クレジットカードの借金300万に追われる中、リストラで無収入に!

今から思えば頭が悪いとしか思えませんが、私はかつて、クレジットカードをお金が沸く泉くらいに思っていました。カードを使って月収の2倍くらいの買い物をしたり、海外旅行へ出かけたり、贅沢の限りをつくしていたのです。

当時、3枚のクレジットカードと1枚の銀行系キャッシング専用カードをもっており、その4枚を常にフル回転させている状態でした。

返済が間に合わなければキャッシングをしたり、ショッピング枠を現金化して返済に回したり。完全に金銭感覚が麻痺していたのだと思います。

そんな当時の私の体験談です。

体験者の情報

名前:山本 百合子(仮名)
性別:女性
お金に困った理由:会社の経営悪化によるリストラ
何を滞納したのか:エポスカードの返済金と住民税、家賃
滞納金額:100万円
当時の職業:会社員
当時の年齢:27歳
当時の借金の合計額:300万円
会社名:エポスカード、VISA、JCB、DCキャッシュワン、ジャックスカード、プロミス

27歳で貯金ゼロ。手取り30万の月給はすべて借金返済に

当時は自分の生活が経済的に破綻しているとは全く思っていませんでした。なにしろ特別な事故もなく、返済が滞ることもなく、カード4枚をうまく回して使うことで、上手に返済できておりましたので。

ただ、手取りで月30万円ほどの月収がほとんどすべて借金返済に消えて行くことについては、多少不安を覚えていました。

27歳で貯金ゼロ。
月給の手取り30万円のうちの20万円を借金返済にあて、7万円を家賃に、残り3万円を生活費にしていました。

しかし生活費がたったの3万円で足りるわけがなく、足りない分はさらにカード払いにすることで乗り切るという生活。

しかも根っからの快楽主義と浪費癖が災いしてか、あるときまで自分の生活を見直してみようとはまったく考えていなかったのです。

人生最大のピンチ!無収入なのに借金が追いかけてくる

28歳で訪れた転機、それはリストラでした。

会社の業績が悪化していることは知っていましたが、リストラが始まるほどだとは思っていませんでした。また、自分がリストラ要員に含まれているとも...。

会社から示されたのは、退職金ゼロ、そして3ヶ月以内に会社を辞めなくてはいけないという条件。

ずいぶんと酷い話だと思いますが、心底焦っていたので、会社を訴えることよりも就職活動に集中できました。

なぜなら当時の私には、

  • A社(90万円のショッピング、30万円のキャッシング)
  • B社(20万円のショッピング)
  • C社(80万円のキャッシング)
  • D社(80万円のキャッシング)

と、合計300万円の借金があったからです。

月々の返済は、合計20万円ほど。
これに加えて7万円の家賃と1万円の光熱費、そして1万円の生活費。なんとか最低でも月28万円は稼がなくてはなりません。

退職の期限は、そうこうしているうちにあっという間にやってきました。就活は、ちょうど数社で何度目かの面接に入ったころで、まだどこからも内定をもらっていませんでした。

翌日から無収入、それなのに月27万円の支払いは続くのです。

就職活動への影響を考え債務整理を断念!

このときもし、債務整理をしていたら私の人生はもっと違うものになっていたかもしれません。が、これまで借金を重ねて何とかしてきた私がとった方法は、さらに借り入れを重ねることでした。

債務整理が内定に影響するのではないかという不安があったことも事実です。(実際は、債務整理をしても就職活動に影響は出ないというのが一般論です。ただ、企業によっては興信所等を使って応募者の調査をすることがあるそうなので、その場合は債務整理の経験があることが企業側に判明してしまうかもしれません。)

合計300万円。
月々の返済20万円という、借金まみれの私でしたが、一度も事故を起こしたことのない優良顧客(?)でした。

加えて、年収の3分の1以上借り入れができないという総量規制もありませんでしたから、新たに借金を重ねようと思ったとき、お金を貸してくれる会社はいくらでもありました。

ただし、金利の安い銀行系フリーローンだけは、審査に通りませんでしたが......。

無職になる直前に、

  • E社のフリーローン 50万円
  • F社 消費者金融 50万円

から、合計100万円を借り入れることに成功。これで、当面の生活をしのぐことにしました。

月々の返済額は4万円増えましたが、4万円くらいたいしたことないと思い込んでいました。ほんと、我ながら頭が悪いですよね。

リストラ後、間もなくして、再就職先は見つかりました。が、手取りは以前よりマイナス5万円の月25万円

光熱費や食費などを除いても、月々の返済額24万円 + 家賃7万円 = 合計31万円に対して、6万円も足りません。

親や兄弟には相談できず、支払いの督促電話に怯える日々が約半年くらい続きました。携帯にでなければ職場にまで督促の電話がかかってきます。

落ち着いて働けるような状況でなくなってきました。この間、家賃は滞納。大家さんがとても理解のある方で、事情を話したら半年 滞納した分をすこしずつ返済することで許してくれました。

住民税の滞納で給料差押えの危機!しかしこれが転機に!

不幸は続きます。
ここに降ってわいてきたのが、住民税の支払いでした。

ご存じのように、前年度の収入に対して支払わなくてはならないのが住民税。

過去に滞納していた分も含め、失業期間中に約30万円ほどを4分割して支払わなければならなかったのですが、当然一度に6~7万円を支払う貯金も能力もなく、滞納していました。

住民税の納税担当者は、私の借金の事情については知る術もありません。年収に対して、たかだか30万円の住民税が払えないのはおかしいと、ひどいプレッシャーをかけてきました。

分割をすすめられたのですが、分割の条件である月1万円すら私には厳しいのだということも、理解してもらえませんでした。

そうこうしているうちに利息が膨れ上がり、返済額は40万円に

とうとう「40万円を一括で支払わなければ給与を差し押さえる」という旨の内容証明が届き、私は大慌てで役所の納税課に出向き、事情を話しました。

すると、意外や意外。

役所の担当者が、私に代わって私の過去の借金を見直し、過払い金請求までしてくれることになったのです。

まず担当者のもとに、現在の借金のリストを提出しました。滞納してはお金があるときに支払うような生活でしたので、そのときにはすでにどこから幾ら借りているかわからない状況でした。

が、カード会社名とおおよその借金額だけ分かればよいという話。メモを提出するだけで、難なくクリアできました。

この話をするとよく、「なぜ役所の方が、無料で過払い請求を引き受けてくれたか」と不思議に思われることがよくあります。わたしも気になって聞いてみたのですが・・・。

差し押さえるような財産を持たない私から40万もの税金を徴収するには、その方法しかないと悟ったからというのが大きな理由のようでした。

また、その担当者の方の人柄もあったと思います。

つい先日リストラされて、やっとの思いで就職した会社であること。その大切な新しい職場で、給与差し押さえなどということになったら、私生活に問題アリの社員とみなされてしまうこと。

それが原因で再びリストラ要員になってしまうかもしれない恐怖感。それらをとつとつと語ると「助けてあげるから、生活を立て直しなさい」と言ってくださいました。

過払い金請求のための取引履歴の開示請求や引き直し計算は、すべてその方が代行してくださいました。

詳しい事情は教えてもらえなかったのですが、役所が貸し金会社に交渉をすると取引にすぐ応じるようで、2週間ほどで過払い金の総額が見えました。

それから約1か月後、A、C、D社から合計約80万円の過払い金が役所宛に振り込まれたという連絡がありました。

万歳!
役所に出向くと、担当の方から現金約80万円を手渡され、その中から滞納していた税金30万円をその場で支払いました。(生活苦を理解していただき、税金滞納の利息10万円は免除してもらえました)。そして、残りの50万円を現金でもらって帰宅しました。

重みのある50万円でした。
その50万円は役所の方のすすめもあり、B社とE社の返済の一部に当てました。それによりB社は完済。現在はE社、F社の返済、月々合計4万円を続けている状態です。

以前は月々24万もの借金返済で貧乏生活に慣れきっていましたから、今では毎日が夢のようです。

役所が過払い金請求を無料で代行してくれた件。ずいぶん特殊でラッキーな出来事に思われる方も多いようですが、実はそうでもないのです。

昨年末にテレビを観ていたら、わたしそっくりの女性がテレビに登場していました。複数の借金でクビがまわらなくなっていることに加え、税金も滞納。税金を取り立てにいった役所が代わりに過払い金請求を行い、返還金で税金を払わせていました。

とりあえず誰かに相談しましょう!

わたしは税金滞納で追い詰められたことで相談相手が見つかり、結果借金の苦しみから解放されました。借金の場合、相談相手がいるかいないかで、大きく身の振り方が違ってくるのかもしれません。

リストラされたときも、「債務整理は就職活動に影響しない」ことを誰かに相談して知っていたら、迷わず債務整理を選んでいたと思います。

身内や親しい人に相談するのが難しいのなら、行政主導で定期的に行っている債務整理の無料相談会などもあります。一人で借金に悩んでいる方は、ぜひ一度足を運んでみることをおすすめします。

→債務整理の弁護士事務所を徹底比較。費用、対応地域、実績、顧客対応

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報