晴れて完済!のはずが歴史は繰り返す。新たな借金への申込み【体験談】

【この体験談について】
競馬にハマったせいで気づけば借金300万円に...。
ふとしたことで債務整理の存在を知り、なんとか弁護士さんに任意整理の依頼をしました。

結果的に、300万円ほどあった借金を90万円程度にまで圧縮することができたのです。

今回はそのときのことについてお話したいと思います。

【前回のあらすじ】
弁護士に任意整理を依頼し、弁護士を通して和解の条件が提示されました。

過払い金請求の可能性も考慮しましたが、早く金融業者との縁が切りたいとの思いから、先方の支払いの条件に応じることに。

利用期間の短い契約については、残高だけを分割して返済することで合意しました。そして、残るは1社。

【この記事を最初からお読みになる場合はこちらから】
>>>競馬の借金がふくれ、気づけば300万円に。そんな私に転機が!【体験談】

債務を整理して明るい未来へ

弁護士を通じて任意整理をすることになった金融業者は全部で5社。そのうち4社とは和解が成立しました。

ところが残り1社だけはすんなりと和解に至らなかったのです。

この業者(仮にA社とします)に対する債務残高はおよそ80万円でした。

A社との付き合いは長期間に渡るため、おおざっぱな計算では、借金はほぼゼロに近いか、残っても10万円か20万円程度だろうと考えていました。

簡単ではなかった任意整理

ところがA社から提示された条件は、今後の利息はなしで、残額の80万円をそっくりそのまま支払えというもの。さすがにこれには怒りを覚えます。

同時に弁護士に対しても不信感を持ちました。

確かに最初の契約書は捨てているのでないとはいえ、A社から提示された条件をそのまま私に伝え、「どうしますか?」と聞いてくるのには、あきれてしまいます。

ただよく考えてみれば、弁護士というのは身内でも友人でもありません。

この件もたくさんの仕事の一つに過ぎず、私のために時間をかけて必死でがんばる必要性もないのでしょう。

業者との戦い

しかしこちらとしては相手方の言い分をそのまま受け入れることはできません。

そこで弁護士に対し、A社に過去の取引履歴を請求するよう頼みました。口ではお願いしましたが、心では強く命じて。

しばらくして弁護士から返事が来ました。

ところが提示された取引履歴の期間は、1年にも満たないのです。

確かに新たに契約を結んでからは1年も経ってはいませんが、それよりはるか以前から取引があったのは事実でした。

それは自分が一番知っています。数十万円分の過払い金があるのは確実なのです。

そこで弁護士に対して「これではとても納得ができない。何とかなりませんか」と言うと「裁判になると、証拠がなければどうにもならないと思いますけど・・・」と言われてしまいました。

そこで私は初めて気がつきます。任意整理でもお互いが合意しなければ、裁判に発展する可能性があるのです。

それは大変困ります。裁判の弁護士費用などとても払えるわけがないのですから。

私は弁護士に、「とにかくA社が出してきた取引履歴を送って欲しい。それから改めて連絡します」と伝えました。

ちなみにこの金融業者は、現在では存在していません。

ついに突破口が

そして送られてきた取引履歴を食い入るように見つめ、ついに突破口を見つけたのです。

その取引履歴にある最初の契約日。その日私は海外にいて日本にはいないので、契約などできるはずがないのです。

これは、証拠になるはず。弁護士に電話をかけ、その旨を伝えました。

すると弁護士は「ではパスポートの記録をコピーして送ってください」と言います。私は早速コンビニに走り、パスポートのコピーをとりました。

パスポートに押された出入国記録のスタンプは50個以上ありましたが、念のためすべてをコピーして、弁護士に送ったのです。

それからしばらくして、弁護士から連絡があり、新たな条件が提示されました。

「債務残高の80万円を20万円に減額し、それを分割で支払う」という内容でした。

20万円とは微妙な金額だと思いましたが、自分が考えていた金額の最低ラインには達していたため、その条件で合意することにしました。

この話し合いで弁護士がA社とどのようなやりとりをしたかは分かりませんが、おそらくパスポートの記録を盾に、追い詰めてくれたのだと思います。

すべての業者と合意が成立

これによってすべての業者と合意が成立しました。

結果は、300万円ほどあった借金が90万円程度にまで減り、およそ3分の1に圧縮することができたのです。

もちろん、まだまだ過払い金があったかもしれず、本来ならもっと圧縮できたかもしれませんが、自分としてはおおむね満足していました。

そしてその後の毎月の支払いはおよそ4万円弱となり、それまで支払っていた毎月の返済額のおよそ半分になったのです。

この残額の返済は、直接業者に支払うのではなく、弁護士を通じて支払うことになりました。

私は弁護士から送られてきた金融業者との合意書を眺め、これでやっと借金地獄から解放されたと、喜びに浸ったのです。

晴れて自由の身に

任意整理を行ったということは、もう金融業者から借金をすることはできません。

そういう心づもりもあり、残りの支払いは滞りなく、およそ2年ですべて清算することができました。

それから数年が過ぎたある日のことです。

ある銀行でクレジットカードの入会を勧誘されました。ブラックリストに載っているのは知っているため、無理だとは思いつつも、言われるままに申し込んだのです。

すると、しばらくしてクレジットカードが送られてきました。

そこですでにブラックリストから削除されていることに気がついたのです。

そうすると、もしかして金融業者で借金ができるかもしれないという考えが頭に浮かびました。

歴史は繰り返す

それでも、その後1年くらいは借金をする機会もありませんでした。

しかしある時お金に困り、キャッシングを申し込んでみました。すると審査を通り、借金をすることができてしまったのです。

もう二度と借金はしないと誓ってから10年以上が経過していました。

人間の心というのはいかに弱いものかというのを実感せざるを得ません。それからは再び借金を重ねることとなってしまったのです。

それでも法律の改正で総量規制がかかるようになったことで、昔のような借金地獄に堕ちることはありませんでした。

毎月の返済額も生活を圧迫するほどのものではなく、それなりに幸せな毎日を送っています。

この体験談の目次

→債務整理の弁護士事務所を徹底比較。費用、対応地域、実績、顧客対応

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報