するイオングループ、その金融部門であるイオン銀行が運営するのがイオン銀行カードローンBIGです。

利用できるのは、満20歳以上満65歳未満で、安定収入があり、イオン銀行の口座を持っている人です(口座は同時申込み可能)。

ただし、学生は利用不可。

また、本人に安定収入のない専業主婦でも、配偶者に安定収入があれば例外的に申込めます。

イオン銀行カードローンBIGのメリット

イオン銀行カードローンBIGにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

低金利

最大の特徴は、低めにおさえられた金利です。

3.8~13.8%の金利は、大手消費者金融はもちろん、他の銀行カードローンと比べても遜色ありません(消費者金融の多くは上限金利18%、銀行カードローンの多くは上限金利15%)。

イオン銀行の正しい金利は必ずこちらをクリックして確認してください

収入のない専業主婦も申込可

最近は、専業主婦の申込みを断る業者が増えています。

特にアコムやプロミスなどの大手消費者金融は、「専業主婦利用不可」としていますね。

その点、イオン銀行カードローンBIGなら本人に収入がない専業主婦でも申込めます(ただし、限度額は上限50万円)。

配偶者に安定した収入が必要ですが、収入証明書や同意書の提出を求められるわけではありません。

専業主婦の申込み詳細はこちらをクリック

希望額300円以下は収入証明書不要

消費者金融は希望額50万円以上で収入証明書が必要になりますし、銀行カードローンも希望額100万円以上で必要になるところが多いです。

その点、イオン銀行カードローンBIGなら、希望額300万円まで収入証明書不要です(ただし、個人事業主、または法人代表は例外です。希望額300万円以下でも必要です)。

また、すでにイオン銀行の口座を持っているなら、希望額400万円以下まで収入証明書不要となります。

さらに、イオン銀行のインターネットバンキングに登録していれば、本人確認書類も収入証明書も原則不要です。

収入証明不要の詳細はこちらをクリック

24時間いつでも借入れ可能

イオン銀行カードローンBIGなら、24時間365日手数料無料で借入れできます。

借入方法はインターネットバンキングかATM。

インターネットバンキングなら、インターネット上の手続きだけで、口座(イオン銀行の口座)に入金してもらえます。

また、イオン銀行のATMなら24時間営業で手数料無料です。

ただ、ATMがイオンの店内にある場合、ATMの営業時間は店舗の営業時間内に限られるので注意してください。

イオン銀行カードローンBIGのデメリット

では、イオン銀行カードローンBIGにはどのようなデメリットがあるのでしょう?

イオン銀行の口座が必要

利用には、イオン銀行の普通預金口座が必要です。

口座がない場合は、新たに開設しなければなりません。

新規で口座開設する場合は時間がかかるため、どんなに急いでも融資まで4~5日かかります。

審査が遅い

イオン銀行カードローンBIGの審査は遅いです。

14時までに申込めば最短即日回答ですが、翌日以降になることもあります。

また、審査通過後には電話で通過の連絡がありますが、不可の場合は郵送で通知されます。

したがって、不可の場合、結果がわかるまで数日かかります。不可の場合でも もっと早く教えて欲しいですよね。

最近は、「最短30分で審査回答」「申込後すぐに仮審査の結果を表示」などのように、審査スピードに力を入れているところが多いので、それらと比べると見劣りしてしまいます。

即日融資は難しい

イオン銀行カードローンBIGで即日融資を受けるハードルは非常に高いです。

即日融資を受けるためには、下記の条件をすべて満たさなくてはなりません。

  • イオン銀行の口座を持っている
  • イオン銀行のインターネットバンキングに登録済み
  • 14時までにホームページから申込みを済ませる
  • イオン銀行側が申込み当日に「審査」と「カードローン口座の開設」の両方を済ませる

すでに口座を持っている人でも融資まで1日~2日かかることが多いそうです。特に最後の条件が難しいようですね。

では、もともと口座を持っていない場合はどうでしょう。

申込み当日に窓口で口座開設した場合は、融資まで最短4~5日かかります。

また、郵送で口座開設の手続きをした場合、融資まで最短9~10日かかるようです。

なお、イオン銀行カードローンBIGへの申込みは、通常、ホームページから行いますが、窓口や郵送でも申込み可能です。

ただし、窓口や郵送で申込んだ場合は、融資まで1ヶ月以上かかってしまうそうです(口座の有無にかかわらず)。

どんな人に向いている?

ここまでのメリット・デメリットを踏まえ、イオン銀行カードローンBIGに向いているのはどんな人か、検証してみました。

イオン銀行の口座を持っている

もともとイオン銀行の口座を持っているなら、口座開設は必要ありません。

また、申込みから融資まで1日~2日で済みます。条件は厳しいですが、うまくいけば即日融資も可能です。

ついでに、インターネットバンキングも登録済みなら、申込み時に必要書類(本人確認書類や収入証明書)が不要になります(希望額にかかわらず)。

金利が低い銀行カードローンを探している

イオン銀行カードローンBIGの金利は3.8~13.8%なので、金利重視の人には比較的おすすめです。

ただし、金利だけなら他にもっと低いローンがあります。

例)
三井住友カードゴールドローン...金利3.5~9.8%

金利や他条件を比較したうえで、あなたに合ったローンを選ぶようにしてください。

いかがでしたか。

ここからは、金利、限度額など全9項目にわけてイオン銀行カードローンBIGをより詳しく検証していきます。

金利

  業者名 金利 遅延利率・遅延損害金
銀行 イオン銀行カードローンBIG 3.8~13.8% 19.8%
  業者名 金利 遅延利率・遅延損害金
銀行 住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 0.99~7.99% 20.0%
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% 19.9%
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6% 14.6%
消費者金融 オリックスVIPローンカード 3.0~16.8% 19.9%
プロミス 4.5~17.8% 20.0%
アコム 3.0~18.0% 20.0%
信販 三井住友カードゴールドローン 3.5~9.8% 20.0%

※ 金利、遅延損害金はすべて実質年率です。

イオン銀行カードローンBIGの金利は3.8~13.8%です。

大手消費者金融の上限金利が18%前後なので、それに比べると低金利といえるでしょう。

一方、銀行カードローンは上限金利15%前後のところが多いので、それよりは少し低いくらいですね。

なかには、住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)や三井住友カードゴールドローンのような超低金利ローン(上限金利の低いローン)もあるので、金利を重視派はそちらも検討してみてください。

また、イオン銀行カードローンBIGの場合、実際に適用される利率と利用限度額は審査で決められます。

利用限度額 適用利率
30万円~90万円 13.80%
100万円・200万円 8.80%
300万円 7.80%
400万円・500万円・600万円 4.80%
700万円・800万円 3.80%

※100万円までは10万円単位、100万円超は100万円単位

このように、利用限度額ごとに適用利率が決まっています。

たとえば 審査で利用限度額を100万円に設定されたとすると、その利用者に適用される利率はおのずと8.8%となります。

限度額

  業者名 限度額 金利
銀行 イオン銀行カードローンBIG 30~800万円 3.8~13.8%
  業者名 限度額 金利
銀行 みずほ銀行カードローン 10~1,000万円 3.5~14.0%
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
10~1,000万円 2.5~18.0%
三井住友銀行カードローン 10~800万円 4.0~14.5%
消費者金融 オリックスVIPローンカード 30~800万円 3.0~16.8%
アコム 1~800万円 3.0~18.0%
モビット 1~800万円 3.0~18.0%

イオン銀行カードローンBIGの限度額は30~800万円です。

銀行カードローンだけあって、限度額は大きめに設定されています。

さらに、総量規制の対象外なので、「年収の3分の1超の金額を借りることはできない」というルールも適用されません。

しかし、さきほども説明したとおり、各々の利用限度額は審査で決められるので、「いくらになるか」は審査を受けてみないとわかりません。

年収にもよりますが、はじめから数百万円の利用限度額を設定されることは非常に珍しいです。

はじめは数十万円程度に設定されると思っておきましょう。

また、本人に収入がない専業主婦の限度額は最大50万円までなので注意してください。

申込方法・審査時間

  業者名 申込方法 審査時間(最短) 融資までの時間(最短) お試し審査 お試し審査入力項目数
銀行 イオン銀行カードローンBIG インターネット 最短即日 最短即日 -
  業者名 申込方法 審査時間(最短) 融資までの時間(最短) お試し審査 お試し審査入力項目数
銀行 新生銀行カードローン レイク インターネット
自動契約機
電話
郵送
即時 最短即日 4
三菱東京UFJ銀行カードローン インターネット
テレビ窓口
電話
郵送
最短30分 最短即日 4
三井住友銀行カードローン インターネット
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短即日 -
消費者金融 アコム インターネット
むじんくん
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短1時間 4
モビット インターネット
ローン申込機
電話
郵送
最短30分 最短即日 3
プロミス インターネット
プロミス自動契約機
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短1時間 3

※申込みの時間帯によっては当日中の審査が難しいことがあります。

申込方法

イオン銀行カードローンBIGの申込方法はホームページです。

土日含め、24時間受け付けています。

窓口や郵送でも申込みできますが、審査に最低2週間、融資が受けられるまでは最低1ヶ月かかるので、あまりおすすめできない方法です。

ここからは、ホームページからの申込みの流れについてまとめました。

イオン銀行カードローンBIGホームページからの申込みの流れ

審査時間・融資までの時間

審査回答までにかかる時間と融資までかかる時間をみていきましょう。

審査時間

14時までに申込めば、最短即日回答です。

ただし、混雑状況によっては翌日以降になることもあります。

他社では、「審査時間 最短30分」「申込み後すぐに仮審査の結果通知」など審査スピードに力を入れているところも多いので、それらに比べるとスピード感に欠けますね。

また、審査通過後は電話連絡がありますが、不可だった場合は郵送になります。

すぐに結果を知りたい場合は、コールセンターに問い合わせたほうが早いのですが、不可の場合に郵送というのはちょっと困りますね。

融資までの時間

口座を持っているかどうかで融資までの期間が異なります。

口座をもともと持っている場合は、最短即日融資が可能です。

ただし、下記の条件をすべてクリアしなければなりません。

  • イオン銀行のインターネットバンキングに登録済み
  • 14時までにホームページから申込みを済ませる
  • イオン銀行側が、申込み当日に「審査」と「カードローン口座の開設」を済ませる

これらをクリアできれば、インターネットバンキングを使って即日借入れが可能(詳細は「借入方法」で詳しく説明します)。

ただし、確実ではないので、融資が翌日~翌々日になることも想定したほうがいいでしょう。

一方、口座を持っていない場合は口座開設に時間がかかるので、即日融資は期待できません。

融資まで、最短でも4~5日かかります。

14時までにカードローンに申込み、当日中に審査回答を受け、さらにイオン銀行の店舗へ行き口座開設手続きをしても、融資までに最短4~5日かかると思ってください。

郵送で口座開設する場合は、融資まで最短でも9~10日かかってしまいます。

口座を持っていない場合、すぐにインターネットバンキングを利用できないので、カードの到着を待ってATMから借入れる必要があるのです。

必要書類と提出方法

申込時に提出する書類について解説します。

必要書類の種類

イオン銀行カードローンBIGに申込む際は、本人確認書類や収入証明書が必要になります。

本人確認書類

本人確認書類の提出は必須ですが、例外があります。

イオン銀行の口座があり、インターネットバンキングに登録済みの場合は、本人確認書類も収入証明書も必要です。

《本人確認書類の例》

  • 運転免許証の写し
  • 健康保険証の写し
  • パスポートの写し

収入証明書

希望額300万円超の場合は収入証明書が必要となりますが、こちらも例外があります。

まず、個人事業主または法人代表は、希望額300万円以下であっても収入証明書が必要です。

また、イオン銀行の口座を持っていれば、希望額400万円以下なら収入証明書不要です。

《収入証明書の例》

  • 源泉徴収票(前年度のもの)の写し
  • 給与明細2ヵ月分(直近3ヵ月以内に発行されたもの)の写し
  • 住民税の課税決定通知書の写し

提出方法

必要書類を写真撮影やスキャンし、ホームページの案内にしたがってアップロードします。

お試し審査

業者によっては、「性別・年齢・年収・他社借入件数・他社借入金額」など、簡単な情報を入力するだけで融資可否がわかる簡易診断機能を持っています。

これがあれば、本審査の申込み前に可否の目安知ることができますが、イオン銀行カードローンBIGには用意がありません。

借入方法

  業者名 振込みによる借入れ 提携ATM(銀行・コンビニ)からの借入れ
可否 申込方法 当日中の借入れ 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 イオン銀行カードローンBIG インターネット 無料 三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
りそな銀行
E-net
ゆうちょ銀行
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
  業者名 振込みによる借入れ 提携ATM(銀行・コンビニ)からの借入れ
可否 申込方法 当日中の借入れ 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 楽天銀行スーパーローン 電話
インターネット
無料 三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
無料(※1)
オリックス銀行カードローン 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料
じぶん銀行じぶんローン 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料
消費者金融 アコム 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
プロミス 電話
インターネット
無料 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
アイフル 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円

※1 三井住友銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソンATM、E-net のうちいずれかを利用した場合

インターネットバンキングとATMで借入れる方法があります。

インターネットバンキング

イオン銀行の口座に入金する方法です。

イオン銀行の口座を持っている人は、誰でもイオン銀行ダイレクトというインターネットバンキングサービスを利用できます。

それにログインし、 カードローンの借入申込みをすれば、あなたの口座に入金されるのです。

システムメンテナンス時間をのぞけば、24時間365日利用可能、手数料も無料です。

イオン銀行ATM

全国に設置してあるイオン銀行のATMなら、年中無休・24時間手数料無料で利用できます。

イオン銀行のATMは全国に5,537台設置されています(2014年12月31日時点)。

イオン店舗内に設置されていることが多いので、買い物のついでに利用できますね。

ただし、イオン店内に設置されているATMの営業時間は店舗の営業時間に限られるのでご注意ください。

提携ATM

主な提携ATMは下記です。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • E-net(ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、スリーエフ、ポプラ、デイリーヤマザキ等)

セブンイレブンのATMやローソンのATMは利用できません。

また、イオン銀行以外のATMを利用する際は、1回あたり108円~216円の手数料がかかります。

おまとめローン

  業者名 おまとめ専用商品 総量規制 金利 限度額 最長返済回数
銀行 イオン銀行カードローン ネットフリーローン 対象外 4.8~13.5% 30~700万円 96
  業者名 おまとめ専用商品 総量規制 金利 限度額 最長返済回数
銀行 住信SBIネット銀行MR.カードローン
(プレミアムコース)
- 対象外 0.99~7.99% 10~1,200万円 -
みずほ銀行カードローン - 対象外 3.5~14.0% 10~1,000万円 -
三井住友銀行カードローン - 対象外 4.0~14.5% 10~800万円 -
消費者金融 アイフル おまとめMAX 対象外 12.0~15.0% 1~500万円 120
プロミス 貸金業法に基づくおまとめローン 対象外 6.3~17.8% 1~300万円 120
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン 対象外 7.7~18.0% 1~300万円 162

イオン銀行には、ネットフリーローンというおまとめローンがあります。

金利は4.8~13.5%、限度額は最大700万円総量規制対象外。おまとめに適した条件がそろっていますね。

ただし、利用条件が少し厳しめです。

利用できるのは、満20歳以上満60歳未満で、前年度税込年収が200万円以上の人です(年金生活者、学生は利用不可)。

さらに、契約1件につき2,700円の事務手数料がかかります。

おまとめには、他にも適したローンがあります。

東京スター銀行スターワンバンクローン(のりかえローン)

金利:7.8~9.8%
限度額:30~1,000万円
利用条件:満20歳以上65歳未満で、年収200万円以上の給与所得者

住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)

金利:0.99~7.99%
限度額:10~1,200万円
利用条件:満20歳以上満65歳以下で安定した収入のある人(学生、年金生活者は利用不可)

こちらも利用条件は少し厳しめですが、文句なしの低金利ですね。

無利息期間

  業者名 無利息期間
銀行 新生銀行カードローン レイク 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
契約日の翌日から180日間(初回のみ、5万円まで)
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 初回借入日から30日間(初回のみ)
消費者金融 プロミス 初回借入日の翌日から30日間(初回のみ)
ノーローン 借入日の翌日から7日間
アコム 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
アイフル 契約日の翌日から30日間(初回のみ)

イオン銀行カードローンBIGに無利息サービスはありません。

無利息サービスを利用したいなら、表にあるローンを検討してみてはいかがでしょうか。

返済方法

  業者名 返済期日 インターネットからの振込みによる返済 提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済 その他返済方法
可否 対応金融機関 利用可能時間 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 イオン銀行カードローンBIG
(※2)
7日 イオン銀行 24時間 無料 ゆうちょ銀行
みずほ銀行
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
口座引落
振込み
  業者名 返済期日 インターネットからの振込みによる返済 提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済 その他返済方法
可否 対応金融機関 利用可能時間 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 楽天銀行スーパーローン
(※2)
1日
12日
20日
27日
Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
無料 口座引落
振込み
新生銀行カードローン レイク 毎月指定日(任意) Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 セブン銀行
ローソンATM
E-net
無料 レイクATM
口座引落
振込み
オリックス銀行カードローン 毎月10日か末日 - - - - 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料 口座引落
振込み
消費者金融 アコム 35日ごと
毎月指定日(任意)
6日(口座引落)
Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
店頭窓口
アコムATM
口座引落
振込み
プロミス 5日
15日
25日
末日
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
楽天銀行
24時間 無料 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
(三井住友銀行は手数料無料)
店頭窓口
プロミスATM
口座引落
振込み
コンビニ
(※3)
ノーローン 毎月指定日(任意) Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 新生銀行
イオン銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
レイクATM
口座引落
振込み

※2 毎月の返済(約定返済)は「口座引落」で行われます。引き落とし日は金融機関によって異なる
※3 ローソン、ミニストップ、ファミリーマート
※4 全国の銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合・漁業協同組合

イオン銀行カードローンBIGの返済方法は、口座引落です。

毎月7日に口座から自動的に引き落とされます。

引き落とし金額は、返済日前日の借入残高によって下記のように決められています。

返済日前日の借入残高 返済額
3,000円超 10万円以下 3,000円
10万円超 40万円以下 5,000円
40万円超 50万円以下 1万円
50万円超 100万円以下 1万5000円
100万円超 150万円以下 2万円
150万円超 200万円以下 2万5000円
200万円超 250万円以下 3万円
250万円超 350万円以下 3万5000円
350万円超 450万円以下 4万円
450万円超 600万円以下 5万円
600万円超 6万円

なお、「今月は余裕があるのでもっと返済したい」という場合は、任意返済(繰り上げ返済)が可能です。

任意返済は、インターネットバンキング、振込み、イオン銀行ATM、提携ATMからおこなうことができます。

インターネットバンキングとイオン銀行ATMは手数料無料ですが、振込みや提携ATMだと返済時に手数料がかかるのでご注意ください。

返済方式

  業者名 返済方式
銀行 イオン銀行カードローンBIG 残高スライド
  業者名 返済方式
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン 残高スライドリボルビング
三井住友銀行カードローン 残高スライド
みずほ銀行カードローン 残高スライド
住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 残高スライドリボルビング
楽天銀行スーパーローン 残高スライドリボルビング返済
元利込定額返済
消費者金融 アコム 定率リボルビング
プロミス 残高スライド元利定額返済
モビット 借入後残高スライド元利定額返済方式
アイフル 残高スライド元利定額リボルビング
オリックスVIPローンカード 新残高スライドリボルビング返済
元利込定額リボルビング返済

イオン銀行カードローンBIGの返済方式は残高スライド方式です。

一般的に、残高スライドリボルビング方式残高スライド元利定額返済方式などと呼ばれ、キャッシング業界ではメジャーな返済方式です。

残高スライド方式では、借入残高によって月々の返済金額が決まります。

たとえば、借入残高が100万円なら月々の返済額は1万5000円、借入残高が30万円なら月々の返済額は5,000円です。

この返済方式は、返済当初は利息ばかり支払うような格好になり元本がなかなか減らず、結果的に利息総額がふくらんでしまうというデメリットがあります。

それを避けるには、任意返済(繰り上げ返済)をして早く元本を減らすことです。

早ければ早いほど大きな効果を得られます。

任意返済は、ATMやインターネットバンキングで簡単にできるので、余裕があるときは優先して返済にまわすようにしましょう。

店舗数

  業者名 自社ATM 主な提携ATM 有人店舗の店舗数 自動契約機の設置数
銀行 イオン銀行カードローンBIG 三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
E-net
ゆうちょ銀行
137 0
  業者名 自社ATM 主な提携ATM 有人店舗の店舗数 自動契約機の設置数
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
677 627
(テレビ窓口)
三井住友銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
439 719
みずほ銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
461 0
消費者金融 アコム 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
39 1065
プロミス 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
18 1167
アイフル 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
25 625

イオン銀行には、137の有人店舗、5,537台の自社ATMがあります(2014年3月時点)。

イオン銀行のATMは、主にイオンの店内に設置されています。買い物のついでに寄れるので便利ですね。

ただし、来店して口座開設したい人にとって、137店舗では足りないかも知れません。たまたま近くにあればいいのですが。

また、提携の銀行ATM・コンビニATMの種類は豊富です。

セブンイレブンATMとローソンATMが使えないのは不便ですが、それ以外は申し分ありません。

ちなみに、提携ATM利用時は108~216円の手数料がかかるので注意してください(イオン銀行ATM利用時は手数料無料)。

なお、自動契約機は用意されていません。

まとめ

最後に、イオン銀行カードローンBIGのメリット・デメリットをおさらいしましょう。

メリット

  • 3.8~13.8%の低金利
  • 収入のない専業主婦も申込みOK(限度額は上限50万円)
  • 希望額300円以下は収入証明書不要(イオン銀行の口座を持っているなら、希望額400万円以下は収入証明書不要)
  • 24時間イオン銀行ATM・インターネットバンキングから手数料無料で借入れ可能

デメリット

  • カードローンを利用するには、イオン銀行の口座が必要
  • 審査は14時までに申込めば最短即日回答だが、場合によっては翌日以降になることも
  • 即日融資のハードルが非常に高い(イオン銀行の口座を持っていないとほぼ不可能)

どんな人に向いている?

  • すでにイオン銀行の口座を持っている
  • 金利が低い銀行カードローンを探している

いかがでしたか。

イオン銀行カードローンBIGは、すでにイオン銀行の口座を持っている人に特におすすめできるローンです。

融資まで数日がかかる場合が多いですが、金利は低いので、ぜひ選択肢に入れてみて下さい。

過去にイオン銀行カードローンの審査を受けた方の結果

  • 2016年6月7日 16時32分
    買い物のためにカードローンに申し込みました。イオン銀行の審査では源泉徴収票だけ提出しています。すぐに100万円の枠をもらえました。10年ほど前に七十七銀行のカードローンをりようしていましたが、それはすでに完済していました。2か月後に同じイオン銀行のフリーローンにも申し込みましたが、そちらも50万円の枠をいただいています。
    申込日 年齢 職業
    2015 42歳 会社員
    勤続年数 年収 融資額
    7年9ヶ月 320万円 100万円
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2015 42歳 会社員 7年9ヶ月 320万円 100万円
  • 2016年3月31日 13時57分
    親の住宅ローンを肩代わりするために借り入れしました。すでにモビットやオリコのカードローンから借入れがありましたが、審査に通りました。申込みはイオンのクレジットカードの申込みと同時に行ったので、審査はスムーズだったと思います。この審査が通過して、モビットのローンは完済しました。
    申込日 年齢 職業
    2011 26歳 会社員
    勤続年数 年収 融資額
    3年 400万円 60万円
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2011 26歳 会社員 3年 400万円 60万円
  • 2015年10月3日 00時49分
    車上荒しに遭って、お金と銀行カードを盗まれてしまい、当面の生活費として借入れました。ネットで調べるとイオン銀行の広告が目に止まり、条件がよく、ATMも近所にあったので申し込んでみました。まずはサイトで口座を開設し、そのままローンを申し込み。1時間ほどで確認の電話があり、ついでに20万円ほどあったクレッジットカードの借入れのおまとめもと思い、100万円の借入れを希望しました。そのまま仮審査は通過し、数日後に送られてきた申込書や免許証のコピーなどを返送しました。ちなみに100万円までなら、収入証明書は不要とのことでした。職場への在籍確認はあったかもしれませんが、仕事が外回りの営業なので確認できませんでした。
    ローン専用カードが郵送されるまで一週間ほどかかったのでやきもきしましたが、自宅近くのイオンのATMが利用できるし、手数料もかからないので満足しています。とりあえず必要額の70万円を現金化しました。ローンは初めての経験でしたが、予想以上に容易に借りれるのは便利な反面、こわいとも思いました。盗まれた預金はいま弁護士さんと銀行間で交渉中ですが、お金が戻ったらすぐにローンも全額返済する予定です。
    申込日 年齢 職業
    2014 34歳 会社員
    勤続年数 年収 融資額
    3年 360万円 70万円
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2014 34歳 会社員 3年 360万円 70万円
  • 2015年9月15日 15時39分
    いろいろと借入れを重ね、返済も大変になっていたので、もっと有利な条件で借換えをしたいと思い、イオン銀行に申し込みました。ただイオンの店舗ならどこでもというわけでもないらしく、遠くにある大型店舗まで行かなくてはならなかったのが少々面倒ではありました。それに行ってみても担当者が不在でずいぶんと待たされました。
    ただ手続きそのものは相手の応対も丁寧でしたし、金利を含め、いろいろと好条件で借り入れができたので良かったです。おかげで生活費だけでなく、念願の借り換えもできて返済がぐっと楽になりました。
    申込日 年齢 職業
    2015 36歳 パート・アルバイト
    勤続年数 年収 融資額
    2年 140万円 50万円
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2015 36歳 パート・アルバイト 2年 140万円 50万円
  • 2015年7月22日 16時34分
    1年ほど前、サラリーマンをやめて独立。自営として銀行からの融資枠を持っていたほうがいいと思い、申し込んでみました。
    手続きはすべてネットから。お店にもいかず(そもそもイオン銀行の店舗はありませんし)、だから誰とも会わず(やりとりはすべてメールか電話)、結果的に100万円の限度額が設定されて少々驚きました。
    消費者金融などと比べて金利面では有利ですが、ただイオン銀行はイオン系以外のATMだと手数料がかかるのがマイナスポイントですね。ただ全般的には満足しています。
    学生時代は世間知らずで消費者金融から借りたこともありますが、いまでは借り入れにも格付けあると実感しています。それほど急いでいないのなら、まずは銀行系から検討すべき、それが鉄則だと思います。
    申込日 年齢 職業
    2014 26歳 自営業・自由業
    勤続年数 年収 融資額
    1年 600万円 100万円
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2014 26歳 自営業・自由業 1年 600万円 100万円
  • 2015年3月25日 17時20分
    否決でした。
    申込日 年齢 職業
    2015 40歳 会社員
    勤続年数 年収 融資額
    9年11ヶ月 200万円 なし
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2015 40歳 会社員 9年11ヶ月 200万円 なし
  • 2015年3月18日 02時24分
    カードそのものは、2000年頃、定職についていた頃に作りました。当時は審査に1週間程かかりましたね。その後会社をやめてアルバイトをはじめいた頃に生活費が足りなくなってはじめて借入れました。現在は結婚して子持ちの専業主婦ですが、在宅の仕事などしながらコツコツと返済は続けています。ただもう、できるだけローンは使いたくないとは思っています。
    申込日 年齢 職業
    2008 35歳 パート・アルバイト
    勤続年数 年収 融資額
    5年 200万円 50万円
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2008 35歳 パート・アルバイト 5年 200万円 50万円
  • 2015年2月25日 01時56分
    会社を辞めるつもりで、そのための生活費と新たに起業するための準備金として借りました。ただ他社からも借り入れがあったので、できるかどうか半信半疑でしたが、なぜか50万円を借りることができて大変助かりました。
    ただいろいろあって起業は諦め、相変わらずの会社勤め。返済はいよいよ立ちいかなくなり、現在債務整理の手続き中です。
    申込日 年齢 職業
    2012 30歳 会社員
    勤続年数 年収 融資額
    2年6ヶ月 240万円 50万円
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2012 30歳 会社員 2年6ヶ月 240万円 50万円

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報