任意整理で無事完済!クレジットカードもローンもNGの厳しい現実

(0)

この記事を評価する

評価を設定してください
×

さて、いよいよ私の体験談も大詰めですが、

今回は体験談の最後に、みなさんが債務整理前に不安に思うポイントとその対処法をまとめてみました。

  • 債務整理後はクレジットカードが使えない・作れなくなってしまうのか?
  • 債務整理の記録はいつまで信用情報に残るのか?
  • 債務整理をするとなにができなくなるのか?
  • クレジットカードの代わりになるもの一覧

債務整理をすると、会社に知られて退職に追い込まれたり、一生涯、ローンを組めなくなったりするのではと、過度に心配する人もいますが、そんなことはまったくありません。

いざ債務整理をしてみると、できなくなることは意外に少なく、拍子抜けするほどです。

今回は私の体験談を通じ、債務整理によってなにができなくなるのかをお伝えしていきますね。

私と同じ境遇にいる人の助けになれればうれしいです。

この記事を最初からお読みになる場合はこちらから

借金返済のプレッシャーでうつ状態に。給料日から10日は厳しい日々

すべての借金がなくなる快感!

それでは、話を体験談に戻します。

梅雨を迎え、ジメジメしたうっとうしい季節でしたが、私の気分は晴れやか。

なんといっても、念願の任意整理完了が近づいているからです。

ときどき、お金のやりくりで困ることもありましたが、借金地獄で返済に苦悩していた日々に比べれば、心痛はないも同然。

「もうすぐすべての借金が返済できる!」

その気持ちが強かったので、過去のツライ気持ちを思い出すことも減っていきました。

間もなく、借金をする前の普通の生活がやってくることへの期待がふくらみます。

待ちに待った最終返済が終了!

6月、司法書士事務所への返済をして、事務員の方に連絡を入れました。

すると、事務員の方から「来月の支払いで完済できそうです」との知らせが。

「ありがとうございます・・・」

即座に感謝の気持ちが湧き上がってきました。

「よくがんばりましたね」

とねぎらいの言葉もいただき、このうえないうれしさでした。

肩の荷が下りた瞬間です。

過払い金の返還があったため、そのお金を支払いに回すことができ、思いのほか早い完済にいたりました。

来月、事務所へうかがうことを約束して、電話を切ります。

その場にへたり込むほどに力が抜けました。

たとえようのない安堵感につつまれたためです。

司法書士事務所で最後の面談

待ちに待った給料日でした。

これほど嬉しく晴れやかな気分で給料日を迎えたのは、初任給以来かもしれません。

今日、返済をすれば任意整理の終了です。

昼休みに銀行へ行き、司法書士事務所に最後の振込みをしました。

そして、担当の事務員さんに連絡を入れます。

「いつでもいいので、時間がある時に事務所まで来るように」とのことでしたが、私は明日伺うことにしました。

そして翌日、事務所で返済の概略の説明を受けます。

債務者と合意した返済金額。

過払い金の精算額。

事務所に支払った返済額。

事務所の経費に関する説明です。

『ゼロ』の文字が目に焼き付いたのを覚えています。

正式な報告書は後日郵送していただくことになりました。

説明が終わると、今後の注意を2点受けます。

ひとつは、少しずつでも毎月必ず貯金をすること。

貯金をするには、金銭管理が必要なので、同じ過ちを繰り返さないために役立つそうです。

ふたつめは、お金を借りないこと。

5年間は金融事故の情報が残るので、その間、正規の業者からお金を借りることはできません。

これは間違っても違法業者などに手を出さないようにとの忠告ですね。

この忠告を胸に刻み、もう訪れることのない司法書士事務所をあとにしました。

5年間はローンを組めません

任意整理をすれば、すべてが元通りになるわけではありません。

任意整理は金融事故ですから、私の信用情報には5年間、事故情報の事実が載ります。

もちろん、カードローンやクレジットカードの審査は通りませんので、契約不可。

買い物や支払いはすべて現金です。

わかってはいましたが、ローンを組んだり、クレジットで分割払いができなかったりというのは、やはり不便。

突然の出費や高額商品の購入は、なかなか難しくなりました。

お金が貯まるまでお預けですね。

インターネットのプロバイダー料金は、現金の場合、一年間分を一括で支払う必要があります。

保険も同様で、現金の場合は一年間分を一括払いです。

そのため、大きな出費が重なる月が出てくるので、これが思いのほか生活を厳しくしました。

お金を貯めて中古の安い車を購入しましたが、ETCカードは契約できません。

そのため、高速料金を割高な現金で支払っています。

さらに、友人を載せてドライブしていると、ETCカードを持っていないことを不思議に思われるんですよね。

変に質問されたりするのが少し面倒です。

なので、一般道を走るとき以外はだれも乗せないようにしています。

それから、最近、デビットカードを作りました。

口座にお金が入っていないと使えませんが、ネットショッピングで助かっています。

はたして『任意整理』の選択は正しかったのか?

任意整理したことに後悔はありません。

自己破産や民事再生に比べて、社会的ペナルティも少なく、むしろ任意整理できたのが不思議なくらいです。

任意整理に踏み切り、借金地獄から逃れた時の安堵感。

そして、返済が終わった時の喜びと再スタートの誓いをしたときの気持ち。

二度と忘れることはないでしょう。

絶対に過ちを繰り返したくないという強い気持ちを持てたのは、今後の人生にとって大きなプラスになりました。

もし、昔の私と同じような状況の人がこの記事をご覧になったら、ぜひ一秒でも早く第三者に相談することをオススメします。

無料で法律家に相談できる機関はたくさんありますので、そちらの利用もぜひ検討してください。

この体験談の目次

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報