モビットの金利について。急いで申込む人が失敗する金利のカラクリ

今回は、モビットの金利について徹底的に調べてみました。

モビットの金利は、3.0~18.0%とホームページに書かれていますが、このうち、どの金利を設定されるか知っていますか?

「3.0~18.0%の間なら、10%くらいで借りられるんじゃない?」

いえいえ、とんでもないです。

ほとんどの方が最高金利(モビットの場合は18.0%)での借入れになります。

実際に返済がはじまるまで、自分がいくら返すのか知らない方が非常に多いのですが、みなさん利用前には思いもしなかった高額の利息を払っていると思います。

ですから、申込み前に、

  • いくら借りるといくら返済することになるのか
  • 少しでも利息を節約する方法はないのか、

このあたりを知っておかないと、すごく損することになってしまうのです。

また、今回はモビットの金利が他社とくらべて高いのか低いのかについても触れていますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

最低金利に注意!実際モビットでは何%の金利が設定される?

あなたがモビットに申込みをした場合、審査の結果 設定される利率が決まります。

モビットの金利は3.0~18.0%なので、その範囲内の利率が設定されるのです。

今回、当サイトに寄せられた口コミを確認したところ、実に21人中18人が「18%」を設定されていました。

統計データとしては少ないですが、「大体の人は18%に設定されてしまう」くらいに思っておいていいでしょう。

モビットは高金利?競合他社の金利と比較してみた

他社のカードローンにくらべて、モビットの金利は高めなのでしょうか?

競合他社の金利と比べてみました。

種類 業者名(商品名) 金利 限度額
消費者金融 モビット 3.0~18.0% 1~800万円
アコム 3.0~18.0% 1~800万円
プロミス 4.5~17.8%% 1~500万円
アイフル 4.5~18.0% 1,000円~500万円
ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 1.8~14.6% 10~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
みずほ銀行カードローンエグゼクティブプラン 3.0~7.0% 200~1,000万円
りそなプレミアムカードローン 3.5~12.475% 10~800万円
住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 1.59~7.99% 10~1,200万円
新生銀行カードローン レイク 4.5~18.0% 1~500万円

最高金利で比較すると、消費者金融はどこも似たり寄ったりですね。

一方、銀行カードローンなら最高金利7%~18%と幅があります。

全体的に消費者金融よりも銀行のほうが低金利ですね。

なお、大手カードローンの金利を一覧で比較したいならこちらをご確認ください。

モビットでお金を借りたときのシミュレーション

それでは、モビットでお金を借りたら利息はいくらになるのか、シミュレーションしてみましょう。

このときポイントになるのは、金利と月々の返済額です。

金利は、18%に設定されるケースが多いので、18%とします。

また、モビットでは、月々の返済額(最少返済額)が設定されています。

最終借入後の残高 月々の返済額(最少返済額)
10万円以下 4,000円
10万円超過、20万円以下 8,000円
20万円超過、30万円以下 1万1,000円
30万円超過、40万円以下 1万1,000円
40万円超過、50万円以下 1万3,000円
50万円超過、60万円以下 1万6,000円
60万円超過、70万円以下 1万8,000円
70万円超過、80万円以下 2万1,000円
80万円超過、90万円以下 2万4,000円
90万円超過、100万円以下 2万6,000円
100万円超 最終借入後の残高が20万円増加するごとに4,000円が加算される

※上記の「月々の返済額(最少返済額)」はいずれも金利18%と仮定した場合の金額です。

たとえば、モビットで50万円を借入れたら、毎月1万3,000円以上は返済していくことになります。

モビットの場合、最少返済額は「最終借入後の残高」に応じて決まるので、再び借入れないかぎり、1万3,000円のまま変わりません。

追加で借入れをしたら、その直後の借入残高に応じて最少返済額が変更されます。

毎月の返済額次第で利息はこんなに違う!

では、借入額・月々の返済額によって、支払う利息の総額がどのように変わるのか、みてみましょう。

なお、金利は18%としてシミュレーションしていますが、借入額が100万円の場合のみ15%となります(利息制限法より)。

利息制限法とは?

モビットなどの貸金業者は、利息制限法にのっとった金利を設定しなくてはなりません。

利息制限法では、借入額ごとに、設定できる金利の上限が定められています。

借入額 最高金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

このため、100万円以上借入れる場合、金利が自動的に15%以下に下がるのです。

※下の表は右にスクロールすることができます。

月々の
返済額
借入額
4,000円
6,000円
8,000円
1万円
1万1,000円
1万3,000円
1万6,000円
1万8,000円
2万1,000円
2万4,000円
2万6,000円
3万円
3万4,000円
3万8,000円
4万2,000円
4万6,000円
5万円
5万円 10万円 15万円 20万円 30万円 40万円 50万円 60万円 70万円 80万円 90万円 100万円
5,778 26,260
3,810 15,930
2,905 11,565 27,443 52,540
2,375 9,158 21,195 39,554
2,188 8,320 19,085 35,290 88,683 182,494
1,885 7,064 15,949 29,099 70,993 140,515 251,057
1,613 5,814 12,875 23,139 54,898 105,100 179,738 288,380
1,469 5,210 11,435 20,441 47,820 90,208 151,629 237,998 358,396
1,333 4,529 9,880 17,455 40,170 74,610 123,211 189,340 277,668 395,059
1,198 4,072 8,722 15,251 34,709 63,761 104,007 157,657 227,488 317,349 432,579
1,121 3,771 8,076 14,131 31,903 58,205 94,321 142,007 203,300 281,049 378,924 371,743
1,061 3,408 7,128 12,311 27,483 49,622 79,706 118,684 168,007 229,317 304,624 301,674
1,001 3,044 6,413 10,985 24,265 43,383 69,155 102,228 143,504 194,136 255,352 254,370
941 2,848 5,804 9,965 21,758 38,675 61,186 89,887 125,454 168,625 220,281 220,245
881 2,667 5,385 9,060 19,764 34,916 54,955 80,347 111,592 149,235 193,863 194,470
821 2,486 5,021 8,451 18,093 31,888 49,907 72,752 100,617 133,992 173,398 174,247
761 2,306 4,657 7,842 16,800 29,387 45,806 66,528 91,664 121,717 156,916 157,936

たとえば、20万円を借入れ、毎月8,000円(最少返済額)ずつ返済していく場合、支払う利息の総額は5万2,540円です。

そこで、毎月の返済額を5,000円アップして1万3,000円にしたら、利息は2万9,099円となり、約2万3,000円の節約となります。

また、50万円を借入れ、毎月1万3,000円(最少返済額)ずつ返済していく場合、支払う利息の総額は25万1,057円です。

そこで、毎月の返済額を3,000円アップして1万6,000円にしたら、利息は17万9,738円となり、約7万1,000円の節約となります。

このように、毎月数千円ずつ多く返済するだけで、数万円もの利息を節約できるのです。

特に借入額が大きい場合は、わずか1,000円のアップだけで効果が見込めます。

毎月の返済額が小さいほど楽ですが、長い目で見ると損なので、できるだけ多めの金額を返していくようにしましょう。

返済時は好きな金額を入金できる

基本的に、最少返済額以上の金額であれば、希望の金額を返済できます。

ただし、普段、口座振替で返済している場合、自動で引落しされるのは最少返済額のみです。

追加で返済したい場合は、毎月の引落しとは別に、銀行振込、提携ATMなどの方法で入金しなければなりません。

モビットと競合3社の利息を比較してみた

モビットは、他社と比べて利息が高いのでしょうか?

今回は、下記4社の利息総額を比較してみました。

会社名・商品名 金利 最少返済額
借入額
10万円の時
借入額
30万円の時
借入額
50万円の時
モビット 3.0~18.0% 4,000円 1万1,000円 1万3,000円
アコム 3.0~18.0% 5,000円
(※1)
1万3,000円
(※1)
1万5,000円
(※2)
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 2,000円 6,000円 1万円
みずほ銀行カードローン
エグゼクティブプラン
3.0~7.0% 1万円 1万円 1万円

※1
利用限度額30万円以下の場合を想定しています。

※2
利用限度額100万円以下の場合を想定しています。

借入額10万円の場合

会社名・商品名 金利 最少返済額 利息総額
最少返済額
で返済
月5,000円
返済
月1万円
返済
モビット 18.0% 4,000円 26,260 19,772 9,158
アコム 18.0% 5,000円 19,772 19,772 9,158
三井住友銀行カードローン 14.5% 2,000円 54,259 15,145 7,227
みずほ銀行カードローン
エグゼクティブプラン
7.0% 1万円 3,337 3,337

驚くべきは、最少返済額で返済した場合の三井住友銀行カードローンの利息です。

5万4,259円と、他に比べてダントツ高くなっています。

三井住友銀行カードローンの金利はモビットより3.5%も低いですが、最少返済額が2,000円と超低額のため、返済が長引き、利息が大きく膨らんでしまうのです。

「低金利でも、月々の返済額が低いと利息が高くなってしまう」典型例でしょう。

また、月々の返済額をそろえた場合は、単純に金利が高いほど利息も高く、金利が低いほど利息も低くなっていますね。

借入額30万円の場合

会社名・商品名 金利 最少返済額 利息総額
最少返済額
で返済
月1万5,000円
返済
月2万円
返済
モビット 18.0% 1万1,000円 88,683 59,332 42,404
アコム 18.0% 1万3,000円 70,993 59,332 42,404
三井住友銀行カードローン 14.5% 6,000円

2,000円
238,466 45,465 33,012
みずほ銀行カードローン エグゼクティブプラン 7.0% 1万円 30,726 19,919 14,863

またも注目すべきは、三井住友銀行カードローンの利息です。

最少返済額で返済した場合の利息は、なんと23万8,466円!

高金利のモビット・アコムと比べてもケタ違いに高いですよね。

原因は2つあります。

  • 最少返済額が6,000円と低額
  • 途中から最少返済額が下がる

銀行カードローンの多くは、「借入残高に応じて最少返済額が変わる」返済方式を採用しています。

つまり、返済して借入残高が減ると最少返済額も下がってしまうのです。

三井住友銀行カードローンの場合、

借入残高 最少返済額
20万円超30万円以下 6,000円
10万円超20万円以下 4,000円
10万円以下 2,000円

上記のように最少返済額が下がっていくため、余計に返済期間が長引き、利息が大幅に増えてしまうのです。

借入額50万円の場合

会社名・商品名 金利 最少返済額 利息総額
最少返済額
で返済
月2万円
返済
月2万5,000円
返済
モビット 18.0% 1万3,000円 251,057 131,374 98,900
アコム 18.0% 1万5,000円 198,327 131,374 98,900
三井住友銀行カードローン 14.5% 1万円

2,000円
466,950 98,870 75,781
みずほ銀行カードローン
エグゼクティブプラン
7.0% 1万円 92,843 42,006 33,207

これまでの傾向と特に変わりありませんね。

モビットの利息は高い?

月々の返済額が同じなら、金利と利息は比例します。

つまり、「モビットで借りると利息が高くなる」といえるでしょう。

一方、最少返済額で返済する場合はケースバイケースです。

三井住友銀行カードローンのように、モビットより低金利なのに最少返済額が低いためかえって利息が高くなってしまう場合もあります。

まとめ

最後に、今回のポイントをまとめましょう。

  • モビットで実際に設定される利率は審査で決まるが、18.0%に設定される場合が多い
  • モビットは他の消費者金融同様 最高金利が高く、銀行カードローンのほうが低金利の傾向がある
  • モビットでは、最終借入後の残高に応じて月々の返済額(最少返済額)が設定されており、返済の際は最少返済額以上を返済しなければならない
  • 毎月数千円ずつ多く返済するだけで、数万円の利息節約効果があることも(借入額が大きいほど節約効果も大きい)
  • 口座振替以外の方法なら返済時に任意の金額を入金できるが、口座振替では最少返済額しか引き落とされない(ATMなどで追加返済が必要)
  • モビットで利息を節約したいならできるだけ多めに返済していくこと

いかがでしたか。

モビットは巷のカードローンのなかでも高金利の部類に入りますが、毎月の返済額を増やして返していけば、そのぶん利息を節約できます。

なお、アコムで借りた場合の利息プロミスで借りた場合の利息についても特集を組んでいますので、あわせて読んでみてください。

また、利息の節約方法など返済時のポイントをまとめた記事もありますので、ぜひご覧ください。

→モビットの中立的評価。各社との比較表、第三者視点の評価

カードローン申込数ランキング

今日中にお金を借りたい人に、一番選ばれているカードローンは?

同じテーマのログ(記事)ランキング

人気のログ(記事)ランキング

同じテーマの記事の一覧

カテゴリ一覧

キャッシングの基礎
ローンの基礎知識
キャッシングの体験談
注目の特集
レビュアーによる検証
債務整理体験談
全国各地のむじんくん(自動契約機)の詳細情報