生命保険の契約者貸付を使って一時的に現金を手に入れる方法

お金が足りない、口座の現金をかき集めても追いつかない。あるのは生命保険の積み立てぐらいだけど、これを解約してしまったら、老後やイザという時の備えが・・・

迫っている支払いをとるか?それとも将来の保障を優先するか?

二者択一の場面、こういったときはどうしたらいいのでしょう?

こういう状況になると、人間はどうしても自分の知識の範囲内での選択をしまいがちになります。

しかし、ちょっと待ってください。
あなたが知らない知識を上手に利用することで、意外な方法でお金を工面することができるのです。

たとえば、積み立て型の生命保険は、積立金の一部を貸し付けてもらえる場合があることをご存知ですか?(契約者貸付といいます)

契約者貸付をうまく利用することができれば、保険契約は続けたまま、目の前の経済危機を一時的に回避することができるかもしれません。

もちろん都合の良い話ばかりではありませんから、「契約者貸付」とはなんなのか?どのようなメリット・デメリットがあるのか?について、正しく理解したうえで利用することが大切です。

  • 目次
  • 契約者貸付制度とは?
  • どうやって申込めばいい?
  • どうやって返済していくの?
  • 契約者貸付制度のメリットと注意点まとめ

契約者貸付制度とは?

契約者貸付制度とは、生命保険の解約返戻金の範囲内でお金が借りられる制度のこと。

解約返戻金のうち、70%~90%のお金を借りることができます(この割合は保険会社によって異なります)。

では、解約返戻金とは何でしょうか?

解約返戻金とは、その名の通り、保険解約時に戻ってくるお金のこと。積立型の生命保険なら、通常はどれも解約返戻金が設けられています。

もともと生命保険料は、実際の保険料に該当する「純保険料」と、保険会社の経費部分にあたる「付加保険料」に分かれていて、さらに「純保険料」には、「掛け捨て」と「積立」に該当する部分があります。

原則としてこの「積立」にあたる部分が解約返戻金となります。

どんな保険なら契約者貸付制度を利用できるの?

前述のように解約返戻金がある積立型の保険なら、契約者貸付制度を利用することができます。

ただし、積立型といっても、いくつか種類がありますよね。代表的なのは以下のような商品です。

  • 終身保険
  • 養老保険
  • 個人年金保険
  • 学資保険

あなたの加入している保険が「契約者貸付制度を利用できるか」を確認したい場合は、保険会社へ問い合わせてください。

ただし、契約から間もない場合は解約返戻金も少額なので、契約者貸付を利用できない可能性が高いです。

貸付利率はどのくらい?

契約者貸付制度でお金を借りたら、当然利息をつけて返済しなくてはなりません。

では、肝心の利率はどのくらいなのでしょう?
保険の加入時期や保険会社によって大きく異なるため一概にはいえませんが、現在 大手保険会社では下記のようになっています。

保険会社 貸付利率(年率)
日本生命 3.00%~5.75%
第一生命 3.00%~5.75%
明治安田生命 2.15%~5.75%
住友生命 2.00%~5.75%
大同生命 3.00%~5.75%
太陽生命 3.00%~5.75%
朝日生命 2.50%~5.75%
アフラック 2.75%~4.00%
かんぽ生命 1.50%~6.00%
ひまわり生命  2.75%~3.75%

(平成26年11月現在)

貸付額はどのくらい?

いくら借りられるのかに関しては各々の利用者によって異なります。保険会社へ問い合わせるか、保険会社のホームページにログインし、確認してください。

どうやって申込めばいい?

では、実際 契約者貸付制度を利用するためには、どのように手続きすればいいのでしょうか?一般的な手続きの流れをみていきましょう。

書類で申込む方法

まずは書類で申込む方法についてです。

1. 申込み

各保険会社の窓口、電話、ホームページなどから申込みます。

2. 申込書類が届く

保険会社から申込書類が届きます。

3. 申込書類に記入し、返送

申込書類に記入し、保険会社へ返送します。
この際、保険会社によっては保険証券や本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)の提示を求められることがあります。

4. 申込完了

保険会社に返送した書類が到着してから、約1週間以内にお金が振り込まれます。

ホームページで申込む方法

保険会社によっては、ホームページから手続きできることもあります。

1. 申込み

保険会社のホームページからログインし、契約者貸付の利用可能額を確認してください。そのうえで、希望額・振込先口座の情報を入力し、申込みます。

2. 申込完了

手続き完了後、保険会社からメールが届き、手続き完了となります。保険会社や申込みの曜日・時間にもよりますが、最短で申込み当日に振り込まれます。

どうやって返済していくの?

しつこいようですが、契約者貸付で借入れたお金は利息をつけて返さなくてはなりません。

では、どのように返済していくのでしょうか?

返済方法

一般的な返済方法は、次の3つです。

全額返済

元金・利息すべてを一括で返済する方法です。
保険契約の有効期間なら、いつでも返済できます。

一部返済

元金と利息を少しずつ返済していく方法です。

返済額はいくらからでもOKですが、1,000円以上や1万円以上など、最低返済額を設定している保険会社もあります。こちらも保険契約の有効期間なら、いつでも返済可能です。

毎月返済

こちらも、元金と利息を少しずつ返済していく方法です。

ただ、一部返済と違い、定められた日に毎月返済していきます。また、基本的に最低返済額が設定されています。

また、実際に返済手段としては、次のようなものがあります。

  • 保険会社から送付される振込用紙による振込み
  • 保険会社から発行されるカードを使って、提携ATMで入金
  • 保険会社窓口で支払い
  • 保険会社のホームページ(専用ページ)を通して、インターネットバンキングで振込み

なお、毎月返済を利用する場合はたいてい口座振替となります。

返済の例

ではここで、返済の例をあげてみましょう。

例)
金額:50万円
利率:3.75%
期間:24ヶ月

以上の条件で返済していく場合を想定します。

全額返済の場合、

返済総額:53万8,203円(利息分3万8,203円)

一部返済(半年ごとに13万円 、最終回のみ13万3,758円支払う)の場合、

返済総額:52万3,758円(利息分2万3,758円)

毎月返済(毎月2万2,000円、最終回は1万3,449円支払う)の場合、

返済総額:519,449円(利息分19,449円)

毎月少しずつでも返済していけば、早く元金が減っていくのでトータルで支払う利息を節約できます。少ない額でもいいので、できるだけはやく返済しはじめましょう。

契約者貸付制度のメリットと注意点まとめ

さて、ここまで大まかな利用方法を説明してきたので、今度は契約者貸付制度のメリットについて検証してみましょう。

契約者貸付制度のメリット

契約者貸付制度にはどのような利点があるのでしょうか?

保険契約を解約せずにお金をつくれる

保険契約を解約せずにお金を準備することができます。また、きちんと返済すれば、保険金が減ることもありません。

低金利

大手保険会社の契約者貸付制度の利率は、高くても6%程度です。

消費者金融の金利相場(~18%)や、銀行カードローンやフリーローンの相場(~15%)とくらべると、あきらかに低金利ですよね。

手続きが簡単

手続きは書類を送るたけ、もしくはホームページ上で完結します。簡単ですし、特別な書類も必要ありません。

審査がない

解約返戻金は、もともとあなたが積み立てているお金。そこから貸付けを受けるだけなので、審査はありません。信用情報にも一切記録されません。

返済期限がない

保険契約の有効期間なら、いつでも返済可能です。普通のローンのように、「毎月◯日に△万円返済する」などの期限が設けられていません。

注意したいポイント

最後に、契約者貸付制度を利用するうえで注意したい・知っておきたいポイントをまとめてみました。利用を検討している方は、一度、目を通しておいてください。

貸付けを受けられるのは「保険契約者」のみ

貸付けを受けられるのは「保険契約者」のみ。「被保険者」や「保険受取人」は貸付けを受けられません。

たとえば学資保険の場合、貸付けを受けられるのは子ども(=被保険者)でなく、保険料を支払っている親(=契約者)となります。

貸付利率は保険会社や契約時期によって異なる

利率は、保険会社や保険の契約時期によって異なります。一般的に、運用利益率(予定利率)が高い契約は、契約者貸付の利率も高くなります。

元金と利息の合計が解約返戻金を超えた場合、契約が失効する

元金と利息の合計額が解約返戻金の総額を超えた場合、保険会社から通知された金額を所定の期間までに返済しなければ、保険契約そのものが失効してしまいます。

元金と利息の合計が解約返戻金を超えてしまわないよう注意しましょう。

ちなみに、生命保険の失効についてはこちらをご確認ください。

返済前に満期を迎えたり死亡した場合は、保険金から元金と利息を引かれる

たとえば、死亡保障1,000万円の終身保険に加入していた方が、契約者貸付制度を使って50万円を借入れ、そして完済前に亡くなってしまった場合はどうでしょう。

この場合、死亡保険金である1,000万円から、借入れていた50万円とそれに対する利息が引かれます。そして、残った保険金が遺族に支払われるのです。

以上、契約者貸付制度の説明ですが、ご理解いただけましたか?

契約者貸付制度をうまく利用すれば、保険契約を解約することなくお金を用立てることができますよ。急にまとまったお金が必要になったときは、一度加入中の生命保険をチェックしてみてください。

また、実際に契約者貸付を利用した方の体験談インタビューもありますので、参考にしてみてください。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報