自己破産したら どうなる?良い点、悪い点をネットで調査【体験談】

【この体験談について】
お金を無心してくる母のために借金を重ね、いつの間にか膨れ上がった借金は総額800万円。職もなく、金もなく、返済に追われる日々の中でなんとか自力で破産手続きをし、無事認められた時のことを綴って行きたいと思います。

【前回のあらすじ】
法テラスで相談に乗ってもらい、自力で自己破産の手続きをすることにした私。裁判所から書類をもらい、ついに本格的に自己破産のための準備を開始しました。

【この体験談を最初からお読みになる場合はこちらから】
>>> 『母の為に800万円の借金を抱えた私が自力で自己破産したときのお話

「自己破産」についての情報収集開始!

自己破産をする!と決めてから、「まずは情報集めをしなければ」と思いました。なにせ、弁護士を雇わずに全て自分でやると決めたのです。

「自己破産がどういうものなのか」をきちんと理解しなければならないので、まずは自己破産についてのホームページを読みあさることから始めました。

驚くことに、自己破産、という語句で検索したら、数百万件ものホームページがヒットしたのです。不謹慎ではありますが「不安なのは私だけじゃない。自己破産しているのも私だけじゃないんだ。」と、どこかホッとしたのも事実です。

そもそも自己破産とはなんだろう?

自己破産について調べていくにつれて、「そもそも自己破産とはなんだ?」という疑問を持ちました。その時には、とにかく借金から逃げるための手段としてしか、自己破産を捕えていなかったのです。

なので、まずは自己破産の仕組みについて調べることにしました。

自己破産は、任意整理や特定調停と同じ、債務整理と呼ばれるものです。
自己破産は、債務整理の最終手段でした。

もっと早く借金の現状を把握して債務整理を行っていれば、自己破産をしなくても良かったのではないかとも考えましたが、今更そんなことを言っても仕方がありません。

私に残されていたのは、自己破産しかなかったのです。

自己破産したらどうなる?

裁判所から自己破産が許可されると、それまでの借金の返済が全て免責されます。要は借金が無くなるのです。しかし、家や車などの資産を持っている場合は、それらを全て手放す必要があります。

私は既に退職していましたので関係ありませんでしたが、自己破産の手続きを始めた時に退職した場合、退職金が債権者へ配当されるケースもあるそうです。

一般的に資産と呼ばれるものは裁判所によって債権者に配当され、「私には、もう借金を返済することができません」という状態になって、初めて自己破産は認められます。

ただし、滞納している税金や公共料金は自己破産の対象外になるので注意が必要です。

自己破産のメリットとデメリット

自己破産のメリットは、なんといっても借金がゼロになるということです。必ずというわけではありませんが、自己破産申請者の9割が免責許可を受けていますので、自己破産理由に問題がない場合は高い確率で免責されているのです。

デメリットとしては、自己破産が決定してから5年から10年はクレジットカードを作れなくなり、ローン(住宅ローンや車ローンなど)も組むことができなくなることです。銀行からの借り入れもできなくなりますので、仕事などで車が必ず必要な場合は、かなり苦労すると思います。

また、他人の財産を管理する職業に就いている方は、資格の制限を受ける場合もあります。

私は車がないことで再就職に苦労しましたが、それ以外は特に困りませんでした。むしろ、クレジットカードが無くなって新たに借金を作れなくなったことが、私にはとっては良いことでした。

周りに知られたらどうしよう...

もし身近な人に自己破産したことが知られたら......。と、不安に思ったりもしました。自業自得とはいえ、「知られてしまったら嫌われるのではないか」「縁を切られるのではないか」と、思ったのです。

でも、調べていくうちに、自己破産は、自分で言いふらしたりしない限り、他人には知られないということがわかりました。

自己破産をしたという事実が戸籍に記されるなんてことはありませんし、親戚や友人に(保証人などになっていなければ)裁判所から知らせがあるわけでもありません。

官報という国が発行する機関誌と、本籍の市町村にある破産者名簿に名前が記されるだけなのです。官報も破産者名簿も、一般の方が読むようなものではありません。

それに、仮に市役所の知り合いが破産者名簿を見たとしても、守秘義務がありますので、言いふらされたりする可能性もありません。それを知った時の安堵感は、全身の力が一気に抜けるほどでした。

もう後には引けない!

自己破産のことを自分なりに調べ、「自分に大きな影響はない」「友人に知られることはない」と、確認しました。

当然、母にも調べた内容は知らせましたが、「ふ~ん」と、興味なさそうに返事をしただけです。まるっきり他人事のような態度に腹が立ちましたが、ここでケンカをしても仕方がありません。

「私は私の事をしよう!」と、必要な書類を全部机の上に並べて「よし!」と、気合を入れました。もう後には引けません。闇金によって仕事を失い、取り立てのストレスで持病である喘息が悪化した状態では、アルバイトもままなりません。

私には、自己破産しか残された手段がないのです。
「全てをリセットして、人生をやり直すために」
その思いだけを胸に、書類を書き始めました。

【この続きはこちらから】
>>> 『破産申立書、陳述書、債権者名簿、資産目録、家計など全部自分で記入!

【この体験談の目次】
1話、母の為に800万円の借金を抱えた私が自力で自己破産したときのお話
2話、弁護士費用の高さにびっくり!自己破産は全て自分で行うことを決意
3話、自己破産したら どうなる?良い点、悪い点をネットで調査
4話、破産申立書、陳述書、債権者名簿、資産目録、家計など全部自分で記入!
5話、督促の電話がピタリと止まった!遂に自己破産宣告が認められ借金0に!
6話、信用調査の恐怖!自己破産が就職活動に影響しました

→債務整理の弁護士事務所を徹底比較。費用、対応地域、実績、顧客対応

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報