アコムは実は低金利ではない?増額に厳しい?【実態調査】

キャッシング会社について調べている時、こんな風に思ったことはありませんか?

「公式ホームページにはいいことばっかり書いてある」
「やらせの口コミやランキングはあてにならない」

宣伝されている内容と実際に使ってみて感じる印象が違うことはよくあります。本当に知りたいのは、実際に使った人が感じたことですよね。

今回は、業界最大手のアコムに焦点をあて、利用者が「よかった」、または「悪かった」と感じている点について調べてみました。良くない評価も非常に参考になりますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

アコムってどんな会社?

キャッシングを利用したことがない人でもアコムの名前は聞いたことがあると思います。アコムは、業界でも知名度 抜群ですね。

アコムは、「サラ金」と呼ばれ、暗いイメージがあった個人向け無担保ローンを、良くも悪くも、「普通の人」が借りやすく、親しみやすいものにした会社です。

知名度が高いからといって、必ずしもサービスが良いというわけではありませんが、審査スピードや、借入・返済における利便性、コールセンターの対応などについて、比較的評判が良いのは事実のようです。

とはいっても、「お金を借りる」なら、利便性だけでなく金利や審査に受かるかどうかも重視したいところ。

はたしてアコムの場合、そのあたりどうなっているのでしょうか?実際に使った人の声を詳しく見ていきましょう。

ホントに30分で審査結果が出る?

「アコムは審査が早い」
「本当に30分以内に審査結果が出た」

このような評判をよく見かけます。

さすがに30分は言いすぎだろうと思っていたのですが、実際に30分以内に審査が完了している事例は(口コミや体験談を見る限り)たくさんありました。

ただし、どんな方法でも申し込めば必ず30分で終わるわけではありません。

最短の方法は、インターネットで事前申し込み→審査結果の連絡→ネットor店舗or自動契約機で契約する方法です。

さらに、以下のような条件がそろっている必要があります

こういった手続きに慣れている場合はスムーズにいくと思いますが、初めての人は(30分以内は)難しいかもしれません。

それでもアコムの審査スピードは、銀行やクレジットカードのキャッシングよりはかなり早いと思っていいと思います。

しかし大手消費者金融なら、最近はどこも同じような時間で審査を終えることが可能です。(たとえばアコムは最短30分、プロミスも最短30分)最短の申込み方法は各社異なるので、比較してみて自分が一番わかりやすいところを選べばよいと思います。

申込・借入・返済方法がたくさん!

キャッシングを利用する上では、「申込」、「借入」、「返済」と主に3つの手続きがあります。

アコムは、これらの手続きの方法でも他社にはないメリットがあります。

「申込」でアコムが便利な点は、電話からの申し込みで、来店せずに契約を完了できる点です。

インターネットから申し込めば来店不要で契約できる業者はいくつもありますが、パソコンで必要事項を入力するのは面倒、急いでいる時は電話がいい、という人も少なくありません。(アコムの申し込み方法は他に何があるの?

「借入」は、直接口座にお金を振り込んでもらえる「振込キャッシング」が便利です。

インターネットや電話で依頼すれば自分の口座に入金される仕組みですが、これはアコム以外でも利用できる業者が増えてきました。

しかし、多くの業者では銀行の営業時間内(平日の15時頃まで)に限られるのが難点です。

アコムの場合、楽天銀行に口座があれば、ほぼ24時間受け付けてもらえて、受付が完了すれば1分程度で入金されます。

しかも、土日祝日も可能です。(プロミスでも時間を気にせず振込キャッシングをしてもらえるサービスがあります。三井住友銀行やジャパンネット銀行に口座がある場合はプロミスの方が良いでしょう。)

「返済」の方法では、インターネット返済ができる業者がおすすめです。アコムのほか、プロミス、新生銀行カードローン レイクでネット返済ができます。

さらに、「Pay-easy(ペイジー)」という支払サービスが使えると、都銀・地方銀行・信用金庫・ネットバンクなどたいていの金融機関が対応しているので、自分の口座が対応していなくても困ることはありません。

「Pay-easy(ペイジー)」はアコムとレイクで利用することができます。

申込
方法 特徴
アコム パソコン
ケータイ
スマートフォン
店頭窓口
自動契約機
電話
郵送
  • 電話でも来店不要
  • 書類アップロード機能あり
  • 平日14時まで即日振込可能
プロミス パソコン
ケータイ
スマートフォン
店頭窓口
自動契約機
電話
郵送
  • 平日14時まで即日振込可能(平日14時までに契約完了が必要)
新生銀行カードローン レイク パソコン
ケータイ
スマートフォン
店頭窓口
自動契約機
電話
郵送
  • 申込完了後すぐ、自動審査で融資可能額を提示
  • 平日14時まで即日振込可能
モビット パソコン
ケータイ
スマートフォン
店頭窓口
自動契約機
電話
FAX
郵送
  • 書類アップロード機能あり
  • 急ぎの場合はコールセンターに連絡
  • 通常契約書類の返送が必要
アイフル パソコン
ケータイ
スマートフォン
店頭窓口
自動契約機
電話
郵送
  • 当日振込可能
借入
方法 特徴
アコム パソコン
ケータイ
スマートフォン
電話
自社ATM
提携ATM
店頭窓口
  • 振込キャッシング
    (インターネット、電話)
  • 楽天銀行ならほぼ24時間受け付け可能、1分で反映
  • 提携ATM多数
    (都銀・地方銀行、信用金庫など)
  • 自社ATMは24時間/年中無休
プロミス パソコン
ケータイ
スマートフォン
電話
自社ATM
提携ATM
店頭窓口
  • 振込キャッシング
    (インターネット、電話)
  • 三井住友銀行、ジャパンネット銀行なら
    24時間受付 最短10秒程度で反映(平日14時までに契約を済ませている必要あり)
新生銀行カードローン レイク パソコン
ケータイ
自社ATM
提携ATM
  • 振込キャッシング
    (インターネット)
  • 平日14時までなら即日可能
モビット パソコン
ケータイ
電話
自社ATM
提携ATM
  • 振込キャッシング
    (インターネット、電話)
  • 平日9:00~14:50までなら最短3分
アイフル パソコン
ケータイ
電話
自社ATM
提携ATM
  • 振込キャッシング
    (インターネット、電話)
  • 14時10分までなら即日可能
返済
方法 特徴
アコム パソコン
ケータイ
スマートフォン
自社ATM
提携ATM
店頭窓口
銀行振込
口座振替
  • インターネット返済「Pay-easy(ペイジー)」
プロミス パソコン
ケータイ
スマートフォン
自社ATM
提携ATM
店頭窓口
銀行振込
口座振替
  • インターネット返済
新生銀行カードローン レイク パソコン
ケータイ
スマートフォン
自社ATM
提携ATM
銀行振込
口座振替
  • インターネット返済「Pay-easy(ペイジー)」
モビット 提携ATM
銀行振込
口座振替
  • 三菱東京UFJ銀行に口座があれば自動引き落とし可能
アイフル 自社ATM
提携ATM
銀行振込
口座振替

申込が便利でも、返済が不便だと利便性の高い業者とは言えません。

たとえば、アイフルやレイク、モビットでは店舗でお金を借りることはできませんし、モビットやアイフルはインターネット返済に対応していません。

その点、アコムは総合的に利便性が高いと言えると思います。

ズボラな人におすすめの会員サービス

返済日を知らせるメールサービス

返済が遅れる理由のほとんどが「うっかり忘れ」です。そんな時のために返済日を通知するメールサービスがあると便利ですよね。

アイフルやプロミスにも似たようなサービスがありますが、通知は期日前の1回のみ。

アコムの場合、期限3日前、当日、期限経過後の3回メールで知らせてくれるので、よりうっかりしにくいと思います。(もし遅れてしまった場合は、万が一、アコムで返済を延滞してしまった場合はどうすればいいの?が参考になると思います。)

スマートフォン『アコムナビ』

スマートフォンが使える業者はかなり増えてきましたが、サイトの閲覧のみ可能というところがまだまだ多い状態です。

アコムのスマートフォンアプリは、動画による商品説明や、書類アップロード機能、GPSを使ったATM検索、ローン計算などができます。

特に書類アップロード機能は必要書類の提出がスムーズになって便利です。

ATM検索も、GPSが使えると見つかるのがかなり早いですよ。別ページで、アコムナビの特集ページもございます。こちらもぜひご覧ください。

ちなみに、アイフルとモビットも書類アップロード機能がついているので、スマートフォン対策はまあまあすすんでいます。今のところアコムがもっとも充実していますが。

返済日の変更

これはサービスと言っていいかどうか分かりませんが・・・アコムは返済日の変更には比較的柔軟です。

期日前であれば、電話(音声自動応答)やインターネットから自分で返済予定日の変更が可能です。事前に変更さえしておけば、遅れた分の遅延損害金は発生しません。

自分で返済日を変更できる仕組みがあるのは、アコムのほかはレイク(期日3日前まで)だけです。

あとの業者は、電話相談をしてOKがもらえないとできません。(大手キャッシング各社の返済日変更については、別ページでも検証しております。)

期待はずれ?審査で断られた人が怒る理由

「電話で問い合わせた時はいい感じだったのに、審査結果は否決だった」
「ホームページの自動審査ではOKだったのに、本審査で落とされた!」

こういった怒りの声がよく見られます。

まず電話ですが、オペレーターの対応や反応がいいからといって、「審査に通過する可能性が高い」とは限りません。といいますか、オペレーターの対応がいいのは当たり前です。

審査の結果が出るまでは、審査の結果はわかりませんのでそのつもりで。

問題なのは自動審査のほうですね。

アコムには、年齢や性別、結婚の有無、保険の種類、他社借入状況を入力するだけで審査の目安が診断できる『3秒診断というサービスがあります。匿名で手間をかけずに審査ができる点がメリットです。

しかし、自動の仮審査はあくまでも「仮」で、本当の審査結果は審査を受けてみないとわかりません。このあたりの説明が若干足りないかなと思います。「3秒」をアピールしすぎです。

ちなみに、本審査ではどのような方が審査に通りやすいのでしょうか?

アコムの審査に通る人、通りにくい人の傾向について調べた特集がありますので、ぜひそちらも併せて読んでみてください。

「低金利」と言うほど低金利ではない

アコムの金利は、実質年率4.7%~18.0%です。広告では「低金利」をアピールしていますが、実際にはそれほど低金利ではありません

実質年率が4.5%~14.5%が多い銀行カードローンと比べたら、ずいぶん高い感じがします。

また、同業の消費者金融他社と比べてみても、モビットが3.0~18.0%、プロミスが4.5~17.8%なので、大きな違いはありません。

最低金利4.7%はやや低く見えますが、これは500万の高額融資の場合で、ほとんどのケースでこの利率が適用されることはありません。

新規契約や100万円以下の借入だと、最高金利の18%が適用されることが多いでしょう

増額にはなかなか応じてもらえない

アコムは限度額(融資枠)の増額にはやや慎重な業者です。まじめに返済していても、利用歴が数カ月程度の場合、応じてもらえない可能性が高いようです。

限度額を増額するには、遅れずに返済をした期間が少なくとも半年、できれば1年は必要だと思います。

また、1年以上きちんと返済していても、その間、他社で借入れると増額を断られることが多くなります。増額が可能かどうかは、返済期間だけでなく、他社借入状況、属性などによっても決まるようです。

アコムの場合、会員ページのお知らせに「増枠のご案内」が来るのですが、申請してみたらダメだった人がけっこういるので、通知が来たすべての人が増額可能なわけではないようです。「だったらこんな連絡するな」との声が聞こえてきそうですが。

今回は、アコムの利用者が感じた「アコムのよかった点、悪かった点」についてまとめました。

上記は2012年における検証の結果ですが、キャッシング業界は非常に変化の早い業界です。常に新しい情報をチェックするように心がけてくださいね。

→アコム申込み前に知っておきたいアコムの悪い点、第三者視点の評価

【この記事の筆者】
正岡 さな(仮名)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士。元外資系経営コンサルタント、現在は2児の母をしながら在宅フリーランスで働く。得意分野は「お金」。好きなものも「お金」。売る側の論理ばかりが多いキャッシングに関する情報を、買う側の視点から徹底解説します。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報