生命保険料滞納から失効までの流れと支払いが困難になった時の解決策

私が借金返済で資金繰りに頭を悩ませていたとき、真っ先に後回しにしたのが生命保険料の支払いでした。

そのときの経験と調査から、今回は「生命保険の保険料を滞納するとどうなるのか」について検証していきたいと思います。

「どのくらいの期間滞納すると保険が失効になってしまうのか?」
「生命保険料の支払いが厳しい時はどうすればいいの?」

など、気になるところを調べてみましたので、参考にしてみてください。

どのくらいの期間滞納すると保険が失効になってしまうのか?

大半保険会社は、月払いの生命保険料が2カ月未納になり、入金の猶予期間を過ぎてしまうと保険が「失効」します。

月払いの場合は、もともと払うことになっている月の翌月末日までが猶予期間となります。支払いが半年払いや年払いになっている場合は、払い込み期日の2ヶ月後までが猶予期間となります。

保険が「失効」すると、文字通り、かけていた保険の効力がなくなります。つまり、失効後にケガや病気で入院しても入院給付金は受け取れませんし、亡くなった場合 死亡保険金を受け取ることもできません。

支払い猶予期間を過ぎたらすぐに失効になってしまうの?

生命保険料の支払い猶予期間を過ぎたら即保険の失効となるかというと、必ずしもそうではありません。

生命保険料が未納のままでも、解約した際に支払われる解約返戻金の範囲内で生命保険会社が保険料を立て替え、保険が有効に続くケースもあります。これを「保険料の自動振替貸付制度」といい、この場合、保障は続きます。

ただし、建て替えられた保険料には、生命保険会社が定めた利息がつきます。その後、通常通り生命保険料の支払いができるようになったとき、この立て替え分の保険料と利息を支払わなければなりません。そうしないと、入院給付金や死亡保険金を受け取るときに、その受け取れる金額から差し引かれることになります。

また、解約返戻金でまかないきれないほど未納が続くと、やはり保険は失効します。

仮に保険を失効してしまっても、ほとんどの場合失効してから3年以内に申し出て、審査を受けて健康状態に問題がないときは、保険を元の状態に戻すことができます。

これを「保険の復活」といいますが、失効していた間の生命保険料の支払いが必要なのはもちろん、生命保険会社によっては延滞利息の支払い義務が発生することもあります。

また、失効したまま3年過ぎると、解約返戻金の受け取りができなくなるので、生命保険会社に問い合わせるようにしましょう。

生命保険料の支払いが困難なとき(1)

生命保険料の支払いを滞納しても、すぐに「保険の解約」とはならないことがわかったと思います。しかし、保険料の自動振替貸付制度も借金するのと変わりませんし、支払えない理由が一時的なものでない人も多いでしょう。

だとしたら、何か他に根本的な解決方法を考えなければなりません。まず検討して欲しいのは、生命保険料の月額の支払金額が下がれば、支払っていくことができるかどうかです。

例えば、月に2万円ではなく1万円なら支払い可能という場合、保険の内容を見直すことで、失効することなく支払いを継続できる可能性があります。

見直しのポイントは、生命保険の保障内容が無意味に大きくなっていないかを見極めることです。

医療保険はもしものときのために手をつけず、死亡保険金の受取額を小さくすることで、月々の支払額を減らせる可能性があります。

家族構成や子どもの年齢によって、必要となる死亡保障額は変わるものですし、いまの生活を困窮させてまで、もしものときに備えるのは本末転倒ですよね。

生命保険料は加入年齢によって支払額がアップしてしまうため、若いうちにかけた保険を大事にしたくなる気持ちは理解できますが、それで支払いができなくなるのでは無意味です。

加入している生命保険会社に連絡をして、相談してみる価値はあると思います。

 生命保険料の支払いが困難なとき(2)

もし、いま取り引きしている生命保険会社では思うように保障内容を見直せないと感じたら、次に検討してほしいのが、生命保険会社を替えることです。

いまはインターネット申し込みを得意とする生命保険会社や、外資系で保険料の安さをうたっているところも増えていますので、他社から情報収集をしてみてください。

まったく同じ保障内容で生命保険料が安くなることはないかもしれませんが、支払いが可能な保険料でどんな保障を受けることができるのかは、しっかり比較・検討すべきです。

また、大抵の生命保険会社では保険加入から3~5年たつと、解約返戻金が発生します。この解約返戻金を頭金として、かけ替えをする生命保険会社に支払うことで、月々の生命保険料をさらに安くすることもできます。

もちろん、解約返戻金を生活費や支払いに充てるのもよいでしょう。
生命保険の解約には、そうしたメリットもあるのです。

生命保険料の支払いが困難なとき(3)

もし、自分で生命保険の良し悪しは判断できないと感じているなら、フィナンシャルプランナーに相談してみるのも一つの方法です。

その際、生命保険会社に所属しているフィナンシャルプランナーではなく、さまざまな会社の保険を取り扱っている独立系の方にお願いすることをおすすめします。

中立の立場にたって提案してくれるフィナンシャルプランナーの方が、収入や家計、資産運用、借金など、個人が抱える問題を理解したうえで、最適なプランを探してくれる可能性が高いからです。

インターネット上にも、独立系のフィナンシャルプランナーに無料相談できるサイトが複数あります。

「無料なんて怪しい」と疑う方もいるかもしれませんが、利用者がこうした無料相談サイトを経由して保険会社に問い合わせをすると、生命保険会社がフィナンシャルプランナーに紹介料を支払う仕組みになっているのです。

フィナンシャルプランナーも完全にボランティアでやっているわけではありません。

生命保険をかけ続けるために

それでも民間の生命保険会社への支払いが大変だと感じているなら、国民共済などに切り替えるのも一つの方法です。

月額1,000円台~5,000円台で、総合保障や医療保障、ケガと賠償などさまざまなタイプが選べます。

いま支払っている生命保険に固執しなければ、生命保険料を払い続けることができるかもしれません生命保険料の支払いを滞納し、失効から解約状態にならないように、できる手は早めに打つことをおすすめします。

→ 税金滞納・料金滞納の事例と対処法

【この記事の筆者】
林 俊江(仮名)
1968年生まれ。20歳のときに自営業者だった父親の着金返済のために、初めてのキャッシングをする。そこから幾度と無く返済と借入れをくり返し、最高1,200万円の借金を背負うことになる。その後、任意整理を経て、結果的に自己破産により借金からは開放された。現在はその当時の経験を元に、個人的に借金返済で苦しむ人の相談に乗っている。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報