モビット徹底検証。9項目を他社と比べて判明したモビットの長所短所

ここでは、モビットをさまざまな角度から大手キャッシング、及び銀行カードローンと比較しています。

あくまでも客観的な立場での検証・比較にしたいので、インターネット上によくあるような業者の良い部分のみを取り上げて紹介するような偏った検証はしておりません。

「これは評価できる!」と感じた点や「ここはダメだな」と感じた部分を率直にまとめていますので、真剣に業者選びをしたい方にオススメできる内容です。

たとえば、モビットは審査スピードが早いものの、金利が高く、返済時に手数料かかります。

今回はこういったモビットのマイナス面もいろいろな角度から紹介しました。

また、「モビットに向いているのはどんな人か」を分析し、紹介しています。

ぜひ最後まで目を通してみてください。

  • 目次
  • モビットってどんなローン?
  • メリット
  • デメリット
  • どんな人に向いている?
  • 金利
  • 限度額
  • 申込方法・審査時間
  • 借入方法
  • おまとめローン
  • 無利息期間
  • 返済方法
  • 返済方式
  • 店舗数

モビットってどんなローン?

モビットは、三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融です。

ただし、三井住友銀行グループ傘下といっても銀行が運営しているわけではないので、総量規制の対象になります。

モビットは、満20歳以上69歳以下で安定収入のある方であれば誰でも申込めます。パート・アルバイト、派遣社員、自営業でもOKです。

ただし、収入のない専業主婦や年金生活者(年金以外に安定収入のない方)の申込みは受け付けていません。

ひと目で分かるモビットチャート

モビットのメリット

モビットにはどんなメリットがあるのでしょうか?

来店不要&電話なし&郵便物なし!「WEB完結申込」

WEB完結申込で申込めば、申込みから借入れまで、すべての手続きをホームページ上で済ませることができます。

この方法なら来店不要、電話のやりとりなし、電話連絡なし、郵便物が届く心配もありません。

ただし、カードが発行されないためATMを利用することはできません。

また、WEB完結申込にはいくつかの利用条件があります。

  • 三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている
  • 社会保険証もしくは組合保険証を持っている

以上の条件をクリアできる方にはおすすめです。

電話連絡なしのWEB完結申込の詳細はこちらをクリック

10秒で簡易審査結果表示

ホームページやローン申込機から申込むと、氏名、生年月日、自宅・勤務先情報、希望額などを入力するだけで、融資の可否と利用限度額が表示されます。

入力が終わってから10秒で簡易審査結果表示なので、審査が非常に速い。
これはいわゆる診断サービスではなく、本審査の一歩手前の事前審査だと思ってください。

結果は本審査のものではありませんが、すぐに目安がわかるのは嬉しいですよね。

モビットの10秒簡易審査は今スグこちらをクリック

審査スピードがはやい

本審査にかかる時間は最短30分です(結果はメールか電話で通知されます)。

ただし、これはあくまで最短です。実際は1~2時間かかることが少なくありません。

特に夕方は申込みが増えるので、急いでいるなら午前中に申込んだほうがいいとのこと。

急いでいる場合は、ホームページで申込みを済ませた後、コールセンターに電話し、「急いでいる」と伝えると、早めに審査をしてもらえます(※申込曜日や申込みの時間帯によって今日中にお金を借りられない可能性もあります。)。

即日融資も可

モビットなら、申込日に融資を受けることができます。

口座に入金してほしい場合

ホームページで、申込み、契約、振込キャッシングの手続きを行いましょう。

振込キャッシングの手続きを平日14時50分までに終えることができれば、その日のうちに指定の口座に入金されます。

ローン申込機でカードを受け取りたい場合

ローン申込機で申込み、契約の手続きを行えば、すぐにカードが発行されます。

その後、電話で審査結果が知らされるので、その時点からカードを使えるようになります。

また、あらかじめホームページから申込み、契約まで済ませたら、ローン申込機でカードを受け取ることもできます。

ローン申込機は土日祝含む9~21時まで営業しているので、営業時間には注意しましょう。

※ 申込みした曜日や時間帯によって、即日融資を受けられない場合もあります。また、審査の結果によって融資不可となることもあります。

即日振込キャッシングはこちらをクリック

モビットのデメリット

では、モビットにはどんなデメリット・マイナス面があるのでしょうか?

金利は高め

モビットの金利は3.0~18.0%です。
消費者金融のなかでは標準的ですが、業界全体から見ると高金利に分類されます。

銀行のカードローンなど、低金利のローンもたくさんあるので、金利重視の方にはおすすめできません。

無利息期間なし

「初回30日間無利息」、「1週間何度でも無利息」など、一定期間、金利のかからない無利息サービスは人気ですよね。

しかし、残念ながらモビットには無利息期間のサービスはありません。

無利息期間のあるローンをお探しなら、プロミスやアコム、新生銀行カードローン レイクなどをチェックしてみてください。

総量規制の対象になる

モビットは三井住友銀行グループの傘下ですが、あくまで消費者金融なので総量規制の対象です。

よって、年収の3分の1を超える金額を借入れることはできません。

なお、銀行や、クレジットカード会社のショッピングは総量規制の対象外です(クレジットカードのキャッシングは対象です)。

返済時に手数料がかかる

モビットの返済方法は、提携ATM、銀行振込、口座引落しです。

このうち、提携ATMか銀行振込は返済時に手数料がかかります。

提携ATM...利用額1万円以下なら108円、1万円超なら216円の手数料がかかります。
銀行振込...金融機関によって手数料が異なります。

口座引落しなら手数料無料で返済できますが、三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の口座しか指定できません。

どんな人に向いている?

今回の検証をもとに、「モビットがどんな人に向いているか」を分析してみました。

急いでいる

ホームページもしくはローン申込機から申込めば、直後に融資の可否と利用限度額が表示されます。

これはあくまで事前審査の結果ですが、すぐに目安がわかります。

そして、本審査にかかる時間は最短30分です。

ホームページから申込み後、コールセンターに電話をかければ審査を急いでもらうこともできます。

また、即日融資にも対応しています。

家にいながら指定の口座に入金してもらうこともできますし、ローン申込機でカードを受け取ればすぐATMから借入れできます。

※ 申込みした曜日や時間帯によって、即日融資を受けられない場合もあります。また、審査の結果によって融資不可となることもあります。

在籍確認、電話、郵便物NGの方

「在籍確認されると困る」
「自宅に郵便物を届けないで欲しい」
「電話でやりとりしたくない」

このような要望を持っているなら、モビットのWEB完結申込がおすすめです。

WEB完結申込なら、申込みから借入れまですべてホームページ上で済ませられるうえ、郵便物が届くことも電話がかかってくることもないという非常にスマートなサービスです。

もちろん、職場への電話もありません。

ただし、利用には厳しい条件があります。

  • 三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている
  • 社会保険証もしくは組合保険証を持っている

以上の条件をクリアできる場合にはおすすめです。

ここからは、金利、限度額など全9項目にわけてモビットをより詳しく検証していきます。

金利

  業者名 金利 遅延損害金
消費者金融 モビット 3.0~18.0% 20.0%
  業者名 金利 遅延利率・遅延損害金
銀行 住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 0.99~7.99% 20.0%
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% 19.9%
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6% 14.6%
消費者金融 オリックスVIPローンカード 3.0~16.8% 19.9%
プロミス 4.5~17.8% 20.0%
アコム 3.0~18.0% 20.0%
信販 三井住友カードゴールドローン 3.5~9.8% 20.0%

※ 金利、遅延損害金はすべて実質年率です。

モビットの金利は3.0~18.0%。

幅があるので、何%の利率を適用されるのかは審査を受けてみないとわかりませんが、多くの場合、最初は上限金利に近い利率を適用されます。

消費者金融の中では標準的な金利ですが、銀行のローンに比べるとだいぶ高めですよね...。

モビットは審査スピードや利便性にはれていますが、金利はイマイチといった印象です。

限度額

  業者名 限度額 金利
銀行 みずほ銀行カードローン 10~1,000万円 3.5~14.0%
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
10~1,000万円 2.5~18.0%
三井住友銀行カードローン 10~800万円 4.0~14.5%
消費者金融 オリックスVIPローンカード 30~800万円 3.0~16.8%
アコム 1~800万円 3.0~18.0%
モビット 1~800万円 3.0~18.0%

モビットの限度額は1~800万円です。

普通にキャッシングを利用するにはじゅうぶんすぎる金額だと思います。

ただし、モビットの限度額が1~800万円だからといって、誰でも上限いっぱいまで借入れできるわけではありません。

各々の利用限度額は、審査によって決定します。

はじめは、どんなに多くても100万円以下に設定される場合がほとんどなので、そのつもりでいてください。

また、モビットは総量規制の対象となるので、年収の3分の1以上の金額を借入れることはできません(他の貸金業者から借入れがある場合はそれも含めて)。

申込方法・審査時間

  業者名 申込方法 審査時間(最短) 融資までの時間(最短) お試し審査 お試し審査入力項目数
銀行 新生銀行カードローン レイク インターネット
自動契約機
電話
郵送
即時 最短即日 4
三菱東京UFJ銀行カードローン インターネット
テレビ窓口
電話
郵送
最短30分 最短即日 4
三井住友銀行カードローン インターネット
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短即日 -
消費者金融 アコム インターネット
むじんくん
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短1時間 4
モビット インターネット
ローン申込機
電話
郵送
最短30分 最短即日 3
プロミス インターネット
プロミス自動契約機
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口
電話
郵送
最短30分 最短1時間 3

※申込みの時間帯によっては当日中の審査が難しいことがあります。

※ 申込みした曜日や時間帯によって、即日融資を受けられない場合もあります。また、審査の結果によって融資不可となることもあります。

申込方法

モビットの申込方法は以下のとおりです。

  • パソコン
  • 携帯電話
  • スマートフォン
  • 郵送
  • 電話
  • ローン申込機

「ホームページ上で手続きを完結させたい」ならパソコン・スマートフォン・携帯電話、「カードがすぐに欲しい」ならローン申込機、というように、自分に合った申込方法を選ぶことができます。

申込みの流れや融資までの時間は申込方法によって異なりますが、今回は特に「もっとも早い方法」と「WEB完結申込」に焦点を当てたいと思います。

モビットでの最速申込方法

パソコン・スマートフォン・携帯電話からモビットのホームページにアクセスし、「カード申込」画面で必要事項を記入し、申込んでください。

その後、フリーダイヤルに電話してください。

電話するとすぐに審査が開始され、結果は電話で知らされます。

そして、ここから借入れまで2通りの方法があります。

すぐにカードを手に入れたい場合は、ローン申込機に出向いてください。ローン申込機でカードを発行してもらえば、すぐATMから借入れできます。

自分の口座に入金してほしい場合は、振込キャッシングを選択しましょう。ホームページもしくは電話で手続きすれば、指定の口座に入金してもらうことができます。

WEB完結申込

WEB完結申込は、下記のような特徴があります。

  • 来店不要
  • 電話連絡なし
  • 電話のやり取りなし
  • 郵便物なし

また、申込み、契約、借入れまでの手続きをすべてホームページ上で済ませることができます。

ただし、WEB完結申込には利用条件があります。

  • 三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている
  • 社会保険証、もしくは組合保険証を持っている
  • 源泉徴収票、給与明細書(直近2ヵ月分)、税額通知書、所得証明書、確定申告書のうちいずれかひとつの写しを提出できる
  • 社会保険証か組合保険証、および給与明細書(直近1ヶ月分)の写しを提出できる

上記の条件を全てクリアしなくてはなりません。

申込みの流れとしては、まずホームページの「WEB完結申込」画面で必要事項を入力して申込みます。審査終了後、結果はメールで送られてきます。

無事審査に通ったら、ホームページ上で契約手続きを行い、入会完了のメールが届いたらすぐに利用できます。

この方法だとカードが発行されないので、借入れは振込キャッシングで行うことになります。

審査時間・融資までの時間

審査時間・融資までの時間についてはどうでしょうか?

審査時間

ホームページまたはローン申込機から申込めば、その場で融資可否と利用限度額が表示されます(これは事前審査の結果です)。

本審査にかかる時間は最短30分ですが、実際は1~2時間かかることもあります。

平日の午前中は比較的空いているとのことです。

ホームページから申込み後、コールセンターに電話して急いでいることを伝えれば、さらに審査を早めてもらえます。

本審査の結果は電話かメールで通知されます。

融資までの時間

郵送以外の方法で申込めば、いずれも申込みから借入れまで最短1時間程度で済ませることができます(ただし、ローン申込機までの移動時間を除く)。

振込キャッシングを利用する場合は、平日14時50分までに、申込み、契約、振込手続きを済ませておけば当日中に振込してもらえます。

また、ローン申込機で申込む(もしくはカードを発行する)場合は、ローン申込機の営業時間に注意してください。

土日祝含む21時まで営業しているところが多いですが、念のためホームページで確認しておきましょう。

なお、郵送で申込む場合は融資まで少なくとも数日かかってしまいます。急いでいる方にはおすすめできません。

必要書類

申込みには下記の書類が必要となります。

本人確認書類

  • 運転免許証

運転免許証がない場合は、

  • 健康保険証
  • パスポート

いずれかでOKです。

収入証明書(下記のうちいずれか1点)

  • 源泉徴収票の写し
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 給与明細書の写し(直近2ヶ月分。賞与がある場合は直近1年分の賞与明細書)

※ 個人事業主は、別途「営業状況確認のお願い」という書類の提出を求められる場合がある

モビットの場合、収入証明書が必要かどうかは、申込み後に伝えられる流れになっています。

その点、他社は「収入証明書が必要になる条件」についてホームページなどに明記されているので、事前に準備すべき書類がわかります。

例)
アコムでは、下記の条件にあてはまる場合に収入証明書が必要となります。

  • アコムで50万円を超える借入れを希望する場合
  • 他の貸金業者からの借入額とアコムでの希望借入額が100万円を超える場合

モビットは申込んでみないと必要な書類がはっきりしないので、不便ですね。

提出方法

必要書類をスキャンしたもの、もしくはカメラで撮影したデータをパソコンや携帯電話、スマートフォンアプリからアップロードして提出します。

もちろんFAXでも送付できます。

また、ローン申込機が近くにあるならそこから提出もできます。

お試し審査

モビットには、お借入診断という診断サービスがあります。

生年月日、年収、他社借入金額の情報を入力するだけで、融資の可否を診断してくれるのです。

結果は、「ご融資可能と思われます」もしくは「申し訳ございませんが、ご入力いただいた情報では判断できませんでした」のどちらかです。

後者は、「融資は難しいかもしれません」ということをやんわり伝えるものですが、実際の結果は申込んでみないとわかりません。

また、これは10秒簡易審査(事前審査)とは別のものです。事前審査は正式な審査の一部ですが、お借入診断は単なるシミュレーションです。

あくまで目安として試してみてください。

借入方法

  業者名 振込みによる借入れ 提携ATM(銀行・コンビニ)からの借入れ
可否 申込方法 当日中の借入れ 手数料 主な提携ATM 手数料
消費者金融 モビット 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
プロミスATM
セゾンカード
ローソンATM
E-net
全国の地方銀行・信用金庫
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円

※ 申込みした曜日や時間帯によって、即日融資を受けられない場合もあります。また、審査の結果によって融資不可となることもあります。また、振込キャッシングによる即日融資を希望する場合、平日14時50分までに申込み、契約手続き、振込手続きを済ませておく必要があります。

  業者名 振込みによる借入れ 提携ATM(銀行・コンビニ)からの借入れ
可否 申込方法 当日中の借入れ 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 楽天銀行スーパーローン 電話
インターネット
無料 三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
無料(※1)
オリックス銀行カードローン 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料
じぶん銀行じぶんローン 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料
消費者金融 アコム 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
プロミス 電話
インターネット
無料 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
アイフル 電話
インターネット
無料 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円

※1 三井住友銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソンATM、E-net のうちいずれかを利用した場合

振込キャッシング

指定の口座に入金してもらう方法です。

手数料無料で利用できます。

手続きは、ホームページ(パソコン、携帯電話、スマートフォン)もしくは電話から行います。

平日9:00~14:50まで手続きすれば、最短3分で入金されますが、それ以降の時間帯になると、反映されるのは翌営業日になってしまうので注意が必要です。

提携ATM

提携ATMを利用すれば、すぐに現金を受け取ることができます。

自社ATMはありませんが、全国13万台の銀行・コンビニATMと提携している(2016年10月現在)ので、ATM探しに困ることはないでしょう。

主な提携ATM

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • E-net
  • セブン銀行
  • ローソンATM

ただし、利用時に手数料がかかります。

利用額1万円以下なら108円
利用額1万円超なら216円

手数料が有料なのは残念ですね。

おまとめローン

  業者名 おまとめ専用商品 総量規制 金利 限度額 最大返済回数
消費者金融 モビット - 対象 3.0~18.0% 1~800万円 106
  業者名 おまとめ専用商品 総量規制 金利 限度額 最長返済回数
銀行 住信SBIネット銀行MR.カードローン
(プレミアムコース)
- 対象外 0.99~7.99% 10~1,200万円 -
みずほ銀行カードローン - 対象外 3.5~14.0% 10~1,000万円 -
三井住友銀行カードローン - 対象外 4.0~14.5% 10~800万円 -
消費者金融 アイフル おまとめMAX 対象外 12.0~15.0% 1~500万円 120
プロミス 貸金業法に基づくおまとめローン 対象外 6.3~17.8% 1~300万円 120
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン 対象外 7.7~18.0% 1~300万円 162

モビットのローンは、おまとめや借り換えには向いていません。

総量規制の対象になる、つまり、借入額が制限されるうえに金利も高いので、おまとめや借り換え目的なら「総量規制対象外」「低金利」の条件を兼ね備えた銀行カードローンを検討しましょう。

たとえば、住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)なら金利は0.99~7.99%、限度額10~1,200万円です。

申込みには同行の口座が必要になるうえに審査には数日以上かかりますが、金利を重視するならこちらのほうがおすすめです。

無利息期間

  業者名 無利息期間
銀行 新生銀行カードローン レイク 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
契約日の翌日から180日間(初回のみ、5万円まで)
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 初回借入日から30日間(初回のみ)
消費者金融 プロミス 初回借入日の翌日から30日間(初回のみ)
ノーローン 借入日の翌日から7日間
アコム 契約日の翌日から30日間(初回のみ)
アイフル 契約日の翌日から30日間(初回のみ)

モビットには、「一定期間利息がかからない」無利息サービスはありません。

短期で返済できる方は、まず上の表にある業者を検討してみてはいかがでしょうか。

返済方法

  業者名 返済期日 インターネットからの振込みによる返済 提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済 その他返済方法
可否 対応金融機関 利用可能時間 手数料 主な提携ATM 手数料
消費者金融 モビット 5日
15日
25日
末日
- - - - 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
プロミスATM
セゾンカード
ローソンATM
E-net
全国の地方銀行・信用金庫
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
口座引落
振込み
  業者名 返済期日 インターネットからの振込みによる返済 提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済 その他返済方法
可否 対応金融機関 利用可能時間 手数料 主な提携ATM 手数料
銀行 楽天銀行スーパーローン
(※2)
1日
12日
20日
27日
Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
無料 口座引落
振込み
新生銀行カードローン レイク 毎月指定日(任意) Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 セブン銀行
ローソンATM
E-net
無料 レイクATM
口座引落
振込み
オリックス銀行カードローン 毎月10日か末日 - - - - 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料 口座引落
振込み
消費者金融 アコム 35日ごと
毎月指定日(任意)
6日(口座引落)
Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
店頭窓口
アコムATM
口座引落
振込み
プロミス 5日
15日
25日
末日
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
楽天銀行
24時間 無料 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
(三井住友銀行は手数料無料)
店頭窓口
プロミスATM
口座引落
振込み
コンビニ
(※3)
ノーローン 毎月指定日(任意) Pay-easy(ペイジー)利用可能金融機関
(※4)
24時間 無料 新生銀行
イオン銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
利用額1万円以下:108円
利用額1万円超:216円
レイクATM
口座引落
振込み

※2 毎月の返済(約定返済)は「口座引落」で行われます。引き落とし日は金融機関によって異なる
※3 ローソン、ミニストップ、ファミリーマート
※4 全国の銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合・漁業協同組合

モビットの返済方法は、提携ATM口座引落、または銀行振込です。

競合他社のように、インターネットバンキングを利用した返済方法がないのは残念ですね。

提携ATMの種類はかなり豊富ですが、利用時には下記の手数料がかかります。

利用額1万円以下なら108円
利用額1万円超なら216円

また、銀行振込の際の振込手数料も利用者負担となります。

口座引落なら手数料無料ですが、引き落とし先として指定できるのは、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の口座のみです。

なお、追加返済(繰上げ返済)はいつでも何度でも可能です。通常の返済方法と同じ方法でできます。

返済方式

  業者名 返済方式
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン 残高スライドリボルビング
三井住友銀行カードローン 残高スライド
みずほ銀行カードローン 残高スライド
住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 残高スライドリボルビング
楽天銀行スーパーローン 残高スライドリボルビング返済
元利込定額返済
消費者金融 アコム 定率リボルビング
プロミス 残高スライド元利定額返済
モビット 借入後残高スライド元利定額返済方式
アイフル 残高スライド元利定額リボルビング
オリックスVIPローンカード 新残高スライドリボルビング返済
元利込定額リボルビング返済

モビットの返済方式は、借入後残高スライド元利定額返済方式です。

一般的に残高スライドリボルビングと呼ばれるもので、多くのキャッシング会社で採用されています。

これは、借入残高によって毎月の返済額が増減(スライド)する方式です。

最初は返済額が大きめですが、返済が進んでいくにつれて小さくなっていきます。詳しくは下記の表を参考にしてください。

借入残高 毎月の返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、 20万円以下 8,000円
20万円超過、 30万円以下 11,000円
30万円超過、 40万円以下 11,000円
40万円超過、 50万円以下 13,000円
50万円超過、 60万円以下 16,000円
60万円超過、 70万円以下 18,000円
70万円超過、 80万円以下 21,000円
80万円超過、 90万円以下 24,000円
90万円超過、 100万円以下 26,000円

ただし、この返済方式は、返済が長期化し、利息が膨らむ傾向にあるので注意してください。

はじめの頃は返済額に占める利息の割合が大きく、元本がなかなか減っていきません。

また、返済が進むにつれて返済額が小さくなってしまうので返済が長引きます。

余裕があるなら、できるだけ追加返済をして、早めの完済を目指しましょう。

追加返済の分はすべて元本の返済にあてられるので、完済が早まり利息も節約することができます。

店舗数

  業者名 自社ATM 主な提携ATM 有人店舗の店舗数 自動契約機の設置数
消費者金融 モビット - 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
プロミスATM
セゾンカード
ローソンATM
E-net
全国の地方銀行・信用金庫
0 303
  業者名 自社ATM 主な提携ATM 有人店舗の店舗数 自動契約機の設置数
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
677 627
(テレビ窓口)
三井住友銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
439 719
みずほ銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
461 0
消費者金融 アコム 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
39 1065
プロミス 三井住友銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
18 1167
アイフル 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
25 625

モビットは、有人店舗や自社ATMを持っていません。

ローン申込機(自動契約機)の数もアコムやプロミスなどと比べるとあまり豊富とは言えませんね。

そのかわり、提携ATMの種類が豊富で、金融機関数は40以上、全国で13万台のATMを利用できます(2016年10月現在)。

地方銀行や信用金庫も多いので、都市部でなくても不便を感じることはないでしょう。

ただし、提携ATM利用時は108~216円の手数料がかかります。

直接窓口で担当者と話をすることはできませんが、何か相談したい、もしくは質問したい場合はコールセンターで対応してもらえます(営業時間は土日祝含む9時~21時)。

過去にモビットの審査を受けた方の結果

  • 2016年6月23日 20時10分
    10年以上前から2社と契約をし、ずっと返しては借りる生活を繰り返していたのですが、少しずつ両社の残高が膨れ上がり、ついに限度額いっぱいに…。
    急いでお金を借りる必要が出てきてしまったため、あわててモビットの無人契約機に駆け込みました。
    しかし結果は残念ながら審査落ち。
    無人契約機で手続きを終え、そのまま審査結果を待つことになったのですが、在籍確認でだいぶ手間取ってしまったようで、一旦無人契約機を出て車の中で待機していました。
    しかし、30分後くらいに電話があったものの、残念ながら審査落ちという結果。
    思い返せば、すでに50万円もの借り入れがあったり、正社員ではなくパートだったり、審査に悪影響となる要素はたくさんありました。
    もう私はお金を借りることができないのか、と絶望の淵に叩き落とされた気分になったのをよく覚えています。
    申込日 年齢 職業
    2012 32歳 パート・アルバイト
    勤続年数 年収 融資額
    6年 320万円 なし
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2012 32歳 パート・アルバイト 6年 320万円 なし
  • 2016年6月22日 12時37分
    息子の進学費用が必要になりました。お金がまったくない状況のため、仕方なく借入れすることに。

    実は過去に元夫の会社の事業資金を私の名義で借りていて、その借金も返済中でした。

    それでも、100万円借りることができたので良かったです。
    手続きでは、収入証明書を提出しました。

    その後、また追加でお金が必要になったので、増枠申請をしました。
    結果、+20万円枠を広げてもらうことができて、合計120万円借りています。
    申込日 年齢 職業
    2011 49歳 パート・アルバイト
    勤続年数 年収 融資額
    7年 300万円 100万円
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2011 49歳 パート・アルバイト 7年 300万円 100万円
  • 2016年6月17日 16時03分
    車を購入しようと思ったのですが契約中のカードローンだけではお金が足りず、新しくカードローンの契約をする必要がありました。
    とりあえずインターネットで検索をして、評価が良さそうだったモビットで申込み。
    いきなり無人契約機に行ったのですが、その場であっさり契約できたので驚きました。
    たぶん全部で30分もかかっていなかったと思います。
    すぐに安心できたのですごく助かりましたね。
    申込日 年齢 職業
    2016 37歳 会社員
    勤続年数 年収 融資額
    1年11ヶ月 250万円 40万円
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2016 37歳 会社員 1年11ヶ月 250万円 40万円
  • 2016年6月14日 14時37分
    買い物依存症でクレジットカードを使いまくっていましたが、FXで多額の損失を抱え、クレジットカードの返済が困難になり、返済の一部に充当するためにモビットから10万円借り入れました。借りるとき、個人事業主は審査が厳しいと思っていましたが、モビットは貸していただけました。
    申込日 年齢 職業
    2016 48歳 自営業・自由業
    勤続年数 年収 融資額
    1年6ヶ月 200万円 10万円
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2016 48歳 自営業・自由業 1年6ヶ月 200万円 10万円
  • 2016年5月21日 11時04分
    ネットワークビジネスに手を出す初期費用としてキャッシングをすることになったのですが、友人からのアドバイスでモビットに申込みました。
    その友人が言うには、モビットが一番オススメとのこと。
    インターネットで申し込みをすると、比較的短い時間で審査に通過したと連絡がきたので驚きましたね。
    だいたい30分ほどだった気がします。
    申込日 年齢 職業
    2012 22歳 パート・アルバイト
    勤続年数 年収 融資額
    3ヶ月 100万円 30万円
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2012 22歳 パート・アルバイト 3ヶ月 100万円 30万円
  • 2016年5月19日 12時59分
    住宅ローン返済のために申し込みました。100万円を希望しましたが、審査の結果、116万円という限度額になりました。すでに東京スター銀行から40万円ほど借りていたのですが、その日に審査が終わり、かなり早いという印象を受けました。収入証明書は3カ月分を提出しています。
    申込日 年齢 職業
    2016 42歳 派遣社員・契約社員
    勤続年数 年収 融資額
    3年 360万円 116万円
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2016 42歳 派遣社員・契約社員 3年 360万円 116万円
  • 2016年4月12日 11時46分
    生活費が足りなくなってしまい、お金を借りるしかないということになりました。

    自宅からインターネットで申込んでいます。実は、同じころにレイクにも申込みをしています。そちらも同じ10万円の枠で、金利は18%でした。

    審査はスムーズでしたが、一度も確認電話などがないので、むしろ不気味に感じました。
    申込日 年齢 職業
    2014 23歳 派遣社員・契約社員
    勤続年数 年収 融資額
    1年1ヶ月 300万円 10万円
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2014 23歳 派遣社員・契約社員 1年1ヶ月 300万円 10万円
  • 2016年4月8日 10時15分
    引越資金が急きょ必要になったものの、契約中の銀行キャッシングは限度額いっぱいになってしまっていたため、新しくモビットと契約しました。
    借入額が多かったので、審査に通るか不安でしたが、どうにか限度額30万円で審査に通ることができ助かりました。
    審査に通った時点で電話をいただけたり、なにかと対応が親切だった印象があります。
    申込日 年齢 職業
    2015 24歳 会社員
    勤続年数 年収 融資額
    1年 250万円 23万円
    申込日 年齢 職業 勤続年数 年収 融資額
    2015 24歳 会社員 1年 250万円 23万円

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報