資金繰りが厳しい時こそ学んでおきたいビジネスローンの選び方と基準

ビジネスをしている人にとって、資金繰りは頭の痛い問題です。

運転資金、つなぎ資金、設備投資、急に資金が必要になっても、いつも手元に余裕があるとは限りません。

公的融資や銀行からの融資を受けられれば一番ですが、公的融資は手続きに時間がかかりますし、銀行は審査が厳しく、簡単には融資してもらえません。

では、直近で資金が必要なときは、どうすればよいのでしょうか。

そんな時は、民間のビジネスローンの利用を検討してもいいかもしれません。

銀行以外にもビジネスローンを扱っている業者はたくさんあります。銀行と違って無担保・無保証人で借入できますし、何より融資までがスピーディです。

ただし、公的融資や銀行からの融資に比べると大分金利が高いというデメリットはあります。

今回は、忙しい経営者のあなたに代わって、ビジネスローンの選び方やオススメの業者について調べてみました。

詳しいスペックを調査して、できるだけ客観的になるようにまとめてみたので、お役に立てれば幸いです。

  • 【目次】
  • ビジネスローンのメリット・デメリット
  • ビジネスローンの選び方・チェックポイント
  • ビジネスローンにオススメの業者はココ!
  • 本当にビジネスローンが最適でしょうか?
  • 場合によっては銀行カードローンのほうがおすすめ

ビジネスローンのメリット・デメリット

ビジネスローンとは、中小企業や個人事業者向けのローンのことです。銀行以外でビジネスローンを扱っているのは、クレジットカード会社や消費者金融などが挙げられますね。

こういったローンは「ノンバンク系」と言われたりします。

ノンバンク系ビジネスローンのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 対応が早い(即日融資が可能なところもある)
  • 振込融資によるサービスがあるなど、利便性が高い
  • 銀行に比べると審査通過率が高い
  • 担保・保証人は不要
  • 総量規制の対象外

デメリット

  • 金利が高い
  • 限度額が低い
  • 稀に悪徳業者が存在する

ビジネスローンを選ぶ時は、メリットを最大限に活かし、デメリットをできるだけ避けることが大切です。

ビジネスローンと総量規制の関係

補足ですが、ビジネスローンと総量規制の関係ついて解説しておきましょう。

現在 銀行以外からの融資は総量規制の対象になっているので、個人が借りられる額の上限は年収の3分の1までとなっています。

ただ、総量規制にはいくつか例外規定が設けられています。

事業資金としての利用が目的で、必要書類(直近の確定申告書や事業計画書など)を提出できる場合は、総量規制の対象外となります。

したがって、銀行以外の業者が運営するフリーローンでも、事業者向けのローンは総量規制の対象外になっているのです。

ビジネスローンの選び方・チェックポイント

ビジネスローンを選ぶ時にチェックしておきたいポイントを挙げてみました。

□ 金利
必要金額と適用金利を照らし合わせる(適用される金利が大体何%になるのか)

□ 限度額
必要額を満たしているか確認

□ 保証人の要/不要
法人の場合、代表者に連帯保証を求められることもある

□ 担保の要/不要
不動産担保ローンか、フリー(無担保)ローンか確認する

□ 融資対象者
法人向けものか個人事業主向けものか
申込時の年齢制限や事業実績年数などがないか

□ 融資までの時間
申込みから実際に融資を受けるまでの時間、即日融資が可能かどうか

□ 来店の必要性
申込、契約、借入時に来店の必要があるかどうか

□ 振込融資サービスの有無
振込融資のサービスがあるがどうか

□ 銀行・コンビニのATMを利用できるか
どの銀行・コンビニのATMが利用できるか

□ 使途
制限なし(自由)か、事業性資金限定か

□ 最長借入期間
返済が長引きそうな場合は最長借入期間が長い方がよい

□ 悪徳業者ではないか
財務局に登録されている業者か
悪徳業者リストに載っていないか

《参考サイト》

ビジネスローンにオススメの業者はココ!

ビジネスローンのオススメを紹介するランキングサイトや比較サイトはいくつかありますが、バナーが張ってあるだけの明らかな広告サイトや、ビジネスローンと称し、普通の個人向けフリーローンを紹介しているところが少なくありません。

ここでは各社のスペックを詳細に比較し、ビジネスに最適と判断したものを載せています。

ちなみに、ビジネスローンには不動産や保証人を担保にする「有担保」タイプもがありますが、今回はそういったものが必要ない無担保型フリーローンを想定しています

ビジネクスト「ビジネスローン」

金利:13.0%~18.0%(100万円未満)、8.0%~15.0%(100万円以上)
限度額:50万円~1,000万円

ビジネスローン会社として実績のある大手業者です。限度額が上限1,000万円なので、銀行以外のビジネスローンとしては最高レベルです。

来店不要で申込⇒契約⇒借入⇒返済まで完了しますし、振込融資にも対応していますが、審査には3日程度かかるので注意が必要です。

また、個人事業主の場合は無担保・無保証人ですが、法人の場合は代表者に連帯保証を求められます

さらに詳しいビジネクストの検証はこちら

シンキ「オーナーズセレクトカード」

金利:13.0%~18.0%
限度額:最大300万円

新生銀行グループのビジネスローン会社です。法人の場合でも保証人が不要なのが大きな特徴です。

また、インターネットで申込み後、レイクの自動契約機まで行くことができれば、当日融資も可能です。

楽天口座を持っている場合は24時間365日いつでもインターネットでリアルタイム融資・返済ができます

オリックス・クレジット「ORIX CLUB CARD」

金利:6.0%~17.8%
限度額:50万円~500万円

オリックスグループの事業者向けローンです。

ジャパンネット銀行口座を持っている場合は、24時間365日いつでもインターネットから即時振込・即時返済が可能です(その他の金融機関でも平日8:40~15:00は即時振込・返済可能)。

また、審査も最短即日、朝一で申込めばその日のうちに融資可能です(オリックス・クレジットさんに直接確認しました)。

ただし、対象が「業歴1年以上の個人事業主」となっているので、法人や業歴1年未満の個人事業主は利用できません。

セゾンファンデックス「事業コース」

金利:6.5%~17.8%
限度額:1~500万円

カード会社のセゾングループが運営している個人事業主専用ローンです。

平日午後1時までに、

申込⇒審査⇒(審査通過の場合)必要書類のFAX

まで完了すれば、当日融資(振込)が可能です。

その後も平日14時半までに申しこめば、最短数十秒で指定口座に振込融資してもらうことができます。

ただ、対象が「20歳から65歳までの毎月定期収入のある電話連絡可能な個人事業主」となっていますので、法人は利用できません。

以上の業者のほか、他にもいくつかビジネスローン(主に消費者金融の事業者用プラン)を加えて、詳細なスペックを一覧にしましたので参考にして下さい。

  金利 限度額 担保 保証人 融資対象 融資までの 時間 来店必要性 振込融資 銀行
コンビニ
ATM
使途 最長借入期間
ビジネクスト
「ビジネスローン」
(100万円未満) 13.0%~18.0%
(100万円以上)
8.0%~15.0%
50万円~1,000万円 不要 原則不要
(ただし、法人の場合は代表者の連帯保証が必要)
申込時年齢満20歳~満69歳までの法人または個人事業主 3日程度 不要 事業資金 5年 (60回以内)
新生銀行
グループシンキ
「オーナーズセレクトカード」
13.0%~18.0% 最大300万円 不要 不要 法人 個人事業主 ネット申込み後、レイク自動契約コーナーへ行くと当日も可能 契約時 要来店 自由 47回まで
オリックス・クレジット 「ORIX CLUB CARD」 6.0%~17.8% 50万円~500万円 不要 不要 申込時年齢20歳~69歳まで、業歴1年以上の個人事業主 最短即日 不要 自由 10年2ヶ月 (122回払い)
セゾン
ファンデックス
「事業コース」
6.5%~17.8% 1~500万円 不要 不要 20歳から65歳までの毎月定期収入のある電話連絡可能な個人事業主 審査後、平日PM1時までに契約書をFAXすると当日も可能 不要 事業資金 5年(1~60ヶ月) 1~60回
オリコ
「CREST for Biz」
(30万円枠) 15.0%~18.0%
(50万円枠) 9.6%~18.0%
(100万円枠) 7.8%~15.0%
(200万円~300万円) 6.0%~15.0%
最高
300万円
(初回は100万円)
不要 不要 個人事業主 数日程度 不要 事業資金 1ヶ月~159ヶ月 1回~159回
アコム
「ビジネスサポートローン」
(1万円~100万円未満) 12.0%~18.0%
(100万円~300万円) 12.0%~15.0%
300万円まで 不要 不要 業歴1年以上の個人事業主 審査後、店頭窓口または自動契約機に行くと当日も可能 不要 自由 6年9ヵ月 (1~80回)
プロミス
「自営者カードローン」
6.3%~17.8% 300万円まで 不要 不要 年齢20歳以上、65歳以下の自営者 審査後、店頭窓口または自動契約機に行くと当日も可能 契約時 要来店 自由 6年9ヶ月 (1~80回)
アイフル
「事業サポートプラン」
12.775%~18.000% 個人事業主:最大250万円 法人:最大300万円 不要 原則不要 (ただし、法人の場合は代表者の連帯保証が必要) 法人 個人事業主 審査後、契約書をFAXし来店することで当日も可能 不要 事業資金 (10年)120回

以上の表にあるように、大きな金利の差は見受けられませんでした

多くの商品で、限度額100万円未満が上限18%、限度額100円以上が上限15%と設定されており、いずれも法定金利ギリギリの水準です。

金利の点では、やはり銀行のローンのほうがだいぶ低く設定されていますね。

本当にビジネスローンが最適でしょうか?

ここまでオススメのビジネスローンについてお話してきましたが、ここでちょっと立ち止まって考えてみたいと思います。

本当に必要なのはビジネスローンでしょうか?

前述のとおり、ビジネスローンは非常に金利が高くなっています。金利だけで見ると消費者金融並です。長期的な借入に適した金利ではありません。

あくまでも次の融資が確定するまでのつなぎ融資、緊急事態に対処するための資金として利用すべきです。

融資が必要になったら、公的融資→銀行→ビジネスローンの順番で検討するようにしてください。

公的融資である「日本政策金融公庫」や「中小企業金融公庫」、「新規開業ローン」は、手続きが分かりにくくて大変ですが、金利1~5%と大変低いのが魅力です。

ちなみに、無料で相談できる公的機関についても紹介していますので、あわせてご覧ください。

また、実際に日本政策金融公庫を利用された方の体験談もありますので、よろしければご覧ください。

銀行もビジネスローンよりは低金利の事業者向けローンを提供しています。

すぐにビジネスローンに手を出すのではなく、まずは他の方法を検討するようにしましょう。

ビジネスローンは、

  • 公的資金や銀行からの融資が無理だった場合
  • どうしても数日中に資金が必要になった場合

などに、あくまでも緊急避難的な利用がおすすめです。

場合によっては銀行カードローンのほうがおすすめ

事業にお金をまわしているせいで生活が困窮している場合、事業資金ではなく生活資金を借りる、という考え方もあります。

銀行カードローン(個人向け)は、基本的に事業性資金を用途として認めていませんが、事業者の生活費の補てんのために借りるのなら問題ありません。

最後に、低金利で融資までの対応が早い銀行カードローンをいくつか紹介します。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

金利:年率1.8~14.6%
限度額:10~500万円

三菱東京UFJ銀行カードローンは、銀行併設のテレビ窓口に行けば当日融資も可能です。(平日15時以降、土日祝日も可能)ただし、振込による融資には対応していません

毎月の最低返済額は2,000円~
毎月少額ずつしか返せない、という場合にもおすすめです。

→三菱東京UFJ銀行カードローン申込み前に知りたい利用者が思う問題点、マイナスのクチコミ

三井住友銀行カードローン

金利:4.0~14.5%
限度額:10~800万円(※ 初回は最高100万円)

三井住友銀行カードローン審査時間は最短30分です。
インターネットなどから申込⇒審査を受けた後⇒三井住友銀行本支店内に設置されているローン契約機でカードを受け取れば当日融資も可能です。

→三井住友銀行カードローンを全9項目から徹底検証してわかったこと

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報