無職の間、払えなかった国民健康保険料は再就職後に支払う必要がある?

私は、諸事情により会社を退職し、一時無職だったときがありました。当然 保険は社会保険から国民健康保険に切り替わったのですが、いっとき国民健康保険料を払うのが難しくなり、滞納しようかと考えた時期があります。

私はなんとか滞納せずに済んだのですが、そのときふと疑問に思ったことがあります。

無職の間、支払えなかった国民健康保険料は、再就職後に支払う必要があるの?

今回は、その時期に調べた内容に基づき、国民健康保険料の支払い義務などについてお話したいと思います。

  • 目次
  • 国民健康保険への加入義務
  • 無職の、間支払えなかった国民健康保険料は、再就職後に支払う必要があるの?
  • 滞納したらどうなる?
  • 支払いが困難なときは?
  • 国民健康保険の大切さ

国民健康保険への加入義務

日本は「国民皆保険」 と言って、国民は必ず何らかの社会保険に加入しなければなりません。

会社員には企業の健康保険、医師や理美容師には健康保険組合、公務員には共済組合といった社会保険制度があります。

国民健康保険もその一つ。
加入している人がケガや病気をしたり、出産をするときに、病院の医療費を一部負担する社会保険です。

国民健康保険は主に地方自治体が運営しており、働いている職場の社会保険(健康保険)に加入していない人が対象です。

そのため、主に自営業や農家、主婦、フリーター、未成年の学生が対象になります。また、会社を退職して無職になった人も、国民健康保険に加入しなければなりません

生活保護を受けている人にも加入義務はあるのですが、手続きをすることで国民健康保険料を免除してもらうケースがほとんどのようです。

国民健康保険の加入対象者は「被保険者」と呼ばれ、被保険者の世帯主には国民健康保険料を納付する義務があります。

また、国民健康保険は加入手続きをとると、原則として脱退することが認められていません。脱退できるのは、就職して社会保険に加入する場合だけです。

学生など、所得がない未成年者も国民健康保険には加入することが義務付けられており、世帯主である保護者が国民健康保険料を支払っています。

また、たとえ未成年であっても、世帯主の扶養範囲を超える収入がある場合は、個人として国民健康保険に加入しなければなりません。

無職の間の国民健康保険料は再就職後に支払う?

会社を退職して無職になった場合、すみやかに国民健康保険に加入しなければなりません。しかし、実際には経済的な問題で国民健康保険料を支払うことができず、未加入のまま無保険で暮らす人もいるようです。

無職になって社会保険がなくなり、国民健康保険への加入手続きをとらないまま再就職をして、新たに社会保険を受けられるようになったときには、未加入だった時期の国民健康保険料の支払いを請求されることはありません。

再就職先を再び退職し、無職になって国民健康保険に加入した場合でも、遡って請求されることはないそうです。

国民健康保険料を滞納したらどうなる?

国民健康保険料の支払いは、国で定められた義務です。そのため無職になって収入がなくなり、国民健康保険料の支払いを滞納すると、督促状が送られてきます。

督促状が送られてきたにも関わらず、支払いを滞納したままにしておくと、保険証の有効期間が短縮され、短期被保険者証が交付されます。

この短期被保険者証とは、国民健康保険料の滞納が1年未満の加入者に適用されるものです。

さらに1年以上、国民健康保険料の支払いを滞納すると、医療機関での支払いが全額負担になってしまうとともに、保険証を返却しなければならなくなります。

一度保険証を返却することになっても、窓口で滞納の事情を説明し、その理由を認めてもらえれば、返還してもらうことができます。

滞納の理由として多いものに、「再就職が決まらず経済的に苦しい」「多額の借金があり支払いができない」「会社を退職して起業したが、収入があがらない」などがあげられます。

ただし、滞納期間が1年6カ月以上になった場合は、保険の給付が一部差し止めになります。

国民健康保険に加入していると、病院での費用を一部負担してくれるだけでなく、療養費や高額療養費、出産育児一時金、葬祭費などを請求し、一時金として受け取ることができるのですが、こうした費用がすべて滞納した保険料の支払いに充てられ、1円も給付してもらえなくなるのです。

健康なときは、国民健康保険のありがたみはわからないものです。「保険証を返却しても、医療費を10割負担すればいいだけでしょ?」と思われるかもしれませんが、それだけではないのです。

保険証を使わないと、病院では「自由診療」扱いになります。
「自由診療」の場合、病院が費用を決めることができるので、どんなに高額な請求をされても支払わなければなりません。

また、保険証のない人の受診を断る病院もあります。

「国民健康保険料を滞納するとどうなるのか」については、より詳しく解説していますのでそちらを参考にしてください。

国民健康保険料の支払いが困難なときは?

国民健康保険料の支払いができない状況に陥ったら、まず窓口に相談に行くことをおすすめします。

なぜなら国民健康保険には、納付の免除制度が設けられているからです。

では、どういう理由なら国民健康保険料の支払いを免除してもらえるのでしょうか?

それは、

  • 地震や大雨といった天災が原因で住宅や職場が被害を受けた場合
  • 自分が障害をおってしまった場合
  • 病気や解雇などによって失業中のため収入が極端に減ってしまった場合
  • 生活が苦しくなったり、生活保護を受けなければならなくなった場合

また、国民健康保険料の納付が免除にならなくても、減免してもらえる可能性もあります。

国民健康保険料の減免制度に関しては、地方自治体によって異なるので、居住区の市役所、区役所、役場などのホームページや、国民健康保険の窓口で確認すると良いでしょう。

また、諸事情で国民健康保険料の支払いが困難なときは、分割での納付や支払時期を伸ばす、という対処法をとることもできます。

国民健康保険料の支払いを滞納しても、市区町村の保険窓口に相談に行き、制度を上手に利用することができれば、いざという時に困ることはなくなるはずです。

よかったら、滞納した場合の対処や交渉術もあわせてチェックしてみてください。

国民健康保険の大切さ

国民健康保険料の支払いを滞納する理由は、人それぞれでしょう。しかし、加入者が払う保険料と国や市町村の助成金があって、国民健康保険は運営されています。

国民健康保険があるから、病気やケガ、出産の時に医療機関に支払う自己負担金が一部で済むのです。

また国民健康保険は、医療機関以外でも使われるものです。
訪問看護療養費や被保険者が亡くなった場合の葬祭費、子どもを出産した際の出産一時金を申請するときにも、国民健康保険証が必要なのです。

やむなく国民健康保険料の支払いを滞納してしまったのなら、すぐに市町村の窓口に行って相談しましょう。

正しい知識を身に付けることで、避けられる事態もあります。 覚えておいてくださいね。

最後になりましたが、国民健康保険料を滞納したのち減額相談をしたかたの体験談もありますので、あわせて読んでみてください。

【この記事の筆者】
林 俊江(仮名)
1968年生まれ。20歳のときに自営業者だった父親の着金返済のために、初めてのキャッシングをする。そこから幾度と無く返済と借入れをくり返し、最高1,200万円の借金を背負うことになる。その後、任意整理を経て、結果的に自己破産により借金からは開放された。現在はその当時の経験を元に、個人的に借金返済で苦しむ人の相談に乗っている。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報