弁護士費用の高さにびっくり!自己破産は全て自分で行うことを決意

この体験談について

お金を無心してくる母のために借金を重ね、いつの間にか膨れ上がった借金は総額800万円。職もなく、金もなく、返済に追われる日々の中でなんとか自力で破産手続きをし、無事認められた時のことを綴って行きたいと思います。

前回のあらすじ

当時、毎月しつこくお金を無心してくる母に、借金をしてお金を渡し続けていました。いつの間にか膨れ上がった借金は、総額800万円。違法業者からの取り立てに耐えられずに退職し、毎日督促に気が狂いそうになる日々...!そんなとき、とうとう「自己破産」というものがあることについて知った私は、必死の思いで自己破産について調べ始めたのです。

この記事を最初からお読みになる場合はこちらから

母の為に800万円の借金を抱えた私が自力で自己破産したときのお話

自己破産をするにあたって最初に調べたのは、「弁護士をどうしよう」ということでした。当然、自己破産は初めての経験ですし、誰にも頼らずに手続きをするのは不安だらけです。ネットで「自己破産 弁護士」で検索し、手当たり次第にホームページを見ました。

弁護士費用の高さにびっくり!

どのホームページを見ても、

「弁護士が全て代行します」
「弁護士に任せておけば安心!」

という文字が踊っていました。

「そうか...弁護士に任せれば大丈夫なのね」と、救われたような気持ちで掲げられている料金表を見たとき、再び絶望的な気分になりました。

そこにあったのは、20万円から40万円という高額な弁護士費用だったのです。そんなお金が手元にあるわけがありません。当時は、毎日の食費にすら困っていたのですから。

費用が払えない以上、弁護士を依頼することは不可能と悟った私は、「何とかお金をかけずに自己破産する方法はないか」と、無料電話相談に連絡しました。

無料相談担当の弁護士さんが質問に答えてくださったのですが、答えは結局「弁護士に相談してみましょう」とだけ......。

どうにもならない、とがく然としていた時、「地元の法テラスに相談されてみてはいかがですか?相談は無料ですよ。」と言われ、無料ならば、と予約を入れることにしたのです。

法テラスに相談してみよう!

地元の法テラスでは、本当に親身になって相談に乗ってくださいました。まず、今までの苦労を労ってくださった上で、母に援助をし続けたことが、そもそもの間違いであったと諭してくださいました。

その上で、現在の借金額が年収の倍以上あること、月々の返済が無理なこと、無職であることから、任意整理ではなく自己破産が適当だろう、と判断されたのです。

それと、借金が全て生活費や車のローンであり、パチンコなどのギャンブルが原因でなかったため、自己破産が却下される心配もないだろう、とも言われました。

当然「弁護士を依頼されますか?」と聞かれましたが、弁護士費用すら捻出できないと答えました。

すると、「弁護士費用を立て替え、後で少しずつ返済する方法もありますよ。」と言ってくださったのです。一瞬心が揺らぎましたが、これ以上借金を抱えるのはどうしても嫌だったので、「自力でやります」と答えました。

法テラスは弁護士さんばかりの場所です。

そこで、「弁護士は雇いません」などと答えたら怒られてしまうのではないか、と不安になったのですが、その弁護士さんは「そうですか。書類は面倒かもしれませんが、頑張ってください。わからないことがあれば、いつでも聞きに来てくださいね。ここなら無料ですから。」と優しく答えてくださいました。

嬉しくて、人前だというのに号泣してしまいました。

その他にも、自己破産や任意整理した方々を紹介してくださり、自己破産の体験談を伺うことができたのも、大きな財産となったのです。

裁判所に書類を取りに行こう!

法テラスを後にし、その足で裁判所に向かいました。かなり緊張してしまいましたが、自己破産の書類が欲しいと言うと、あっさり渡してくれました。

その時、「私は弁護士を依頼していないのですが、それでもできますか?」と聞いたら、「大丈夫ですよ。判らないことは何でも聞いてください。大変でしょうが、人生をやり直すチャンスですよ。」と笑顔で答えてくださいました。

法テラスの弁護士さんも、裁判所の方々も、どうしてこんなに優しいのだろう。思わず涙ぐんだ私に、「大変だったのね、若いのに。」と同情してくださいました。

手続きに関して必要な書類や書き方を書いた紙も一緒に渡してくれましたので、その日から早速、書類の作成準備ができたのです。

母の本当の顔を知ってしまった

自己破産するのは、私と母の二人です。早速、自己破産に必要な書類を集めることにしました。

ですが、私よりも件数が多いはずの母が、なかなか動こうとしません。聞けば、「難しい書類はよくわからない。全部あなたがやってくれれば良いじゃない。」との返事。

その瞬間、ガン、と頭を殴られたような気がしました。

それまで、母が大変だから助けたいと必死になってきたのは、女手一人で私を育ててくれたからでした。お金が足りないのも、私の学費の為に借金をしたからだ、と思っていたのです。

ですが、実際は私の学費はわずかで、当時の彼氏へのプレゼントや自分の見栄のための借金がほとんどでした。

それを問いただした所、「だって、そうしないと捨てられるから」と。結局、母は自分だけでは何もできず、他人を頼ることしかできない女性でした。

それから母と何時間も話し合い、自己破産は誰が原因なのか、誰がするのか、というのを理解させ、お互いの書類はお互いで作ろうと決めたのです。

自分だけでやってやる!

母とお互いの書類はお互いで作ろう、と決めたものの、母はことあるごとに私に聞いてきます。その時点で、自分にどのくらいの負債があるのか知らないだけでも呆れましたが、借りている会社が多すぎて、把握しきれていないようでした。

私は、借り入れ時の借用書や契約書を全て保管してあったので、残金を照会するだけで終わりました。こういった重要な書類をキチンと保管しておくだけで、いざという時に役に立つのだと痛感したものです。

その後私は、とにかく「自分の書類を仕上げる」ことに集中していました。「母も大事だが、それよりも自分の方が大事だ」と自分に言い聞かせながら。

この体験談の目次

→債務整理の弁護士事務所を徹底比較。費用、対応地域、実績、顧客対応

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報