モビットの審査基準を他社と比較してみてわかったこと

「キャッシングの審査ってどこを見られるの?」
「どういう基準で審査されるの?」

はじめての借入れ申込み、一社目で審査に通るのがいちばんいいですよね。そのためには、キャッシングの審査基準について事前にある程度把握しておくことをおすすめします。

今回は、消費者金融の一般的な審査基準について、三井住友銀行グループのモビットを中心に紹介していきます。

他消費者金融と比べて審査基準に違いはあるのでしょうか?

モビットへの申込みを検討している方はもちろん、大手他社への申込みを検討している方にも参考になる内容になっていると思います!

モビットの貸付条件は?

モビット公式ホームページによると、貸付け条件は「満20歳以上69歳以下の安定した収入のある方。
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です(当社基準を満たす方)
」とあります。

また担保や保証人は不要と明記されています。

勤務形態を問わず、定期的な収入があれば申込み可能とのことです。アコムプロミスアイフルなどの大手消費者金融が年齢上限を69歳以下と定めているのと同様に、モビットの年齢上限も69歳以下としていますね。

そして、みなさん一番気になるのは「当社基準を満たす方」の「当社基準」のところではないでしょうか?

これはその名の通り各社独自に定めているものなので厳密な基準はもちろん非公開なのですが、あらかじめ一般的な基準を大まかに把握しておくと、申込みのとき安心ですよね。

これからその一般的な基準についてみていきたいと思います。

審査ではどんなことを調べるの?

モビットへ申込む時は、まず年齢、職業、勤務年数、年収、居住形態、居住年数、家族構成、健康保険の種類などの個人情報を申告します。

また、他社への借入状況も重要です。貸金業法の「総量規制」により年収の3分の一を越える融資は受けられないと定められていますので、借入はその範囲内に収まるようにしなければいけません。

ここ最近(3~6ヶ月以内)の他社への申込み履歴もチェックされます。複数の消費者金融業者に申込み、いずれも審査で否決の記録が残っていると、「この申込者は何か問題があるのでは?」と思われてしまいます。

最も重要なチェックポイントは、過去の借入履歴、金融事故の有無(返済遅滞、自己破産、債務整理など)です。

このような個人信用情報は、信用情報機関を通じて消費者金融業者が互いに共有できるシステムになっています。

消費者金融各社は複数の情報機関を利用して申込者の情報を入手していますので、返済遅延や金融事故の情報は必ず共有されています。

信用情報に、そのような事故情報が載っている場合、残念ながら審査に通る可能性はかなり低くなると考えられます。

信用情報と審査の関係について、事故情報については、

以上の記事でより詳しく解説しております。併せてご覧ください。

審査に有利な属性、不利な属性とは?

申込者が申請した個人情報は、「属性スコアリング」という採点方式で1から10までの点数をつけられ、返済能力を測ることに利用されます。

モビットに限らず大手の消費者金融ではこの方式が用いられていることが多いです。

さて、この「属性スコアリング」では、どういったポイントが、有利、不利になるのでしょうか?一般的なものをいくつかあげていきましょう。

  • 勤続年数は長いほど審査に有利
  • 国民健康保険より社会保険に加入しているほうが有利
  • 賃貸より持ち家が有利。賃貸の場合は居住年数が長い方が有利

さらにモビットでは、他社からの借入以外に、住宅ローンや車のローンなど、月々の固定出費はあるか、あるとすれば収入に対しての割合はどのぐらいか?などのことも確認するようです。

安定収入があるかということだけではなく、余裕を持った返済が可能かを総合的に見て判断しているのです。

他社と比べて違うところは?

審査の可否は、「個人の属性」「属性スコアリングの点数」「信用情報」という3つの要素から総合的に判断され決定されます。これはモビットに限らず各社共通して言えることです。

細かい審査項目、基準は各社それぞれですね。

「当社基準」が公開されていない以上、モビット特有の審査の特徴については「わからない」、というのが正直なところです。(ちなみに、審査に通らなかった場合にその理由について訪ねても、100%教えてもらえません。)

強いて明らかな違いを述べるとすれば、申込み対象者の年齢上限が他社に比べて少し低いことくらいでしょうか。

また、モビット利用者の口コミで「勤続年数は1年以上ないと審査で不利」という声が多く見られたので、その点は他社よりも厳しいのかもしれません。

申込書の記入や電話の応対も怠らないで!

申し込みの際に注意しておきたいポイントを二つあげておきます。

一つめは申込書が正確かどうか。

年収や年齢など、個人情報を偽って記入しても後で必ず発覚します。また、誤字脱字が多ければ記述が正確であっても相手には伝わらず、空欄があれば審査項目をチェックすることができません。このような申込書の不備によって否決されるという例も見られますので、細心の注意が必要です。

二つめは電話や窓口に出向いた際の応対です。

最低限の言葉遣いができていなかったり、声を荒げるような態度は審査の可否にも影響します。極端に印象が悪いと、いくら属性スコアが高くても審査に不利になると思いますので。この点にも留意してください。

【この記事を読んだ方は、こちらの記事もチェックしています。】

→モビットの中立的評価。各社との比較表、第三者視点の評価

【この記事の筆者】
丘上 夏乃香(仮名)
神奈川県生まれ。
グラフィックデザイナー、イラストレーターなどしながら都内で30代後半まで過ごし、3年前から夫と息子とともに名古屋市在住。職歴、引越歴、旅行歴多数。借金歴なし。車も家も持たず、ローンもなし。

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報