学生時代、アルバイトで9社、340万円の借金経験者が各業者を評価

私は学生時代、パチンコの負けを補てんするためにキャッシングをはじめました。

その後、あれよあれよという間に複数の借金を抱え、返済困難に陥ってしまったのです。

今回はそのときのことをお話します。

体験者の情報

名前:成宮 隆史(仮名)
性別:男性
会社名(借入先):マルイ、ゼロファースト、横浜銀行カードローン、三井住友カードローン、モビット、オリコ、セゾンカード、ローソンCSカード、ファミマTカード
借入件数:9件
利用時期:2002年4月
当時の職業:大学生
当時の年齢:21歳
当時の借金の合計額:340万円

キャッシングが必要になった経緯

あれは大学2年の頃です。
大学の教科書、参考書代や部活の合宿費、交際費、その他、後輩たちにおごったりなどなど・・・当時は特に出費が多い時期でした。

アルバイトはピザの宅配をやっていましたが、効率の良さのために短時間で稼げるパチンコ、スロットに行くことが多くなりました。

もちろん勝つこともありましたが、負ける時は完全に負けることが多くて、お金が完全になくなってしまい、どうしようもない状態に...。

そのときから、キャッシングに手を出すようになっていったのです。

業者を選んだ基準、理由

「アルバイトでも、定額収入があれば借りられるところ」で借りることに。

マルイカードは値引きやサービスがありますし、良く使うカードだったのでそのままキャッシングも利用しました。

ローソンCSカードやファミマTカードは、良く行くコンビニで利用頻度が高かったので申し込みました。

あとは金利を意識して、銀行系を中心にとにかく金利が安い所を重点的に探しました。

ちなみに、審査の際の在籍確認は、バイト先で自分が電話に出られる環境だったので容易にできました。

いくらのお金を何%で借り入れた?

最初はどこも10万円~30万円で18%~27%程度で契約。

借りているうちに増額されて30万~50万になるところが多かったです。80万になったものもあります。

対応について(窓口、オペレーター等)

オペレーターの対応は、どこも丁寧ですごくやりやすかったです。問題が起こるようなことはありませんでした。

10分ほどで折り返し電話がくる感じの所が多く、スムーズに契約が出来た感じです。

返済遅延などのトラブルはあったか?

やはり支払いが遅れる日々が続き、その内支払いをしてすぐに引き出すといったことが繰り返し続くようになりました。

支払いをしてすぐに引き出すといったのを繰り返していたため、カードが吸い込まれ使用不可になったものもあります。(マルイカードやクレディセゾンなど)この時は本気であせりました。

各業者の良い点、不満な点

マルイ

(良い点)・・・マルイで買い物をするとき、マルイのクレジットカードを使うと5%OFF。
(悪い点)・・・利息が27%と高く、キャッシングとしては使用しない方がよかった。

ゼロファースト

(良い点)・・・限度額がすぐ10万円⇒30万円に増額されたこと。
(悪い点)・・・こちらも利息が高く27%。ついでに作ったが、借入はしない方が良かった。

横浜銀行カードローン

(良い点)・・・比較的金利が安く、17.6%程度。
(悪い点)・・・横浜銀行以外からの入金(返済)だと手数料がかかる。

三井住友カードローン

(良い点)・・・年利14.5%と非常に金利が安く、借入額もMAX80万円と大きかった。
(悪い点)・・・特になし。

モビット

(良い点)・・・金利が3.0~18.0%と低め。
(悪い点)・・・返済が遅れると電話がしつこく、契約書どおり2ヶ月支払いが遅れるとその一週間後には訴訟通知が来るほど敏感です。

オリコ

(良い点)・・・金利が18%と低め。
(悪い点)・・・支払いが遅れると電話がしつこい。

セゾンカード

(良い点)・・・すぐ増額され、50万ほどになり、使い勝手が良かった。
(悪い点)・・・特になし。

ローソンCSカード

(良い点)・・・ローソンは良く行くコンビニだったのでポイントがたまる。増額されて限度額が50万円を超えた。
(悪い点)・・・特になし。

ファミマTカード

(良い点)・・・こちらもポイントが貯まるカード。
(悪い点)・・・特になし。

その後どうなったか?(完済できたか?債務整理したか?)

学生のうちは利息を支払うためにバイトをする日々が続きました。

社会人になってからボーナスなどで支払いを終わらせた時もあったのですが、結局支払いが追いつかず、利息だけを支払うような日々が続いたため、債務整理(任意整理)を決意。

相談としては厳しいと言われていましたが、ギリギリ返済出来る額ではあったし、将来的に会社を立ち上げる夢があったので自己破産の道は選びたくないと思ったからです。

行政書士と相談して催促をストップしてもらいました。
費用は20万円くらいかかりましたが、これで地獄の返済を永遠と続けることもなくなります。

最初は破産も選択肢として上がりましたが、全部支払うことを決意して5年かけて分割で計画的に返済しました。

初めは毎月8万程度の返済で苦しい時期もありましたが、徐々に額が少なくなっていき、なんとか無事に完済することが出来ました。

今回の件で私が学んだこと

リボ払いにせず、すぐに返す

リボ払いは支払い額が一定で返済が楽になる反面、完済が遅れがちになります。

計画的に返済が出来るのなら良いのですが、意識していないとどんどん借金が膨らんでしまうことになりがちです。

借りたお金はいずれ返さなければならないと意識を持ちましょう。

利息しか払えない状況ならすぐに債務整理をする

私のように、返済してすぐ引き出しをするような状況ならすぐにプロに相談しにいって下さい。

もちろん手がつけられなくなる前に家族に相談したりすることも大事ですが、額面が大きい場合は限界があります。

司法書士、弁護士に相談して任意整理として処理をすれば督促もなくなり、その後の返済は利息無しでの返済になるため、5年をめどに返済が終わります。

もし支払い自体難しい場合は自己破産だって恥ずかしいことではありません。何も対策せず、額面を増やしている方が恥ずかしいのです。

任意整理するとしばらくカードは使えなくなるが、困ることはない

一般的に完済から5~7年程度クレジットカードは作れないと言われておりますが、自分の場合、そこまで不便になることはなかったです。

クレジットカードの代用品としてデビットカードもありますしね。

この記事の筆者

ブライアン(ペンネーム)
経歴:1981年生まれ。出身は横浜で八王子市住在。
大学はアメフト部に所属しており、在学中は様々なアルバイトをして生活費を稼ぐ。薬学部を卒業し、都内のドラッグストアにて正社員として入社。

効率の良い作業と評判の高い接客でトップクラスの販売実績を上げ、売上に貢献していたが、会社にはほとんど評価されず、物足りない毎日を過ごしていた為に独立を決意。

趣味から始めた得意のIT分野にて才能を開花する。
現在は動画編集、ホームページ制作、SEO対策、コンサルティング、AR開発とあらゆる分野を総合的にプロデュースする仕事を請け負っている。

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報